オリゴのおかげの成分は危険で効果なし!?添加物までトコトン調査

オリゴのおかげの成分には副作用の心配があるの?便秘気味の子供に薬は使いたくないと思い試そうと思ったのに実は危険なの?…気になる声が多いので徹底的に調べました。添加物はもちろん実際に服用した結果も報告。美味しく続ける活用レシピもおススメです!

スポンサーリンク

オリゴのおかげは副作用がある!?

上白糖や三温糖などパールエース印でおなじみの株式会社パールエースから出ている「オリゴのおかげ」シリーズ。赤ちゃんから使える安心の甘味料だと思っていたら、何やら副作用があるという噂が…。

果たしてその噂は本当か、あるならばどのような副作用があるのか、添加物の心配はないのか、など気になる疑問を徹底検証しました。

また、腸内環境を整える効果が実際にあるのかも気になるところ。子供にも使えるとのことなので、便秘がちな幼稚園児とそのお母さんを巻き込んで、安心・安全もしっかりチェックしてみました。これから試したいという人はぜひ参考にしてみてください。

オリゴのおかげはこちら

商品ラインナップと成分表示一覧

オリゴのおかげシリーズにはシロップタイプ、顆粒タイプなどがあります。まずはそれぞれ主成分、添加物などをチェックしておきましょう。オリゴ糖の含有率も商品によって違うので比較してみてください。

家庭用

項目/商品名

オリゴのおかげ

シロップ

オリゴのおかげ

ダブルサポート

シロップ

オリゴのおかげ

ダブルサポート

顆粒

主成分
  • 乳糖果糖オリゴ糖 
(トクホ成分名:乳果オリゴ糖)
  • 乳糖果糖オリゴ糖 
(トクホ成分名:乳果オリゴ糖)
カルシウム吸収促進機能をプラス
  • 乳糖果糖オリゴ糖 
(トクホ成分名:乳果オリゴ糖)
カルシウム吸収促進機能をプラス
添加物
  • なし
  • クエン酸
  • クエン酸ナトリウム
  • なし
オリゴ糖含有量
  • 30%
  • 40%
  • 55%
カロリー
  • 2.3kcal/g
  • 砂糖の約80%の甘さ
  • 100g当たり乳果オリゴ糖30g
  • 8~20g(1日当たりの摂取量)当たり乳果オリゴ糖2.4~6g
  • 2.1kcal/g 
  •  砂糖の約50%の甘さ 
  • 100g当たり乳果オリゴ糖40g 
  • 8g(1日当たりの摂取量)当たり乳果オリゴ糖3.2g
  • 1本(6g)あたり17kcal
  • 1本あたり乳果オリゴ糖3.1g
価格
  • 希望小売価格
    • 300gボトルタイプ 500円(税別)
    • 650gボトルタイプ 900円(税別)
  • 500gボトルタイプ オープン価格


  • 参考(公式ページ) 
    • 2本セット2,057円(税込)送料300円(5,000円以上送料無料)
  • 公式ページ
    • 通常価格 
      • 6g×15本 800円(税別)
      • 6g×30本 1,728円(税込)送料300円 
    • 定期コース
      • 1か月定期コース 1,662円(税込・送料無料)アンケート回答で2回目お届け分500円OFF 
      • 3か月定期コース 1,358円×3袋=4,074円(税込・送料無料) アンケート回答で2回目お届け分500円OFF

業務用

項目/商品名LS-40LLS-55LLS-55PLS-90P
主成分
  • 乳糖果糖オリゴ糖
(トクホ成分名:乳果オリゴ糖)
  • 乳糖果糖オリゴ糖
(トクホ成分名:乳果オリゴ糖)
  • 乳糖果糖オリゴ糖
(トクホ成分名:乳果オリゴ糖)
  • 乳糖果糖オリゴ糖
(トクホ成分名:乳果オリゴ糖)
添加物
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
形状
  • 透明な液体
  • 固形分72.0~75.0%
  • 透明な液体
  • 固形分75.0~78.0%
  • 白色粉末
  • 5.0%以下(水分)
  • 白色粉末
  • 5.0%以下(水分)
オリゴ糖含有量
(固形分換算)
  • 42.0~47.0%
  • 砂糖の約80%の甘さ
  • 55.0~60.0%
  • 砂糖の約50%の甘さ
  • 55.0~60.0%
  • 砂糖の約50%の甘さ
  • 88.0~93.0%
  • 砂糖の約30%の甘さ
カロリー
  • 230kcal/100g
  • 220kcal/100g
  • 280kcal/100g
  • 210kcal/100g
容量
価格
  • 25kg
  • 25kg
  • Amazon 30,075円(税込)
  • 10kg
  • 10kg
カルナ博士
オリゴ糖含有率は「オリゴのおかげ」よりも「オリゴのおかげダブルサポート」の方が多いようじゃな。さらにその中でも顆粒タイプが55%と一番多いのう。
ひばり
そうなのよ、博士。お腹の調子を整える作用はすべてにあるけど、ダブルサポートにはさらにカルシウムの吸収を高める機能がプラスされていることに注目なの。
そして気になるのがダブルサポートシロップタイプにあるクエン酸とクエン酸ナトリウムという添加物。結論から言えば、これらはもともと食品に含まれている成分なので問題はないみたい。これについては後で詳しく説明していくわね。

乳糖果糖オリゴ糖はトクホ成分

オリゴのおかげシリーズは主要成分がどれも「乳糖果糖オリゴ糖 」とありました。オリゴ糖には色々な種類がありますが、この乳糖果糖オリゴ糖とはどのような成分なのでしょうか。

カルナ博士
そういえばオリゴのおかげのパッケージにはトクホのマークがどれもついているぞ。トクホなのに副作用?どういうことじゃ?
ひばり
落ち着いて、博士!

「オリゴのおかげ」「オリゴのおかげダブルサポート」はすべて特定保健用食品です。主要成分の乳糖果糖オリゴ糖のどのような効果が認められてトクホに認定されたのかという事も含めて見ていきましょう!

乳糖とショ糖から生成される

腸内環境を改善するとされ、さまざまなサプリや健康食品の成分として加えられているオリゴ糖。いくつか種類がありますが、それぞれビートや大豆、牛乳など原料が違ってきます。

では、乳糖果糖オリゴ糖は何から生成されるのか見てみましょう。

オリゴ糖って?

