何故、生理の時に女性の機嫌は悪くなる?彼女・嫁別対処方法大公開!

生理の時に女性の機嫌が悪くなるのはなぜなのでしょう?男性はあまり知りませんが、自分で自分を制御できなくなる大変な時期なのです。生理で機嫌が悪くなるメカニズムや正しい対処方法を把握することで、パートナーとより良い関係づくりをしましょう。

スポンサーリンク

何故女性は生理の時に機嫌が悪くなる?

喧嘩もしていないのに、彼女や嫁がイライラしていて、どうすれば良いかわからない……という経験をお持ちの皆様。実はそれ、生理のせいかもしれません。生理の時に女性は機嫌が悪くなるというのは知っている方が多いかもしれませんが、なぜ機嫌が悪くなるのかはご存じですか?男性には縁がないからと彼女や嫁を放っておかず、生理で機嫌が悪くなるメカニズムや接し方を知っておけば、2人の関係はより良いものになるのではないでしょうか。ここでメカニズムや対処方法をまとめてご紹介します。

ひばり
女性も生理のときに機嫌が悪くなるのは嫌なんですけど、だからといってどうすることもできないんですよね……
カルナ博士
男性諸君、「触らぬ神に祟りなし」で見て見ぬふりをするよりも、女性の気持ちを汲んで行動した方が、より良好な関係を築けるかもしれんぞ。

生理の時に女性の機嫌が悪くなる理由

そもそもなぜ、女性は生理の時に機嫌が悪くなるのでしょうか。ただ単純に、「お腹が痛いから」など身体的な不調を感じるだけでイライラしているというわけではないのです。ここで、女性が生理の時に機嫌が悪くなる理由を解説します。

ホルモンバランスの乱れ

生理の時に機嫌が悪くなる一番の原因は、ホルモンバランスの乱れです。女性は生理が始まる約14日前に排卵があるのですが、その排卵日を境目として女性ホルモンが大きく変化します。女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類が存在し、排卵日を過ぎるとプロゲステロンの分泌量が増加します。プロゲステロンは排卵日から増えていき、生理の1週間前くらいになるとホルモンバランスの乱れがピークになります。

女性ホルモンの分泌は脳下垂体で促されるのですが、この近くには大脳の視床下部があり、自律神経をコントロールしています。女性ホルモンの分泌量が変化してホルモンバランスが乱れると、知覚でコントロールしている自律神経も乱れてしまうのです。自律神経はイライラや憂うつなどの感情を司っていますから、自律神経が乱れることで、機嫌が悪くなるということです。

このように、体内でホルモンのバランスが変化することによって、自身の意識とは裏腹に感情が乱れ、機嫌が悪くなる女性が多いのです。

生理痛による体調不良

ホルモンバランスの乱れによる機嫌の悪さは、プロゲステロンが増加する生理1週間前に多く現れますが、生理中は体調不良によって機嫌が悪くなる女性が多いです。生理痛の体調不良といえば腹痛しか知らないという方は、ここで学んでおきましょう。

腹痛

生理痛と聞くとまず思い浮かべるのが、腹痛ではないでしょうか。学生時代、お腹周りを抑えて机に突っ伏している、具合の悪そうな女の子はいませんでしたか?それはきっと、生理による腹痛が酷かったのでしょう。生理の時にはプロスタグランジンという物質が急激に増えるのですが、これが痛みの元となっています。プロスタグランジンは子宮の収縮を促し、要らない経血を身体の外に出す働きをするのですが、プロスタグランジンの量が多すぎると子宮の収縮が激しくなり、痛みを生み出します。そのため、生理の腹痛は子宮の痛みなのです。

腰痛

生理になると腰が痛くなるという女性も多いです。これは、生理の時に骨盤が開くことが原因とされています。生理中は経血を順調に排出できるよう、骨盤が開きます。このとき骨盤が開きやすくなるように、卵巣ホルモンの一種であるリラキシンが分泌されます。

