便秘には酸化マグネシウムが効く!?服用の注意点や疑問を解決!

便秘がちな皆様、酸化マグネシウムがその解消に効果的ってご存知でしたか?あまり聞きなれない名前かもしれませんが、古くから便秘解消薬に使われている安心の成分なんです。その驚きの効果と服用時の注意点まで一挙ご紹介してゆきます。目指せスッキリ!!

スポンサーリンク

便秘にマグネシウムが効くの?

便秘という単語を検索しますと、キーワードとしてよく出てくるマグネシウム。これって便秘に効果があるの?と気になっている人も多いのではないでしょうか。このマグネシウム、結論から言えば便秘の解消に効果を発揮してくれるんです。なぜマグネシウムが効果があるのか、マグネシウムを摂取する際の注意点は何か、そしてマグネシウムに関する様々な疑問にお答えしてゆきます。また、そもそも便秘を解消する為のテクニックについてもご紹介しちゃいます!

酸化マグネシウムE便秘薬ご購入はこちらから

マグネシウムはどんな効果がある?

マグネシウムは様々な健康効果あり

マグネシウムという名前だけを聞くと、なんだか凄く化学物質感がありますが(事実、元素記号の12番目、元素の一つです)、身体にとってみれば必要なミネラルの一つ。有名な働きとしてはカルシウムと共に骨や歯を形成する事で知られています。骨を形成するというだけでも非常に重要な働きではありますが、マグネシウムの働きはそれだけではありません。血圧の維持に重要な働きを持っており、高血圧を防いでくれたり、神経の興奮を抑えてくれたりと様々な健康効果があるんです。そんなマグネシウム、実は結構身近に存在しています。お豆腐の製造には欠かせないにがりの成分は塩化マグネシウムですし、アーモンドなどのナッツ類にもマグネシウムはたっぷり。普段から何気なく口にしているんです。

便秘に効くのは酸化マグネシウム

今回、便秘に効果があるとしてご紹介するのは「酸化マグネシウム」。文字通り、マグネシウムが酸素と結びついたもので、化学記号はMgOです。これが身体に取り込まれると、腸内で便に水分を含ませる働きを持っています。柔らかくなった便は腸を刺激し腸の蠕動運動を促します。その蠕動運動によって、自然とお手洗いに行きたくなるというメカニズムなんです。この「自然に」というのがキーワード。お腹が痛くなることも少なく、癖になってしまう事も少ないんです。

酸化マグネシウムは胃酸過多にも効果発揮

酸化マグネシウムの効果は便秘に対するものだけではありません。胃の痛みの原因の一つである胃酸過多にも効果を発揮してくれるんです。というのも、酸化マグネシウムは胃酸と結びつき、中和する働きを持っているんです。その結果として胃酸の酸性を下げる事ができます。この効果によって、胃酸過多による胃炎や胃潰瘍といった症状の改善が期待できるんです。

カルナ博士
食品の印象とはなかなか結び付きにくいマグネシウムじゃが、多くの食品に含まれている、身体に欠かせない成分なんじゃな。しかも酸化マグネシウムになると便秘解消に、胃酸過多の緩和にと大活躍してくれるんじゃ。

酸化マグネシウムの服用の注意点3つ

1. 摂取しすぎると高マグネシウム血症の恐れ

酸化マグネシウムは身体に取り込まれにくい成分で、基本的には安全なお薬だとされています。けれど、どんなに優れたものでも過ぎたるは及ばざるがごとし。何かの拍子に身体に溜まってしまいますと高マグネシウム血症という病気を発症してしまう危険性があるんです。お薬を服用する場合には容量・用法を守る事が大切です。

2. 腎機能低下に当てはまる人はNG

酸化マグネシウムを摂取してはいけないパターンの一つが腎機能が低下している人。腎機能が低下していて酸化マグネシウムを含む便秘薬や胃薬を飲むと、高マグネシウム血症となる可能性が高くなります。健康診断などで腎機能について指摘を受けた場合には要注意です。

