若いのに尿漏れ!?男女別タイプと対策と厳選サプリも紹介

若いのに尿漏れするのはなぜ?年配の人がなるイメージが強いですが、実は近年様々な原因で若い人にも増えているのです。まずは尿漏れの原因やタイプを知りましょう。しっかり対策を行えばあなたの悩みがすっきりし、生活も輝きを増すことでしょう!

スポンサーリンク

若いのに尿漏れ…病気なの?

尿漏れと言えば年配の人に起こるイメージですが、最近は10~30代の若者も、男女問わず尿漏れに悩んでいる人が増えているようです。

実際、今この記事を読み始めたあなたはくしゃみや咳をしたり、少し力んだだけで尿漏れしてしまい、「これは病気?」と心配になった経験があるのではないでしょうか?

加齢でもなく、女性なら子どもを産んだわけでもないのにと思いつめる前に、まずは尿漏れする原因を知りましょう。原因がわかれば、対策法や気をつけるべきことがわかるはずです。


おすすめサプリメント!クレアギニンEX


<男女別>若い人の尿漏れの原因

女性も男性も、若い人が尿漏れするのには原因があります。男女別に尿漏れの原因を詳しく説明していきます。

<女性>骨盤底筋のゆるみ

女性の尿漏れの原因で一番多いと言われているのが骨盤底筋のゆるみです。


ひばり
膀胱・尿道・子宮・腟などから成る下腹部にある内臓は骨盤の中で保護されていて、その内臓を支えているのが骨盤底筋という筋肉なんです。

骨盤底筋がゆるむと下腹部の内臓が押し下げられ、膀胱や尿道が圧迫されて尿漏れを起こしやすい状態になります。さらに力んだり、くしゃみや咳などの強い圧力が加わることで堪えきれなくなり、尿漏れを起こすのです。

では、骨盤底筋がゆるむのはなぜでしょうか?大きな原因は運動不足出産が挙げられます。

運動不足

骨盤底筋の衰えは運動不足によって引き起こされます。近年は長時間のデスクワークなどで体を動かす機会が少なくなってきました。

骨盤底筋は内股の筋肉とつながっており、内股が弱いと尿漏れが起こりやすくなります。特に若者たちは内股の筋肉が弱いと言われており、その原因がほとんど和式トイレを使用したことがないということにあります。
和式トイレ使用時にしゃがむことで、自然と内股の筋肉や他の下半身の筋肉が鍛えられていたのですが、近年洋式トイレが普及していることもあり、この自然の内股筋トレのチャンスがなくなってきているのです。



カルナ博士
普段の生活の中でもエレベーターを使わない、など意識して体を動かすことが大切じゃぞい。

 出産

妊娠すると子宮が大きくなり、黄体ホルモンの影響で靱帯や骨盤底筋の収縮力が弱まって柔らかくなることで膀胱が圧迫されるようになります。

お腹の大きくなる妊娠後期や臨月には、かなりの数の妊婦さんが尿漏れに悩まされると言われています。

出産後は子宮が元の大きさに戻るため問題がなくなる場合がほとんどですが、妊娠・出産の過程で靱帯や骨盤底筋群に傷が残ることで、その後数年に渡って尿漏れが続くこともあるようです。

<男性>括約筋のゆるみ

男性の尿漏れの原因で一番多いと言われているのが、尿道を開閉する括約筋のゆるみです。括約筋がゆるむと起こるのは、トイレを出た後すぐに尿が漏れてしまう、いわゆるチョイ漏れです。

運動不足

本来、括約筋の衰えは加齢によるものがほとんどでしたが、最近は長時間のデスクワークなどで運動不足の状態が続くことで起こるとも言われています。


カルナ博士
近距離なら車を使わない、なるべく早足・大股で歩くようにする、ウォーキングなどの運動で括約筋を鍛えるようにすることが大切じゃ!

<男女>膀胱の圧迫

「突然ものすごくトイレに行きたくなって、とてもじゃないけど我慢ができない」それは細菌感染がないにも関わらず膀胱が圧迫され、収縮しているからです。男女問わず起こり、他にも以下のような症状があります。

膀胱が圧迫されることで起こる症状

  • 急に激しい尿意が起こる
  • トイレに行く最中に間に合わず、尿が漏れてしまう
  • 1日に10回以上トイレに行く頻尿を伴う
  • トイレのことを考えただけでも、トイレに行きたくなる
  • トイレに行きたいと思ったその瞬間に尿が漏れる
  • 夜も何度もトイレに起きてしまう

