胃が痛い、寒気がする…その症状は病気かも?原因・疾患・対処法

最近、胃が痛い……寒気もするといった症状が続いている。実はその症状は病気の可能性も考えられるのです。きちんとした原因を突き止め、対処法を徹底的に行っていかなければ、悪化してしまう恐れもあります。風邪でない胃痛には危険が潜んでいるかも

スポンサーリンク

胃の痛みに 【イツラック】

イツラック

胃の痛みや寒気の原因を見ていく前に、編集部オススメのイツラックをご紹介します。3つの生薬を配合したイツラックは、胃の不快感や痛み、胃酸過多などのお悩みに効果的な健胃剤です。

毎日食事の前や食間に飲む事で、少しずつ胃の機能低下を改善していってくれる優れものです!イツラックの詳細については記事後半で!

胃が痛いし寒気もある…風邪?

突然、現れた我慢できない胃痛や寒気の症状。昨日までは大丈夫だったのに……「薬を飲んでも良くならないし、どうしたらいいの?」と苦しんだ経験のある人や、まさにいま、苦しんでいる人もいるのではないでしょうか。

風邪の症状と一緒だと思っていたら、実は大きな胃の病気だった……なんてこともありえるのです。
もし、何日も辛い症状が続いているという人は、いますぐ、病院に行きましょう。決して自己判断はしないでくださいね。
胃痛や寒気の根本的な原因を理解しておかないと、大変なことに!!なんて後悔をしないためにも、胃痛の種類や原因を一気に解説していきます。

おすすめサプリメント!イツラック

ひばり
いままさにこれを読んでいる人の中にも、改善されない胃痛で苦しんでいる人がいるのではないでしょうか。胃痛の辛い症状の原因を突き止めて、一刻も早く、対処していきましょう!!

<胃が痛い×寒気>3大原因

1.ストレス

胃痛や寒気が起きる代表的な原因の1つは、「ストレス」が挙げられます。主にストレスが原因の場合だと、過敏性腸症候群と呼ばれる炎症が多く、一時的に発症して、少し良くなったり、また再発したりといった症状の出方も人によって様々なので、内視鏡での検査でもなかなか発見できないことが多いことも特徴です。

強いストレスが胃の負担となった場合、胃液が多く分泌されていき、特に空腹時などに胃の炎症部分を刺激することで、胃痛が発生します。
食事を摂ることで、痛みが緩和される場合もあるので、個人差もありますが、自分の生活習慣を見直してみて、もし痛みが軽減されない場合には他の病気や炎症も考えられるので、まずは我慢をせず、早めに医師に相談するようにしましょう。

2.不規則な生活

その他にも挙げられる胃痛の主な原因としては、「不規則な生活」です。特に食の欧米化が進み、ファーストフードやインスタントばかり食べている人や、塩分や糖分の過剰摂取などで胃腸には大きな負担がかかってきます。

それによって、胃痛だけでなく、大腸にも大きな悪影響をもたらすことにもなるのです。
また、睡眠不足が続いてしまうだけでも、免疫力が低下していき、本来であれば、就寝中に胃腸の消化機能が働き、整えてくれるはずが、夜中に暴飲暴食をして、夜更かしをして睡眠不足といった生活が続くだけでも、胃腸には大きな負担をかけていることになります。

それ以外にも辛いものや刺激物、アルコールの過剰摂取も影響を与え、胃痛や吐き気、腹痛、頭痛といった症状の原因にもなりかねません。

まずは、日頃の生活習慣を見直すことから始めていくことも胃痛を予防することに繋がります。

3.ウイルス感染

突然、胃痛や吐き気、頭痛、寒気などに襲われたことがある人もいるかと思いますが、実は、ただの体調不良ではなくウイルス性の感染症を引き起こしている場合もあるのです。

主に「感染性腸炎」と言われる、ウイルスなどの微生物が原因で発症する胃腸炎のことを指します。特に冬場に発症する人が多く、菌のもとは大人の場合には、ノロウイルス、子供の場合だと、ロタウイルス、乳幼児の場合だとアデノウイルスといったウイルス感染が主な病気となっています。
これらのウイルスに感染することで、血管が収縮したりして、胃痛だけでなく、腹痛や下痢、頭痛、寒気といった症状が現れます。ウイルス感染が原因の場合の胃痛は、だいたい1~2日程、身体の中に潜伏してから発症する人が多いのも特徴です。

<胃が痛い×寒気>疑うべき4疾患

1.風邪

発熱をして、頭痛がして、汗をかいている症状の場合には、誰しも風邪を疑うことでしょう。さらにそれに加え、急に寒気を感じたり、胃痛も併発した場合には、早めに病院への受診をおすすめします。

逆に先に胃痛から始まって、頭痛やだるさを伴うような症状の場合には、通常の風邪の場合も考えられます。
ただし、市販の解熱剤を飲んだり、休息や消化の良い食事を摂っても改善が見られないようであれば、他の病気も考えられるので、注意が必要です。

2.急性胃炎

突然、吐き気や下痢、気持ち悪さを伴うような症状が現れた場合には、「急性胃炎」の可能性も考えられます。急性胃炎の多くの症状は、上腹部あたりの胃のむかつきや、げっぷ、食欲不振、吐き気、下痢、吐血、腹痛などが挙げられます。

