葉酸の必要量は400mg!必要な理由を知って今すぐ摂り始めよう!

妊娠中は葉酸を摂取すべきとよく言われていますが、具体的な必要量はどれくらいなのでしょうか。葉酸が妊娠中に必要な理由や不足することで起こってしまう恐ろしい影響、効率的に摂取できる方法を徹底的に調査!おすすめのサプリも3つ厳選しました。

スポンサーリンク

妊娠中の葉酸はどの位足りないの?

「妊娠中は葉酸が必要だ!積極的に葉酸を摂ろう!」と言われていますが、葉酸は他の栄養素と比べてあまり馴染みがありませんよね。そのため、どういう働きをする栄養素なのか、なぜ妊娠中に必要なのか、どのくらい摂取すれば良いのかがわかりにくいかもしれません。しかし今では厚生労働省が妊娠を希望する女性に葉酸の摂取を呼びかける通知を出すくらい、重要な栄養素となっているのです。

葉酸が不足するとどうなってしまうのか、必要量はどのくらいなのか。葉酸について徹底的に調べました。

めぐりの葉酸の購入はこちら

非妊娠時(通常時)の葉酸は食事だけでほぼ充足

妊娠中は葉酸を積極的に摂るよう推奨されていますが、妊娠していない通常時の必要量はどれくらいなのでしょうか。

通常時の必要量は1日200μg

厚生労働省は栄養素ごとに食事摂取基準というものを決めています。その中で、摂取不足を回避する最低ラインとして推定平均必要量が定められています。それを見ると葉酸の場合、18歳以上の男女の推定平均必要量は1日に200μgと発表されています。

普段の食事で不足することはあまりない

普段から私達は、推定平均必要量の葉酸を摂取できているのでしょうか。炭水化物や脂質など代表的な栄養素と比べると、普段から食事に含まれる葉酸の量を意識することはなかなかありませんよね。しかし、緑黄色野菜レバーうなぎ海苔など葉酸が含まれている食品は多く、一度にたくさんは摂れませんが食事で少しずつ摂ることができます。そのため、普段の食事で不足することはほとんどありません。

また、ビタミンの一種である葉酸は、腸内細菌によって体内で合成されます。腸内細菌が正常に働いていれば体内で葉酸を作ってくれるため、不足して欠乏症に陥ることはほとんどありません。

体の中でどのように働くの?

知らない人も多いかもしれませんが、実は葉酸は私達の身体に多大な影響を与えています。葉酸の代表的な働きとして、2つ紹介します。

1つ目は、細胞の合成や修復を促進して、細胞分裂をスムーズにすることです。葉酸には遺伝子情報が詰まったDNAを正確にコピーし、同じ細胞を作り出す作用があります。葉酸が不足するとこの遺伝子情報の伝達が上手くいかず、間違った情報をもとに細胞が作られてしまい、病気などの異常の原因となってしまうのです。葉酸が十分に摂取できていれば、スムーズに細胞分裂が行われます。

2つ目は、赤血球の合成を促すことです。葉酸は「造血のビタミン」と呼ばれるビタミンB12と手を組んで、核酸を合成してアミノ酸を作り出し、赤血球を正常に作る働きをします。葉酸やビタミンB12が不足して核酸の合成が正しく行われないと、正常な赤血球が作られなくなってしまいます。

正常な赤血球にはヘモグロビンが含まれていて、酸素や栄養を運搬する働きを持っていますが、正常でない赤血球にはヘモグロビンが含まれません。そのため、ただ大きいだけで酸素や栄養を運ぶ力のない赤血球となり、これが増えすぎてしまうと身体中で酸欠や栄養不足に陥ってしまい、貧血になるのです。貧血と聞くと鉄分不足をイメージする人も多いと思いますが、実は葉酸やビタミンB12というビタミン類の不足が原因となっていることもありますので、覚えておいてくださいね。

妊娠時の葉酸必要量は食事だけでは間に合わない!

