生理の時のイライラは解消できる!?6つのおすすめ解消法

「生理時のイライラを解消したい!」中には生活に支障をきたしてしまう程の酷い症状に悩んでいる人も……。PMSのイライラ解消方法はたくさんあります。生理でも余裕を持ったいつも通りの毎日を送れるように、自分に合った対処法を探していきましょう!

スポンサーリンク

生理時のひどいイライラ…どうやって解消しますか?

女性なら誰もが、生理前や生理中に体や心の不調を感じるような経験をしたことがあるのではないかと思います。腹痛や眠気、だるさや頭痛など人によって症状は様々です。これらの不調を月経前症候群(PMS)と言います。

PMSを感じている人の中でも、たくさんの人が経験していると言われているのが、生理時のイライラです。普段なら気にならないようなことまで、イライラしてしまうというような、コントロール出来ない不調に悩むことがあります。

生理時のイライラを少しでも解消するために、様々な分野の対処方法について、ご紹介していきましょう。


おすすめサプリメント!めぐルナ


カルナ博士
ワシは男じゃからPMSの辛さについてはあまりわからんが、普段穏やかな女性にイライラされたことはあるぞい。もしかしたらPMSのせいじゃったのだろうかのう……。
ひばり
それはただ単に博士にイライラしただけかも……。(苦笑)
生理時のイライラって自分ではコントロール出来ないような、普段気にならないようなことまで気になってしまいますよね!自分に合う解消方法を見つけておいた方が、絶対役立つと思いますよ。

生理時のイライラ解消【行動編】

生理によるイライラに悩んでいる人に、まず試して欲しい解消方法は、過ごし方の改善です。なるべくリラックスしながら余裕を持って過ごすことができるように、生理時の過ごし方に工夫をしてみることが良いでしょう。

一人でのんびりと過ごす

生理中は、普段だったら気にも留めないようなことを気にしてイライラしてしまうことがあります。そのことにより対人関係がこじれてしまうきっかけにもなりかねません。

生理でイライラしている時は、一人でのんびりと過ごすことによって、イライラが解消されることがあります。

ポイントは、リラックスできるようなことをすることです。のんびりと読書をしたり、音楽を聴くなど、自分が好きなことを行うことによって、イライラ解消へとつながります。

また、何もする気が起きないような時には、思い切ってお昼寝することも効果的のようです。

低用量ピルを服用する

生理前でイライラしてしまう方は、低用量ピルを服用するという方法もオススメです。低用量ピルは、避妊薬として知られている製品ですが、もともとはPMSと呼ばれる、生理に関する様々な不調を緩和させるために作られたと言われています。

低用量ピルは、女性ホルモンに似た作用をする成分が含まれています。ホルモンバランスが崩れることで起こる生理のイライラ解消にも効果が期待できるのです。

ただし、低用量ピルは医師による処方箋が必要です。人によって処方されるピルは様々なので、生理中のイライラがあまりにも酷い……という場合には、病院に行くことも検討してみると良いでしょう。

イライラを抑えるツボを押す

生理時のイライラが緩和されると言われるツボがあります。ツボ押しは手軽にできる対処方法なので、覚えておくととても便利です。

神門(しんもん)

手首にあるツボです。イライラを解消することができると言われているツボで、手首の関節の小指付近にあるくぼみ部分です。

親指でツボを押しながら、手の平側にゆっくりと倒します。倒したら、その後手の甲側にゆっくりと反り返していきましょう。 

手心(しゅうしん)

手の平にあるツボです。気持ちを落ち着かせる効果があると言われているツボです。手の平の真ん中の部分にあります。ここを親指を使ってグリグリと渦巻きのように押しながら揉んでいきます。ゆっくりと行いましょう。

関元(かんげん)

おへその周りにあるツボです。ホルモンバランスを整える効果が期待されているツボです。おへそから指4本下がった場所にあります。人差し指で軽く持ち上げるように、おへそに向かって優しく押しましょう。

内関(ないかん)