糖質は大きさによって単糖類、オリゴ糖類、多糖類に分けられますが、オリゴ糖はブドウ糖や果糖などの単糖が2~10個程度結合した糖類の一種です。もともと母乳の研究過程でビフィズス菌を増やす成分がオリゴ糖であることが判明し、注目されるようになりました。

種類は20種ほどありますが、「消化性オリゴ糖」と「難消化性オリゴ糖」に大きく分けられます。消化性はその名の通り消化されて小腸などで吸収されてしまうもの難消化性は胃で消化されないので小腸で吸収されず、そのまま大腸へ届くものになります。

大腸にあるビフィズス菌などの善玉菌は、消化されずに大腸まで到達したオリゴ糖をエサとして増え、腸内環境を整えてくれるのです。

消化性オリゴ糖難消化性オリゴ糖
特徴
  • 消化されて小腸などで吸収される
  • 大腸まで届きにくいので、難消化性よりは腸内環境を整える働きが弱いとされる
  • 胃で消化されないので小腸で吸収されず、そのまま大腸へ届く
  • 大腸でビフィズス菌のエサとなってその増殖を促し、善玉菌を増やす
種類
  • 大豆オリゴ糖
    • 大豆
  • イソマルトオリゴ糖(一部が消化性)
    • はちみつ、醤油、味噌など
  • フラクトオリゴ糖
    • 玉ねぎ、ごぼう、にんにくなど
  • ラフィノース
    • ビート(砂糖大根)
  • ガラクトオリゴ糖
    • 母乳、牛乳
  • 乳果オリゴ糖 
    • ショ糖、乳糖

など

乳糖果糖オリゴ糖

乳糖果糖オリゴ糖は乳果オリゴ糖、とも言われます。ラクトスクロースを主成分としており、サトウキビのショ糖と牛乳の乳糖を原料として作られています。ラクトスクロースは、「ラクト=乳由来」、「スクロース=ショ糖」という意味です。

上の表にもあるように「難消化性」であり、胃で消化されないので小腸で吸収されず、そのまま大腸へ届きます。そこで善玉菌のエサとなってビフィズス菌を増やし腸内環境を整えてくれるのです。

甘さもカロリーも砂糖より控えめ

乳糖果糖オリゴ糖はオリゴ糖の中では一番甘く砂糖を100とすると60~80と甘みが強いのですが、小腸で吸収されないために他の糖質よりもカロリーが低いのが特徴です。そのためダイエット甘味料などにも使われています。

※参考:砂糖を100とした場合

オリゴ糖甘さ
乳果オリゴ糖60~80
フラクトオリゴ糖30~60
ラフィノース20~25
ガラクトオリゴ糖20~25
イソマルトオリゴ糖40~65

※参考:上白糖 三温糖 3.8~4kcal/g

オリゴ糖カロリー
乳果オリゴ糖約2kcal/g
フラクトオリゴ糖約2kcal/g
ラフィノース約2kcal/g
ガラクトオリゴ糖約2kcal/g
イソマルトオリゴ糖約4kcal/g

イソマルトオリゴ糖は消化性のため小腸で吸収されますが、他のオリゴ糖は難消化性のため消化されずに大腸へ届くためカロリーが低いのです。

甘くないからといって食べ過ぎてしまいそうですが、一日の摂取量の目安は以下の通りとなっています。

【1日の摂取量目安】

商品名1日の摂取量目安
オリゴのおかげティースプーン2~5杯(8~20g)
乳果オリゴ糖2.4~6g
オリゴのおかげ
ダブルサポートシロップ
ティースプーン2杯(8g)
乳果オリゴ糖3.2g
オリゴのおかげ
ダブルサポート顆粒タイプ
スティック1本(6g)
1本あたり乳果オリゴ糖3.1g

これまで説明してきたとおり、成分は自然由来のものであり母乳にも含まれる成分なので、副作用の心配はありません

ただし、口コミを調べてみると、次のような副作用を感じたという人がいるようです。

  • ガスがお腹に溜まる
  • 腹痛がする
  • 下痢になった 
  • 胃が不快な感じがする 

オリゴ糖は下剤のように無理やり出すのではなく、腸内環境を整えて便通を改善していくものです。しかし1日20g以上と大量に摂取した場合にこれらの症状がみられることがあるようです。

これはオリゴ糖の摂取によって急に善玉菌が増え、悪玉菌が驚いてしまい死滅するときにおこる一過性の症状のようです。 

適量は1日5~10gとされているので、使用する量を守りましょう。

ひばり
ただし1日5g以下にすると効果がないとのこと。また、適量と言っても個人差があるので、少量からはじめて徐々に増やし、一気に大量に摂取せずに自分にあった量を見つけましょう。
飲んでいて効果が表れにくくなったら、量を増やすのも良いのですが、1日1回だったものを朝晩2回に分けたりすると良いそうです。ぜひ試してみてくださいね。

お腹の調子を整えるとしてトクホ認定

乳糖果糖オリゴ糖は難消化性です。胃酸で1.5%、小腸の粘膜酵素で5%程度しか分解されず、90%以上が善玉菌のある大腸まで届きます

食物繊維も大腸まで運ばれますが、便を排出して腸内環境を整えるのに対し、乳糖果糖オリゴ糖は大腸で善玉菌を増加させてお腹の調子を整えてくれるのです。

善玉菌であるビフィズス菌は、オリゴ糖をエサとして増殖した時に代謝産物として乳酸や酢酸を生成して腸内を酸性にします。悪玉菌はアルカリ性を好むため、酸性の腸内環境では繁殖が抑制されてしまうのです。

あるデータによれば、乳糖果糖オリゴ糖を1日3g、1週間とり続けたところ、腸内のビフィズス菌が32%まで増加したそうです。成人の平均は10~20%なので驚きの数字と言えます。

また、乳酸や酢酸の刺激で腸のぜん動運動が活発になるので便秘の解消も期待されます。さらにビフィズス菌によって腸内が酸性になるとカルシウムなどのミネラルが溶けやすくなるので、体内への吸収が高まります

これらの機能により、「オリゴのおかげダブルサポート」はトクホ(特定保健用食品)に認定されています。

トクホ(特定保健用食品)に認定された2つの機能

  • 腸内のビフィズス菌を増やしてお腹の調子を整える
  • 腸内環境を整え、カルシウムの吸収を促進

また、ビフィズス菌などの増加により免疫力の向上、インフルエンザウィルスの感染予防が期待できるとされ、実際にラクトスクロースを有効成分とする抗インフルエンザウィルス薬に利用されたり、花粉症などアレルギー症状を緩和する効果も期待されています。

では、乳糖果糖オリゴ糖の働きをまとめてみましょう。

乳糖果糖オリゴ糖の働き

  • 腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増加させ、悪玉菌を減らす
  • ビフィズス菌が増えることによってぜん動運動が活発になり排便を促す
  • 難消化性のためほとんど消化・吸収されず、血糖値やインスリンを変化させない。つまり糖尿病の予防や改善のサポート
  • 砂糖の約半分のカロリーなのでダイエット食材として注目
  • ビフィズス菌が増えることによって免疫力が高まり、病原菌や食中毒から体を守る
  • カルシウムなどのミネラルの吸収を促進し、骨密度や骨のカルシウム含有量を増加させる
  • ビタミンB群を生成
カルナ博士
なるほど、トクホは、成分の安全性や有効性に対する科学的根拠をきちんと示し、国の審査を受けているから安心なんじゃな。
ひばり
でも大量に摂取した場合に、お腹が痛くなったり下痢気味になったりする場合があります。薬でも、健康食品でも適量が大切ですね!

妊娠中や赤ちゃんでも安心して利用可

牛乳に含まれる乳糖とサトウキビに含まれるショ糖が原料であり、天然の成分から作られているため、赤ちゃんでも妊娠中・授乳中の人でも高齢の人でも問題なく使用できます

お腹の調子を整えるとして、特定保健用食品(トクホ)を取得しており、安全性も確認されているので安心してください。

ただし赤ちゃんの場合は、ティースプーン1/2~1杯(約1~2g)くらいから始めましょう。離乳食やおやつ、普段の飲み物に溶かして使う事ができますが、お腹の様子を見ながら量を加減してください。

ひばり
乳糖が使われていますが、アレルギーの原因となる「乳たんぱく質」は含まれていないので、乳アレルギーの人でも安心ですよ。

添加物のクエン酸とは?

