ガンコな便秘が治らない!自分の便秘の原因を知って対処法を選ぼう!

何をしても治らない便秘でお悩みの方、本気で治したい方は必見です!辛い便秘から解放されるには原因を突き止め、それぞれの原因に合った対処法を行わなければなりません。自分の便秘の原因を知って対処法を選び、根本的な治癒を目指しましょう!

スポンサーリンク

もういい加減…便秘から解放されたい!

日本でも食事や生活スタイルが欧米化するに伴って、便秘の症状を訴える人の数は年々増加傾向にあります。便秘になると体調も崩れやすくなり、肌荒れなど美容にも悪影響があるため、特に女性にとっては深刻な問題ですよね。

たかが便秘だと気にしないで放置したり、薬に依存し過ぎてそれが当たり前になってしまうと、重大な病気につながることもあるので注意が必要です。

そこで、今回midicaではどうしたら辛い便秘から解放されるのか、根本的に治すにはどうしたらよいのかを徹底的に追求してみました。

  • 調査した文献及び学術サイトの総数⇒約50サイト
  • 調べた便秘対策サプリ⇒32種類
  • その中で効果のあったサプリ⇒3種類

便秘を解消するのに大切なことは、自分がなぜ便秘になったのかその原因を探ることが一番重要です。なかなか治らないガンコな便秘に悩む方も、スッキリ快腸な日が送ることができるよう便秘対処法を伝授します!

乳酸菌革命公式サイト

便秘が治らないのはどうして?

便秘はとても辛いもの。便秘を解消するために色々と試されている方も多いことでしょう。ですが、がんばっているのになかなか便秘が治らないと悩んでいませんか?

なぜ治らないのか、まずその理由についてみていきましょう。

便秘の原因を間違えている

一口に便秘と言ってもその原因は本当にさまざまです。最も一般的な便秘のタイプは機能性便秘と言って、日常の生活習慣によって腸の働きが低下することで起こる便秘です。

中でも一番影響するのが食事内容。食物繊維の不足や水分不足になると便が硬くなり便秘の原因となってしまいます。また、肉食などが多い偏った食事では腸内細菌を悪化させる原因となってしまいます。

他に、大腸に便がたまっていても大腸の働きが弱いために、便を運ぶ蠕動(ぜんどう)運動が弱かったり、発生回数が少ないことも原因となります。また、ストレスなどがかかって自律神経が乱れると便秘を招く原因となってしまいます。

このように便秘にはいくつかの原因があり、これらの原因が複雑に絡み合って起きていることもあるので、違った対処法では全く効果が無いのです。

便だけを出して終わっている

便秘の原因にはこだわらず、とりあえず便を出そうと下剤を飲んだり浣腸などをして便だけを出して終わっていませんか?

このような対処法は便秘の原因となっている繊維不足、生活習慣の乱れ、自律神経の乱れなどの根本を治していないため、再び便秘を繰り返してしまう結果に陥っているのです。

治らない便秘はもしかして病気!?

便秘の原因は生活習慣が大きく影響していますが、その他にも内科的な病気が関係しているケースもあり注意が必要です。

大腸がん

大腸がんとは長さ2mほどもある大腸の粘膜にできる悪性の腫瘍で、死亡率は1950年代以降増加しており、現在ではがんによる死因の中で男性は第3位、女性ではトップを占めています。

大腸がんとしては「血便が出る」「細い便が多い」「便秘」などの症状がみられ、40~50代から増加し高齢になるほどかかる率が高いといわれています。進行するとリンパ節や肝臓、肺など別の臓器に転移する可能性が高くなってしまいます。

大腸がんの主な治療法ですが、今日では早期のがんは開腹手術を行わず内視鏡で取り去ることができるようになり、早期大腸がんの約6割が内視鏡による治療が行われています。内視鏡で摘除できない場合はがんの進行状態に基づいて切除する範囲を決めて開腹手術を行います。

早期発見がとても重要で少しでも便に血が混じっている場合は痔だと決めつけず、かかりつけの医師に相談するなどして早めの対処が重要です。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は腸に炎症やポリープなどは無いのですが、慢性的に腹痛を伴う下痢や便秘があり、排便すると痛みが軽くなるのが特徴です。