リラキシンは骨盤の中でも特に恥骨結合部を緩める効果があるのですが、ここは左右の骨盤を繋いでくれる身体にとって重要な場所ですので、恥骨結合が緩むと骨盤自体が不安定になってしまいます。骨盤が不安定になっても身体を支えられるよう、腰など骨盤の周りにある筋肉に負担をかけてしまうことで、腰痛を引き起こしてしまいます。

また、日頃から姿勢が悪い、足を組む癖があるなどで骨盤や歪んでいる場合は、少し骨盤が開くだけでも痛みが出てしまうため、腰痛を感じやすいとも言われています。

下痢・便秘

先ほどプロスタグランジンが子宮を収縮させることで痛みが出るとお伝えしましたが、プロスタグランジンは子宮を収縮させると同時に、周辺にある内臓も収縮させることがあります。そのため腸が収縮され下痢を誘発してしまいます。

一方、生理中は便秘になりやすいという女性も多く存在します。生理中は経血を外に排出しますが、これにより体内の血液量が減り、基礎代謝が低下してしまいます。基礎代謝が低下すると内臓の機能が低下しますので、腸の運動量が減少したり、消化不良を引き起こしたりすることで、便秘になってしまうのです。

また、生理で具合が悪くなり、食事の量も減ってしまうという方は、便の形成や押し出す力が弱まるため、より便秘になりやすいです。

貧血

生理の時に貧血になりやすいというのは、イメージしやすいのではないでしょうか。いくら不要なものとはいえども、生理期間中は毎日多量の出血をするわけですから、体内の血液量が減少し、貧血になるのも頷けますよね。また、生理になると基礎代謝が低下するとお伝えしましたが、それによって冷え症が引き起こされることで、体内の血行が悪くなりやすく、より貧血を起こしやすいと言われています。

だるさ

生理中はとにかくだるいと感じる女性も多いでしょう。特にだるさの原因となっているのが、眠気めまいです。

人間は体温が低いときに眠気を感じると言われています。日中は体温が高いため活動的になり、夜は徐々に体温が下がってくるため眠りにつけるというメカニズムです。しかし生理中の女性は1日中体温が低く、なかなか低体温から抜け出せないため、日中も眠いという状態になってしまいます。

また、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる自律神経の乱れや、血行不良による貧血によって、めまいが引き起こされることもあります。生理中は常に血が足りていない状態ですので、椅子から立ち上がると立ちくらみをするなどめまいが起こりやすくなるのです。

ここで挙げた生理痛の種類は、ごく一部です。人によって症状の種類も重さも異なります。生理の時、女性はありとあらゆる体調不良と戦っているということを心に留めておいてくださいね。

出血による不快感

身体から連日血が出ているという不快感も、機嫌が悪くなる原因の1つです。座ったり寝たりして安静にしていても、軽く運動をしてみても、身体の中からドロっと経血が出る不快感からは逃れられません。

さらに、生理の時には下着が汚れないようにナプキンを使いますが、仕事中など頻繁にトイレに行って取り換えることができない場合には、蒸れによる不快感や経血が漏れていたらどうしようという不安感によってストレスが溜まってしまいます。生理が来るということ自体がストレスになり、普段よりも機嫌が悪くなる女性は多いのです。

一体いつまで?女性の機嫌が悪くなるのはいつ?

どうして女性は生理の時に機嫌が悪くなるのか、わかっていただけたかと思います。次は、女性がいつからいつまで機嫌が悪くなるのか、目安をお伝えしたいと思います。

イライラ期は生理前1週間ー生理開始2-3日

生理で機嫌が悪くなりやすいイライラ期は、生理の1週間前から生理開始2~3日です。生理の1週間前はPMS(月経前症候群)と呼ばれる不調が起こり、精神的・身体的な不調を感じる女性も少なくありません。これは、女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されることが原因とわかっています。

プロゲステロンは排卵時に分泌され、生理開始日まで増えるため、生理2週間前の排卵日から生理開始までの期間、特に生理の1週間前にPMSになるということです。プロゲステロンは女性が妊娠や出産を正常に行うために必要不可欠なホルモンですので、全く分泌されないようにすることはできません。PMSが酷い場合には改善薬としてプロゲステロンの分泌を抑える薬が出されることもありますが、それでも完全に働きを止めるのは困難です。