「オリゴのおかげダブルサポートシロップタイプ」にはクエン酸とクエン酸ナトリウムが含まれていました。この添加物のクエン酸とはどんなものなのでしょうか?

天然成分で酸味料として活用

クエン酸は簡単に言えば酢っぱさの素です。もともとレモンやライム、ミカンなどの柑橘系に多く含まれる酸なので、安全性に問題はありません

クエン酸ナトリウムはクエン酸を炭酸ナトリウムなどで中和したしたものでこちらも安全です。

クエン酸が多く含まれるものとしては以下のようなものがあります。

  • レモン 6g
  • ライム 6g
  • 梅干し 4g
  • キウイ 1.3g
  • いちご 1.3g
  • みかん 1g
  • グレープフルーツ 1g
  • パイナップル 1g
  • オレンジ 1g

クエン酸は食品添加物として酸味を付けたり、食品のPHを調整するためにも使われます

PHとは酸性、アルカリ性の強さを表します。0~14の数値で表し、PHが7だと中性、7を下回ると酸性、上回るとアルカリ性となります。

PHを適切な値にすると、味を調えたり、変質や変色を防いだり、雑菌の増殖や腐敗を防止して保存性を高めたりすることができます。

例えば酸味料として清涼飲料水、果汁、ゼリー、ジャムなどに使われたり、乳化剤や安定剤としてチーズやアイスクリームに入っていたり、食用油の酸敗(酸化したり酸っぱくなったりする)防止剤として使われたりします。

先ほども説明したように、もともと食品に含まれる酸なので、安心と言えます。

クエン酸の健康効果はまだ懐疑的

クエン酸の健康効果が大きく取り上げられているので、サプリなどでクエン酸を摂取している人も多いのではないでしょうか。

なかでもよく言われるのは疲労回復効果です。これはTCAサイクル(クエン酸回路)という体内でエネルギーを作り出す仕組みに大きく関わっています。人の体は60兆個もの細胞でできていますが、TCAサイクル(クエン酸回路)はこのすべての細胞で行われている重要な代謝活動と言えます。

食べ物から摂取した栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質はブドウ糖やアミノ酸、脂肪酸などに分解されます。そして酵素やビタミンによってクエン酸や数種類の酸に変化し、最終的に二酸化炭素と水、そしてATPというエネルギーのもとが作られます。

つまりこのTCAサイクルが上手くまわらないとエネルギー不足となって疲労感やだるさなどの症状が引き起こされるのです。

ひばり
ちなみにかつて疲労の原因とされていた乳酸もクエン酸サイクルによってエネルギー源となることが分っています。

そしてこの回路の重要な役割を担っているのがクエン酸であり、十分な量を摂取していればTCAサイクルが上手く働いて活性化するので疲れにくくなったり疲労回復を早めたりすると言われてきました。

しかし糖質やビタミンなどの不足によっても疲労回復は遅れるため、最近ではクエン酸だけを補っても代謝が活性化するかは疑問視されています

ただしクエン酸には疲労回復効果があるとして機能性表示食品として表示が認められている商品もあります。化学的根拠やデータがなければ消費者庁も受理しないので、全く否定されているわけでもないようです。

クエン酸は鉄分などのミネラルの吸収を良くしたり、血液がドロドロの状態(酸性)をサラサラ(アルカリ性)にして血液のPHを調整するなどの他の健康効果がたくさんあります。

疲労回復効果だけではなくさまざまな健康効果があるので、他の栄養素と共にバランスよく摂取する事をおススメします。

オリゴのおかげを使ったお手軽レシピ

オリゴのおかげを摂取するには、コーヒーなどの飲み物に入れたりヨーグルトに入れるのが手軽でおいしくいただけます。しかしさすがに飽きてしまったり、もう少し量を多く摂りたいけれど一つのものにたくさん入れるには限界が…。

そこでおすすめしたいのが、毎日の料理やおやつに取り入れる方法。熱に強いので加熱してもOKで、砂糖や蜂蜜などの甘味料と同じように使えるので便利です。

シロップタイプ、顆粒タイプを使った簡単レシピを紹介するので、ぜひチャレンジ、そしてアレンジしてみてください。

シロップタイプを使ったレシピ 

甘味は砂糖より少ないけれど、砂糖と同じように使ってみましょう。カロリーも抑えられるのでダイエットにもなるかもしれません?!

がっつり豚玉丼でもオリゴ糖でスッキリ

お肉を焼くときのタレに砂糖がわりにオリゴのおかげを入れれば、甘すぎずにさっぱりとした味に仕上がります。

にんにくを効かせてパンチを出してもいいし、豆板醤でピリッと引き締めるのもおススメ。物足りないならばマヨネーズを仕上げにかければ満足できるでしょう。

食べる量が少なければ、出すものがないのだから便秘にもなります。がっつり豚丼を食べてオリゴのおかげでしっかり出しましょう。

材料(4人分)

  • 豚肉(肩ロース薄切り) 300g
  • 長ネギ 1/2本
  • 玉ねぎ 1個
  • タレ
    • 酒・水 各50cc
    • 醤油 大さじ4
    • オリゴのおかげ 大さじ1+1/2~2
  • 一味唐辛子 適量
  • 卵黄 4個分
  • ご飯 4膳

作り方

  1. 豚肉は食べやすく切り、玉ねぎは薄切り、長ネギは1cm幅の斜め薄切りにする
  2. タレの材料を合わせて煮立て、肉を入れて色が変わるまで煮る
  3. 肉に火が通ったら片側に寄せて玉ねぎを入れ、10分ほど煮込む
  4. 好みの量まで汁を煮詰め、長ネギを加えてひと煮たちさせる
  5. 丼にご飯を入れて4をのせ、卵黄と一味唐辛子をトッピングして召し上がれ!

作り置きで楽ちん!サーモンマリネ

焼き鮭もいいけれどさっぱりとしたマリネは食欲がなくてもご飯が進みます。一日くらい置いた方がおいしいので、前日に作っておけばあとは食卓にならべるだけて簡単。

軽くソテーしたキノコや彩りにピーマンや黄パプリカなどを入れても美味しいです。オリゴのおかげは味を見ながら量を調節してください。

材料(4人分)

  • 鮭 3切れ
  • 塩 小さじ1/2
  • にんじん 1/2本
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 赤ピーマン 1個
  • マリネ液
    • 酢 100cc
    • 薄口醤油 大さじ2
    • オリゴのおかげ 大さじ2
  • ごま油 適量
  • 片栗粉 適量

作り方

  1. マリネ液の材料を混ぜておき、野菜はすべて細切りにする
  2. 一口大に切った鮭に塩を振って片栗粉をまぶし、フライパンで焼く
  3. ボウルに野菜と鮭を入れ、マリネ液を注ぐ
  4. 冷蔵庫で1時間ほどなじませれば完成!

キムチ×オリゴ糖=腸内環境改善に最強!

あっという間にできるスピードメニューです。キムチだけでもいいのですが、オリゴのおかげでまろやかなコクと醤油で味を引き締めます。しかも発酵食品のキムチとオリゴ糖で腸内環境には最強!

春雨を入れたり、うどんと混ぜるのもおススメ。あればニラを入れたり、お子さんには温玉やチーズをトッピングすれば辛みが抑えられてより食べやすくなります。

材料(1人分)

  • 豚肉 200gくらい
  • キムチ 20g~
  • 醤油 大さじ1
  • オリゴのおかげ 大さじ1
  • ごま油 大さじ1

作り方

  1. フライパンにごま油を熱し、豚肉とキムチを炒める
  2. オリゴのおかげを加え、醤油で味を調えたら完成!