手首にあるツボです。体のエネルギーの巡りを良くすると言われているツボです。手首のシワから肘に向かって指三本分下の、腱と腱の間にあるツボです。

ここが硬いとイライラなどの不調が起こりやすいようです。優しく柔らかくほぐすようにツボを押しましょう。

癒し効果の高いアロマオイルを使う

生理時のイライラが酷い時には、アロマオイルを使うこともオススメです。香りには、人の感情を司る部分に直接影響を与えるという効果が期待できるとされ、イライラしている感情を緩和してくれると言われています。

生理中の様々な不調であるPMSに効果があると言われているアロマオイルは、ローズ」「カモミール」「ゼラニウム」です。ホルモンバランスを整えたり、憂鬱な気分をリラックスさせたりする効果が期待出来るとされている香りばかりです。

アロマディフューザーなどで芳香浴も効果的ですが、ハンカチなどに付けて香りを嗅ぐ方法も良いでしょう。外出先では、アロマオイルを付けたハンカチを忍ばせておいて、イライラが酷く感じる時に嗅ぐようにすることで、イライラした気持ちが緩和されるようです。

軽いストレッチや有酸素運動

生理前や生理中に、イライラなどのPMSに悩む人はたくさんいますが、実は普段から運動をしている人の方が運動をしていない人よりも、PMSを感じにくいと言われています。運動不足はイライラする気持ちが高まってしまうことがあるのです。

軽いストレッチや有酸素運動などの適度な運動を取り入れることによって、リフレッシュする効果が期待出来ます。しかし運動不足だからと言って、激しい運動を取り入れようとすると、余計にストレスを感じて、イライラの原因になることもあります。

軽いストレッチやウォーキングなど、無理なく出来る範囲の運動を取り入れてみることで、イライラ解消に繋がることがあるようなので、オススメです。

イライラを解消する食べ物・飲み物を摂取する

生理によるイライラに悩まされている時は、摂取する栄養素によって解消出来ることもあります。気持ちをリラックスさせる効果や、ホルモンバランスに効果が期待出来るものなど、PMSによるイライラ解消に繋がる栄養素はたくさんあります。食事や飲み物などにも気をつけて、効果的な物を積極的に摂ると良いでしょう。

イライラを解消する食べ物や飲み物については、この後詳しくご紹介していきます。

生理時のイライラ解消【食べ物編】

生理時のイライラを解消するために、効果的だと言われている食べ物を摂るという方法があります。普段からバランスの良い食事を心がけることは大切ですが、生理の時にはより積極的に以下の食べ物を摂取すると解消されるかもしれません。

鉄分豊富なレバーや赤身の魚

鉄分が不足することによって、PMSの症状が重くなることがあります。鉄分不足が起こると気付かないうちに貧血を引き起こし、PMSを悪化させることがあるようです。ですので、しっかりと鉄分を補うことが大切です。

鉄分を多く含む食材はレバー、まぐろ、いわしなどです。鉄分を摂取する際には、動物性タンパク質・ビタミンCと一緒に摂取することで、吸収率が上がります。

鶏肉や牛肉などのタンパク質と、ブロッコリーやイチゴなどビタミンCを多く含む食材と一緒に摂取することがオススメです。

タンパク質豊富なお肉

タンパク質は、生理時のイライラ解消にとても重要な栄養素です。生理時は脳内の神経伝達物質であるセロトニンが減っている状態になります。このセロトニンは別名幸せホルモンと呼ばれているもので、セロトニンが減ってしまうことにより、不安やイライラを引き起こすことがあります。

このセロトニンはタンパク質の一種であるトリプトファンというものから出来ています。なので、生理時にタンパク質が不足してしまうことによって、イライラを引き起こしてしまうことがあるのです。

タンパク質の中でも良質なタンパク質と言われている豚肉や鶏肉がオススメです。鉄分の吸収率をあげる働きもあるので、生理中の食事に取り入れる食材として、とても良いでしょう。

カルシウム豊富なチーズや大豆など

イライラしている人のことを「カルシウム不足」と表現することは、誰もが聞いたことがあるでしょう。カルシウムがイライラなどに効果的だということは、とても有名な話です。カルシウムには、緊張や興奮を鎮めてストレスを和らげてくれるという効果が期待出来ます。