膀胱が圧迫される直接的原因として、ストレスや肥満・便秘が考えられています。 

ストレス

現代ではストレスや緊張時に尿漏れを起こす人が増えています。特に顕著なのがエアコンなどの冷房機器の影響です。

エアコンを使い過ぎると自律神経のバランスがくずれ、次第に体温調節機能が低下してしまいます。また、エアコンが効く環境に長く居続ける、暑い場所と冷えている場所の行き来を何度も繰り返すといったことも、自律神経の乱れを誘発します。

自律神経が乱れることで、尿漏れ以外に下記のような症状が出やすくなります。

  • 手足が冷える(冷え性になる)
  • 身体がだるい、疲れやすい
  • 食欲がわかない、下痢
  • イライラする
  • 肩こりや腰痛がひどい
  • 手足が冷える、肌荒れが起こる
ひばり
エアコンをよく使うなら身体を冷やさないように、温かいお茶やホットミルクやハーブティーなどを飲んだ方がよさそうですね。

肥満・便秘

出産ほどではないにしても、肥満や頑固な便秘も膀胱や尿道を圧迫し、尿漏れを起こす原因になることがあります。

便秘になると大腸の中に便やガスおよび腸内容物が溜まり、大腸の管が膨らんだ状態になります。この膨らんだ大腸が膀胱や尿道を圧迫して、尿漏れを引き起こしやすくなります。

また、女性は子宮や卵巣のまわりにも内臓脂肪がついていて、その内臓脂肪が膀胱や尿道を圧迫するために尿漏れになりやすいと言われています。

もともとぽっちゃり体型さんはもちろん、妊娠・出産で体重が急激に増えたという人も要注意です。


カルナ博士
便秘がちな人はあまりいきまないようにせんとな。

<男女別>尿漏れのタイプ

一口に尿漏れと言ってもいくつかタイプがあります。 女性に多い、男性に多い尿漏れのタイプを3つご紹介します。

女性に多い<腹圧性尿失禁>

女性はもともと尿道が短く、尿漏れしやすい体の構造になっています。女性の尿道は約3~4cmの長さで、男性に比べるとずっと短く、さらに膀胱からまっすぐ下に伸びています。

骨盤底筋が弱まると尿道をうまく締められなくなり、お腹に力が入ると尿漏れしやすくなります。この症状を腹圧性尿失禁と言います。

お腹に圧力がかかりやすい状況

  • 咳やくしゃみをした時
  • 重い荷物や子どもを抱き上げた時
  • 立ち上がった時
  • スポーツをしている時
  • 大笑いした時
  • 階段の上り下りや、下り坂を歩いている時

 女性は男性と比べてもともと腹筋の力も骨盤底筋の力も強くないため、腹圧性尿失禁になりやすいとされています。

男性に多い<排尿後尿滴下>

男性の尿道は女性と正反対で15〜20cmと長い上に2ヶ所で曲がっており、もともと尿が出にくい構造になっています。

さらに尿を絞り出す括約筋が衰えると尿が出し切れなくなり、トイレが終わってから尿が漏れ出てしまうのです。この症状を排尿後尿滴下と言い、いわゆるチョイ漏れです。

原因は大多数が前立腺肥大症が関連していると言われています。肥大した前立腺が尿道を圧迫することで、下記のような症状が起こります。

  • 尿の勢いがなくなる
  • キレが悪くなる
  • 頻尿になる

前立腺は男性だけにある生殖器のひとつで、排尿コントロール以外に精液の一部を作る役割もあります。


カルナ博士
前立腺肥大症は加齢とともに誰にでも起こりうる病気じゃが、放置していると日常生活に支障をきたしたり、突然尿が出なくなったりすることもあるぞい。「いつもと様子が違う」と思ったら、早めに泌尿器科を受診するようにするべきじゃ!

男女ともに多い<過活動膀胱>

正常であれば、膀胱は尿が溜まってから尿の量に併せて筋肉が収縮する仕組みになっています。

しかし、ストレスなどが原因で排尿の仕組みがうまく働かず、膀胱の活動が過剰な状態となり、尿が少ししか溜まってなくても強い尿意や頻尿が起こる症状を過活動膀胱と言います。

過活動膀胱の症状には下記のようなものがあります。

  • 突然尿意をもよおし、我慢ができない(尿意の切迫感)
  • トイレが近く(頻尿)、夜中にも何度もトイレに起きる(夜間頻尿)
  • トイレに行くまでに尿が漏れてしまうことがある(切迫性尿失禁)

過活動膀胱は膀胱に一定量の尿を溜めることができなくなり、トイレが我慢できなくなる切迫性尿失禁や、1日に10回以上もトイレに行ったりする頻尿の症状もみられます。

過活動膀胱は、一般的には加齢による膀胱の機能低下によって症状が現れる可能性があり、中高年に多くみられます。脳と膀胱を結ぶ神経のトラブルで起こる神経因性のものと、それ以外の原因で起こる非神経因性のものがあるとされています。

ただ、過活動膀胱が起こるメカニズムはいまだよくわかっていないようです。


カルナ博士&ひばり
日常生活に支障があるなら、まずは医療機関を受診するようにしましょう!

