快眠枕で肩こりとサヨナラ!横向き寝におすすめの枕やオーダーメイド枕をご紹介♪

枕が体に合わないとぐっすり眠れず、起きた時にすでに肩がこっていることも…。なんとか自分にぴったりの枕を見つけて快眠を得たいとリサーチした結果、枕に関する色々なことがわかってきました。枕にお悩みの方、合う枕の探し方をお伝えします。

スポンサーリンク

長年肩こりに悩んだ私が選んだおすすめ快眠枕No.1はコレ!

皆さんは、快適に眠れる枕をお持ちですか? ぐっすり寝たはずなのに、起きるといつも肩や首が痛くてお困りの方はいらっしゃいませんか?

筆者は長年肩こりに悩んでいたのですが、ある日その原因が枕にあることに気づきました。そして、多くの枕を試し続けてもなかな良い枕に出会えず、ある意味枕難民になっていました…。ですが、ある時枕の選び方そのものを見直して、今では自分に合った枕を見つけて毎日快眠しています。

  • 枕が合わない事から引き起こされた症状⇒3
  • リサーチした枕の数⇒15種類
  • ​快眠できる枕を見つけるまでに費やした時間⇒4年

そこでこの記事では、睡眠による肩こりを克服した筆者の経験から、快眠できる枕の選び方おすすめの枕のランキング合わない枕が引き起こす症状などについてまとめてみました。

快眠できる枕の4つの選び方

まず、快眠できる枕を選ぶ前に、以下の4つのポイントについて考えてみましょう。これらの4つのポイントを押さえると、快眠できる枕を比較的楽に選べるようになります。

自分のよく寝る向きを知る

良い枕と出会うためには、 まず自分の寝ている向きを思い出しましょう。仰向けでよく寝るのか、気づくと横向きで寝ているのか、うつぶせで寝ているのかなど、人それぞれ寝るときの好みの姿勢があるかと思います。寝ている間に体勢が変わる人もいますが、もっとも長い時間どんな姿勢で寝ているかを思い出しましょう。

寝ている時も立っている時と同じ背骨や首の位置になるような体勢で寝られることが理想的と言われています。このことから、通常は仰向け用の枕は横向き用の枕より高さが低くなります。また、うつぶせ寝用の枕は肩から上半身を支えられるようなものになっていることが望ましいと言われています。

最適な高さを知る

枕は高すぎても低すぎても肩や首などに負担がかかってしまいます。 高さが合わないことにより、寝ている間中ずっと肩や首に不自然な力が加わってしまい、目が覚めて体を動かそうとすると肩こりや首こりを起こしていることも多いのです。

理想の枕の高さの条件については諸説ありますが、仰向けに寝た時は、肩と頭の角度が10〜15度になっていることだと言われています。横向きに寝た時は、頚椎のラインが床のラインと平行になっていることだと言われています。

お店で枕を選ぶ時は、この理想の角度を参考にして、可能であれば実際に枕売り場で横になって鏡で角度を確認するか、一緒に行った人に見てもらうなどして確認してから購入するといいでしょう。

素材で選ぶ

枕の素材も寝心地を左右する重要な要素の一つです。固めのタイプが好きな人はラテックスなどの素材やパイプそばがらが入ったものなどがあります。また、普通タイプだとコットンウレタンフォームの高反発枕、低反発枕などがあります。柔らかめのタイプにはビーズ羽毛などがあります。

一晩中使うものなので、肌に触れた時の感触や寝た時の頭の感触が気持ち良く感じるものを選ぶことをおすすめします。

寝返りの打ちやすいタイプのもの

寝ている時によく動く、寝返りを打つという人におすすめなのが、寝返りを打って頭の位置がずれても枕の上から頭がはみ出さない状態をキープできる、横幅の広い枕です。50cm~60cmほどの幅があると理想的とも言われています。

また、寝ている間に横向きになる癖があるという人は、抱き枕で通常の枕部分と抱き枕部分が一緒になっている数字の7のような形のものも販売されていますので、試してみる価値はあるかもしれません。

なお、寝返りの打ちやすさを素材で追求する枕もあります。その場合は、表面が平らで寝返りを打ちやすい素材のものを選ぶほうがいいでしょう。枕の中身の素材の中には、反発力を強くしてあえて寝返りを打ちやすくするものなどもありますので、お好みに合わせて試してみましょう。