PMSでのイライラにもカルシウム不足が関係している、というようなことが言われています。アメリカの産婦人科学会での調べによると、カルシウムを摂取することにより、イライラなどの精神的な症状や腹痛や頭痛などのPMSによる痛みの軽減に繋がったというデータもあるようです。

カルシウムが豊富な食材は、チーズや大豆、しらす干しやヨーグルトなどです。PMS全般に悩んでいるという方は、積極的にカルシウムを摂取することをオススメします。

ビタミンC豊富なブロッコリー・ピーマン

美容や健康に嬉しい効果があると言われているビタミンCですが、実はPMSによるイライラにも効果があると言われています。ビタミンCを摂取することによって、ストレスによる抵抗力を高める効果が期待出来る栄養素です。

ビタミンCが豊富な食材は、ブロッコリーやピーマン、イチゴ、アセロラなどがあります。ビタミンCは鉄分と一緒に摂取することによって相乗効果が期待出来ます。生理中に積極的に摂取して欲しい栄養素です。

食物繊維豊富なひじきなど

PMSには、食物繊維も効果的だと言われています。食物繊維には、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待出来ます。さらに便秘を解消し腸内環境を整えることにより、心の調子も整えてくれると言われています。

腸と脳は深い関わりがあるようで、腸の調子が良くなることで、気持ちの変化が現れるようなこともあるようです。PMSにより気持ちが落ち込んだり、イライラした時に心の調子を整えるために摂取することがオススメです。

食物繊維が豊富に含まれている食材は、ひじきやわかめ、プルーンやおからなどです。PMSにより便秘の症状が出るという方には特にオススメです。

ビタミンE豊富なアボガド・アーモンドなど

女性にとって嬉しい効果がたくさんあると言われている、ビタミンEもオススメの栄養素です。ビタミンEにはホルモンバランスを整える効果が期待出来ます。PMSによるイライラを緩和してくれる成分であり、さらに生理痛の緩和にも効果があると言われています。

ビタミンEで全身の血の巡りを良くすることにより、細胞の新陳代謝が活性化することでPMSによる様々な症状に効果が出るのではないかと言われています。

ビタミンEを多く含む食材は、ボガド、アーモンドなどのナッツ類、ほうれん草、かぼちゃなどです。生理痛によってイライラを引き起こしている人にオススメの栄養素です。

生理時のイライラ解消【飲み物編】

生理によるイライラで悩んでいるという場合には、飲み物を変えてみるということも、1つの方法となっています。ここからはPMSの症状緩和に効果があるとされている飲み物をご紹介していきます。

ハーブティー

生理時のイライラにハーブティーを用いることはとてもオススメです。ハーブティーは西洋の漢方薬と言われているほど、万能な飲み物なのです。特にカモミールローズヒップは効果が高いと言われています。

カモミールは、PMSや生理痛、更年期障害など様々な女性の悩みを助けてくれるハーブティーだと言われています。ローズヒップにはビタミンCがたくさん含まれています。それぞれのハーブティーには、イライラやストレスを軽減する効果も期待出来るようです。

また、ハーブティーのような温かい飲み物を飲むことにより、リラックス効果を感じることが出来るので一石二鳥ですね。

豆乳

女性に人気のある豆乳も、イライラ解消に効果的だと言われています。豆乳に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをすると言われています。

PMSはホルモンバランスが乱れることによって起こると言われているので、イソフラボンをとりいれることによってホルモンバランスを整えてくれるという効果が期待出来るからです。

豆乳を飲むことによって、女性ホルモンに影響が出るということであれば、女性なら積極的に摂取したいと勘違いされがちですが、過剰摂取をし過ぎてしまうと、逆にホルモンバランスが乱れたり、さらに悪化したりします

たくさん飲み過ぎることは良くないので、1日コップ1杯程度にしましょう。カフェでソイラテを飲む方はそれだけで十分な量とも言えるでしょう。

ホットココア

ホットココアには、マグネシウムが豊富に含まれています。マグネシウムには、血行を良くする効果や、自律神経を整えてイライラを抑える効果があると言われています。そのため、PMSに効果があるとされているのです。また、温かい物を飲むことによって、冷えが解消されるという効果も期待出来ます。