顆粒タイプを使ったレシピ

顆粒タイプは量る必要がないのでさらに使いやすいです。シロップタイプよりも甘さ控えめですが、オリゴ糖含有率は高いのでお腹の様子を見ながら入れるといいでしょう。

口コミやTwitterを見てみると、顆粒タイプはお菓子に入れる人が多いようです。

ポリポリ止まらない!ミックスナッツのキャラメリゼ

ナッツ類にはビタミンEが豊富。抗酸化作用があるのでアンチエイジング、オリゴのおかげで整腸作用とWの効果で美容と健康に良いおやつです。

ただしオリゴのおかげを5本使っているので、食べ過ぎるとお腹が緩くなるかもしれないのでご注意を。完全に冷ましてから密閉容器に入れれば日持ちがするので、毎日少しずついただきましょう。

材料(作りやすい分量)

  • ミックスナッツ(無塩) 100g
  • 水 大さじ1
  • オリゴのおかげダブルサポート顆粒タイプ 5本
  • グラニュー糖 20g

作り方

  1. バットにクッキングシートを敷く
  2. ミックスナッツはフライパンで乾煎りするか、150℃のオーブンで約10分程度ローストする
  3. フライパンに水、グラニュー糖、オリゴのおかげを入れ、中火でゆすりながら溶かす
  4. 白く大きな泡が出てきたらナッツを入れて絡め、水分がなくなってきたら弱火にする
  5. 茶色く色づいてきたら焦げ付く前に1のバットにあけて平らにならす

離乳食にもおすすめ!ふわふわパンケーキ

離乳食後半くらいから手づかみ食べができるようになりますが、パンケーキなら食べやすく、手や洋服が汚れる心配もないのでママのストレスもありません。

ほうれん草パウダーを入れたり、バナナをつぶして入れたり、にんじんをすりおろして入れたりアレンジも色々!

ちょっと大きくなったらお子さんとデコペンでお絵かきしたり、生クリームやフルーツをトッピングしても楽しいのでぜひ一緒に作ってみてください。

材料(作りやすい分量)

  • 米粉 90g
  • ベーキングパウダー 5g
  • オリゴのおかげ 1本
  • 卵 2個
  • オリーブオイル 大さじ1
  • みりん 大さじ1

作り方

  1. 米粉とベーキングパウダー以外の材料をよく混ぜる
  2. 粉類を1に合わせる
  3. フライパンを熱して小さめに丸く生地を入れ、両面焼いたら完成!

ヘルシーなおやつ♪みたらし団子

和菓子に入れてもオリゴのおかげは大活躍!豆腐を使ったヘルシーな団子に甘しょっぱいタレが良く合います。ちょっと甘さ控えめなので、甘味が足りない場合は醤油をひかえてみるとよいでしょう。

このタレは冷蔵庫で1週間ほどもつので多めに作ってお餅にかけたり、芋餅にからめたり、バニラアイスにかけてもヤミツキの美味しさ。固くなったらレンジで少し温めて召し上がれ!

材料(作りやすい分量)

  • 絹ごし豆腐 130g
  • 白玉粉 130g
  • タレ
    • 水 大さじ4
    • 醤油 大さじ1+1/2
    • オリゴのおかげ 3袋
    • 水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1+水小さじ2

作り方

  1. 絹ごし豆腐と白玉粉をブツブツがなくなるまでよくこね、耳たぶくらいのやわらかさになったら15個分くらいに丸める
  2. 沸騰した湯に1を入れ、浮いてからさらに2~3分茹でたらざるにあげて氷水で冷やす
  3. 鍋に水、醤油、オリゴのおかげを入れて中火で熱し、よく溶かす
  4. 火を止めて水溶き片栗粉を入れて混ぜ、再度加熱しながらよく混ぜる
  5. 好みのとろみがついたら火からおろし、2の団子にかけていただきます!

成分の効果・安全性の口コミをチェック

オリゴのおかげの虜になった!という口コミが多く見られましたが、全く効かなかったという意見もチラホラあります。まずは残念ながら合わなかったという意見から見てみましょう。

副作用?

人によっては摂取後に不快な症状がでる人もいるようです。どんな症状が出たのでしょうか。

  • 便秘は改善されたが胃が苦しい
    便秘に良さそうなので購入。 朝1本、豆乳に入れて飲んだら、翌日便通がありました。 翌日も同じように飲んだら、その翌日もちゃんと出ました。 だけど胃がものすごく張るのです。胃が苦しくて苦しくて、 家事もできないぐらい苦しくて、二日飲んで中止しました。やめたらその翌日には胃は治りましたが、便秘は復活しました。 私には合わないようでとても残念です。

    楽天

最初のツイートはオリゴ糖のせいではなく、辛いカレーで胃が驚いてお腹が痛くなった、と思いたいですが、オリゴのおかげを使い始めてからお腹が痛くなった、胃が張るという人も少なからずいます。

これは先ほど説明したように、善玉菌が急に増えたことによって悪玉菌がびっくりして死滅する際におこるもので一過性のようです。

薬ではないので、腸内環境が整うまでには時間がかかりますお腹がゴロゴロいって動いているのを実感してからしばらくしてお通じがあるようになったという人がほとんどなので、あまりにつらい場合は量を減らしてみると良いでしょう。

このような症状は1日20g以上摂った場合に多いそうですが、1日5g以下に減らすと効果がないとのことなのでご注意を。

コスパが良くない

スーパーでオリゴのおかげシロップタイプを買おうと思ったら、値段を見てびっくり!という声も。普通のお砂糖に比べれば確かに高いのですが…実際の声を確認してみましょう。

  • もうちょっと安くても…。
    味は、シロップのようなほんのりとした甘さです。 極度に甘いわけではないので、様々な料理において活用できるのが利点だなと感じます。 腸内環境が整えられるかとは思うのですが、ただ、コスパがあまり宜しくはないかなと感じます。私としてはもうちょっと安くてもいいかなと感じますね。でも健康にいいから仕方ないのかな…。

    @コスメ

  • たくさん使うのでもう少しリーズナブルだと◎
    ヨーグルトやコーヒーに入れて使っています。少量で自然な甘さが得られ、美味しく頂いています。 使ってみて実感したのは、便通の改善です。摂りすぎは良くないですが、腸がよく動くようになり、快便になりました。使用頻度が高いので、もう少しリーズナブルになるとより買いやすいかなぁと思います。

    amazon

シロップタイプは300gボトルで500円と確かに高めと感じるかもしれません。さらに家族みんなで毎日使えばすぐなくなってしまうのでコスパはよくない、と訴える人も多数。しかし効果を実感しているからやめられないようです。

ただ、他のオリゴ糖製品は1か月2,000円代後半やそれ以上の物が多く、オリゴのおかげダブルサポート顆粒タイプは定期コースにすれば1,662円(税込・送料込)です。3か月コースならさらにお得なので、定期コースで少しでも安く購入してみるのもいいでしょう。

使いやすい!

