え、この症状も便秘が原因!?自分の便秘タイプをセルフチェック!

便秘が原因で、吐き気や頭痛、肩こりなどの症状が引き起こされることもあるって知っていますか?そこで今回は、便秘の種類や症状について徹底調査しました。まずは自分はどのタイプの便秘なのかセルフチェック。便秘を解消して辛い症状も改善させましょう!

スポンサーリンク

​最近体調がイマイチ…便秘のせい?​

「最近、体調がすぐれないけど原因が分からない…」もしかすると、その原因不明の体調不良は、便秘が原因になっている可能性も。女性は便秘になりやすいと言われていますが、たかが便秘だと軽く考えてそのまま放置していませんか?

便秘は、食欲不振や吐き気、痔、肌トラブルの他にも、頭痛や肩こり、倦怠感など様々な体調不良を引き起こす原因になります。しかし、その原因が便秘だと気づく人は少ないようです。そのため、原因不明の体調不良が続く場合は便秘を疑ってみましょう。


カルナ博士
便秘が原因で、体調不良が起こることもあるんじゃな…。わしも、時々便秘になるんじゃが、今までは気にしたことがなかったぞい。もしかして、わしの体調不良も便秘が原因だったのかのう…。

ひばり
博士安心して下さい!今回は、便秘の種類や原因、症状について徹底的に調べましたよ。もちろん、便秘の解消法も調査済です。便秘は様々な体調不良の原因になることもあるので、改善させたほうがいいですね。便秘が改善すれば体調も良くなる可能性があります!

​調べたサイト数(病院)​調べたサイト数(その他)​調べた関連書籍
​25306冊


 今回は、便秘の種類や原因、症状について徹底調査しました。また、便秘の解消法もしっかり伝授します。体調不良の原因が便秘であれば、便秘を解消すれば改善される可能性があります。

まずは、自分の便秘がどのタイプのかチェックして、便秘を解消させることから始めましょう!

 いわゆる「便秘」の典型的症状​

 便秘と言われてもどれくらい排便がないと便秘なのでしょうか?ここでは、便秘の典型的な症状について解説します。

 便が排泄されず体内に長期間とどまる

便が排泄されずに体内に長時間とどまるのが便秘ですが、排便の回数は人によって違うため、便秘の厳密な定義はないそうです。しかし、一般的には3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態が便秘だと言われています。

実は便秘かも!?セルフチェック

実は自分は便秘かもと思ったら、まずはセルフチェックしてみましょう。

便秘のセルチェック項目

  • 便意が起こらないので下剤を使っている
  • 週に3回以上排便がないことがある
  • 残便感がある
  • 便の量が少ない
  • 便の水分が少なく硬い
  • お腹が張っている
  • おならが臭い
  • 便意を我慢することがある
  • 時々お腹が痛くなる
  • 便を出すときはいきまないと出ない

 セルチェックをしてみて自分に当てはまる項目が多ければ多いほど、便秘度が高いと言えます。さらに、長期間このような症状が続いている人は便秘である可能性が高いでしょう。

こんな症状も便秘が原因だった​

便秘は様々な体調不良を引き起こす原因になりますが、その原因が便秘だと気づく人は少ないようです。じつは意外な症状が、便秘が原因で起こることも。ここでは、便秘が原因で起こる様々な症状について解説します。

お腹の張り・腹痛​

便秘になると、お腹に溜まっている便からガスが発生するため、腸が膨らみお腹が張ったような症状が現れることがあります。

また、発生したガスで腸が膨らみ、周りの臓器が圧迫されると、腹痛が起こることもあります。さらに、腸内にガスが溜まると腸内の運動が低下するので便秘になりやすくなるそうです。

また、子供の腹痛の原因で一番多いのは便秘によるものであると言われているため、子供が腹痛を起こした時は、まずは便秘が原因ではないか疑いましょう。

さらに、妊娠時の腹痛の原因の1つに便秘があります。妊娠中は女性ホルモンの影響などで便秘になりやすく、​便秘が原因でお腹が張り腹痛を起こすこともよくあるそうです。

食欲不振・吐き気​

便秘になると食欲不振を起こすことがあります。便秘で食欲不振になってしまう原因はいくつかあり、その1つは、お腹の張りです。

便秘でお腹が張ると少し食べただけで満腹感を感じるため、食欲不振になると言われています。また、腸の中に便が溜まっていると、食べ物を食べても腸に運ぶことができなくなるので、胃に食べ物が残こってしまい食欲不振になるそうです。