3. 併用を避けるべき薬がある

安全性の高い酸化マグネシウムの便秘薬ですが、お薬の飲み合わせに依っては効果が出すぎたり、あるいは効果を発揮できなかったりする事があります。また思わぬ影響が出る事もありますので、お薬を服用している人は注意が必要です。テトラサイクリン系抗生物質、ニューキノロン系抗菌剤、活性ビタミンD3製剤などを服用されている人は注意が必要です。これ以外にも問題あるお薬がある可能性がありますので、普段飲んでいるお薬がある方は薬剤師さんに相談するようにしてください。

<疑問1>どのくらいで効果が出る?

服用してから8~10時間後

酸化マグネシウムによる便秘薬、その効果は服用してから8~10時間後と言われています。寝る前に服用すれば、朝にはスッキリ効果を実感できるかもしれませんよ。ただし人によってはあっという間にお手洗いに行きたくなる人もいます。予定の無い週末など、自分がどれくらいの時間で効果を実感できるのか、一度チェックしておくことも良いかもしれませんね。

1週間服用しても良くならないなら病院で受診

便秘があまりに酷くなりますと、酸化マグネシウム系の便秘薬では効果を実感できない事もあります。1週間服用しても効果が見られない場合、やはり病院での受診が大切です。その場合にはお医者さんの診断のもとで、適切な治療を受けるようにしてください。

<疑問2>どこで買える?

薬局で市販薬として買える

酸化マグネシウム系の市販便秘薬と言えば「酸化マグネシウムE便秘薬」、製造・販売を手掛けているのは多くの医薬品を手掛ける健栄製薬です。レモン味にして苦みを抑えたり、水で服用するとすぐに溶けたりと飲みやすさにこだわっています。全国のドラッグストアに加え、AMAZONその他のネット通販でも簡単に購入可能です。

ご購入はこちらから

処方薬としてもよく使われる

酸化マグネシウムはその安全性と効果から処方薬としてもよく使われています。その代表がマグミット錠とマグラックス錠。その何れも酸化マグネシウムを成分としたお薬です。それぞれ内容量などで多くの種類があり、症状などによって使い分けられます。お医者さん・薬剤師さんの指示に従って飲むようにしてください。その他に服用しているお薬がある方は、必ずお医者さん・薬剤師さんに相談するようにしてください。お薬手帳を持っていれば、薬剤師さんが自然とチェックしてくれますので、持っていないという人はこれを機に手に入れておくのもおすすめです。お薬手帳を持っていると、場合によってはお薬代が安くなるといったメリットもありますよ。最近ではスマホで使えるお薬手帳アプリも提供されています。

<疑問3>妊娠中でも服用可能?

副作用がないので基本的にOK

妊娠中には体質が変わったり、つわりなどで食生活が変化したり、ストレスで自律神経が乱れたり、運動が不足したりと便秘になりやすいもの。自然に排便できれば良いのですが、そうもゆかない場合には、お薬に頼らざるを得ませんよね。そんな時にも酸化マグネシウムの便秘薬はとっても役にたつんです。というのも、酸化マグネシウムは基本的にほとんど体内に取り込まれない成分です。身体に吸収されにくいため、副作用も少ないんです。とは言え妊娠中ですし、万が一に備えて、お医者さんに処方してもらう方をおすすめします。産婦人科を受診した際に相談してみましょう。産婦人科でもちゃんと処方してくれますよ。

子供や授乳中もOK

授乳中、お薬を飲んでしまうと余計な成分が母乳に混じってしまうんじゃ……と心配になりますよね。そんな場合にも酸化マグネシウムの便秘薬は大活躍してくれるんです。何度も書いていますが、酸化マグネシウムは基本的にほとんど体内に吸収されません。そのため授乳中に飲んでも基本的に影響は出ないんです。また、市販薬の酸化マグネシウムE便秘薬では5歳以上の子供でも服用可能となっています。お腹が痛くなりにくく、癖になりにくい事から子供でも使いやすいんですね。

<疑問4>おならが臭くなる?

