便秘にコーヒーが飲み方次第で効果的!?意外なメリットを公開!

毎日楽しんでいるという人も多いであろうコーヒーには驚きの便秘解消効果がある事をご存知でしたか?その効果を最大限に発揮するためには量やタイミングにこだわる必要があるんです。コーヒーの効果を最大限に発揮するテクニックを一挙ご紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

コーヒーが便秘に効くのはなぜ?

毎朝の目覚めに楽しむ一杯の美味しいコーヒー。その香りと苦みで頭をシャキッとしてくれますし、美味しいコーヒーを贅沢に味わう事によって、なんだか一日が優雅に過ごせるような気がしますよね。それだけでもとっても素敵な効果ですが、そんなコーヒーをうまく使えば便秘の解消につながる事だってあるんです。ここではコーヒーの便秘解消効果から、コーヒーを飲む際の注意点、そして便秘解消効果が期待できるおすすめの飲み方まで、一挙にご紹介してゆきます。コーヒー好きでかつ便秘を解消させたいという人は要チェックです。便秘が解消すれば美肌効果なども期待できるかもしれませんよ!

便秘にコーヒーが効くワケ3つ

1. カフェインで胃・腸が活発になる

便秘にコーヒーが効果的と言われる最大のポイントが、コーヒーに含まれている「カフェイン」によって胃・腸の働きが活発になる事です。そもそも便秘になってしまう原因の一つが、腸の運動が落ち、排便する能力が下がってしまう事。そんな腸の運動をカフェインが刺激してくれるんです。コーヒーを飲んですぐにお手洗いに行きたくなる事もあるほどです。この場合に有効な成分はカフェインですので、インスタントコーヒーよりもレギュラーコーヒーの方が効果的です。

2. コーヒーオリゴ糖が腸内環境を整える

ブラックで飲むといういう人であれば関係ないお話になってしまいますが、コーヒーにお砂糖を加えるという人も多くいますよね。その場合に加える甘味料は「オリゴ糖」がおすすめなんです。オリゴ糖とはざっくりと言ってしまえばたくさんのお砂糖が分子レベルで繋がったもの。そんなオリゴ糖は腸内に運ばれて善玉菌のエサとなってくれます。オリゴ糖を栄養として繁殖した善玉菌は腸内環境を整えてくれます。それが続く事によって、腸内環境が改善され、お腹スッキリ効果が期待できるんです。コーヒーを毎朝飲むなんて人も多いかと思いますが、このように自然と続けられるという事がポイントなんです。

3. ミルクなど付け加えると乳製品でお通じが良くなる

こちらもブラック派の人にとっては関係ないお話ではありますが、コーヒーには必ずミルクを入れて飲むという人も多いですよね。そんな人であればミルクによるお通じ改善効果だって期待できます。また、温かいコーヒーに牛乳を加える場合には、自然と温かいミルクを摂取する事になります。これによって身体への吸収効率もアップします。お通じだけでなく、牛乳の持つ様々な健康効果も期待できますね。

カルナ博士
毎朝のスタートは一杯のコーヒーからという人も多くいると思うが、そのコーヒーがお腹の調子を整えてくれ、便秘の予防につながる事もあるんじゃな。また、オリゴ糖や乳製品なども、コーヒーと一緒に毎朝定期的に摂る事で腸内改善効果が期待できるんじゃな。とは言え、コーヒーによって逆効果になる事もあるんじゃ。続いてはコーヒーを飲む際の注意点についてみてゆくぞい。

コーヒーを飲むときの注意点2つ

1. 飲みすぎると便秘になる

一方でコーヒーを飲みすぎると便秘になるという話もあります。というのもコーヒーには利尿作用があるため、コーヒーだけを飲んでいますと摂取した水分量よりも排出される水分量が多くなってしまう事もあるんです。そもそも便は適度な水分を含む事によって排出されやすくなります。身体に含まれる水分が少ないとどうしても便の水分が少なくなり、便秘がちになってしまう事もあるんです。これがコーヒーを飲みすぎると便秘になると言われる所以の一つです。これはコーヒーばかりを飲んでいるというかなり特殊な例ですので、普通に飲んでいる限りは問題ありません。仮にコーヒーでしか水分補給はしていないなんて人がいれば、そうならない為に、利尿作用のないお水などでもきっちりと水分補給しておきましょう。