通常時に必要な葉酸の量は200μgと説明しましたが、積極的に摂るべきと言われている妊娠中はどうでしょうか?妊娠中に葉酸がどのように使われるのかも合わせて見ていきましょう。

妊娠時の必要量は2倍!

厚生労働省の発表によると、妊娠中の葉酸の推定平均必要量は通常時の2倍、つまり400μgです。妊娠中はお母さんの健康だけではなく、お腹にいる赤ちゃんの健康も守らなくてはいけませんから、通常時よりもたくさんの葉酸が必要になるのですね。

摂取量は妊娠何週目という区分に関係なく、一定です。妊娠してから生むまでずっと赤ちゃんに栄養を送り続けるために、途中で辞めることなく葉酸の摂取を続ける必要があります。それだけ葉酸が与える効果は絶大なのです。

胎児は葉酸をどのように使うの?

胎児が細胞分裂を繰り返すことで成長していくことは、理科の教科書などで見たことがある人も多いのではないでしょうか。この細胞分裂に葉酸が使われるため、妊娠中は葉酸をたくさん摂る必要があるのです。

妊娠7週目くらいには脊髄など神経細胞のほとんどが作られていて、心臓内臓などの器官も作り上げられていきます。その後8~11週目には胴体など身体の部分がどんどん作られていき、人の形がよりはっきりしてきます。脳などの中枢器官はもちろん、頭や足などの身体の部位を形成するために、妊娠初期には細胞分裂がとても活発に行われます。

先ほど説明したとおり、葉酸はDNAに含まれる遺伝子情報を正確にコピーして細胞を作りますから、葉酸が不足すると細胞分裂が正常に行われません。とにかくとんでもない速さで細胞分裂が行われますから、通常時の倍もの葉酸を摂取する必要があるのです。この細胞分裂が盛んに行われ、身体を形成していく時期に葉酸が足りていないと、奇形児が生まれる原因となることもあります。

妊娠中だけ?妊活中や授乳期も葉酸は多く摂るの?

胎児が葉酸をたくさん使うため、妊娠中に葉酸が必要になるのはわかったと思います。では、赤ちゃんを迎え入れる準備をしている妊活中や、生まれた赤ちゃんを育てる授乳期はどうでしょうか。

授乳期はやや多めの250μg

妊娠中だけではなく、授乳期にも葉酸を多めに摂取することが必要です。通常よりやや多めの250μgを目安に摂ることを心がけましょう。これには2つ理由があります。

まず、葉酸には出産直後のお母さんの健康状態を整える効果があります。妊娠中は子供をお腹の中で育てるためにホルモンが作用するため、通常時とはホルモンバランスが異なります。出産後は妊娠時から通常時のホルモンバランスに急激に戻るため、バランスが乱れやすく、更年期障害のような疲れや産後うつ抜け毛むくみといった症状が出やすいのです。葉酸にはホルモンバランスを整える働きがあるため、授乳期にも葉酸を積極的に摂ることで、産後間もないお母さんの体調を回復させることができるのです。

そして、葉酸には良い母乳を作って赤ちゃんの健康を守る効果もあります。母乳は乳腺の周りを覆っている毛細血管から取り込まれる血液からできていますので、お母さんが栄養をしっかり補給して良い血液を作ることが、赤ちゃんに栄養たっぷりの母乳を与えることになるのです。葉酸には血液を構成する正常な赤血球を作る働きがありますので、赤ちゃんに栄養のある母乳を与えるためにも葉酸を十分に摂取する必要があります。

妊活時には妊娠中と同じ400μg

厚生労働省の発表では、妊娠を計画している段階の女性、そして妊娠している可能性がある女性ともに、神経管閉鎖障害のリスクを低くするために、400μgの葉酸を摂取すべきとしています。実際に妊活中から400μgの葉酸を摂取することによって、赤ちゃんが病気にかかるリスクは減らすことができると研究で明らかになっているのです。