おすすめ快眠枕ランキングBEST4

では、ここでおすすめの快眠枕をランキング形式でご紹介していきましょう。

ヨコネ2

\睡眠の質を向上させる横向き寝専用枕/

Source: 公式サイト

ヨコネ2

  • 編集部評価:★★★★★総合95点
  • 価格:19,440円
  • 保証・特典:返金保証(使用後1週間以内・2018年2月20日まで)、送料無料、枕カバープレゼント(公式ページからの購入のみ)(2017年12月現在)
  • メーカー:ムーンムーン株式会社

快眠枕の第1位に選ばれたのは、ヨコネ2です。以前に販売していた初代「ヨコネ」を改良し、よりよい睡眠がとれる枕として生まれ変わったヨコネ2は、その名の通り横寝専用の枕です。

寝ても疲れが取れない原因の一つはいびきだと言われていますが、仰向けで寝ると気道をつぶしてしまい、いびきが起こりやすくなるそうです。

そこで気道を確保し、呼吸がしやすい横向き寝に注目し、眠るときは右側を下にした横向き寝がいいと提唱。そんな横向き寝をより快適に行えるように開発されたのがヨコネ2です。

公式サイトを見てみる

悪い口コミから見るデメリット 

  • 私には合わないみたいです
    いびき対策で購入しましたが、正直寝違えましたw 高い枕でしたねー。

    Amazon

  • 微妙…
    旦那のいびきがうるさくて誕生日プレゼントで購入しました。横向きだといびきが軽減されましたが寝返りをして仰向けになってしまうと意味がなかったです。ずっと横向きで寝れる方だったらいびき防止になるのかなと思いました。 

    楽天

最初の口コミの方は、枕の高さが合わなかったとのこと。実はこのヨコネ2は自分で中身を取り出して3段階の高さ調節ができるのですが、もしかしたらこの調節がうまくいかなかったのかもしれません。

また、次の口コミの方は、旦那様へのいびき防止のプレゼントとのこと。横向け寝だといびきは軽減されたものの、仰向けになってしまうと効果なしとのことで、確かにもともと仰向け寝が好きな人の場合は、横向きの寝方に体が慣れるまでは時間がかかってしまうかもしれませんね。 

良い口コミから見るメリット

  • 価格分の価値はある
    高さ調整のマットが入っていて、1cm刻みで0~3cmで調節可能。 何日か掛けて試してみて、現在私は全部抜いて最低の高さで利用している。 高さが合ってないと寝起きでかなり首に違和感が残るので、この調整作業は大事である。ちゃんと高さを調整してあると、横向きで枕に頭を乗せたときに首や肩の力をしっかり「脱力することができる」。 確かに少々お値段は張るが、快適な睡眠への投資としては決して高くないと私は思う。

    Amazon


  • いびきが減った
    いびきが酷いと家族から言われていましたので、半信半疑で使用しましたが、使用後いびきがなくなったといわれ、効果アリかなと思います。 

    楽天

悪い口コミに少し不安を感じましたが、良い口コミもたくさんありました!

1つ目の良い口コミは、高さ調節の仕方を詳しく書いていました。おそらく高さの調節は1日でだめだと諦めずに、「何日かかけて」試すことが重要だと思われます。安い買い物ではないので、お値段分の価値はあると思えるためにも高さ調節には時間をかけたいところですね。

また、2つ目の良い口コミは、使用後にいびきがなくなったとのこと。これはすごいですね。今まで体に負担のある呼吸をして眠っていたかと思いますが、これからはいびきをかかずに安眠できるといいですね。

公式サイトを見てみる

ヨコネの特徴

  • 特許の技術で、頭・首・肩・腕の4点を支えながら寝る
  • 3段階の高さ調節可能
  • 枕カバーは洗濯機で丸洗いOK
  • 頭の重みを効率よく分散させるリラックスウレタンを使用

ストレートネックやいびきや肩こり、首こりなどでお悩みの方に最適な横寝専用枕です。枕の部分ごとに肩、首、頭、腕を支えるエリアと分かれていて、横向きに寝てみると各部位で圧力が分散されている感じがわかります。