<男女別>尿漏れ対策~運動編~

尿漏れは自分で運動することである程度症状を抑えることができます。運動方法は尿漏れ外来のある病院でも指導してもらえます。男女別に具体的な尿漏れ対策法をお伝えします!

<女性>骨盤底筋ストレッチ

骨盤底筋をストレッチするには、肛門や腟を締める腹筋や背筋を鍛えるなどの方法があります。毎日繰り返すことで、少しずつ骨盤底筋が引き締まっていくでしょう。

寝転んだ姿勢で骨盤底筋ストレッチ

  1. 仰向けになって、お腹や背中の力を抜く
  2. 足を腰幅に開いて、ひざを軽く立てる
  3. 肛門と膣が締まっているのを意識しながら、ゆっくり5~10カウントする
  4. 少しずつ力を緩める

立った姿勢で骨盤底筋ストレッチ

  1. 両手を机にのせ、足を肩幅に開いて立つ
  2. 肛門と膣が締まっているのを意識しながら、ゆっくり5~10カウントする

座った姿勢で骨盤底筋ストレッチ

  1. 椅子に腰掛け、背中を背もたれにつけ、足を肩幅に開く
  2. 肩やお腹の力を抜いて、ゆっくり5~10カウントで肛門と膣を締める

それぞれの姿勢で、締めて緩めての動きを最初は2,3回、慣れてきたら5~10回行うようにしましょう。

ひばり
ジムで行われるようなヨガのポーズやトレーニングを行うのもいいでしょう。インナーマッスルも鍛えることができます。

橋のポーズ

  1. 仰向けになって、両足を腰幅程度に開き三角に立てる
  2. 両腕を体の横に置いて、手のひらは床につける
  3. ゆっくり息を吸って、背筋を伸ばす
  4. 手で床を押すようにし、息を吐きながら腰を床から浮かす
  5. 肩からひざまで体を一直線にし、その姿勢をキープしながら2、3回呼吸を繰り返す
  6. 息を吐きながら腰を下ろす

この動きを2、3回繰り返しましょう。

ロールアップ・ロールダウン

  1. 膝を立てて体育座りをする
  2. 体育座りのまま腰から首が床につくよう、ゆっくり体を倒していく(ロールダウン
  3. 仰向けの状態になったら、今度は首から腰にかけてゆっくり起き上がっていく。(ロールアップ
  4. 体育座りに戻る
カルナ博士
トレーニングは3ヶ月ほど続けてみようの。軽い尿漏れなら3ヶ月ほどで大幅に改善するはずじゃぞい。ながら運動でも、2ヶ月継続すると66%ほどの人が改善したというデータもあるんじゃ。

<男性>括約筋ストレッチ

男性の尿漏れ改善においても、骨盤底筋の動きを意識しながらストレッチする重要性は変わりません。そのため、「<女性>骨盤底筋ストレッチ」でも挙げたトレーニングは、そのまま男性にも当てはまります。

男性は骨盤底筋をトレーニングすることで、排尿後の残りを手を使わずに押し出すことができるようになります。ただし男性に膣はないので、意識するのは肛門と睾丸になります。

ここではお腹を引き締める効果のある、呼吸を意識したストレッチをご紹介します。

シェイプブレス

  1. 椅子に座り、肋骨の横に手を当て、息を吸う
  2. 息を吐き肋骨が締まっていくのを感じながら、手をクロスさせて前へ突き出す

これだけです。ポイントは下腹を意識することです。

<男女>膀胱トレーニング

病院の治療でも取り入れられている膀胱トレーニングは、計画的に尿意を我慢し、膀胱に溜まる尿の量を少しずつ増やし、トイレに行く回数を減らしていくというものです。

膀胱に溜められる尿が少ない場合や、頻尿以外の症状がない場合に適しているトレーニングと言えます。

膀胱訓練における1回の尿量の目安は以下です。

対象1回の尿量
成人女性200~300ml
成人男性300~400ml

しかし、このトレーニングが適さないケースもあります。

  • 前立腺肥大症などで尿が出にくい病気
  • 排尿時に痛みがある時
  • 細菌感染によって生じた膀胱炎である時
  • 膀胱結石、前立腺癌、膀胱癌

これら以外にも適さないケースはあるので、膀胱訓練は自身の判断で始めずに、病院で診断を受けてから始めるようにしましょう。

<男女別>尿漏れ対策~日常生活編~

運動だけでなく、日常生活でできる尿漏れ対策もあります。

<女性>ヒール、内股歩きをやめる

日本人はO脚の人が9割を占めると言われています。O脚だから尿漏れをするというわけではありませんが、そもそもO脚は骨盤の開きによって、足に負担が掛かることが原因である可能性があります。