さらに、胃に食べ物が残り、胃の中で逆流してしまうと吐き気を催してしまいます。また、食欲不振で食べる量が少なくなると便を形成する栄養が足りなくなるため便秘が悪化してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

お肌のトラブル​

腸とお肌は関係がないように思えますが、じつは深い関係性があるため便秘になるとニキビや肌荒れなど様々な肌トラブルが起こることがあります。

便秘になり便が腸に長期間溜まったままになると、便が腐敗して悪玉菌が増加し有害物質が発生します。この有害物質は、腸から吸収され血液の中に溶けだして全身を巡ります

全身へ巡った有害物質は、汗や皮脂と一緒に体の外に排出されますが、肌細胞が元々持っている肌に溜まっている汚れを排出させる機能が上手く働かなくなり、肌に汚れが蓄積されて、肌トラブルを起こします

また、便秘になると新陳代謝をつかさどる自律神経の働きが弱まるため、肌トラブルを起こしやすくなると言われています。さらに、自律神経の乱れは便秘を招くため悪循環がうまれ、便秘や肌トラブルが悪化してしまうことになります。

口臭や体臭​

口臭や体臭は自分では気づきにくいと言われていますが、便秘は口臭や体臭の原因になることもあるため要注意です。

便秘になり便が腸に長期間溜まったままになると、便が腐敗します。便が腐敗すると有害物質が発生しますが、じつは、この有害物質が口臭や体臭の原因になります。

発生した有害物質は、腸から吸収され血液の中に溶けだして全身を巡り​、皮膚から汗や皮脂として排出され、これが体臭の原因になります。また、有害物質は全身を巡るため、肺に届き呼気として排出されたものが口臭です。

また、便秘が原因で発生した体臭や口臭は、便の腐敗によって起こるものなので、便臭のような臭いがすると言われています。

痔​

便秘が原因で痔になることも多いと言われていて、さらに便秘は痔を悪化させます。痔は、「切痔(裂肛)」、「いぼ痔(痔核)」、「あな痔(痔ろう)」の3種類があり、女性に多いと言われているのが、「切痔(裂肛)」と「いぼ痔(痔核)」​です。

例えば、硬い便を出す時にいきみ肛門周辺が切れると「切痔(裂肛)」​になります。また、いきむことで肛門周辺の血管がうっ血すると「いぼ痔(痔核)」​になるそうです。

また、「あな痔(痔ろう)」​は、比較的男性に多くみらる痔で、肛門の粘膜に細菌が入り込み、肛門周辺が化膿するタイプの痔です。

便秘で、いきみすぎたり、トイレに長時間座りすぎると、さらに痔を悪化させてしまうことになるため、痔になってしまったら、できるだけスムーズに排便できるように心がけることが大切です。

全身症状

便秘は「万病の元」と言われていて、便秘になると一見関係なさそうな症状も、じつは便秘が原因で現れていることがあります。

頭痛​・肩こり

便秘になり便が腸に長期間溜まったままになる​と、便が腐敗して悪玉菌が増加し有害物質が発生します。この有害物質が、腸から吸収され血液の中に溶けだして全身を巡ると、筋肉が緊張して血流が悪くなります

血流が悪くなると、脳に送られる血液量が少なくなるため頭痛を引き起こします。さらに、血流が悪くなると老廃物や疲労物質が溜まりやすくなるため、肩こりが発生することもあります。

腰痛・背中の痛み

​便秘になると、腸に便が溜まり、溜まっている便からガスが発生するため、腸が膨らみます。腸が膨らむと、周辺の血管や神経を圧迫して血流が悪くなります。

血流が悪くなると老廃物や疲労物質が​溜まりやすくなるため、腰痛や背中の痛みが発生します。特に、腰や背中は腸の近くにあり血管が多く集まっているため、​痛みを生じやすいそうです。

疲労感​

腸に溜まった便が腐敗して発生した有害物質が全身を巡ると、細胞がダメージを受け、それを修復するためにエネルギーを使うため、疲労感を感じやすくなると言われています。

また、便秘になると新陳代謝をつかさどる自律神経の働きが弱まり、自律神経が乱れると疲労感を感じやすくなります

息苦しい​

便秘は消化器官だけでなく、呼気器官にも症状を起こすことがあります。例えば、腹痛や排便の時の強いいきみが原因で、過呼吸を起こすと息苦しくなることがあります。

また、呑気症(空気嚥下症)​と言われる病気が原因で、息苦しくなることもあります。呑気症(空気嚥下症)​は、過呼吸と併発して発生することも多く、大量の空気を飲むこんで、胃や腸が膨れ息苦しくなり、おならやゲップが出やすくなる病気です。