過敏性腸症候群には、急激な腹痛と便意が1日3回以上起こり水様便が出る下痢型と、排便回数が週3回以下の便秘型、そして下痢と便秘の症状が交互に起こる交替型があります。

原因としてはストレスによって自律神経が乱れ、腸の蠕動運動に障害をきたすことで起こるといわれています。ストレスの多い現代社会に急増している疾病で、中でも下痢型は20~30代の男性に多いのが特徴です。

下痢型の人は腸に刺激を与えないよう乳製品や高脂肪の食事を避けるようにし、便秘型の人は食物繊維の多い食品を摂るように心がけることが大切です。

市販薬によって症状を和らげることもできますが、症状が長引く場合は腸の疾患が隠れていることもあるので、病院へ行って診察してもらいましょう。

便秘の症状別の対処法はこれだ!

便秘の症状が続くと身体にも不調があらわれやすくなるため、何かの対処が必要になってきます。次に、便秘の症状別の対処法についてみていきましょう。

便意がない

最近増えているのが、便が溜まっているのに便意がない弛緩性便秘の人です。通常では直腸まで便が下りてくると直腸反射が起こり、脳に排便を促すサインが送られ便意を感じます。

これは直腸の便を押し出すぜんぞう運動が低下しているために起こる症状で、便秘で悩む女性の約7割が便意がない弛緩性便秘によるものといわれています。

弛緩性便秘の人は便意を感じないために排便の機会を失い、どんどん便が溜まってしまうのです。

このような症状の対処としては、浣腸などを使用して便を排出する方法があります。ただし、腹痛がひどい時は医師の診断を受けることも検討してみましょう。受診の際は消化器内科や肛門科で診察を受けます。

便意があるのに出ない

便意があるのになかなか出ないのも、もどかしく辛い症状ですよね。便意があるのは自律神経が刺激されて腸の蠕動運動が促されているため、もう少しで排便できる状態であると言えます。

通常の場合、朝食後に便意を感じる人が多いのですが、便意を感じてもトイレに行けない状況などで便意を我慢してしまうと、次第に習慣になり便秘となることが多いようです。

この状態をそのまま放っておくと直腸内に更に便が溜まり、そのうち便意までもなくなってしまうので早めに対処する必要があります。

ただし、便を出そうと力を入れていきみ過ぎると、血圧が高くなって内出血を引き起こすこともあるので、浣腸を使って対処するのが望ましいでしょう。

腹痛がある

便秘に伴って腹痛がある場合、腐敗ガスが影響していることが考えられます。便は腸内に溜まって約3日以上経つと、便が腐りはじめガスを発生させます。便秘が長引けばその分ガスは溜まっていきます。

すると、腸内に充満したガスはお腹を膨張させ、腸を内側から圧迫するため痛みを引き起こしてしまうのです。

このような場合、下剤を服用することで対処できる可能性が高くなりますが、既に下剤を使っている方で腹痛がある方は、使用している下剤の効果が強すぎることが考えられます。

便秘薬としてよく知られているコーラック」も腹痛を引き起こすことが多いので、症状の強く出る方は自分に合った下剤を検討してみましょう。薬局などで薬剤師に相談してみるのも良いでしょう。

下剤が効かない

常に下剤を服用して習慣化してしまうと、下剤が効かなくなることがあります。その場合は腸の動きを活発化させるためにも、適度な運動をして新陳代謝を活性化するのもおすすめです。それでも効果が無い場合は、一度下剤を倍量飲んで一気に出すのも一つの手段です。

また、下剤に慣れていない方で下剤の量を少なく飲んでいる場合は、とりあえずその下剤の処方にある最大服用量を飲んで様子をみるのもよいでしょう。

それでも効果がみられない場合はそのままにしておかないで、病院へ行って診察を受けることも大切です。受診する際は消化器内科や肛門科の医師に診てもらうようにしましょう。

スッキリしない

便秘が続くと便が硬くなりスムーズな排便がしづらくなるため、スッキリせず残便感が起こることがあります。

また、腸にポリープや腫瘍ができると腸が狭くなるため、便通がうまくいかなくなる場合があります。腫瘍が悪性だった場合は命に関わってきますので、気になる場合は消化器内科で大腸検査をしてもらいましょう。