ここからは使って良かったという口コミです!まずは、便秘じゃないけれどカロリー半分だからうれしいというものから。

  • 甘さ控えめでカロリー半分がうれしい
    甘さはお砂糖の80%ですが十分甘みを感じました。カロリーはお砂糖の約半分とは嬉しいです。使いやすいですね。 コーヒーにココアにお料理にもお砂糖や、味醂代わりに使いました。普段のお料理の味と変わりなく、カロリー半分は嬉しいです。 子どものお口にも、味の変化は感じず、美味しく食べてくれていました。 便秘ではありませんが、排便は2~3日に一回だったのが、2日に1回にリズムが整ってきた気がします。子ども達の健康の為にも、毎日取り入れていきたいと思います。

    @コスメ

お通じの悩みがなくても、カロリーが砂糖の半分で甘味も十分にあるので健康のために摂取している人も多いようです。

砂糖、みりん、蜂蜜代わりに普通に使うだけでカロリーが抑えられるのは利点です。しかし他の調味料をたくさん使うと意味がないので控えめに。

便秘解消

 やはり一番多いのは便秘解消が目的で購入したという人。はたして効果はあったのでしょうか。

  • 腸内環境がやっぱり大事
    毎朝ヨーグルトと納豆にかけて食べていますが、今までは何だったのかと思うほど目に見えて効果がありました。便秘の人はケチらないで少し多めにかけて食べるのがポイントだと思います(前に別のイソマルトオリゴ糖を使っていたときはそれが理由であまり効果がなかったので)。 前はヨーグルトを食べても、ビオフェルミンを飲んでもあまり効果がなかったので、便秘には水分補給が一番大事なのかなと思っていましたが、腸内環境をよくすることがとても大事なのだなあと改めて思いました(そんなに水をガブ飲みしなくてもバナナ型の便が出ているので)。

    amazon

腸が迷惑なほど元気、とはうらやましい限りです。便秘に悩む人には憧れの言葉でしょう。

ヨーグルトにかける人が多いですが、オリゴ糖との相性はばっちりとのこと。また、納豆にかける人も多いようです。甘すぎないの?と思いそうですが、そんなにドバトバかけるわけではなく、スプーン一杯程度だととってもおいしいとか。また、粘りが増すそうなので興味のある人はぜひお試しを。 

便秘薬要らず

薬に頼って出している人は、なんとか脱便秘薬をめざして試行錯誤しているのではないでしょうか。便秘薬要らずなんて夢のような話は本当でしょうか?

  • 2Lタイプが欲しいくらい!
    ずっとずっとリピートしてます。ブルガリアヨーグルトの大きな無糖タイプのパックを買ってきて、これをにょにょにょっと入れて、何回かに分けて食べます。 で、マグネシウム(ミルマグLX)をプラスして、腸内スッキリ!です。 体が軽くなります。便秘って不思議で、1日だけでも溜まるものは溜まるんですね。体にいらないものがあって出切らないような、嫌な感じがなくなりますよ。 スーパーで並んでいる所を見るとなかなかお高いイメージなのですが、背に腹は代えられないし、普通のお砂糖を入れて食べるよりよほどよほど!いいので、これからもリピートする予定です。とにかくコーラックなどよりも安全なのがいいですね。 ネットでは2リットル?とかのでかいボトルもあるようで、余裕があったらそっちでもいいかな?なんて思っています。使いにくいかな…?

    @コスメ

  • 薬ではないから安心
    以前は酸化マグネシウムに頼っていましたが、効きが悪くなり困っていたら出会いました。毎日続けても薬じゃないから安心。

    楽天

便秘薬はだんだん効かなくなってくるので量が増えてしまい、長年便秘薬を愛用している人の腸は真っ黒でとんでもないことになっているという恐ろしいTV番組も以前放送されていました。

特にコーラックのような効き目の強いものはなるべくなら使いたくない人も多いのではないでしょうか。ミルマグのような水酸化マグネシウムが成分の薬は水分を集めて便の量を増やし排便を促すタイプなので慣れることがないといいますが、やっぱり薬に頼りたくないと思う人もいるでしょう。

この後、実際に使った体験記でも書きますが、頑固な便秘にもオリゴのおかげを取り入れれば便秘薬は減らすことができると思います。脱便秘薬を目指してオリゴのおかげ生活を始めましょう。

顆粒タイプはさらに効く

最初に見たように、オリゴのおかげダブルサポート顆粒タイプが一番オリゴ糖含有量が多いです。そのためダブルサポート顆粒タイプを使うとさらに効果を実感できた人が多いようです。

  • 1日1回必ずでる
    もうこれを毎日一袋ずつ食べたら便秘が完全に治りました。必ず1日1回出ます。あと酷い腐卵臭がした臭いおならも治りました。善玉菌が増えてくれた…逆にこれを食べずに肉を食べた日にはまたヒッドイおなら出ます。手放せぬ。定期便にしました。控え目な甘さで美味しいし安いし腸環境も改善されたし大満足!!

    amazon

  • 毎回量らず楽チン!
    今までシロップの「オリゴのおかげ」を使ってましたが、使用量がまちまちでした。この顆粒タイプは毎回適量を摂取出来るので大変便利です。発送も早くて助かりました。

    楽天

  • 液体よりも効果はバッチリ!
    ビヒダスヨーグルト100グラムに、これ一本をかけて食べたら、次の日の朝、素晴らしくお出ましになりました(笑) それからはヨーグルト30gにこれ半分(3g)でも十分効果ありです。液体の商品もありますが、なぜか顆粒タイプの方が効き目バッチリです。

    amazon

  • 色々試したけどやっぱりオリゴのおかげ
    入院生活で便秘になってしまいました。 ヨーグルト、ヤクルト、下剤どれも効かず、毎日がんばってウサギの○ンでした。 オリゴのおかげを夜ヨーグルトに混ぜて食べ、翌朝も同じように食べたら、お昼に腹痛がきて、がんばらなくても14日ぶりにバナナででました。感謝です。

    楽天

シロップタイプは量らなければならず、目分量で入れたら使いすぎてしまったり、容器の口がべた付いたりすることも。顆粒タイプはスティックなのでいちいち計量しなくて良いのがとても便利です。よくあるスティック状のものは切りにくかったりしますが、包装も手で簡単に切れるのでイライラしません。

しかもオリゴ糖含有量がシロップタイプよりも多いので、こちらの方が効き目を早くしっかり実感できた人が多いようです。

顆粒タイプを摂取している人は定期コースにしている人がたくさんいます。手放せなくなっている証拠ということでしょう。

家族で愛用

便秘で悩む女性だけにおススメなのではありません。ビフィズス菌の量は年齢と共に減っていくので、腸内環境を整えることは生活習慣病の予防にもつながります。

飲み物やヨーグルト、料理にちょっと入れるだけなので、毎日続けて家族全員、腸を元気に保ちましょう。

  • 他のオリゴだと快腸になれない
    家族で飲む毎朝の紅茶に入れてます。くせもまったくないし、本当に使いやすく、ちょっとしたガムシロ代わりに使うのですぐになくなります。 お安く買えてありがたいです。オリゴのおかげじゃないと!! スーパーで安く売ってる名ばかり「オリゴ糖」だと快腸にはなれません。 プレーンヨーグルトに入れると最強です♪

    楽天

  • 家族で快便
    我が家にオリゴのおかげがない朝はないです。家族みんな快便です。 何度リピートしたことか。何年続けているかわからないくらい、欠かせないです。くせもなく、すっきり甘くておいしいので、母・私・娘はおめざの紅茶に、父はガムシロ代わりにコーヒーゼリーにかけたりしています。