また、葉酸には着床を促進する着床後の受精卵の成長を促すといった働きもあるため、赤ちゃんを授かるために必要な栄養素でもあります。葉酸には造血作用があるため、正常な赤血球を作るためには必要不可欠な栄養素です。その葉酸が不足してしまうと正常な赤血球が作られず、貧血を起こして血の巡りが悪くなり、子宮に十分な栄養が届かずに子宮内膜が薄く、固くなってしまいます。

子宮内膜は厚く、柔らかい方が妊娠しやすいと言われているため、子宮内膜を整えることで妊娠する確率を高めることができるのです。葉酸の造血作用によって血液が作られ、栄養が子宮に送り込まれることで子宮内膜が整い、妊娠力を鍛えてくれるのですね。そして栄養が正しく送り込まれるようになると、着床後の受精卵の成長もサポートしてくれます。

葉酸が不足すると起こること

葉酸は赤ちゃんの成長にもお母さんの健康にも多大な影響を与えるのですね。では次に、葉酸が不足するとどんなことが起こってしまうのか、見ていきましょう。

赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」

葉酸が不足すると細胞分裂が上手くいかず、赤ちゃんに先天性の異常が見られる可能性が高まります。特に生まれつき脳や脊髄に障害がある神経管閉鎖障害が発症するリスクが上昇します。詳しいことは後ほど説明しますが、細胞分裂が上手くいかないと神経管が塞がってしまい、正常に機能しなくなるのです。生まれてからも治療を必要とし、生命の維持が難しい危険性もある重病ですので、できるだけリスクを減らす行動を摂る必要があります。

大人はうつ症状や巨赤芽球性貧血など

赤ちゃんだけでなく、お母さんにも悪影響を及ぼします。葉酸にはホルモンバランスを整えてくれる働きがあるため、葉酸が不足するとホルモンバランスが乱れてしまい、更年期障害のようなうつの症状が見られることがあります。妊娠中にイライラ憂うつ感など精神的な症状が見られる場合には、多くの場合ホルモンバランスの乱れが原因ですので、快適に過ごすためにも葉酸をしっかり摂っておきたいところですね。

また、造血作用のある葉酸が欠乏することで赤血球が正しく作られず、身体中に栄養が行き渡らないため貧血(巨赤芽球性貧血)が起こることもあります。正しく作られないためヘモグロビンを持っておらず、酸素や栄養を運ぶ能力を持たない赤血球を巨赤芽球と呼び、それが増えすぎるために栄養不足酸欠が起こってしまうのですね。

神経管閉鎖障害とはどんな病気?治療は?

先天性の異常である神経管閉鎖障害とは、どんな病気なのでしょうか。治療方法と合わせて説明します。

どんな病気?「二分脊椎症」と「無脳症」

神経管閉鎖障害の多くは「二分脊椎症」「無脳症」に分類され、それぞれ現れる場所が異なります。

二分脊椎症

二分脊椎症は神経管が作られる過程で異常が発生し、脊椎の一部が開きっぱなしになってしまい、脊椎の中で守られている脊髄が外に飛び出してしまう症状です。本来厳重に守られるべき脊髄が外に出てしまうため、傷がついたり癒着してしまったりして、脳から出される指令を身体に上手く伝達することができず、神経障害が起こります。

二分脊椎症には2種類あり、解放性潜在性に分けられます。開放性は脊椎から飛び出してしまった脊髄が、身体の表面にこぶのように現れます。脊髄のどの部分が損傷しているかによって症状が異なり、下半身が麻痺すると歩行障害運動障害、膀胱や腸などを動かす下半身の筋肉が麻痺することで排尿障害排便障害が起きます。また、暑さや痛みなどを感じにくい感覚障害皮膚の異常が見られることもあります。