なお、横向きに寝る際の理想の体勢は、右側を下にして足を少し曲げて体が逆S字になるように寝る姿勢だと言われています。右を下にして寝ると胃の出口が下に向くので消化力が上がり、内臓の負担が軽減されるので体にいいとのことです。

ヨコネ2を安く買う方法

ヨコネ2は、公式サイト、Amazon、楽天などで購入できます(2017年12月現在)。

お値段はすべて同じ価格ですが、公式サイトで購入すると送料無料で、プレゼントラッピング希望可です。さらに、枕カバーが1枚プレゼントでついてきます。

期間限定ですが、1週間以内のお試し期間中に気に入らなければ返金が可能という太っ腹なキャンペーンも行っていますので、公式サイトからの購入がお得ですね(2017年12月現在)。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2017年12月現在)

※Amazonは公式サイトではないので、偽物や保証が受けられない場合があります。

公式サイトAmazon楽天
19,440円19,440円19,440円

公式サイトを見てみる

めりーさんの高反発枕

\頚椎の高さと首の角度に合わせて微調整可/

Source: 公式サイト

めりーさんの高反発枕

  • 編集部評価:★★★★★総合93点
  • 価格:12,800円
  • 保証・特典:90日間交換・返金保証、送料無料、代引き手数料無料、高さ調整シート付き
  • メーカー:モットンジャパン

快眠枕の第2位に選ばれたのは、めりーさんの高反発枕です。快適な眠りに必要なのは、寝ている間に血液やリンパ液の循環を改善することができる「寝返り」であるという考えの元、寝返りをうちやすく設計された高反発枕です。枕自体が頭をふんわりと押し戻すことにより、寝返りがうちやすい状況を作ります。

また、高さ調整シートを使うと調整できる高さの種類はなんと50通り!枕の高さ調節に悩んでいる人にはぜひ試していただきたい枕です。重力を効率的に分散させるウレタンフォームを使用し、寝ている間に筋肉がしっかりと休まるように頭や首を支えます

公式サイトを見てみる

六角脳枕

\Wの凸凹構造で寝返り後も快適/ 

Source: 公式サイト

六角脳枕

  • 編集部評価:★★★★★総合90点
  • 価格:18,900円
  • 保証・特典: 送料無料、代引き手数料無料
  • メーカー:株式会社イッティ

快眠枕の第3位に選ばれたのは、低反発六角脳枕です。快適な眠りに必要なのは寝返りという考え方は第2位のめりーさんの高反発枕と同じなのですが、こちらがすごいのは、寝返りをうった後でもいかに快適に過ごせるかに注力して開発されています。

素材は独自に開発したウレタン、低反発マイクロウェーブ素を使用。独自の凸凹をつけた形状の凸の部分に頭を乗せ、両側に寝返りをうつことができるようになっており、肩や首をのせる部分には硬めのウレタンを使用するなど工夫がされています。

また、凹の部分二箇所に冷感シートが入っているため、入眠時に理想的とされる頭を冷やして足先を温めるという状態が作り出され、安眠へと誘います。公式サイトを見てみる

西川リビング マシュマロタッチピロー

 \ホテルの枕の感覚!高さ調節も可!/ 

Source: Amazon


西川リビング マシュマロタッチピロー

  • 編集部評価:★★★★総合88点
  • 価格:2,160円
  • 保証・特典: 特になし
  • メーカー:西川リビング

快眠枕の第4位に選ばれたのは、西川リビングのマシュマロタッチピローです。ホテルに置いてあるような柔らかい枕が好きな人にはおすすめの枕です。こちらも、高さ調節用の中袋が入っていて、高めがお好みの場合は中袋を入れたまま、低めがお好みの場合は中袋を出して使うことができます。

なめらかなポリエステルの生地を使用しているため、マシュマロタッチの感触が気持ちいいです。また、中身はマイクロファイバーわたが入っているのでクッションのようにボリュームがあって使いやすいと評判です。

公式サイトを見てみる

横向き寝におすすめの枕ランキングBEST3

横向き寝はいびき改善、肩こりや腰痛改善にいいとされています。肩こりを直すために横向きに寝てみることに挑戦した筆者は横向き寝におすすめの枕ランキングも選んでみました。