そして、生理開始2~3日ほどは体調不良がピークのため、機嫌が悪いことが多いです。腹痛や腰痛、便秘や貧血など、あらゆる体調不良が起こります。特に生理初日から2日目にかけて具合が悪く、寝込んでしまうほどの方もいます。イライラする期間や具合の悪さには個人差がありますが、大体生理1週間前から生理開始3日くらいまでは、女性の機嫌は悪いものだと思っておくと間違いないでしょう。

パートナーの生理周期を把握しておく

パートナーの機嫌が悪くなる期間がいつか分かっていれば、会ってどのように接すれば良いか、もしくは大事を取って会わないようにするかなど、事前に対策が立てられますよね。生理の時にパートナーの機嫌が悪くて困るという方のために、生理周期の計算方法をお伝えします。

生理周期は、生理の初日から次の生理の前日までの日数のことです。正常であれば生理周期が25~38日とされており、誤差は6日以内であると言われています。生理周期の長さに関わらず、排卵してから月経が来るまでの日数は約14日間と決まっています。つまり、生理周期の日数から14を引くと、月経初日から何日目に排卵したのかがわかるようになっています。先ほどお伝えしたとおり、排卵後1週間、つまり生理前1週間がPMSによって不調を感じやすいため、排卵日がわかればいつパートナーの機嫌が悪いのかが分かるようになるのです。

男性が女性の生理周期を把握するのは気持ち悪い、面倒くさいとネガティブに思われるかもしれませんが、デートやお出かけの予定が立てやすくなりますし、パートナーの機嫌の悪さが生理のせいだとわかればそこまで気にすることもありませんので、周期を把握して適切に対処しましょう。

彼女の機嫌が悪い!彼氏のための対処法

彼女が生理の時に機嫌が悪いと、どう接して良いのかわからないという男性も多いのではないでしょうか。そんな方のために、機嫌が悪い彼女にしてあげてほしいことをまとめました。これさえやっておけば万事解決というものではありませんが、きっと彼女も喜びますので実践してみてはいかがでしょうか。

優しく接する

とにかく、イライラ期の彼女には優しく接するのが大前提です。生理中の女性はとにかく体調が悪く、しんどいのです。ホルモンバランスの乱れによって気分は悪くなりますし、腹痛や腰痛などで身体のあちこちが痛くなります。それをなんとか改善しようと温めたり薬を飲んだりしてみますが、どれだけ対策をしようともなかなか症状は改善しません。

そのため、機嫌の悪さを責めたりせず、「大丈夫?」「今日はのんびりしてね」など、優しい言葉をかけてあげてください。自身が生理のせいで具合が悪いことを彼氏が理解してくれているだけでも、彼女はとても安心するでしょう。お腹をさすってあげたり毛布をかけてあげたりという優しい行動も嬉しいものです。彼氏に優しくされることで彼女の気分も落ち着き、機嫌の悪さも緩和されます。

美味しい物を食べさせてあげる

生理中は食欲不振になるという女性もいますが、美味しいもの彼女の好物を食べさせてあげると喜ばれます。特に大好きな女性が多い甘いものを食べると、イライラした感情を抑えてくれるセロトニンというホルモンが増加します。このため、生理前のイライラしている時期に甘いものを食べる女性は多いのです。

食べ過ぎると余計にPMSの症状を悪化させてしまいますが、我慢しすぎるとさらにイライラしてしまうものです。そのため、「我慢しすぎるのも良くないよ」と甘いものを差し入れてみてはどうでしょうか。彼女にとっては甘いものが食べられて機嫌が良くなると同時に、彼氏の気遣いを嬉しく思うことでしょう。

喧嘩になりそうなワードに気を付ける

生理で機嫌が悪い彼女は、些細なことでもすぐに怒りが爆発してしまいます。そのため、喧嘩の原因になってしまいそうな発言には気をつけましょう。

まず、「たかが生理でしょ?」「病気じゃないんだから」など、生理を軽んじるような発言は厳禁です。彼女からすれば、気分は悪いし身体も痛いし本気で苦しんでいるのに、馬鹿にされたような気分になり、「男にはこの辛さ、わからないよね!!」と火に油を注ぐ原因となってしまいます。