潜在性はこぶなどは見られませんが、多毛や皮膚のへこみなど背中に異常が見られます。開放性と同じく運動障害感覚障害排せつ障害などが現れることもありますが、出生直後からこれらの症状が見られないこともあり、成長の過程で出ることも多いです。

開放性では背中にこぶができるので、出征前診断の段階で超音波検査によって発覚することがあります。一方、潜在性の場合は腰に異常毛量が見られる、皮膚がへこんでいるなどの症状が見られますが、見ただけでは判断が難しいため精密検査を行うことになります。

治療にも違いがあり、開放性の場合は放っておくと飛び出たままの脊髄から感染症にかかってしまう危険性があるため、すぐに脊髄を脊椎の中に収めて開いた部分を閉じる手術をすることになります。一方潜在性では、何も症状が見られなければ治療しないこともあります。何らかの症状が出ていれば脂肪腫を摘出し、癒着を取る手術が行われます。どちらも手術後は残った神経障害を克服するためのリハビリが行われ、歩く訓練や筋力の強化などをすることになります。

無脳症

無脳症は、脳や脊髄を作る元となる神経管が塞がってしまうことで脳が正しく作られず、頭がい骨上部と脳が欠けてしまう奇形です。成長しても欠けてしまった部分は戻らず、欠けたままの状態となります。脳以外には異常が見られないことが多く、胎児のうちは成長します。しかし、脳が欠けていると生存が難しいため、妊娠中か生後数日に死亡することがほとんどです。

妊娠10~11週くらいになると赤ちゃんの頭の形がわかってくるため、無脳症であるかどうかはエコー検査でわかるようになります。頭部がはっきりと映らない、頭部が欠けているのが確認できるなど見てわかる異常があると、無脳症であると疑われます。しかし、断定するのは難しいため、もう少し時間が経った妊娠20~25週くらいに再検査をすることがあります。

無脳症は脳が欠けているため、残念ながら健康な赤ちゃんと同じように成長することはできませんし、治療方法もありません。妊娠中に死んでしまうか、生まれてきても数日で死んでしまうのがほとんどで、稀に生き続けたとしても1年ほどです。無脳症だと確実にわかった時点で人工妊娠中絶手術をする人も少なくありません。

何人に1人の割合でなるの?

二分脊椎症は1万人に5人無脳症は2,000人に1人の確率で発症すると言われています。患者数の推移を見ても、患者の割合は減っていません。

厚生労働省が呼びかけているのはどうして?

2000年に厚生労働省が妊娠を希望している女性に対し、葉酸を積極的に摂取するようにという通知を出しました。国が呼びかけるということは相当事態が深刻なのだろうと予想できますが、なぜ厚生労働省は葉酸の摂取を呼びかけているのでしょうか。

神経管閉鎖障害の増加傾向

二分脊椎症や無脳症といった神経管閉鎖障害の患者数は減ることがなく、むしろ増加傾向にあります。そこで外国の研究結果を見てみると、妊娠中の女性が葉酸を摂取することによって発症のリスクが低減したとわかったため、日本でも妊娠を望む女性に対して葉酸の摂取を呼びかけることとなったのです。

国が葉酸の摂取を訴えるということは、それほどまでに神経管閉鎖障害の増加が気になり、出生率に影響するということなのですね。栄養の不足や偏りが原因で赤ちゃんに十分な栄養が行き渡らないのであれば、急速に発展している現代の医療の力に頼るのではなく、女性の意識や行動を変えなければならないのです。

ちなみに家族に神経管閉鎖障害患者がいる人や、過去に神経管閉鎖障害を持つ子どもを妊娠した経験がある人は、同じように神経管閉鎖障害を持つ赤ちゃんを妊娠する可能性が通常よりも高くなる傾向にあり、ハイリスク群と診断されます。その場合は医師の指示に従って葉酸の摂取をする必要がありますので、医療機関に相談するようにしましょう。

偏った食事で知らずに不足している人が増えている!