ヨコネ2

 \肩こり解消にも効く横向き寝専用枕/

Source: 公式サイト

ヨコネ2

  • 編集部評価:★★★★★総合95点
  • 価格:19,440円
  • 保証・特典:返金保証(使用後1週間以内・2018年2月20日まで)、送料無料、枕カバープレゼント(公式ページからの購入のみ)(2017年12月現在)
  • メーカー:ムーンムーン株式会社

横向き寝におすすめの枕の輝ける第1位は、ヨコネ2です!快眠枕の第1位にも選ばれていますが、横寝専用枕でいびき解消、肩こり、首こり、腰痛解消に役立ちます。リラックスウレタン素材が頭や肩、首をしっかりと支えてくれるので、寝ている時の負担が軽減されます。肝臓がある右側を下にして寝ると、心臓が圧迫されに快適な眠りを誘います。

公式サイトを見てみる

スリープ バンテージ

 \Jの字が快適な寝姿勢の秘密/

Source: 公式サイト

スリープバンテージ

  • 編集部評価:★★★★★総合91点
  • 価格:4,298円
  • 保証・特典: 特になし
  • メーカー:フランスベッド株式会社

横向き寝におすすめの枕の第2位は、有名ベッドブランド、フランスベッドのスリープバンデージです!こちらも横寝専用枕ですが、特徴的なのはJの字の形をしていること。長い「ロングテイル」部分を背中につけるようにして寝ると、寝ている間に首や肩だけでなく、背中もしっかりとサポート。中央に耳用くぼみがあり、長時間の使用でも耳が疲れない設計となっています。

また、ロングテイル部分を前に使うと、抱き枕にもなります。この場合は、うつぶせ寝にも使えます。うつぶせ寝のときは、肩や胸などの重みを負担してくれるので体へのリスクを軽減できます。

また、ヨコネ2でも説明したように、横向き寝はいびき解消にも効果的です。

公式サイトを見てみる

LITTLE TREE

  \人間工学に基づいたリラックスできる安眠枕/

Source: Amazon

  • 編集部評価:★★★★総合89点
  • 価格:4,388円
  • 保証・特典: 保証期限18ヶ月
  • メーカー:Tengda

横向き寝におすすめの枕の第3位は、LITTLE TREEです!人間工学から生まれた独自のフォルムにより、頭・首・肩にぴったりとフィットするデザイン。真ん中にくぼみがある波型の形をしており、自然な首のストレッチ効果があります。

背骨がまっすぐになるのを助けてくれることから気道が開き鼻の通りも良くなり、いびきが減ります。上下で2つの高さがあるので、高い方を横向き寝に使うだけでなく、低い方を仰向け寝でも使用できます。

最新モデルは、低反発ウレタンに自然の消臭機能を備える竹炭が練りこんであるため、臭いの吸着消臭効果まであります。さらに枕カバーには竹繊維を盛り込んであるためダブルの消臭効果で清潔です。

Amazonを見てみる

オーダーメイド枕もおすすめ!

ここまで、快眠のできる枕と横向き寝用の枕のランキングを見てきましたが、自分の体にぴったり合った枕を作りたい!という人には、オーダーメイド枕がおすすめです。最近は、デパートの中やショッピングセンターなどに入っているオーダーメイド枕が作れるお店の中でもあまりお値段が高くないものもありますので、ぜひ訪れてみましょう。

そのようなお店の代表例としてここでは、東京近郊と神戸のショッピングセンターに設置されているオーダーメイド枕のスタンド「ピロースタンド」をご紹介します。

\眠りのソムリエに作ってもらうオーダー枕/

Source: 公式サイト

ピロースタンド

  • 編集部評価:★★★★★総合93点
  • 価格:9,800円〜
  • 保証・特典: 1年間無料で再調整可能
  • メーカー:東京西川

「ピロースタンド」は、400年以上の歴史を誇る寝具メーカー・東京西川がプロデュースするオーダー枕専用ブランドです。仰向け、横向きの両方に対応できる枕を作ってくれます。