男性が生理の辛さを理解できないのは仕方がありませんが、現にイライラや体調不良で彼女が苦しんでいるのであれば、「生理は病気じゃないから辛くない」という自分の偏見を取り払いましょう。あなたが思っている以上に、生理で苦しんでいる女性は多いのです。

また、「自分の友人や家族は全く辛そうじゃなかったから、そんなに苦しむのは大げさ」という発言もNGです。彼女とあなたの友人や家族は全く別の人間です。PMSや生理痛の重さは人それぞれですから、人と比較しても何も解決しないと覚えておきましょう。

さらに、「なんで機嫌悪いの?」と聞くのも良くありません。なぜなら、女性も何か原因があってイライラしているのではなく、ホルモンバランスが乱れることで無意識にイライラしてしまうからです。自身でも機嫌をコントロールできないため、なぜ機嫌が悪いのかと聞かれるとさらにイライラしてしまうのです。

普段は気にならないような言葉でも、生理中は感情のコントロールが出来なくなっているせいで些細なことでイライラしてしまい、大喧嘩に発展してしまうことも少なくありません。生理中はあまり神経を逆なでするような発言は控えましょう。自身が正論だと思うことを主張しても、生理中は関係が悪化する可能性が高いということを覚えておいてくださいね。

彼女がイライラしていることを理解する

彼女がイライラしていると、つい彼氏もイライラしてしまいがちですが、お互いがイライラすることによって不満が大きくなり、喧嘩になってしまうことも多いです。彼女の理不尽な怒りを全て受け止める必要はありませんが、「今は生理だから彼女の機嫌が悪いんだ」と理解してあげましょう。今の彼女は通常時とは違うと思えば、イライラも流しやすくなるはずです。

もし彼女の機嫌が悪すぎて一緒にいるのが大変という場合は、あえて放っておくのも1つの手です。そうすることでお互い冷静になれますし、生理後に感情が落ち着いたときにいつも通り穏やかに過ごせれば良いのです。多くの女性は、生理でイライラしているときに彼氏に八つ当たりしたことを強く反省するため、生理後にはまた穏やかな彼女に戻っていることでしょう。

あえてデートをしない

生理前や生理中の彼女はイライラしたり憂うつになったり、感情の乱れが激しいです。そのため、些細なことで怒ったり心配したりして、そこから別れ話にまで飛躍してしまうケースも珍しくありません。生理が終わると「どうしてあんなにイライラしていたんだろう?」と思うようなことでも、生理中はコントロールできませんので、別れ話のような極端な結論を出してしまうこともあるのです。

そのため、彼女が生理でイライラしているときは、あえてデートをしないのもおすすめです。情緒不安定な彼女と会うと喧嘩別れ話にもなりかねませんし、彼氏であるあなたも気を使って疲れてしまいます。お互いのためにもイライラ期にはゆっくり休んで、彼女が元気になってから思いっきりデートを楽しむと良いでしょう。

嫁の機嫌が悪い!旦那のための対処法

生理になると嫁の機嫌が悪く、家に帰ってもちょっとしたことで地雷を踏んでしまうのではないかとビクビクしてしまうという旦那さんも多いのではないでしょうか。今後も一緒に生活していく上で、できれば生理中の嫁とも良好な関係を築きたいですよね。ここでは、生理中の嫁にしてあげてほしいことをご紹介します。

家事を手伝う

生理前はPMSによって気分が悪くなりますし、生理中は腹痛やだるさなどで動くのも辛いという女性は多いです。もし普段から嫁が家事をしているのであれば、生理期間中はあなたも家事を手伝いましょう。パートナーが辛い思いをしているときに支えてあげるのが、真の夫婦というものです。