排便前のおならは臭い

酸化マグネシウムの便秘薬、良くあるお悩みとして「おならが臭くなる」というものがあります。これは酸化マグネシウムのせいではありません。その本質的な原因は便秘なんです。排便前のおならは基本的に臭いもの。酸化マグネシウムの効果によって便がやわらかくなり、おならが出やすくなると、それは当然のように臭いおならとなるんです。とは言え、それは腸が蠕動運動をしている証拠。甘んじて受け入れるしかありません。

休日に服用するのがおすすめ

おならが臭くなるのは致し方ないものとしても、職場などでふっとおならが出てしまったらなんて考えると心配になってしまいますよね。そんな場合には酸化マグネシウムの便秘薬を週末などの休日に服用するのがおすすめ。家の掃除などをしながら、効果が出るのを待ちましょう。家の掃除は軽い運動となり、腸の運動を活性化させるのにも役立ちますし、部屋もきれいになりますし一石二鳥。お腹もスッキリして、家もスッキリすれば、きっと気持ちもスッキリしますよ。

カルナ博士
おならはそもそも臭いものじゃし、人間だれしもするものじゃからあまり気にしてもしょうがなんじゃが……。まあ、それでもやはり気になるのが人情というものじゃな。酸化マグネシウム系のお薬を飲むとおならが気になるという人は休日に服用するのが無難かもしれんなぁ。そもそもおならが臭くなってしまうのは便秘してしまう事が原因じゃし、次は便秘気味な体質を改善する方法について見てゆくぞい。


薬に頼らない!便秘解消法は3つ

1. 腸内環境を整える食生活

いざとなった時にはお薬に頼れば良いのですが、そもそも便秘の予防には気をつけたいもの。食べ物などによっても一時的には解決しますが、便秘しにくい体質を手に入れるためには腸内の環境を整える必要があります。腸内の環境は一朝一夕には良くなりません。腸内環境を整える食生活について見て行きましょう。

朝昼晩ときちんと食べる

まず基本的な話として朝昼晩と規則正しく食事を摂る事が欠かせません。そうする事によって、胃腸の動きも整ってゆくのです。忙しいとつい朝食を飛ばしてしまいがちですが、そういった不規則さは腸の動きをも不規則にしてしまうんです。

必要十分な量を食べる

食べ過ぎ・飲みすぎというとお腹に悪い代表のようなものですが、食べなさすぎというのもやはりお腹によくありません。腸の働きはある程度の量の食べものがお腹に入ってこそ活性化されるもの。ダイエットを気にしている人でも、カロリー控えめのものなどをある程度の量食べるといった工夫が必要です。

水分をしっかり摂る

便秘は便の水分が足りず、カチカチになってしまう事によっても引き起こされます。それを予防するためにはしかりとした水分補給が欠かせません。特に暑い時期などは身体から知らない間に水分が減ってしまいますので要注意ですよ。

食物繊維をしっかりと摂る

便秘解消の基本と言えばやはり何といっても食物繊維です。とは言え闇雲に食物繊維を摂れば良いというわけではありません。そもそも食物繊維には水溶性植物繊維と不溶性食物繊維に分ける事ができます。水溶性の食物繊維は保水力が高く、水に溶けるとゲル状に変化します。これは便に水分を含ませて柔らかくする効果があるんです。一方の不溶性食物繊維は文字通り水に溶けない食物繊維。イメージとしては箒のように腸の中をキレイにしてくれます(あくまでもイメージです)。その二つをバランスよく摂る事によって、お腹をスッキリ、キレイにできるんです。