数種類の素材から硬さや特長に合わせて好きなものを選び、その人の体に合った枕の高さを測定したうえで枕をオーダーします。採寸は予約をおすすめします。1年間の無料メンテナンスがついているので高さが合わなかったら…と心配する必要もなく、安心ですね。

また、最大14箇所の高さ調節をしてくれる完全オーダーメイド枕のブランド「自遊自材」も注文できます。こちらは25,000円(税抜き)とお値段はかなりしますが、高さ調節は永久に無料とのことで、本当に枕に悩む枕難民の方は試してみる価値ありです。

公式サイトを見てみる

ニトリや無印で買えるおすすめの枕

枕に悩む方の中では、まずは量販店などで気軽に購入できてお値段もあまり高くない枕から試してみたいという人も多いかと思います。そんな方の強い味方となるのが、お手頃価格で豊富な品揃えで有名なニトリと、機能的でシンプルな商品を取り揃えている無印良品です。

この2つのお店で購入できるおすすめの枕を探してみました。

\仰向けも横向きも快適!高さ調節も可!/

Source: 公式サイト

ニトリ 自然な姿勢で支えるまくら

  • 編集部評価:★★★★★総合90点
  • 価格:3,990円
  • 保証・特典: 14日間未使用に限り返品可能
  • メーカー:ニトリ

高反発ウレタンと低反発ウレタンを使った3層構造で、頭、首、肩を優しく受け止めしっかりサポートします。高さ調整シートが2枚入っているので、ご自分の好みの高さに調節することができます。中央と両側の高さが違うので、仰向け寝のときはフィット感が増し、横向き寝のときは安定感を得られると好評です。低価格の割には高機能なので、まずは気軽に高さ調節できる枕を試してみたいという方にもおすすめです。

公式サイトを見てみる

\低めの枕をお探しての方に!/

Source: 公式サイト

無印 片面パイプ洗える枕

  • 編集部評価:★★★★総合88点
  • 価格:3,990円
  • 保証・特典: 
  • メーカー:株式会社良品計画

無印の枕は比較的柔らかい枕が多いので、固めを好む方にはあまり人気がない場合があるのですが、こちらは通気性のよいパイプを片面に使っていてへたりにくいと評判です。

肩のラインにフィットするアーチ形が使いやすく、肩こりになりにくいです。上下二辺の高さが違うので体にフィットしやすい作りになっていることも魅力的です。丸ごと洗えるので衛生的で、長く使えると好評です。

公式サイトを見てみる

合わない枕の使用で引き起こされる症状

合わない枕を使うとどんな症状が起こるのでしょうか。枕が合わないまま長く使い続けていると痛みが慢性的になったり、体にとってもっと悪いことが起こったりすることも…。ここでは、まず症状を細かく見ていきましょう。

肩こり・首の痛み・頭痛

枕が合わないと起こる代表的な症状としては、体の変な部分にストレスがかかりながら寝ていることによって血流が悪くなり、朝起きたときに肩こり首の痛みが出てしまいます。そして、その痛みから頭痛が引き起こされることも多々あります。 

たとえば、横向き寝の場合、仰向き寝の場合より肩幅の分枕が高くなっていないと背骨を床と平行に保てないのですが、あまり低すぎる枕に寝ていると肩がつぶれてしまいます。そうなると肩周りの血行が滞り肩こりがひどくなると言われています。

浅い眠り

しっかり寝たはずなのに起きたあとにまだ眠い場合は、眠りが浅いことが多く、これは枕が合わないことによって引き起こされている可能性が高いです。

枕が合わないと気道が狭くなり、いびきをかくなど呼吸がうまくできない状態が続き、眠りが浅くなる場合もあります。また、枕が合わないことで寝返りがうまく打てず、眠りが浅くなっている可能性もあります。

よく言われる話ですが、赤ちゃんや小さい子供は寝ている間に何度も寝返りを打ちます。これは、寝ている間に昼間の活動でゆがんだ体を自動的に直そうとする働きだそうです。また、寝返りを打つとその度に体温が上がるので、寝ている間も冷えずに体内の循環が盛んに行われて疲労回復を図っているとも言われています。

ところが、大人になると寝返りをあまり打たなくなるので、寝ているときに体のゆがみをとるどころか固まったまま寝ていることによりさらに歪みを強めたり、体温が低いままだったりするわけなのです。