この呑気症(空気嚥下症)​は、ストレスが原因で自律神経失調症を起こすと発症しやすいと言われています。

冷え性​

便秘と冷え症も深い関係性があり、体が冷えると全身の血流が悪くなるため、胃腸などの消化器官の働きが低下して、便秘になりやすくなります。そのため、冷え性が原因で便秘になっている場合は、体の冷えを改善すると便秘が解消させる場合もあります。

冷え性はぬるめのお湯に長く浸かったり、体を温める食材を摂取することなどで改善されます。例えば、生姜は冷え性を改善させるおすすめの食材です。生姜湯を飲んだり、料理に取り入れるなどして積極的に摂取しましょう。

精神的な悪影響

便秘は精神的にも悪影響を及ぼすことがあります。幸せホルモンと呼ばれているセロトニンは、精神を安定させる作用がありますが、じつはこのセロトニンの多くは腸で生成されています。

そのため、便秘で腸内環境が悪くなるとセロトニンが減少して、精神的に不安定になりイライラや不快感などが現れることがあります。

また、セロトニンは眠りを促す睡眠ホルモン、メラトニンの分泌を促すため、不足するとメラトニンも不足して寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなると言われています。そのため、便秘が原因で不眠になることもあります。

カルナ博士
便秘はこんなにたくさんの症状起こすことがあるんじゃのう。「万病の元」と言われるのも納得じゃ。

ひばり
そうなんですよ博士。便秘には関係なさそうな症状も、じつは便秘が原因で起こっていることもあるんですよ。だから、便秘を軽く考えて放置するのはダメなんです。それから便秘は、急性型と慢性型という2つのタイプに分けられるそうです。これから、急性型と慢性型のそれぞれの症状を詳しく見てみましょう!

いきなり便秘に!急性型の原因と症状​

今までは便が出ていたのに、何らかの要因で急に便が出なくなってしまうのが急性型の便秘。急性型の便秘には種類があり、便秘の原因によっては、危険な症状が現れることもあるので要注意です。ここでは、急性型の便秘の原因と症状について詳しく解説します。

一過性便秘

急性型の便秘で、いつもは便秘ではなかったのに、普段と生活リズムが変わったときになりやすいのが、一過性便秘。引っ越しや旅行、入学、就職、ダイエットなどが原因で、環境や食生活変化すると、排便リズムが乱れて便秘を起こすことが多いそうです。

症状

一過性便秘の症状は、比較手軽くお腹が張る程度で、原因がなくなれば自然に治ることが多いと言われています。

例えば、「旅行から変えればいつも通りに戻った」「就職して環境に慣れたら便秘も解消した」など環境が元に戻ったり、環境に慣れると自然に治ることが多いそうです。しかし、そのまま便秘が長く続くと慢性化してしまう恐れがあるので要注意です。

器質性便秘

急性便秘のなかでも、腸ねん転や腸閉塞​などの病気が原因で起こる便秘を、器質性便秘と言います。特に環境は変化していないのに、便秘になり激しい腹痛などの危険な症状が現れることもあるため要注意です。

スルー厳禁の危険な症状

腸ねん転や腸閉塞​などの病気が原因で、器質性便秘​を起こすと、激しい腹痛や嘔吐、血や粘液が混じった便が出るなどの症状が現れることが多いと言われています。

便秘と一緒にこのような症状が現れた場合は、処置が遅れると命に関わる重篤な状態になる場合もあるため、一刻も早く病院を受診して処置を受ける必要があります​。

いつも便秘!慢性型の原因と症状​

便秘の状態がなかなか治らず、長く続くと慢性型の便秘になります。慢性型の便秘にもいくつか種類があり、症状によっては早めに病院を受診して治療したほうが良いものがあります。ここでは、慢性型の便秘の原因と種類について詳しく解説します。

機能性便秘

慢性便秘の中でも最も多いのが機能性便秘で、腸の機能低下が主な原因となり起こります。機能性便秘は、さらに3種類に分類されていて、食生活や生活習慣を見直すことで改善される場合もあります。