O脚は内股歩きになりやすく下半身の筋肉が正しく使われず、骨盤底筋が緩んでしまう場合があります

まずは颯爽と歩くようにするのが大切ですが、その際ヒールの高い靴を履くのはやめましょう。


ひばり
なるべくヒールの高さのない歩きやすい靴を履いて、かつ内股にならないように意識しながら歩くようにしましょう。

<男性>尿を出し切ろうといきまない

括約筋がゆるむことで起こる男性の尿漏れ対策としては、尿を出し切ることが一番です。ただ、残尿が気になる中高年男性の中には排尿が終わる頃におしっこを出し切ろうとしていきむ人もいますが、そうすると膀胱の筋力が低下し、尿漏れが悪化しやすくなります

それよりも水分をしっかり摂って、尿が濃くならないようにしましょう。尿が濃くなるとと膀胱が刺激され、尿意を感じやすくなるようです。

人は1日1.5~2リットルほどの水分補給が必要と言われています。しっかり水分を摂って、適度にトイレに行くようにしましょう。


カルナ博士
難しいかもしれんが、意識していきまないように注意するのじゃ。

<男女>便秘・肥満予防とストレス発散

 たとえ排尿機能に異常がなくても、便や脂肪が膀胱や骨盤底筋を圧迫すると、どうしても尿漏れが起こりやすくなります。

肥満も便秘も、脂肪分や糖分の吸収を抑制してくれる食物繊維の摂取を心がけ、運動にも積極的に取り組んでみるようにしましょう!

尿漏れ対策!サプリ3選

サプリの手を借りてすっきりするという方法もあります。尿漏れに効果的なサプリを3つご紹介します。 

含有量コストパフォーマンスNo.1!クレアギニンEX

▼価格:6,300円(税別)送料・手数料別途⇒毎月先着300名様のみ初回70%オフの1,980円(税別)+送料・手数料無料

2回目以降もずっと20%オフの4,980円(税別)!

▼容量:60粒(約1ヶ月分)

牡蠣エキス、ペポカボチャ(カボチャ種子油)、しじみエキス、ニンニク粉末、スッポン油、マカエキス、馬プラセンタなど、クレアギニンEXのパワーを最大限に引き出すための計29種類の成分が含まれた、業界トップクラスの贅沢処方です。

ノンカリウム処方のかん腎成分L-シトルリンや腎の底力トコフェロールも配合されています。男女問わず使えるのもうれしいポイントです。

クレアギニンEX公式サイト

すっきり安心!すっきりさわやか習慣

▼価格:8,640円(税込)⇒毎月お届けコース初回限定52%オフの4,104円(税込)

2回目以降は毎月10%オフの7,776円!初めてのお客様限定で、1日先着50名様のみ送料無料!

▼容量:150粒入り(約1ヶ月分)

ノコギリヤシ550mgと西洋カボチャ750mgの2つが主成分のすっきり安心のためのサプリです。ヨーロッパの基準に準拠しているノコギリヤシの原料を選び、実績ある海外のデータと基準を採用しています。

ドイツの基準で男女に使用が認められた唯一の植物性成分西洋カボチャを使用し、保存料、香料、着色料など不要な成分は一切されていないという、とことん安心にこだわったサプリです。男女問わず飲めます。

すっきりさわやか習慣

女性のデリケートな心配に!カボチャ種子エキス

価格:2,667円+税

▼容量:60粒入り(約1ヶ月分)

咳やくしゃみをした時の女性のデリケートな心配を軽くしてくれるサプリです。欧米で古くから注目されているカボチャ種子エキスの原料であるペポカボチャが使用されており、毎日の生活リズムを維持するのにもぴったりです。

カボチャ種子エキス

尿漏れを解消して悩みスッキリ!

出かける時も仕事や家事をする時も、尿漏れがあったら憂鬱になってしまうでしょう。しかも起こってしまった尿漏れは、なかなか自然に治ってくれるものではありません。

骨盤底筋ストレッチをしたり、普段の生活で意識をすることで、あなたの尿漏れはきっと改善していくはず。自分の力で尿漏れを解消して、毎日すっきり過ごせるようになりましょう!


おすすめサプリメント!クレアギニンEX


参照リンク

すずらん鍼灸院ー若い女性の尿漏れ対策

神楽岡泌尿器科ー残尿感がある時の原因と解消方法 ベスト5

スポンサーリンク