いびきをかく

特に仰向けの状態で寝ているときに枕の高さが合わないと、気道がうまく確保できていません。そのまま寝ていると気道が狭くなっていくので、いびきをかくことになってしまいます。

いびきをかいているときは自然な呼吸ではなく、がんばって風船を膨らませているときのような呼吸の仕方になっているそうです。まるで運動でもしているような状態で寝ていることになりますので、もちろんぐっすりと眠れているとは言い難いですよね。

寝違える

合わない枕を使い続けていて、肩こりや首こりなどがひどくなっている人で気をつけたいのが「寝違え」です。寝違えは、寝ている間に継続して不必要な力あ首や肩、背中などに加わったことにより、筋肉が炎症を起こすことです。

寝ている間は無意識のうちに寝返りを打つと言われていますが、なんらかの原因で寝返りが打てないと、不自然な姿勢のまま長時間寝てしまうことになります。そんなときに寝違えは起こりやすいと言われています。

寝返りを打つことは快眠にとって大事な要素ですので、寝返りが打ちやすい枕を使うことをおすすめします。

枕によって引き起こされる肩こりの4つの原因

肩こりに悩む枕難民だった経験から、合わない枕によって肩こりが引き起こされた原因を考えてみました。ここでは、その原因4つをご紹介します。

枕と首元に隙間がある

 1つ目の考えられる原因は、枕と首元に隙間があることです。仰向けに寝た際に、頭がしっかり支えられている感覚があっても、首のカーブの部分が浮いてしまっていると首が不安定でそのことから肩や頭に負担がかかっています。

ですので、この隙間をうまく埋めることが寝ている間の肩こり解消につながると思い、隙間を埋められるような枕選びに気を配りました。時には、自分でタオルを何枚か入れてみたこともありました。

ただ、横向きに寝てみると意外と解消されることもありますので、ご自分にあった方法を見つけてみてください。

枕が高かったり低すぎたりする

2つ目の肩こりの原因は、枕の高さが合っていないことです。これは1つ目とも重なる話ではあるのですが、枕そのものが高すぎると首にも肩にも負担がかかります。低すぎる場合も変な箇所に負担がかかり肩こりが起こります。個人的には、低すぎると肩甲骨のあたりが痛くなることが多かったです。 

柔らかすぎる材質

3つ目の原因は、柔らかすぎる材質の枕を使った場合です。 人にもよるかと思いますが、筆者の場合は、羽毛枕のようにふわふわの枕は頭が沈みこんでしまい、どこを支えられているのかわからないくらい肩周り全身が痛くなりました。

リサーチによると、柔らかい枕を使うと頭部が安定しないので、なんとか安定させようと自然に首や肩周辺の筋肉が力を入れた状態になってしまうそうです。

これで筋肉は収縮した状態になります。そうなると、筋力が疲れてしまうので、肩こりも感じるようになるそうです。さらに、長時間筋肉の収縮に耐えられなくなった体は寝返りを頻繁に打つようになるそうですが、これがまた浅い眠りを引き起こしてしまうようです。

枕のサイズが小さい

4つ目の原因は枕のサイズが小さいことです。肩こりや首こりのような体に疲れを残さないためには適度に寝返りを打ったほうがいいらしいということをお伝えしましたが、枕のサイズが小さいと寝返りを打ったときに枕から頭がはみ出てしまいます。そうなると、頭や首、肩を支えられなくなってしまい、朝起きると肩こりがひどくなっていた、ということにもなりかねません。

寝ている間に肩こりをひどくしたくないのであれば、寝返りがうまく打てるような大きなサイズの枕を選ぶことをおすすめします。

洗える枕の素材と枕の正しい洗い方

毎日使う枕。枕は丸ごと洗えると清潔に使えて嬉しいですよね。では、どんな素材だと洗えるのでしょうか。

洗える素材

洗っても問題がない素材は、ポリエステルわたマルコビーズパイプコルマ・ミニビーズなどがあるようです。基本的には天然素材より化学的な素材のほうが洗えるようですが、同じ素材でも洗えないものもあるようなので、必ず枕についているタグなどを確認するようにしましょう。