日本人に一番多い「弛緩性便秘」

 日本人に一番多いと言われているのが、弛緩性便秘で腸のぜん動運動が弱くなることが原因で起こると言われています。男性より筋肉の少ない女性や、筋力が低下する高齢者に多くみられる便秘で、運動不足の人にも起こりやすい便秘です。

また、食物繊維が不足ししたり、食事の量や水分が少ないと腸のぜん動運動が弱くなり、弛緩性便秘を起こしやすくなるそうです。

弛緩性便秘を起こし、腸のぜん動運動が弱まると、便が上手く排便されず腸の中で硬くなります。硬くなった便は、排便しにくいため排便後も残便感があることがあります。

また、弛緩性便秘を起こすと、食欲不振やお腹の張り、肌荒れ、肩こり、冷え、倦怠感などの症状が現れる場合もあります。

高齢者に多い「直腸性便秘」

便は直腸まで来ているのに、肛門付近に問題があることが原因で排便ができないのが、直腸性便秘。高齢者は神経系統が鈍り便意に気付きにくくなるため、直腸性便秘を起こしやすくなるそうです。

​​​​また普段、便意を我慢することが多い人は、便意が感じにくくなるため直腸性便秘を起こしやすくなります。例えば、痔になって排便時に痛みがあると、便意を我慢してしまいます。すると直腸性便秘を起こしてしまうことがあります。

また他にも、肛門に力が入るなどして上手にいきめないと、便が排便しにくくなり、腸の中で便が硬くなります。硬くなった便を無理矢理出そうとすると肛門が傷ついて、排便時に痛みを感じるようになり便意を我慢してしまいます。すると、直腸性便秘を起こしてしまうことがあります。

男性に多い「痙攣性便秘」

男性に多い痙攣性便秘は、ストレスなどが原因で自律神経が乱れると起こります。過度なストレスなどで自律神経が乱れると、腸のぜん動運動が過度になり、痙攣したような状態になってしまい便秘になるそうです

また、痙攣性便秘を起こすと、排便しにくくなるためコロコロした硬い便になり、硬い便は、さらに排便しにくいため排便後も残便感があることがあります。

痙攣性便秘はストレスなどが原因で発症することが多く、​過敏性腸症候群​と合併して起こることもあります。そのため、痙攣性便秘を起こすと、便利と下痢を交互に繰り返す場合もあるうです。

器質性便秘

慢性便秘のなかでも、大腸がんや大腸ポリープ、子宮筋腫などの病気が原因で起こる便秘を、器質性便秘と言います。

器質性便秘は病気が原因で起こるため、下剤を飲んだり生活習慣や食生活を見直しても改善される可能性が低いと言われています。また、自己判断で便秘を放置すると症状が悪化してしまう可能性もあるため要注意です。

こんな症状があれば早めに病院へ!

こんな症状は注意

  • 感じたことがないような違和感や激痛
  • 便が極端に細長い、平たい
  • 血や粘液が混じった便が出る​
  • 激しい腹痛や嘔吐

 下剤を飲んだり生活習慣や食生活を見直してもなかなか便秘が改善されず、このような症状が現れた時は器質性便秘である可能性があります。器質性便秘は、原因になっている病気を治療しないと改善されません。気になる症状が現れた時は、なるべく早く病院を受診して検査を受けましょう。

便秘解消のための4つの習慣​

「便秘は治らない」と諦めていませんか?病気が原因の便秘を除き、どのタイプの便秘も、生活習慣や排便習慣などを見直せば改善されることがあります。ここでは、便秘解消のための4つの習慣について詳しく解説します。

生活習慣

不規則な生活習慣は、自律神経を乱れさせるため便秘の原因になると言われています。

私たちの体の様々な機能をコントロールしている、自律神経は緊張やストレスを感じた時に作用する「交感神経」とリラックスした時や眠っている時に作用する「副交感神経」の2種類あり、この二つは反対の働きを持っています。​

睡眠不足などの不規則な生活習慣で、自律神経が乱れると、腸の動きを活発にさせる「副交感神経」の働きが悪くなるため、便秘になりやすくなると言われています。

そこで、便秘を解消するためには、睡眠をしっかりとり、毎日決まった時間に起きて寝る習慣を身につけ、規則正しく生活するように心がけましょう。

また、ストレスも自律神経が乱れる原因になるため、ストレスが溜まると便秘になりやすくなります。

さらに、ストレスで自律神経が乱れると、腸のぜん動運動が過度になり、痙攣したような状態になる痙攣性便秘​を起こすことがあります。そこで便秘を解消するためには、ストレスを上手く発散させて溜め込まないようにすることが大切です。​