特に急に便秘になった方や便の色が黒っぽくなった方、残便感がひどい方は注意が必要です。

異常がない場合は水分や食物繊維が不足している可能性が高いので、意識して積極的に摂るように心がけましょう。

下剤がないと出ない

下剤を飲んで排便する習慣がついてしまうと、下剤がないと出ない下剤依存症になってしまい、自力で排便することができなくなってしまうことがあります。

これは腸や肛門の筋肉が低下するばかりでなく、胃や食道の働きを低下させることにつながるので気を付けなければなりません。

とりあえずは浣腸を使ってスッキリさせる方法もありますが、今使用している下剤から便を柔らかくするタイプの下剤に変えるのも一つの方法です。

便を軟らかくする下剤には、薬塩類下剤と膨張性下剤があり、腸から水分を引き出すことで便を軟らかくします。どちらも長期間使用してもくせになりにくいのが特徴です。

ただし、効き目が穏やかなためすぐに便秘が改善するわけではなく、バランスのとれた食事と併用することで便秘を改善する効果が期待できます。また、生活リズムを整えて排便習慣をつけることが大切です。

快便な生活習慣を作る5つの方法

便秘を解消するには毎日の生活リズムを整え、健康的な生活習慣をつけることが重要です。快便になるための方法を5つご紹介していきますので、ぜひ実践してみてくださいね!

【1】適度な運動

健康を維持するためにも運動をすることはおすすめですが、いきなり激しい運動を始めても逆に体に負担がかかってしまいます。そのため、長く継続できる適度な運動を毎日の生活にとり入れるのがおすすめです。

腸の動きを活発にするために、ウエスト周りを意識した簡単な体操から始めてみましょう

お腹を伸ばしましょう!

最近では多くの人がデスクワークに従事し、長時間座ったままの状態の方も多いことでしょう。同じ姿勢のままでいると背筋や腹筋の力が弱くなるばかりか、血流も滞り新陳代謝も低下してしまいます。

仕事中は大げさな仕草はできないと思いますが、できれば両手を上にあげてお腹をストレッチするのがおすすめです。少し席を立ったすき間時間にも、意識して行うとよいでしょう。

仕事中も前かがみの姿勢にならないよう、姿勢を正すことを意識するだけで腹筋を鍛えることができます。特にパソコンで作業を行う方は、ずっと同じ姿勢になりやすいので注意しましょう。

お腹ひねりも効果的

便秘の人は腸のぜん動運動が弱くなっていることが多いため、お腹をひねって腸に刺激を与えるのも効果的です。お腹をひねるだけでいいので椅子に座ったまま行うことができます。

なるべく体の軸をずらさないようにして、上半身を左右にゆっくりとひねりましょう。左右10回ぐらいを目安に行うのがおすすめです。

【2】食生活の改善

同じ時間に食べよう

便通を促すためには食物繊維が多いバランスのとれた食事をとることも大切ですが、毎日同じ時間に規則正しく食べることもとても重要です。

腸は食事をした後によく動くため、朝昼晩と定期的に食事をすることで規則的に腸が動くようになり、排便習慣がつきやすくなります。

人が便意を感じるメカニズムは、口から食べ物が入ることで胃と腸が動き出し、腸が刺激を受けて脳に排便のサインを送り便意が起こります。

つまり、排便習慣をつけるには食後にトイレに行くのが一番適しているのです。このサインを見逃してしまうと腸の自然な働きが低下して、便意を感じなくなってしまうため便が硬くなり便秘になってしまうのです。

そのため、食後に便意を感じられなくても、食後にトイレに行く習慣をつけることが大切です。

サプリメントで腸の動きをサポート

腸の働きを活性化するには腸内環境を整えることも大切です。一般的に便秘の人の腸内環境は、善玉菌よりも悪玉菌の方が多くなっています。悪玉菌が増えると腸の働きが低下してしまうため、サプリメントを上手に活用して腸の動きをサポートするのもよいでしょう。

◆乳酸菌の種類を多く摂りたい方におすすめ!乳酸菌革命

\16種類の乳酸菌が1粒にギュッと配合/

Source: Amazon

乳酸菌革命

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点96点
  • 初回価格:2,730円(送料無料)
  • 1回あたりの値段:90円/1ヶ月分/62粒
  • 保証・特典:ルイボスティープレゼント
  • メーカー・会社:健康いきいき倶楽部