自身が風邪を引いたときに、代わりに身の回りのことをやってくれる人がいると助かりますよね?それと同じように、生理中の嫁を労わってあげてください。例えば、具合が悪くて料理が作れないのであれば、代わりに料理を作る、あるいは料理が苦手な場合はお弁当を買ってくるなど、できる範囲で手伝えることをするだけでも、助かると思うはずです。

生理について理解をする

長年連れ添うつもりで一緒になった2人ですから、生理によって仲違いしてしまうのは避けたいですよね。そのためにはまず、生理についてできるだけ理解するよう努めましょう。例えば、大体で構いませんので嫁の生理周期を把握しておくと、いつぐらいからイライラするかもしれないという予測ができ、発言などに気を付けることができます。

また、嫁が生理前に感情が乱れるタイプであれば、生理期間だけは仕方がないと割り切り、つられてイライラしないように気を付けると良いです。生理中のイライラに理由はありませんので、イライラしないでほしいと頼んでも余計に悪化するだけです。長い付き合いであれば生理周期や傾向もわかってきますので、嫁のタイプに合わせた対処をしましょう。女性は生理と40年間も付き合っていかなくてはならないのですから、毎月大変な思いをしているんだということを理解してあげるだけでも、大きな心の支えになるはずです。

そっとしておく

生理の時にイライラすることが多い嫁の場合は、あえて無駄な会話をせずにそっとしておくことが有効な場合もあります。何の気なしに発言したことが地雷となり、嫁のイライラを引き起こしてしまうこともありますので、むしろ生理中はそっとしておく方がお互いのためになります。普段は気にならないようなことでも喧嘩に発展しやすいのが生理中の怖い所ですので、愛のある放置」を実行するのも1つの方法です。

機嫌の悪い嫁をそっとしておくことで、自身は八つ当たりをされるのを防げますし、嫁も「また生理のせいで旦那にイライラをぶつけてしまった……」と自己嫌悪に陥ることもありません。お互い気持ちよく過ごすために、干渉せずに嵐が過ぎ去るのを待ちましょう。

気遣いを忘れない

結婚して夫婦になると、カップルだった時よりも距離感が近くなり、どうしてもお互いに気遣いを忘れがちになります。普段から気遣いの無さが目立つ場合は、生理の時の無神経な一言が引き金となり、今まで嫁が我慢していた不満が大噴火してしまう、という最悪な事態にもなりかねません。

夫婦だからと遠慮なく無神経な言葉を投げかけるのではなく、意識して気遣いをしましょう。お腹をさすってあげたり、代わりに家事をしてあげたり、寝てていいよと声をかけてあげたりすることで、嫁も安心することができます。夫婦といえども、お互いに全く異なる環境で生まれ育った個々の人間です。結婚して家族になった後にこそ、意識して思いやりや気遣いを続ける努力が大切なのです。

自分のことは自分でやる

もし、いつも嫁に「お茶入れて」「テレビつけて」など「○○して」と指示することが多いのであれば、生理中は避けましょう。生理でイライラしている嫁にそのように指示を出すと、「自分でやってよ!!」と怒りが爆発してしまい、大きな夫婦喧嘩が勃発することにもなりかねません。

生理中であるか否かに関わらず言えることですが、自分でできることは自分でしましょう。嫁に対してなら何を言っても許されるというわけではないのです。生理中に機嫌が悪く体調不良で疲れている嫁に、あまり負担をかけないように過ごしてみてはいかがでしょうか。

あなたが些細なことだと思っている以上に、嫁は普段からイライラしているかもしれません。普段から積もっていた怒りが生理を気に爆発、なんてことも珍しくありませんから、普段から嫁の負担を減らして、トラブルなく過ごせるようにしましょう。

女性の生理について理解することが大切

女性の生理について男性は知る機会もあまりありませんし、理解しがたいこともあるかもしれません。しかし、パートナーと良好な関係を築くためには、相手が苦しんでいる原因について理解してあげることが必要なのではないでしょうか。生理の時に機嫌が悪くなるのは仕方がないことですし、それを責めてはいけません。パートナーといつまでも良い関係でいるために、あなたができることを考え、実行してみてください。きっと、今よりも良好な関係を作っていけるはずですよ。

スポンサーリンク