    楽天

天然成分からできており、赤ちゃんから高齢の人まで幅広く使えるのがオリゴのおかげです。口コミのように家族みんなで使っている人は本当に多く、しかも長年愛用しているというのはその効果ももちろん、味も美味しいからでしょう。

ダイエットにも

ダイエットのお供にもオリゴのおかげ。もちろんこれだけで痩せるというわけではなく、色々な方法と併用して活用しているようです。

ダイエット中は食べる量を減らすことが多いので、どうしても便秘になりがちです。そうなると肌も荒れて気分も落ち込み悪循環。バランスよく食べ、オリゴのおかげでビフィズス菌を増やし、きちんと出すものを出すことがダイエットの近道かもしれません。

もちろんカロリーは砂糖の半分なので、料理に上手に取り入れればカロリーダウンになります。

妊婦さんも愛用

妊娠中は便秘になりがちで、悩んでいる人も多いでしょう。オリゴのおかげは妊婦さんにも人気です。

  • 顆粒タイプで妊娠中も快腸
    妊娠9ヶ月を過ぎてから、便秘になりました。全く出ない…。今まで便秘になったことがなくて。大変な苦しみ。病院でもらったピコスルファートナトリウムは下剤で辛い。マグミットはまぁまぁ。こちらの商品を知ってから、毎日快便です!マグミット切れても大丈夫でした。

    amazon

妊娠中は医師に便秘薬を処方してもらって飲んでいる人も多いでしょう。しかし合わなかったりする場合もあり、悩みは尽きません。

そこでオリゴのおかげシロップタイプ、それでイマイチならダブルサポートをぜひ試してみてください。ヨーグルトにかけてプルーンをトッピングすれば最強かもしれません。朝晩2回とることもおススメです。

子供の辛い便秘にも

母乳にも含まれている天然の成分なので赤ちゃんや小さい子供にももちろんおススメです。その際はティースプーン半分程度から始めてください。

  • 毎日スプーンで
    3才の子供が便秘のため購入しました。 便秘への効果は確実とは言えませんが、毎日スプーンで飲ませています。うちの子供には、運動の方が効果があったような気がしますが、おなかの調子を整える効果があるため、続けてみたいと思います。

    amazon

  • 顆粒タイプをお茶にいれて
    少食で便秘の2歳の娘に毎日飲ませてみました。びっくりするくらいスムーズに出るようになりました。 水筒にオリゴ糖を混ぜたお茶を好きなときに飲ませています。某メーカーの高いオリゴ糖を飲ませてましたが、イマイチで…こちらはお安く効果も! 感謝です。

    amazon

子供の便秘も意外に多いようです。子供の好きなアイスにかけたり、少量をスプーンに入れてペロッとなめさせるだけでも良いでしょう。先ほど紹介したレシピのように、パンケーキやお団子などのおやつに入れたり、お弁当の卵焼きなどを少しずつ入れる方法もあります。

子供の辛い顔は見たくありません。オリゴのおかげが子供の笑顔を取り戻してくれるかもしれません。

オリゴのおかげ体験レポで真実を暴露

ここからは、便秘に悩む母子に実際に​「オリゴのおかげ​」を試してもらった体験レポートをお送りします。

***************************

私は学生のころからひどい便秘で、便秘薬が手放せません。飲まないと10日以上でないのはザラ。ピンクの小粒を愛用していましたが、習慣性がないという水酸化マグネシウムの便秘薬も併用しています。​(編集部注:本当は2つの便秘薬を併用してはいけません!)

さらに遺伝なのか、幼稚園の次男が便秘症。1週間出ない時もあり、さすがに心配だったので、赤ちゃんから使えるというオリゴのおかげを一緒に試してみることにしました。

オリゴのおかげシロップタイプ

まずは手に入りやすい、普及タイプのオリゴのおかげから。砂糖売場でよく見かけるので気にはなっていました。

いつものスーパーで購入

店頭によくおいてある300gのシロップタイプを購入。隣には「オリゴスティック」という顆粒タイプの物があったけれど、これはトクホではないので注意

でも1本で540円(税込)はちょっとお高い感じは否めません。

食べてみた感想

お皿に出してみると、透明であまりドロドロしておらずさらっとしています。舐めてみると思ったほど甘くない気がしました。

便秘気味の次男にちょっと舐めさせてみると、一瞬びっくりしていましたが、「おいしい~!」と言ってくれました。

毎日どうやって食べようかと思ったのですが、私は朝のヨーグルトに入れることに。毎朝食べているので忘れることもないと思ったからです。プレーンヨーグルトが日課なのですが、試しに加糖のものに加えても甘すぎることなく食べられました。1日ティースプーン2~5杯が目安なのでとりあえず2杯から。

次男はヨーグルトが嫌いなのでとりあえず1日1杯スプーンで舐めさせてみようと思います。

肝心のお通じは?

1日目:私はヨーグルト、次男はティースプーンでペロリ。でもこの日は二人とも全く変化なし

3日目:次男が3日ぶりに「出るかも!」とトイレへ。急いで連れて行き、便器に座りましたが、一生懸命力んでいるのになかなか出ず。必死の形相が可愛いのですが本人は必至。結局この日は出ませんでした。

4日目:​次男が頻繁に臭いおならをします。これは腸が動いている証拠なのでしょうか。今日から朝晩1杯ずつ舐めさせてみたのですが、夜になって急にトイレへ駆け込み、ニコニコしながら「見て!」と。下痢気味になるかなと思ったのですが、きちんと形のあるものが出ていました。満面の笑みでとてもすっきりした顔をして嬉しそうです。やっぱり便秘は辛かったのでしょう。

5日目:私にいたってはまるで変化なし。諦めて便秘薬を飲んでしまいました。朝のヨーグルトに入れる量を増やしてみましたが、5杯も入れられません。そこで子供と一緒に食べるようにお菓子に入れたり、料理に使うことにしました。

次男用のおやつにはスイートポテトに入れ​たり、パンケーキやパウンドケーキに入れ​たり、きな粉と混ぜてきな粉棒にしたり。便秘ではない長男も「うまいじゃん!」と言って食べてくれました。

料理には煮物に入​れたり、野菜につけるディップに入​れたり、砂糖かわりになんでも入れていたらボトル1本すぐなくなりました。

2週間後:結果、次男は毎日ではないけれど、2日に1回程度はお通じが!

私はお腹が動いている感じはするのですが、1週間に1回程度。つらいので便秘薬にやはり手を出してしまいました…。でも次男にはとても効果があったようなので、このままお菓子や料理に使いたいと思います。

オリゴのおかげダブルサポート顆粒タイプ

オリゴのおかげでイマイチだったので、気になっていたダブルサポートにチャレンジしました。口コミなどを見ると頑固な便秘が治って便秘薬いらずになったとあり、どうしても試してみたかったのです。これは次男には使わず私だけ。

商品到着

店頭ではダブルサポートの顆粒タイプがなかったので、通販にて購入。通常購入だと1,728円(税込)+300円(送料)で2,028円なので、1か月定期コースで申し込みました。

1,662円(税込・送料無料)でいつでも解約変更がOK。3か月コースは@1,358円(税込・送料込)でもっと安いのですが、まずはお試しで。

数日後、宅配便にて到着。薄い段ボールに入っており、ポストに投函かと思ったらきちんと宅配便で届きました。

中身は顆粒タイプが1回分ずつ個包装されたものが30本、数種類のパンフレット、そして快腸カレンダー。快腸カレンダーは毎日の便の色や形などを記入していくものです。小学生の頃、夏休みに毎日天気などを書くシートがありましたが、私はいつも忘れてまとめて書くタイプだったので、多分使わないかも(笑)

でもきちんとつければ健康管理ができるので、活用することをおススメします!