ホットココアを選ぶ際には、砂糖が入っているものは好ましくないようです。砂糖を摂取することによって、PMSの症状が悪化することがあると言われているからです。ホットココアを飲む際には、なるべく無糖のものを選ぶようにすると良いでしょう。

イライラ解消におすすめの市販薬【3選】

PMSによるイライラを解消するためには、様々な生活習慣や飲食の改善により効果が出るというものもありました。それ以外にも、市販薬を使用する方法もあります。おすすめできる市販薬について、ご紹介していきましょう。

プレフェミン

生理前の様々な不快症状のための治療薬です。有効成分として、チェストベリー乾燥エキスが配合されています。PMSによるイライラ感や怒り、抑うつ気分、頭痛などにも効果が期待出来るとされており、プレフェミンを3周期分服用した場合に、先ほどのような症状の約80%〜90%に改善が見られると言われています。

用法用量は、成人女性(18歳以上)、1回1錠、1日1回服用です。1箱30錠入りで、税込1,944円で薬局にて購入することが出来ます。

イララック

イライラ感や興奮感を鎮めるための薬としてオススメできるのが、イララックです。植物由来の生葉エキスによって、高ぶった神経を落ち着かせて、気持ちを穏やかにすると言われている医薬品です。味が気にならない、服用しやすいカプセル剤となっています。PMSによるイライラに対しても効果が期待出来る薬のようです。

用法用量は、15歳以上、1回2カプセル、1日2回服用です。1箱20カプセル入りで、税込1,620円で薬局にて購入することが出来ます。

アロパノール

ストレスによる様々な症状改善に効果的と言われているのが、アロパノールです。心の不調に効果があるとされている漢方、「抑肝散」が配合されています。効果はイライラや怒り、神経の高ぶり、不眠などで、PMSによる症状にも効果があると言われています。

15歳以上は1回7錠、1日3回食前か食後2〜3時間後の食間に服用です。1瓶147錠入りで値段は税込4,212円で薬局で購入することが出来ます。

カルナ博士
今のところPMSに特化して作られた薬というのは、確かプレフェミンしかなかったはずじゃ。市販薬を使用する場合には、PMS全体を優先するか、イライラを優先するかで変わってくるぞい。

イライラ解消におすすめのサプリメント【3選】

PMSに特化した薬が販売されていますが、薬には頼りたくないと思う方もいるかと思います。そんな方におすすめの方法が、サプリメントで改善するという方法です。イライラ解消にオススメできるサプリメントを3つご紹介していきましょう。

女性のミカタやすらぎ編

女性特有の心の悩みに特化して作られたサプリメントが、「女性のミカタやすらぎ編」です。

PMSや更年期障害など女性特有のイライラや集中力低下、情緒不安定などの症状の改善に効果的な厳選素材を使用しています。月見草オイル、ラフマ、イソフラボンなどといった成分により、様々な症状に効果を発揮すると言われています。

また月見草オイルには、乾燥肌や皮膚の炎症などの肌コントロールにも効果があると言われている成分です。肌荒れやニキビに悩んでいる人にもおすすめです。

1日2粒目安で1袋60粒入り、通常価格税込1,980円のところ、回数制限縛りなしの定期コース加入で初回限定価格税込980円で試すことが出来ます。

女性のミカタ やすらぎ編はこちらから!

めぐルナ

女性特有の悩みに応えるために開発されたサプリメントがめぐルナです。

女性の体を整えるハーブとして知られているチェストベリー、体の巡りをよくする高麗人参、心を落ち着かせて快眠サポートへと導くクワンソウなどが配合されています。

生理時のイライラはもちろんのこと、PMSなどによって引き起こされる睡眠不足に効果が期待出来るとされるサプリメントです。

1日1粒目安で、1袋31粒入り通常価格税込5,200円です。また、3回継続条件で定期購入コース税込4,298円で購入することが出来ます。

PMSの睡眠不足にも!めぐルナはこちらから!