昔に比べて現代ではコンビニ弁当や外食産業の発達が著しく、簡単に食事を摂ることができます。しかしそれにより、偏った食事を続けて十分な栄養が摂れていない女性が増えているのです。厚生労働省では葉酸の積極的な摂取を呼びかけるとともに、ビタミンなどを豊富に含んだバランスの良い食事が必要であると医療関係者に情報提供をして、健康な赤ちゃんを産めるよう周知させています。

毎日の食生活をいきなり変えるのは難しいかもしれませんが、将来子どもが欲しい人は元気な赤ちゃんを産むために、妊活中から十分な葉酸の摂取を心がけましょう。

さっそく葉酸を摂り始めたい!注意することはある?

葉酸の効果や不足した場合のリスクを考えると、将来授かる我が子のためにさっそく葉酸を摂り始めたいと考える人もいるでしょう。葉酸が摂れるおすすめサプリメントを紹介しますが、その前に過剰摂取によるリスクもきちんと理解しておきましょう。

葉酸の摂取過剰で起こる病気もある

身体にとって重要な働きをしてくれる葉酸ですが、摂りまくれば良いというものではありません。葉酸を過剰に摂取しすぎると、発熱や蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害などといった葉酸過敏症に陥ることがあります。

また、葉酸とともに赤血球を作る働きをするビタミンB12の欠乏症になっても気づかず、診断が遅れて神経障害を引き起こすこともあるのです。葉酸は赤血球を作り、ビタミンB12はそれをサポートする形で助け合っています。どちらかが不足すると貧血に陥ってしまうのですが、貧血を抑えるために葉酸ばかり過剰に摂取すると、ビタミンB12が不足しているという事実に気付かないことがあります。葉酸を摂って貧血は抑えられても、ビタミンB12が欠乏することによる手足のしびれなどといった神経症状は抑えられませんので、診断が遅れることで症状を悪化させてしまう危険性があります。

1日1000μgを超えないように!

厚生労働省は推定平均必要量の他に、耐容上限量を定めています。葉酸は18~29歳は900μg、30歳以降は1,000μg(1mg)が上限とされています。サプリを摂る際には、1日に1000μgを超えないようにしましょう。商品ごとに決められた用量をきちんと守れば過剰摂取にはなりませんので、用量を超えた服用は避けてください。

厚労省が推奨する不足分200μg摂れるサプリメント3選

妊活中や妊娠中、授乳中は普段食事で摂取できる葉酸に加えて200μg多く摂る必要があるため、食事だけで満たすのは難しいです。そんなときは栄養を効率的に補給できるサプリを利用すると良いでしょう。以下の3つのサプリが特におすすめです。

めぐりの葉酸

気分が優れない、貧血気味など、女性の不調を整える効果が期待できるのが、めぐりの葉酸です。葉酸だけではなく、18種類のビタミンミネラルが配合されていて、忙しい女性の健康をサポートしてくれます。

定期コースであるラクトクコースを申し込むと、初回は2,850円もお得な上に初回以降は常に12%オフです。さらに身体に合わなければ30日間の返金保証もついているため、定期コースを申し込んでも安心です。定期コースの場合は4カ月間は解約できないという縛りがあるため、解約する場合は可能かどうか確認しておきましょう。

他の葉酸サプリよりも安く、コスパが良いのは高評価ですが、多くの葉酸サプリでは1日400μgを摂取できるのに対し、めぐりの葉酸では半分の200μgしか摂取できないため、妊活中の人や妊娠している方には少し足りません。そのため、評価は星4つとしました。妊娠とは関係なく貧血を治したい、女性に必要な栄養素を摂取しておきたいという人にはおすすめできますよ。