飲んでみた感想

袋を開封すると、白い顆粒が入っています。よくヨーグルトに付属されている粉砂糖のようにサラサラで舐めるとすっと溶けます。甘味は砂糖ほどではないですが、シロップタイプよりも少しさっぱりしている気がしました。

毎日1袋なので、こちらも朝のヨーグルトに入れることに。

飲み物に入れてもすぐに溶けるのですが、コーヒーもブラック派で甘いドリンクが苦手。プレーンヨーグルトに入れると甘味もしつこくなく、美味しかったのでこれなら続けられそうでした。

肝心のお通じは?

1日目:ヨーグルトにもサッと溶け、あっという間に完食。1日様子を見ましたが特に変化はありません。ちなみにこの時点で2日出ていません。

3日目:なんとなくお腹が張っているような気がして少し動いている感じ。痛みがあるわけではないけれど、なんとなくお腹が重くトイレに行くのですが、全く出ませんでした。

5日目:​もうあきらめて今日は便秘薬を飲もうと思っていました。でも朝食にいつものようにオリゴのおかげ入りのヨーグルトを食べた後、便意が…。

急いでトイレに行くと…7日ぶりにすっきり!ちょっと柔らか目で下痢気味かと思いましたが、何度もトイレに駆け込む羽目にもならず、お腹が軽くなりました。

トイレに行く前に腹痛がするという口コミもありましたが、私はそこまで痛みもなくちょっとハリが強くなって一気に出た感じです。

7日目:​その後も1日1回出ることを期待しましたが、長年の頑固なお通じはすぐには改善してくれません。でもおいしいので毎朝欠かさず食べ続けてみました。

2週間後:​排便は3日に1回程度でしょうか。以前は苦しくて便秘薬を飲んで出していましたが、飲まなくても毎日ではありませんが定期的に出るようになりました。これは私にとってはすごいことです。普通のオリゴのおかげではあまり効果が実感できませんでしたが、ダブルサポートは私には合っていたようです。

その後も1日1袋を続けていますが、どうしても苦しいときは便秘薬(酸化ナトリウムのもの)を飲んでしまうこともあります。でもピンクの小粒の薬は飲まなくてもよくなりました。

今はヨーグルトだけですが、煮物などの料理に甘味料として使うようにしているので、酸化マグネシウムの便秘薬もいらなくなることを期待して続けてみようと思います♪

***************************​

幼稚園児の男の子も、長年便秘に悩んで便秘薬を​常用しているお母さんも、嬉しい結果が出たという体験レポートになりました。あくまで一個人の感想ですが、オリゴのおかげ​には確かな効果があるようです。

ひばり
「オリゴのおかげ」よりも「オリゴのおかげダブルサポート」の方がオリゴ糖の含有量が高く、甘味も抑えられているそうです。頑固な便秘の人にはダブルサポートをおススメします。

オリゴ糖を使ったライバル商品と比較

オリゴ糖を使った商品やお腹の調子を整える健康食品はたくさんあります。その中でも人気の2つと「オリゴのおかげ」を比べてみました。

ヘルスエイドビフィーナS

「ヘルスエイド」とは、森下仁丹が機能性表示食品に対応して作った新ブランドです。

機能性表示食品とは平成27年より始まった制度で、科学的根拠や成分・原料の安全性を事業者の責任において表示できる制度です。事前に消費者庁への届け出が必要ですが、個別の許可を受けたものではありません

機能性関与成分とそれがどう機能するのかが明記されているので、消費者にとっては商品を選ぶ目安となります。

ヘルスエイドブランドの中でもビフィーナシリーズは、生きたビフィズス菌(ロンガム種)を含む商品です。ビフィズス菌は年齢と共に減少するため、サプリで補う事で腸内フローラを良好にして、便通を改善してくれます。

ビフィズス菌が増えることで便通が改善される仕組みは前の章で説明したとおり。ビフィズス菌が乳酸や酢酸などの有機酸を生み出すことによって腸のぜん動運動を促進してくれるので、排便回数を増やしてくれます

ただし、強い胃酸で溶けて腸まで届かなくては意味がありません。そこで、胃酸のなかでも約90%が生存できるハイパープロテクトカプセルを開発しました。これによって生きたままビフィズス菌が腸まで到達し、実験でも明らかに排便回数が増えたことが報告されています。

ビフィーナにはビフィズス菌の数によっていくつか種類がありますが、1袋あたりビフィズス菌50億個のビフィーナS(スーパー)が一番人気です。

キャンペーンサイトから申し込むと初回限定で安く購入できるので、試してみてはいかがでしょうか。

原材料

エリスリトール、食用油脂、オリゴ糖、ゼラチン、デンプン、ビフィズス菌末、アシドフィルス菌末、ガセリ菌末/グリセリン、乳化剤、酸味料、増粘剤(ペクチン)、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド) 、(一部にゼラチン・大豆・乳成分を含む)

Source: 公式ページ

容量

  • ​1箱30袋(30日分)/60袋(60日分)※1日1袋目安

価格

通常価格30日分(30包)3,856円(税込)
60日分(60包)7,344円(税込)
初回限定価格(ひとり1個限り)
  • 30日分(30包)3,084円(税込)送料無料 
    • キャンペーンサイトからの申し込みのみ2,980円(税込)送料無料
  • 60日分(60包)5,875円(税込)
定期購入30日分(30包)3,084円(税込)送料無料
60日分(60包)5,875円(税込)

ヘルスエイドビフィーナSはこちら

カイテキオリゴ

健康食品・化粧品ブランドである「北の快適工房」を展開する株式会社北の達人コーポレーションの商品です。

多くの商品が1種類のオリゴ糖のみで作られているのに対し、この「カイテキオリゴ」は複数のオリゴ糖を組み合わせてあるのが特徴。これは独自の「EOS(イオス)​理論」に基づいています。

ビフィズス菌は30種類以上もあり、それぞれに好みがあるので、1種類のオリゴ糖だけだと一部のビフィズス菌のエサにしかなることしかできません。EOS理論によると、複数のオリゴ糖があれば、ほぼまんべんなくすべてのビフィズス菌を活性化できるそうです。

さらに善玉菌は生息している場所が異なるため、オリゴ糖の配合を変えることによって届きにくい腸の下の方にある善玉菌にもエサであるオリゴ糖が届けられるように改良されました。

甘味も砂糖の1/4程度でクセがなく、飲み物や料理に加えても邪魔をしません。北海道産の甜菜(サトウダイコン、ビート)や牛乳などのほぼ100%自然由来の素材から作られているので、赤ちゃんから妊婦さん、高齢者にも安心。離乳食や普段の食事に取り入れやすいのも魅力です。

原材料

ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、フラクトオリゴ糖、アカシア食物繊維、イソマルトオリゴ糖、難消化性デキストリン、ショ糖/環状オリゴ糖

Source: 公式ページ

容量

  • ​1袋150g ※1日5g目安(専用スプーン1杯)

価格

通常価格
  • 2,838円(税別)
定期コース
  • 基本コース(3か月ごと3個~お届けで15%OFF)
    • @2,412円(税別)×3=7,236円(税別)
  • 年間購入コース(12か月分まとめて購入で20%OFF)
    • @2,270円(税別)×12=27,240円(税別)
  • お試しコース(毎月1個~お届けで10%OFF)
    • @2,554円(税別)

※送料:ゆうパケット全国一律181円(税別)/佐川急便426円(税別)北海道のみ287円(税別)

カイテキオリゴはこちら

なかでも「オリゴのおかげ」がおススメの理由!