ルナベリー

PMSに悩む女性達のために作られた商品が、ルナベリーというサプリメントです。

このルナベリーは、チェストベリー、亜麻仁油、イソフラボンなどの成分や九種類のハーブを厳選配合されて作られたサプリメントです。それぞれがPMSに対して効果が期待できる成分ばかりです。

また、子宮内膜症など子宮トラブル対策としても良いとされています。120日間全額返金保証もついているので、安心して始めることが出来ます。1日1粒目安で1袋30粒入り、通常価格税込4,400円のところ、4ヶ月継続条件で初回限定税込500円で試すことが出来ます。

PMSに悩む人へのサプリ!ルナベリーはこちらから!

ひばり
薬に頼りたくないという人は、サプリメントを選ぶのも良いですよね。
でも、このようなサプリメントは、ホルモンバランスに関わってくる成分が含まれていることもあるから、過剰摂取はしないように注意しましょうね!

イライラ解消におすすめ漢方【3選】

PMSによるイライラ解消が期待できる薬として、漢方を用いる方法もあります。市販薬では効き目が感じられなかったという場合に、漢方を使用することも良いでしょう。オススメ商品を3個ご紹介していきましょう。

加味逍遙散(かみしょうようさん)

PMSや更年期障害など、女性特有の悩みによく使われる漢方薬です。芍薬(しゃくやく)、甘草(かんぞう)、牡丹(ぼたんぴ)、生姜(しょうきょう)、薄荷(はっか)などの生薬が配合されています。血行を良くすることで体が温まり、イライラやストレスによる不安などを緩和してくれるような効果が期待出来ます。

1日2回、1回1包お湯または水で服用します。病院で安い価格で処方されることもありますが、市販品として薬局などで扱っている場合もあります。

加味逍遥散

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

生理時のイライラが非常に強い場合に処方されることが多い薬です。陳皮(ちんぴ)、柴胡(さいこ)、川芎(せんきゅう)、半夏(はんげ)、当帰(とうき)、茯苓(ぶくりょう)などの生薬が使用されています。とにかく生理になった時のイライラ感が強く、生活に支障が出てしまうほどの不調の場合に、処方されることが多いです。自律神経や胃腸の働きを整えて、心の不調を取り除くような、メンタルサポートをする漢方薬とされています。

1日7.5gを2〜3回に分割し、食前または空腹時に服用します。病院で安い価格で処方されることもありますが、市販薬として薬局などで扱っている場合もあります。

抑肝散加陳皮半夏

温経湯(うんけいとう)

ホルモンに対して効果が期待出来る漢方薬です。半夏(はんげ)、当帰(とうき)、人参(にんじん)、芍薬(しゃくやく)、麦門冬(ばくもんどう)、甘草(かんぞう)、生姜(しょうきょう)などの生薬が使用されています。ホルモンバランスを整える効果が期待できる漢方薬で、PMSの症状に処方されることが多い薬のようです。他にも肌の乾燥や湿疹などの肌トラブルにも効果を発揮するとされています。

1日3回、食後1時間または空腹時に1回5〜6錠服用します。病院で安く処方されることもありますが、市販薬として薬局などで扱っている場合もあります。

温経湯

カルナ博士
漢方薬は市販されている薬もあるが、選び方はとても難しいから、医師の処方の元で使った方がいいぞ。保険が適応になると安く済むし、効果的な漢方薬を処方してくれるはずじゃ。
ひばり
病院で処方される薬は様々だけど、漢方薬を希望する際には医師に先に伝えておくといいですよ。その際に市販の薬では効果がなかったからなど理由も伝えておくとGOODです!

辛い生理中にイライラと上手に付き合っていきましょう

女性の体に様々な不調を及ぼすPMS。自分でコントロールすることが出来ないイライラに悩む人は少なくないです。生理によるイライラを解消する方法は、たくさんありました。アロマオイルや運動など日常生活で簡単に取り入れる事が出来そうなものから、漢方薬など医師に処方してもらうような方法まで様々です。

自分の生理時のイライラの度合いに合わせて、様々な対処方法を試すことができるかと思います。女性に生まれたからには、長い時間付き合っていかなくてはならない場合もありますので、自分なりのイライラ解消方法を見つけて、余裕のある毎日を送れるように心がけていきましょう。


おすすめサプリメント!めぐルナ


スポンサーリンク