乳酸菌革命は善玉菌の代表格であるビフィズス菌、強い乳酸菌として有名なラブレ菌、腸の中に長くとどまるガセリ菌をはじめとする主役級の乳酸菌が、贅沢に16種類も配合されたサプリメントです。

便秘を根本から改善するために重要なのが腸内環境を整えること。それには腸内の善玉菌を増やす必要があります。

ところが、ヒトによって合う乳酸菌と合わない乳酸菌があるため、ただたくさんの量の乳酸菌をとればいいのではなく、自分と相性の良い種類の乳酸菌を摂る必要があります。

乳酸菌革命には多くの種類の乳酸菌が配合されているため、複数のサプリを摂る必要がないのも特徴です。また、耐熱性カプセルを採用し生きたまま腸までしっかり届けてくれます。添加物不使用で安全なため、お子さんや妊婦さんも安心して飲むことができます。

公式サイトを見てみる

◆家族中で快腸を目指したい方におすすめ!カイテキオリゴ

\赤ちゃんも元気に!日本一売れているオリゴ糖/

Source: Amazon

カイテキオリゴ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点94点
  • 初回価格:2,554円(送料無料)
  • 1回あたりの値段:85円/1ヶ月分/150g
  • 保証・特典:25日間返金保証
  • メーカー・会社:北の達人コーポレーション 北の快適工房

カイテキオリゴは赤ちゃんから年配の方まで年齢を気にせず飲める安心安全なオリゴ糖です。

オリゴ糖が善玉菌のエサとなることは良く知られていますが、30種類ほどもあるビフィズス菌とオリゴ糖には相性があり、一般のオリゴ糖では一部のビフィズス菌しか活性化することができません。

カイテキオリゴは複数のオリゴ糖を組み合わせているため、ほぼ全てのビフィズス菌を活性化することができます。

また、全て自然由来の素材から抽出しており純度や品質が高く、粉末タイプなので牛乳やヨーグルトに混ぜやすく、熱に強い性質があるため料理にも使いやすいのが特徴です。

公式サイトを見てみる

◆一般の乳酸菌では満足できない方におすすめ!善玉元気

\乳酸菌発酵エキスのチカラで理想的な腸内環境に/

Source: 公式サイト

善玉元気

  • 編集部評価:★★★★☆ 総合点95点
  • 初回価格:3,980円(送料無料)
  • 1回あたりの値段:132円/1ヶ月分/30包
  • 保証・特典:90日間返金保証
  • メーカー・会社:フローラ健康科学研究所

善玉元気は他の乳酸菌配合のサプリメントと違い、厳選された乳酸菌によって生成された乳酸菌発酵エキスを主成分にしたサプリメントです。

乳酸菌発酵エキスには352種もの有用成分が含まれており、全く胃酸の影響を受けないため乳酸菌が作り出した有用成分を直接体内に吸収することができます。

更に善玉エキスにはポリフェノールが豊富なアントシアニンやトランスレスベラトロール、ビタミンや葉酸を豊富に含む天然はちみつ、脂質や糖の吸収を抑える水溶性食物繊維、食べ物を効率よくエネルギーに変える働きがあるクエン酸が含まれ、美容のサポートやダイエット、エイジングケアにも効果的です。

公式サイトを見てみる

【3】ストレスの解消

便秘対策にはストレスをためないことも大切です。ストレスがあり緊張している状態では交感神経が優位になってしまいます。

腸が活発に働くのはリラックスした副交感神経が優位の状態なので、排便を促すためにはリラックスした落ち着いた状態でいるのが望ましいのです。

そのため、「出ない!出ない!」と気にすると余計に出なくなってしまうので、あまり気にしないようにしましょう。常に排便日記を付けている方は、気にし過ぎることがストレスとなって更に便秘になる状況を作りだしていることもあるのです。

どうしても自力で排便することができなくなってしまった時には、「最終的には薬がある!」くらいの気持ちでいた方が、ストレスが少なくて済むものです。あまり思いつめないように趣味やスポーツなどを思いっきり楽しみましょう!