商品名めぐりの葉酸
メーカーFABIUS
期待できる効果ビタミンやミネラルを補給して、女性の健康をサポート
形状・飲みやすさ小さめの錠剤で飲みやすい、薬草みたいなにおい
1日の摂取目安量と葉酸の量1日3粒・葉酸200μg
効果実感の目安特になし
おすすめ度★★★★☆
価格3,980円
お得なコースラクトクコースで初回630円(税抜)
内容量90粒(約1カ月分)
葉酸、鉄、亜鉛、ビタミンB12、ドロマイト、難消化デキストリン、還元麦芽糖水飴、マカ粉末、軟化菜種油、サンゴ未燃成カルシウム、デキストリン、混合ハーブエキス、ローズヒップ末、ブドウ種子エキス、乳酸菌、コエンザイムQ10、大豆イソフラボン、コーンエキス
  • 妊娠中でも大丈夫
    初めての妊娠で葉酸をとるといいと聞き、毎日飲んでいます。粒も天然なので苦みがなくとても飲みやすいです。

    めぐりの葉酸公式サイト

  • 手軽で飲みやすい!
    小さくて飲みやすいのがうれしい。 女性のことを考えてくれてるなと思いました。

    めぐりの葉酸公式サイト

ひばり
手軽に栄養補給ができる点はかなり高評価のようですね!でも、葉酸は200μgしか含まれていないため、妊娠している女性や妊活中の女性の必要量には足りません。通常時の健康維持のために飲むのは良いですが、妊娠中や妊活中は別のサプリの方が良さそうですね。くれぐれも飲む量を倍にして無理矢理400μgを摂ろうとしてはダメですよ!摂取量はきちんと守りましょう!

めぐりの葉酸の購入はこちら

\めぐりの葉酸の詳しい記事はこちら/

めぐりの葉酸は、葉酸をはじめ妊活・妊娠中に欠かせない栄養素が詰まったサプリです。でも本当に効果あるの?効果的な飲み方は?どこで買うと安いの?もし合わなかったときの解約の方法は?買う前に知っておきたい6つのポイントを徹底調査しました!

愛され葉酸

元モーニング娘。の後藤真希さんも愛用していることで注目を集めているのが、愛され葉酸です。妊娠している人が1日に必要な葉酸400μgが3粒で摂取できる手軽さが魅力ですね。葉酸だけでなく、鉄分乳酸菌カルシウムDHAなど女性の健康をサポートする成分が配合されているのも嬉しいポイントです。

妊娠している女性はにおいに敏感になりやすく、薬のようなにおいがするサプリを飲むと気持ち悪くなってしまうことがありますが、愛され葉酸はフレッシュレモンのにおいなので、気持ち悪くなることもありません。

葉酸は継続的に摂取する必要があるため、6カ月間は定期購入の解約ができません。続けるのであれば半年間は飲み続けるようにしましょう。定期購入にすると初回は980円で買えるという安さが魅力的ですが、通常価格は7,980円とやや高めで、長期間続けるならお財布とよく相談しなければいけません。栄養素は豊富に含まれているため効果は期待できますが、1カ月分7,980円というのはコスパがあまり良くないため、評価は星4つとしました。

商品名愛され葉酸
メーカー株式会社オンライフ
期待できる効果1日に必要な葉酸と鉄分が一度に摂取できる
形状・飲みやすさ小さめの錠剤で飲みやすい、フレッシュレモンのにおい
1日の摂取目安量と葉酸の量1日3粒・葉酸400μg
効果実感の目安1~2カ月
おすすめ度★★★★☆
価格7,980円
お得なコース定期購入で初回980円
内容量90粒(約1カ月分)
難消化性デキストリン、レモンパウダー(レモン、デキストリン)、葉酸含有酵母、乳酸菌末(デキストリン、乳酸菌(殺菌))、菜種硬化油脂、いなご豆抽出物、大豆抽出物(大豆、クエン酸)、ポリアミン含有米胚芽抽出物、マグネシウム含有公募、赤紫蘇粉末、米混合ハーブ抽出物、ケフィアパウダー(乳を含む)、微藻類由来DHA・EPA油/ピロリン産第二鉄、乳酸カルシウム
  • なるべくナチュラルなサプリを・・・と考えていました
    とにかく赤ちゃんのためのサプリなんだから、ナチュラルなものにこだわりたいと思っていました。 このサプリはナチュラルなものにこだわってるのはもちろん、重要な成分もきちんと入っていて選んでよかったと思っています。 赤ちゃんともうすぐ会える予定です。楽しみです!