腸内の善玉菌を増やす

食物繊維ですっかりキレイになった腸内。せっかくですから、さらに腸内環境を整えたいですよね。となると着目すべきはビフィズス菌やガセリ菌と言ったいわゆる善玉菌。そもそも腸内には多くの菌が住み着いていますが、お腹をスッキリさせてくれたり、免疫力を高めてくれたりするのがいわゆる善玉菌です。ヨーグルトなどの発酵乳製品などを定期的に摂るとともに、善玉菌の栄養であるオリゴ糖を含む食品をとって、善玉菌を増やしてゆく事が大切です。

2. 腸の働きを促す運動

日常的に身体を動かす

運動というのも便秘予防には欠かせないキーワードです。そもそも色々と便利になって身体を動かす事が少ない現代社会では、運動が不足しがち。運動が不足してしまいますと、腸への物理的な刺激が少なくなり。腸の働きを停滞させる原因になってしまうんです。便秘を解消するためには、日常生活の中にちょっとした運動を取り入れる事が効果的です。例えば一駅分歩くとか、出来る限り階段を使うなどなど、ちょっとした工夫でそれなりの運動になりますよ。運動は腸の動きを活性化させるだけではなく、筋力をアップさせたり、脂肪を燃焼させたり、血行を良くして心肺機能を高めたり、脳に血液を行きわたらせたりと様々な健康効果が期待できるもの。是非取り入れてください。とは言え、急に無理な運動をしますと思わぬ怪我につながる事があります。これまであまり運動をしていないという人は特に注意をしながら、無理のない範囲で実施してください。

腸を動かすための体操も効果的

日常での運動も大切ですが、腸の動きの活性化に特化した体操も便秘解消には効果を発揮します。代表的な動きがお尻たたき体操。朝起きた後、ベッドの上にうつ伏せになり、膝を片方づつ曲げます。そしてかかとでお尻を叩くようにうごかしましょう。これを1分ほど繰り返すだけで、腸がぎゅるぎゅると動きだすのを実感できるかもしれませんよ。

お腹をマッサージして腸を刺激

お腹をマッサージして腸を刺激物理的に刺激してあげますと、蠕動運動が活発になる事も。お腹のマッサージ方法は簡単で、お腹に手を当て、時計回りに動かしてあげましょう。ぎゅうぎゅうと押す必要は無く、あくまでもゆっくりとさするだけで大丈夫です。大きな動きではないので、仕事中などにもできますよね。

3. しっかり睡眠をとる

お腹の働きとは一見関係が無さそうな睡眠不足なども実は便秘の原因となる事もあるんです。そもそも睡眠は身体のあちこちを休める時間。それが不足しますと自律神経がだんだんと乱れる原因となってしまいます。自律神経は身体の様々な働きを自律的に制御する大切な働きを持つもの。それが乱れてしまいますと、腸の動きが鈍くなったりする事だってあるんです。また、睡眠不足になっている状態では生活リズムが乱れている事も多くあります。生活リズムが乱れてしまいますと、腸の働くタイミングも乱れてきます。その結果として排便のタイミングを失い、便秘となってしまう事もあるんです。便秘予防には生活のリズムを正し、しっかりと睡眠をとることも大切ですよ。

快便でお腹スッキリ!

酸化マグネシウムのお腹スッキリ効果、如何でしたか?酸化マグネシウムには腸の蠕動運動を活性化させて自然な排便を促す効果があるんですね。なんだか最近お腹がスッキリしない……なんて人には特におすすめです。便秘薬には抵抗があるなんて人でも、クセにはなりにくいお薬ですので、安心して使う事ができますよ。お腹がスッキリすれば、お肌の調子が良くなったり、食べ物を美味しく楽しめたりと様々な効果が期待できますし、是非一度お試しください。とは言え、便秘薬はやはりイザという時のためのもの。生活スタイルを正して、便秘しにくい体質となるようにも心がけてくださいね。

酸化マグネシウムE便秘薬ご購入はこちらから

参照リンク

健栄製薬ー酸化マグネシウムについて


スポンサーリンク