【4】便意を我慢しない

外出中に便意を感じても面倒だったり、一緒にいる人に気を使ったり、恥ずかしかったりして、せっかくの便意を無視してしまうことがある方も多いと思います。

しかし、便意を我慢すると更に便秘を引き起こしてしまうため、外出先でも便意を感じたらトイレに行くことが大切です。

便意を感じた時には肛門の出口付近に便がある状態なので、我慢をしてしまうと直腸に便が溜まる直腸性便秘になりやすくなるため注意が必要です。

腸は水分を吸収する機能があるため、便を我慢すると腸内にたまった便は腸に水分が吸収されて硬くなり、更に排便しにくい状況を作ってしまうのです。

そうならないためにも、外出先で便意を感じたらトイレに行くようにしましょう。音が気になる人は消音機能のついたトイレを活用して、恥ずかしがらずにトイレを利用しましょう。

また、外出先のトイレで自分の排便した後の臭いが気になる人は、トイレから出る時に消臭スプレーを使う方法もあります。外出の際には常に携帯臭い消しを持ち歩くと安心です。

【5】いきみと腸の動きをあわせる

長時間トイレにこもって長くいきむのは、肛門に無理がかかり痔になるリスクも高まるのでおすすめできません。実は排便を促すには便座の座り方も重要なのです。

①前かがみになる

直腸は肛門と真っ直ぐにつながっているわけではなく直角に曲がってつながっています。直腸は背中側から前に向かって伸び、そこから肛門に向かって下に伸びているため、姿勢を正して座るよりも前かがみになった方が、直腸がまっすぐになって出やすいのです。

現在では日本でも洋式トイレが一般的ですが、排便を促すには実は和式トイレのスタイルの方が理想的だったのですね。

②マッサージをする

腸の動きを活発にするためにマッサージをするのも効果的です。下腹を手のひらで温めながら、のの字マッサージを繰り返し行いましょう。余り力を入れるのは良くありませんが、適度に腸を刺激することで腸の蠕動運動を促すことができます。

③腹式呼吸をする

お腹に少し力を入れて膨らませると隔膜や腹横筋の筋肉が収縮するので、それが刺激となり腸の蠕動運動を活発にすることができます。

また、ストレスがかかり交感神経が優位の時には腸の動きも鈍くなりますが、腹式呼吸をすると副交感神経を優位な状態に導いてくれるため、リラックスすることによって腸の動きを促すことができます。

座り方や呼吸を変えるだけで排便を促すことが可能なので、いきむ時間を長くせず腸の動きに合わせながら、肛門に向かって力を入れて行うのが効率的です。

本気で治したいなら病院へ行こう!

自力で便秘対策に取り組んでもスッキリ解消されない場合があります。本気で治したいならば自己判断に任せず、病院に行って医師の診断を受けることも大切です。

消化器内科や肛門科へ

一般的に、便秘は病気という認識が薄いため、便秘で病院に行くのをためらう方もいると思われます。

なので、最初から受診する科を消化器内科や肛門科と明記し、病院側にはっきりと受診したい科を伝えることで、受診する際のストレスを和らげ病院に行きにくさのハードルを下げることができます。

消化器内科や肛門科ならば腸に詳しい医師が的確な診断をしてくれるため、便秘の相談もしやすく改善策も見つけやすくなります。

一時の恥ずかしさは便秘が続くよりマシ

いざ病院へ行き大腸検査などをするのは恥ずかしいと感じる方も多いことでしょう。

ですが、このまま便秘に悩み憂鬱な日々を送りよりも、便秘で苦しい日が終わる可能性があるなら、ちゃんと検査をして原因を見つけるメリットの方が大きいと思いませんか?

何か病気が原因であった場合、早期発見で済むならその方がラッキーと言えるでしょう。また、病気でないことがわかったら安心できるメリットもあるのです。少しの勇気で未来が変わるならば、そちらを選ぶ方が断然おすすめです。

自分のパターンを掴んで便秘とサヨナラ!

便秘という症状は一緒であっても、便秘になってしまった原因は人によって違うので、当然治し方もそれぞれ異なります。悩んでいても何の得にもなりません。まずは自分のパターンを掴んで原因に見合った対処法を行うことが大切です。

重く苦しいから便秘から一日も早くサヨナラできるよう、自分に合った方法を実行してみましょう!

乳酸菌革命公式サイト

スポンサーリンク