    愛され葉酸公式サイト

  • 産後も続けようと思います!
    はじめは葉酸はもちろん、鉄分、カルシウム等たくさんのサプリメントを飲んでいました。でも何粒も何種類も飲むのは面倒だし、お金もかかります。そんな時、このサプリを友人から紹介されました。 1種類のサプリメントでたくさんの栄養やミネラルが詰まってると聞き、すぐにためしてみました。それに自然の成分が使われていて安心できます。授乳中も飲み続けたいと思います!

    愛され葉酸公式サイト

カルナ博士
葉酸、鉄分、ビタミン、カルシウム……。妊娠している女性は赤ちゃんを育てるために色々な栄養素をたくさん摂らなければいけないから、何種類もサプリを飲んだりするんじゃのぅ。愛され葉酸には葉酸のほかにも鉄分やカルシウムなどの栄養素が含まれているから、数種類のサプリを飲む煩わしさはなくなりそうじゃな!薬のようなにおいがしないから、飲むときに気持ち悪くならないのも、妊婦さんにとっては嬉しいポイントじゃ。

愛され葉酸の購入はこちら

\愛され葉酸の詳しい記事はこちら/

『愛され葉酸』は妊娠中の母子のためのサプリです。妊娠中はつわりや大きなお腹での生活など大変なことがいっぱい!そんな中、ママは誰よりも「栄養を摂って大切な赤ちゃんを育みたい」と考えています。『愛され葉酸』にはママの願いが詰まっています。

ベルタ葉酸サプリ

編集部が最もおすすめする葉酸サプリは、ベルタ葉酸サプリです。1日の摂取量で葉酸400μgを摂取でき、さらにビタミンB12ビタミンCを始めとするビタミン13種類カルシウムなどのミネラル14種類、そしてアミノ酸が20種類と抜群の栄養配合率を誇ります。また、21種類の野菜も配合されているのですが、青汁の主成分として使われる健康効果の高い大麦若葉ケールなど、お母さんと赤ちゃんにしっかりと栄養が届くように栄養バッチリの野菜から作られています。

出産経験がある、または現在妊活中という女性スタッフが働いている会社のため、妊婦に必要な栄養素は何か、飲みやすさは問題ないかとユーザーの立場に立って開発されているため、女性からの支持が高いです。2016年の市場調査によると、葉酸サプリの売上・満足度・人気度において第1位を獲得しています。それだけ圧倒的な支持を得ているのですね。

定期購入を選んだ場合は6カ月間は解約できません。これは継続的に葉酸を摂取することで母子ともに健康になってほしいというメーカーのこだわりによるものです。細胞が入れ替わるサイクルが3カ月と言われているため、体調の改善など効果を実感できるのも3カ月程度経ってからになりますので、将来の赤ちゃんの健康のためにじっくり飲み続けましょう。

葉酸だけでなく女性に必要な栄養素がバランスよく配合されていて、定期コースにすると月々3,000円代で続けられるというコスパの良さもあり、さらに専門知識が豊富な社員が電話で相談を受けるサポート体制の充実感。これは文句なしに星5つです。