洗えない素材のものは、天日で干したり陰干したりと、干してみると衛生的です。

洗濯機で洗う場合

枕についているタグに洗い方が書いてある場合は、その洗い方に沿って洗濯機で洗うようにしましょう。

一般的には洗濯機で洗えるものの場合でも、念のため洗濯ネットに入れて洗いましょう。カバーがついているものはカバーから取り出します。洗っている途中に中の素材が出てきてしまわないように、枕のチャックがきちんとしまっているか確認をしてから洗濯ネットに入れましょう。

洗濯機のコースは、「手洗い」や「ドライ」などの弱めのコースをおすすめします。

手洗いする場合 

手洗いする場合は、浴槽や洗面所などに水を張り、その中に洗剤を入れます。全体を洗う場合は、揉むようにして全体を洗います。汚れた部分だけを洗う場合は、その部分のみを水につけて洗います。 

どちらの場合も洗剤が出てこなくなるまできれいにすすぎます。脱水をするときは手でぎゅっと絞っていきますがかなり力がいるので根気よくやりましょう。

乾燥の仕方

洗濯機洗いの場合は、脱水が終わったら、中身を均一にして天日干しします。このとき、枕干しをお持ちの方は使用すると良いでしょう。枕の厚みによっては完全に中身が乾くまでは数日かかることもあるようです。天気予報で数日間は晴れる日を選んで洗濯することをおすすめします。

手洗いの場合は、 脱水がうまくできていないこともありますが、中身を均一にして、外で陰干しにします。手洗いで全体を洗った場合は、完全に乾燥するまで4~5日くらいとかなり時間がかかることもあるようです。

完全に中まで乾かさないと逆にカビの原因になってしまうこともあるので、気をつけましょう。

枕に関する疑問解消Q&A

枕に関するよくある疑問とその回答をまとめてみました。

安いものと高いものの違いは?

一概にお値段だけでは言えない場合もありますが、基本的には安い枕は素材がよくないものや体のことは特に考えて作られていないことが多いです。高い枕は健康にいい枕として開発に時間を割かれていたり、高級な素材を使っていたりすることが多いです。

高い枕の中でも、人間工学の考え方を利用するなど開発時の研究に長時間を費やしているものは、比較的お値段が上がると言えるでしょう。

交換時期の目安は?

中の素材にもよりますが、そば殻は1〜2年、羽毛、綿、ウレタンなどは2〜3年が限度と言われています。パイプやビーズ素材などは4〜5年くらい持つという声もあります。

上記の期間内であっても、使っていくうちに高さが変わってきたり、最初の使用感とは違ってきたりした場合は買い替えどきかもしれません。以前は寝起きに肩こりもなく、快適な枕だったのに使ううちに寝起きに肩こりを感じるようになった、などの変化が現れた場合は買い替えを検討してもいいでしょう。

枕をしないで寝るのは良くない?

人と条件によっては枕なしで寝たほうが調子がいい人もいます。一般的には、後頭部が安定せず、頚椎が歪んでしまうので首が痛くなったり、肩の筋肉が緊張してしまい肩こりになったりするため、おすすめできません。また、枕がないと喉が詰まるような状態になるため安定した睡眠には向かないと言えるでしょう。

枕をしないで寝ると調子がいい人の条件としては、後頭部がフラット(絶壁気味)の人、主に仰向きで寝ていて、寝返りをあまり打たない人、マットレスが柔らかめで後頭部や首の部分がマットに沈み込んで安定している、などが挙げられます。この3つの条件が揃うと、枕なしで寝ているときにも立っているときと同じ状態が保てるため、快適に寝られるそうです。

自分に最適な枕で快眠しよう!

枕が合っていないと肩こり首こり頭痛いびき浅い眠り…など体に良くないことが次々に起こってしまうということが良くわかりました。たかが枕、と思っていた方も、一度ご自身の健康のためにも枕を見直してみてはいかがでしょうか。

また、筆者自身もそうだったように、自分に最適な枕を選ぼうとしてもなかなかうまくいかないことが多いのも事実です。

ここでリサーチした内容を参考にしながら、諦めずいくつかの枕にトライして、ぜひご自身にあった枕を見つけてくださいね。これが私の枕だ!といえる素晴らしい快眠枕に出会えますように。

スポンサーリンク