2. 弛緩性便秘の人はNG

一口に便秘と言っても、様々な原因があるもの。日本人にも多い弛緩性便秘であれば、コーヒーによる便秘解消効果は期待できないかもしれません。この弛緩性便秘は便の水分が失われて、排便しにくくなるという状態。先ほど言ったようにコーヒーは基本的に身体の水分を減らす傾向にあります。ただでさえ便の水分が減って排便しにくくなっている状態ですので、コーヒーによる効果は発揮しにくい状態なんです。この弛緩性便秘のタイプであれば、水溶性の食物繊維をしっかりと摂る事や、水分をしっかりとる事。そして腸の運動能力を回復させるために朝昼晩と規則正しくご飯を食べる事。そしてウォーキングなどの適度な運動をして腸に刺激を与えてあげる事が何よりも肝心です。そうやって腸の調子が整えば、コーヒーによる便秘解消効果も期待できるようになりますよ。

便秘解消にコーヒー!おすすめ飲み方

毎日2~3杯飲む

コーヒーの便秘解消効果をしっかりと受けるためには、それなりの量を飲むことも肝心。適量は一日2~3杯のコーヒーだと言われています。もちろんマグカップで飲むのか、小ぶりのコーヒーカップで飲むのかによって量は全然違ってきますし、濃い薄いなどの違いによっても適量は違ってきますが、そこは皆様適宜調整してください。先ほども書きましたが、コーヒーを飲みすぎると、コーヒーの利尿作用によって身体の水分が失われてしまいます。何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。ほどほどの量を飲む事が肝心です。

朝に飲むと排便リズムができる

毎朝のスタートは一杯のコーヒーからという人も多いかと多いかと思いますが、それこそがポイントの一つ。朝にコーヒーを飲むことによって目覚めも良くなりますが、それは頭だけでもありません。コーヒーによる刺激は胃腸も目覚めさせてくれます。それによってお腹の運動が刺激されて、生活にリズムが出来てくるんです。それによって毎朝の排便のリズムが出来る効果だって期待できますよ。その際に、バナナなどの食物繊維を多く含む食材と、ヨーグルトなどの乳酸菌をたっぷり含む食材と共に楽しむと、さらにお腹のリズムが整ってゆきます。

ホットで飲む

夏の暑い朝などは冷たいコーヒーが美味しく感じられますが、便秘解消効果を期待するのであれば、ホットコーヒーがおすすめ。というのも、冷たいコーヒーではお腹を冷やしてしまい、運動を阻害しようとしてしまうんです。せっかく朝の一杯を飲むのであれば、ホットコーヒーを選んで、身体をしっかりと温めてあげましょう。また身体を温めてあげますと、それだけでも代謝アップ効果が期待できます。それはつまり脂肪の付きにくい身体になるという事。なるべく身体を冷やさない事が重要なんです。

オリゴ糖を入れる

これまで見てきた通り、オリゴ糖にも腸内を整える効果があります。せっかくコーヒーを飲むのであれば、オリゴ糖効果もプラスしちゃいましょう。糖分のカロリーが気になるという人でもオリゴ糖であれば、カロリーが控えめですので安心です。それでもカロリーが気になるという人は毎朝の一杯のみでもOK。それだけでも毎日同じタイミングでオリゴ糖が補充される事により、だんだんと腸内の環境が整ってゆきます。

カルナ博士
コーヒーの便秘解消効果を発揮するためには、量やタイミングも関係してくるんじゃな。コーヒーであれば、毎日の習慣にしやすいし、そこでお腹の調子を整えてゆくという事も肝心なんじゃ。

効果アップ!コーヒーレシピ3選

1. コーヒー牛乳

普通にブラックコーヒーを楽しんでも良いのですが、せっかくならばアレンジしてより便秘解消効果をアップさせたいですよね。一番簡単な方法が牛乳を加えてコーヒー牛乳として楽しむというもの。牛乳のお腹の調子を整える効果によって、便秘解消効果もアップします。それ以外にも牛乳には良質なタンパク質にカルシウム、ビタミンAにビタミンB群などなど、様々な有効成分が含まれています。それらの健康効果も同時に摂取できるんです。また牛乳に含まれる脂肪分によって、胃への負担も減らしてくれます。

2. オリーブオイルコーヒー

コーヒーに入れると便秘解消効果がアップするのは牛乳だけではありません。意外な感じもしますが、オリーブオイルがおすすめなんです。オリーブオイルには便を柔らかくしてくれる効果や、便の滑りをよくする効果など、様々な便秘回復効果が期待できます。それをコーヒーに入れて飲む事によって、毎朝定期的に摂る事ができるようになります。味はどうなの?と思う人も多いかと思いますが、コーヒーの香りににオリーブオイルのコクが加わり、癖になる味わいとなるんです。オリーブオイルコーヒー、是非一度お試しください。基本的にはコップ一杯に小さじ一杯程度でOKですが、お好みに応じて増やしたり減らしたりしてみてくださいね。