「ヘルスエイドビフィーナS」はビフィズス菌を摂取して腸内フローラを整えて便通を整えるもの。レモン味ですが黄色い小さな粒にビフィズス菌が入っているので噛まずに水で飲みます。4歳以上から飲めるようですが、噛まないで飲みこむにはちょっと難しいかもしれません。また、公式ページには「未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む)及び授乳婦を対象に開発された商品ではありません」とあります。

それに対して「カイテキオリゴ」と「オリゴのおかげ」はビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を補うことによってビフィズス菌を活性化させる商品です。カイテキオリゴの方が甘味は少ないようですが、どちらも飲み物や料理に使え、妊婦さんや高齢者にも安心です。また、赤ちゃんにもOKなので離乳食に混ぜることもでき、家族みんなで使える利点があります。

ではどちらがいいのかということになりますが…、編集部としてはオリゴのおかげをおススメします。

オリゴ糖の数はカイテキオリゴの方が6種類配合であるのに対し、オリゴのおかげは乳果オリゴ糖のみですが、お腹の調子を整えるだけではなくカルシウムの吸収を助ける効果があり、トクホにも認定されています。

また、乳果オリゴ糖は最小有効量が1日2gであるのに対し、カイテキオリゴ​の主成分であるラフィノースは1日3gだそうです。乳果オリゴ糖は少量でも効果が期待でき、整腸効果はラフィノースの1.5倍とか。トクホとして許可を得られた商品も乳果オリゴ糖は26品目、ラフィノースは0品目。

また、カイテキオリゴは通販のみで定期コースでも1か月分が2,000円代ですが、オリゴのおかげは店頭でも購入でき、定価でも2,000円しません。通販で定期コースにすれば、一番高いダブルサポートの顆粒タイプでも1か月コースで1,662円(税込・送料込)3か月コースだと1,358円(税込・送料込)で購入できます。オリゴ糖は続けてとらなければ効果がないので、継続するためには買いやすい値段であることは重要です。

ひばり
オリゴのおかげダブルサポートの顆粒タイプはスティックタイプなので、持ち運びに便利なのもポイント。外出先でも必要本数を持って行けるので、1袋丸ごと持って行かなくてもすみます。
値段が手頃で続けやすいうえに、お腹の調子を整えてカルシウムの吸収も助けるダブル効果が期待でき、持ち運びも便利なオリゴのおかげで毎日快腸を実感してみてください。

「オリゴのおかげ」よくある質問

最後に、オリゴのおかげに関してよく質問されるQ&Aをまとめました。

ダブルサポートはスーパーで買えない?

「オリゴのおかげ」はスーパーの砂糖売場もしくはコーヒー売場にて購入することができます。
「オリゴのおかげダブルサポート」は食品スーパーではなく、ドラッグストアや薬店・薬局、もしくは百貨店の健康食品売り場などに置いてあります。手に入りにくい場合は、通販でも購入できるので便利です。

価格が安いのは公式通販?店頭?

「オリゴのおかげ」、「オリゴのおかげダブルサポートシロップタイプ」は送料を考えると店頭の方が安く購入できるようです。
「オリゴのおかげダブルサポート顆粒タイプ」は公式通販の定期コースが断然お得です。1か月定期購入コースなら通常価格から18%OFFで1日当たり55.4円、3か月定期購入コースなら通常価格から33%OFFで1日当たり45.3円、どちらも送料無料です。
他社のオリゴ糖商品は1か月あたり2,500~3,000円台であったり、原材料がオリゴ糖だけではなかったりすることを考えると、オリゴのおかげは続けやすいうえに安心。
乳果オリゴ糖は続けて飲むことが大切で、やめてしまうとせっかく増えたビフィズス菌の量ももとに戻ってしまいます。長く続ける事を考えると、買い忘れの心配もなく安い定期コースがおススメです。

項目/商品オリゴのおかげ300gオリゴのおかげ650gオリゴのおかげ

ダブルサポート

シロップタイプ

500g

オリゴのおかげ

ダブルサポート

顆粒タイプ

希望小売価格
  • 500円(税別)
  • 900円(税別)
  • オープン価格
  • 6g×15本 800円(税別)
  • 6g×30本 1,728円(税込)
公式通販
  • 2本1,029円(税込)


    • 送料一律300円
    • 5,000円以上で送料無料
  • 2本1,852円(税込)


    • 送料一律300円
    • 5,000円以上で送料無料
  • 2本2,057円(税込)
    • 送料一律300円
    • 5,000円以上で送料無料
  • 6g×30本 1,728円(税込)
    • 送料一律300円
    • 5,000円以上で送料無料
公式通販
定期コース

  • 1か月定期コース
    • 6g×30本 1,662円(税込)
    • 送料無料
    • アンケート回答で2回目お届け分500円OFF
    • 解約変更いつでも可能
  • 3か月定期コース(3か月毎3袋以上)
    • 6g×30本 @1,358円(税込)
    • 3袋の場合、1,358円×3=4,074円
    • 送料無料
    • アンケート回答で2回目お届け分500円OFF
    • 解約変更いつでも可能

「オリゴのおかげ」定期購入お得キャンペーンはこちら

糖尿病でも使って大丈夫?

オリゴのおかげの主成分の乳果オリゴ糖は、難消化性で胃や腸ではほとんど消化吸収されないため、血糖値を上げにくい糖質といえます。
ただし、ブドウ糖などの他の糖分も含まれているため砂糖と同じように血糖値が上がりますが、乳果オリゴ糖によってその上昇が緩やかになります。
糖尿病の人はもちろん、その予防をしたい人にもおすすめですが、医師に相談のうえで、普段の食生活にとり入れてみてください。

毎日のスッキリお腹にオリゴのおかげ

オリゴのおかげはとても健康効果が高く、副作用はありません。ただし大量に摂取するとお腹が痛くなったり、下痢になったりしてしまいます。

一日の摂取量の目安がありますが、たくさん食べても全く下痢にならない人もいれば少量でもお腹が痛くなる人もいます。少しの量からはじめて徐々に増やしていき、自分の適量を見つけましょう。

また、毎日食べていたら効果がなくなってきた、という場合はしばらく量を減らしてから一気に増やしてみたり、朝食べていたら夜に食べるようにしたり、朝晩2回にしてみたりするなど変化をつけると良いようです。

お腹が重いと気分も沈みがちになり、一日中気分が晴れないままどんよりと過ごすことも多くなるでしょう。それが何日も続くなんてきっと耐えられないはず。オリゴのおかげでお腹も気分もスッキリさせて、笑顔で毎日を過ごしましょう!

オリゴのおかげはこちら

参照リンク

「健康食品」の安全性・有効性情報-乳果オリゴ糖 (ラクトスクロース)

日本生物工学会ー「整腸・Ca吸収促進Wの効果」乳果オリゴ糖の開発

塩水港精糖株式会社ーおなかの健康とオリゴ糖の関係

スポンサーリンク