商品名ベルタ葉酸サプリ
メーカーBELTA
期待できる効果妊婦に必要な葉酸、ビタミン、ミネラルが効率的に摂れる
形状・飲みやすさ錠剤で飲みやすい、若干鉄のような味
1日の摂取目安量・葉酸の量1日4粒・葉酸400μg
(朝2粒、夜2粒に分けると吸収率がアップ)
効果実感の目安3カ月程度
おすすめ度★★★★★
価格5,980円
お得なコース定期便6回以上のお届けで1回当たり3,980円
内容量120粒(約1カ月分)
乾燥酵母、葉酸含有酵母、もろみ酢粉末、ミネラルイースト、ヨウ素含有酵母、卵殻膜粉末(卵を含む)、燕の巣加工品(デキストリン、酵素処理燕窩)、馬プラセンタエキス末、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、乾燥野菜粉末(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、かぼちゃ、さつまいも(紫芋)、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん)、ナンノクロロプシス、乳酸菌末(殺菌乳酸菌、デキストリン)、微細藻類由来DHA・EPA油/貝殻未焼成カルシウム、セルロース、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸Ca、ビタミンC、クエン酸、リン酸カルシウム、ラクトフェリン(乳由来)、ビタミンB6、ビオチン、サンゴカルシウム、着色料(β-カロテン)、ヒアルロン酸、葉酸、抽出ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、酸化防止剤(カテキン、抽出V.E)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンB12、コリン
  • 私はおすすめだと思います。
    4/5
    現在妊娠3ヶ月つわりと貧血が酷かったので購入しました。 粒が大きくて飲みにくいとか鉄の匂いがキツイとか多く書かれていて不安でしたが飲んだ感じは一粒づつなら問題ないかと思います。匂いも気にならないです。(個人差はあると思います) 以前飲んでいた大手企業の葉酸サプリと比べ大きさは小さいですし様々な栄養素も入っているので栄養補助の意味でも良いかと思います。 (中略) 飲み始めてからつわりと貧血が改善し個人的はかなりおすすめです。

    amazon

  • お腹の調子が良い!
    5/5
    無事に出産を終えてから3ヶ月弱経過していますが、授乳中なのでまだ続けています。 とても元気な男の子で、それもベルタのおかげかもしれません。 さて、出産育児とは直接関係ないのですが‥ ベルタを飲み始めてから毎日欠かさずお通じがあります! 幼い頃から便秘症で、1週間出ないことが普通なほどだったのですが‥ お腹が痛くなることもなく自然に出るので本当に助かります。 たまに飲み忘れると出ないのでベルタのおかげなのだなぁ‥と。

    楽天市場

ひばり
口コミの中には、鉄っぽい臭いが気になって飲みづらいという意見もありましたが、妊娠してどんな臭いが不快になるかは個人差があるので、飲みやすさは人によると言わざるをえませんね。でも、葉酸と一緒にお母さんの身体に必要な栄養素が摂取できて、元気な赤ちゃんも生まれた!という声も多数見られましたので、葉酸サプリの中では効果が高い商品です♪

ベルタ葉酸サプリの購入はこちら

\ベルタ葉酸サプリの詳しい記事はこちら/

ベルタ葉酸サプリって、いろんな口コミがあるけど、結局のところどうなの?!という疑問を解消するべく、口コミを徹底検証!実際に購入して飲んでみて分析してみました。元気な赤ちゃんを産むために本当に安心な葉酸サプリを探している人は必見です!

足りない分の葉酸はサプリメントで補って

葉酸はお母さんにも赤ちゃんにも必要な栄養素ですから、妊娠している、あるいは妊娠を希望している場合は積極的に摂取する必要があります。食事や体内合成だけで400μgもの葉酸を補うのは難しいですから、足りない分はサプリメントを使って上手に補給しましょう。

葉酸の摂取は神経管閉鎖障害のリスクを減らすとされているため、厚生労働省が通知を出して呼びかけているくらい、重要な栄養素です。せっかく自分のところに来てくれた赤ちゃんが病気になったり、命を落としたりしてしまっては、悔やんでも悔やみきれませんよね。「どうしてできることを全てしてあげなかったんだろう……」と後悔することのないよう、葉酸をしっかり摂取して、自身と赤ちゃんの健康管理に努めましょう。

めぐりの葉酸の購入はこちら

スポンサーリンク