排便習慣

 「子育てや家事に追われて便意があってもトイレに行かない」「外出先では便意を我慢する」そんな習慣を繰り返していると、便意が感じにくくなり便秘になりやすくなると言われています。

便意がある時は、我慢しないで排便することが大切ですが、まずは便意がなくても、トイレに行く排便習慣を身につけましょう。​トイレに行くのはスムーズに排便しやすい朝がおすすめ。

特に朝食後は、腸の動きが活発になるため排便しやすいと言われています。そのため、朝食を食べたらトイレに行くのを習慣にしましょう。

 食習慣

便秘を改善するためには、食習慣を改善することも大切。食事は、朝・昼・晩の3回、規則正しくとり栄養バランスの良い食事をとるように心がけましょう。

食物繊維が不足したり、偏った栄養バランスの食事をしていると便秘になりやすくなります。さらに、食べる量が少なすぎると便が小さくなるため便秘になりやすいそうです。

また、水分の摂取が少ないと便の水分が少なくなり硬くなります。硬い便は排出されにくいので便秘になりやすくなります。便秘を解消するための目安の水分量は、1.5ℓ~2ℓと言われていますが、一度に飲む必要はありません。1日に何回かにわけて飲むようにしましょう。

このように、栄養バランスの良い食事を適度な量でとり、十分な水分摂取をすると便秘は解消されやすくなります

運動習慣

運動不足になると筋力が低下して、腸のぜん動運動が弱くなるため便秘になりやすいと言われいて、排便をする時は、腹筋を使っていきむため、腹筋を鍛える運動をすると排便しやすくなるそうです。

​また、適度な運動は自律神経を整え、ストレスを発散させる効果があります。さらに、お腹周りのマッサージをするのもおすすめです。

お腹周りのマッサージをすると、腸の動きを活発にさせる「副交感神経」​の働きが良くなります。そのため、お腹周りのマッサージは、便秘解消に効果的だと言われています。

ひばり
便秘が原因で体に様々な体調不良が現れることもあります。だから、便秘を軽く考えてそのまま放置するのはやめましょう。便秘はこの4つの習慣を見直してしっかり改善させましょう!

辛い症状緩和に便秘薬はどう?

便秘が続くと便秘薬を飲むという人も多いのでは?しかし、便秘のタイプによっては便秘薬を使用しないほうがよい場合もあるため要注意。

日本人に一番多いと言われている​弛緩性便秘​は、腸のぜん動運動が弱くなることが原因で起こる​​ため、腸のぜん動運動を促す作用や、便をやわらかくする作用がある便秘薬は便秘の解消に効果的です。

しかし、腸のぜん動運動が過度になり、痙攣したような状態になる痙攣性便秘​に、このような作用がある便秘薬を使用するとかえって逆効果で、症状が悪化してしまう可能性があるため要注意です。

また、便秘薬を飲んでも、便秘の原因が改善されなければ根本的に便秘を治すことはできませ。さらに、便秘薬を使うと副作用を起こす心配もあるため、便秘薬だけに頼らず生活習慣や食習慣などを見直して便秘を解消することが大切です。

まずは自分の便秘タイプを見極めよう​

3日以上、排便がなくても気にしていないという人も多いのでは?しかし、便秘は「万病の元」と言われていて、お腹の張りや腹痛だけでなく頭痛や肩こりなど様々な症状を引き起こすことがあります。これらの症状は一見便秘とは関係なさそうですが、便秘が原因で起こることもあります。

また、病気が原因で起こる便秘を放置すると症状が悪化したり、命に関わる重篤な状態になることもあるため、便秘を軽く考えてそのままにしておくのは危険です。

便秘は急性型と慢性型のタイプがあり、そのなかにはいくつかの種類があります。まずは、自分の便秘はどのタイプなのか見極めて、便秘を解消させましょう。便秘を解消すれば、体調不良も改善される可能性がありますよ!

参照リンク​

ロート製薬ーあなたの便秘タイプチェック

セルフドクターネットーQ03 便秘だとどんな症状が出るの?

小林製薬ーあなたの便秘 セルフチェック




スポンサーリンク