3. 寒天コーヒーゼリー

お腹スッキリ効果と言えばやはり食物繊維が欠かせません。食物繊維とコーヒーの良いとこ取りができるのが寒天を使ったコーヒーゼリー。しかも寒天にはほとんどカロリーが無いため、間食しても安心です。糖分にはオリゴ糖を使う事によって、腸内の善玉菌を増やすのもおすすめですよ。これなら、カフェイン、食物繊維、そしてオリゴ糖と3つの効果で便通の改善が期待できますね。

<番外編>コーヒーが苦手なら…

紅茶

どうしてもコーヒーは飲めない……、そんな人もいますよね。コーヒーが飲めないとカフェインによる便秘解消効果は得られないのでしょうか?いえいえ、そんな事はありません。コーヒーほどではありませんが、紅茶にもカフェインが含まれており、もちろんそれによっても胃腸の動きを刺激する効果が期待できるんです。また紅茶には脂肪の吸収を抑えてくれたり、免疫力をアップさせたり、虫歯の予防になったりと様々な効果が期待できる事でも知られています。また紅茶にはその香から高いリラックス効果も期待できます。コーヒーも飲めるという人であれば、朝はコーヒーでスッと目をさまし、午後のリラックスタイムは紅茶にするといった使い分けもおすすめです。​

ココア

 カフェインはあまり含まれていませんが、腸内スッキリ効果がある飲み物がココアです。というのもココアには食物繊維がたっぷりと含まれており、それだけで便秘解消効果が期待できるんです。またココアに含まれるリグニンには腸内の善玉菌を増やしてくれる効果があるため、飲み続ける事によって、腸内の環境も整ってゆくんです。また、抗ストレスや美容効果も高いカカオポリフェノールを摂取できる点も見逃せません。ココアにはカフェインがあまり含まれていないため、夜に飲んでも眠りに影響を与えるという事がありません。こちらも紅茶同様に、コーヒーが飲める人であれば、タイミングによって使い分けるのもおすすめです。

ヨーグルト

腸内環境を整える食品代表と言えばやはりヨーグルトは外せません。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内に住み着く事によってお腹の調子を整えてくれるんです。もちろんコーヒーや紅茶、ココアと共に楽しむのもおすすめ。ヨーグルトの効果を発揮するためには、続けて摂るという事が何より大切。コーヒーと共に朝食として楽しむ事がやはりおすすめです。さらにバナナなどの食物繊維を多く含む食材と一緒に食べて、さらなる効果アップを目指してください。

カルナ博士
コーヒーはどうしても苦手な人でも、紅茶やココア、あるいはヨーグルトであればOKという人も多いはずじゃな。これらはやはり続ける事によって効果を発揮するものじゃぞ。


<豆知識>タバコで便秘解消できる!?

ニコチンが腸を刺激

基本的にはおすすめできない方法ですが、便秘解消にタバコが役に立つという話もあります。というのもタバコを吸った時に肺から吸収されるニコチンには腸を刺激するため、コーヒーのカフェインのように蠕動運動を刺激してくれます。そのため、タバコを吸うとお手洗いに行きたくなるという人も多く、便秘解消を助けてくれる効果が期待できるんです。ただしここには大きな落とし穴もあります。続いてはその落とし穴について解説してゆきます。

タバコの悪影響はたくさん!

とは言え、この方法は基本的におすすめできません。というのも、タバコには多くの発がん性物質を含んでおり、がんを発症する可能性が高くなってしまいます。また、余命が短くなってしまうという研究結果もあります。そのほか、お肌のハリやツヤが失われるといった美容に良くない効果が出てしまう事も。このようにタバコには健康に対して多くの悪影響があるもの。またニコチンには強い依存性があるため、いざタバコをやめようと思ってもなかなかやめられないといった問題もあるんです。便秘を解消するためにタバコを吸うなんて事はやめておいたほうが無難です。また、昨今はタバコの値段も非常に上がっていますので、お財布にも悪い影響を与えてしまいます。

便秘を解消でお腹スッキリ!

コーヒーの便秘解消効果特集、如何でしたか?ここまで見てきた通り、コーヒーを日常生活にうまく取り入れる事によって便秘が解消し、お腹がスッキリする効果が期待できるんです。頭がスッキリする上に、お腹もすっきりすればうれしい事だらけですよね。もちろんお腹をスッキリさせるためにはバランスの良い食生活や、適度な運動、規則正しい生活スタイルなども欠かせません。そこにコーヒーをプラスしてあげる事によって、最大限に効果を発揮してくれますよ。それでは美味しいコーヒーでお腹をスッキリさせちゃいましょう。お腹がスッキリしますと、食事を美味しく楽しめたり、肌質がアップしたりと様々な効果も期待できます。せっかくだったら、豆や入れる道具にもこだわってみては如何でしょう。コーヒーへより愛着が増すかもしれませんよ。

参照リンク

全日本コーヒー協会ーコーヒーと健康Q&A


スポンサーリンク