これらの原因としては、日ごろの暴飲暴食や過労やストレス、睡眠不足などが重なり発症します。またそれに加え、カフェインを多く含むコーヒーや緑茶の過剰摂取や、辛い物の食べ過ぎも原因の1つとなっているので、気を付けましょう。
症状が比較的軽いものであれば、市販の胃腸薬を飲み、おかゆや消化の良い食事を摂り、きちんと休息することで、回復します。
しかし、「胃炎」には、急性胃炎と慢性胃炎の2つがあり、胃腸に悪い原因を何度も繰り返して生活していると、慢性胃炎になってしまい、なかなか治らずに、いつまでも引きずってしまう恐れもあるので、注意が必要です。

3.神経性胃腸炎

毎日の生活の中で、胃痛に加え、喉のつかえや胸焼けを伴う症状が発症した場合には、「神経性胃腸炎」も考えられます。

主に病院で検査する際、内視鏡検査をしても、特にこれといった異常がなく、診断がはっきりとは難しいとされることが特徴でもあります。
異常がないのに、胃腸に違和感を感じたり、ムカムカやチクチクといった痛みが続くようでしたら、神経性胃腸炎を疑いましょう。
大きな原因としては、「ストレス」です。特にストレス社会と言われている現代人には、多くの人が抱えている現代病の1つでもあるのです。
女性よりも男性の方が発症しやすいとも言われているほど、強いストレスを日々感じているほど発症しやすい病気でもあります。

4.虫垂炎

激しい腹痛や発熱、吐き気などを伴う症状がある場合に、疑って欲しい病気が「虫垂炎」です。

通称「盲腸」と呼ばれている病気でもあります。主に発症する具体的な症状は、みぞおちの部分や下腹部あたりがズキズキと激しく痛みを伴います。一時的な痛みではなく、継続して続く痛みではあるので、徐々に汗をかいたり、吐き気や嘔吐、下痢を併発する人も多いのが特徴です。
通常の軽い腹痛であれば、少し休息したり、睡眠をとることで緩和されますが、この虫垂炎の場合には、横になっても我慢ができない程の痛みが続くので、早めに病院へ行くことをおすすめします。
症状によっては、緊急手術を行わなければいけなくなる場合もあるので、要注意です。

<胃痛×寒気>対処法3つ

1.消化に良いものを少しずつ食べる

胃痛や寒気が発症した時の対処法ですが、まずは胃腸に負担をかけない消化の良いものを摂取するように心がけていきましょう。ここでは、いくつか消化の良い食べ物を紹介していきます。食べ物を選ぶ際には、消化が良く、胃腸を刺激せず、食物繊維をあまり含まないものがおすすめです。毎日の食生活を改めて見直していくことが、胃痛への対処法にも繋がります。

食べ物効果
おかゆ消化が良く、エネルギーとなるタンパク質が豊富に含まれている。
バナナビタミンやミネラルが豊富に含まれている。
湯豆腐胃の粘膜の修復をサポートしてくれる。タンパク質も含まれている。
野菜スープ身体の調子を整える野菜には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている。胃の中の組織の回復を助ける。
茶碗蒸し消化にとても良い効果がある。中の具材は食物繊維が入っていないものがおすすめ。
半熟卵消化に良い効果がある。
ヨーグルト液状で食べやすく、胃腸の消化を大きく助ける。
ウイダーインゼリー食欲がなくても、摂取でき、エネルギーの源になる。

2.市販薬の服用

胃痛を緩和させる方法として、市販薬の服用もあります。ただし、市販薬には胃酸の過剰分泌を抑える薬や消化機能を促進する薬などがあります。

胃痛の症状によっても作用が異なったりするので、選ぶ際には、薬剤師さんと相談してから選ぶようにしましょう。
ここでは、数多くある市販薬の中でも特におすすめの市販薬を紹介しておきます。

太田胃酸A

「4つの消化剤」が含まれており、脂肪やたん白質・炭水化物を効率良く分解してくれます。脂っこいものをつい食べ過ぎてしまった日の胃もたれや胸焼けなどの症状を緩和させてくれます。

胃痛の原因内容量服用量
・食べ過ぎや飲みすぎによる胃のもたれ・不調・45錠:680円(本体価格)1回服用分:3錠


大正胃腸薬K

胃痛だけでなく、胃酸過多や胃炎に効果的な「安中散」、鎮痛効果の高い「芍薬甘草湯」を1日量である510mgも配合して作られた漢方製剤です。現代人の胃炎に特化した胃腸薬です。

胃痛の原因内容量服用量
・胃の痛みやもたれ、胃炎に効果あり・16包:1,380円(税抜)1回1包×3回


3.病院で受診

胃痛が発症してから、食事改善や適度な休息をして、数日経過しても改善されないようであれば、病院を受診するようにしましょう。

実際に胃痛の症状の原因が「胃自体に問題があるのか」もしくは「胃以外の部分に問題があるのか」自己判断はできないので、まずは「内科」を受診することをおすすめします。
もし、確率的に胃自体に問題があると自分自身でも思うのであれば、専門科である「胃腸科や消化器内科」もおすすめですが、一度、窓口でもある内科で診てもらい、医師の判断を聞いてから、専門科で診てもらうのがいいでしょう。
胃の症状である場合には、内視鏡検査(胃カメラ)ができる医療機関を探し、胃の状況をきちんと診てもらうことが大切です。

<胃痛×寒気>予防法5つ

1.ストレス解消

身体からの影響だけでなく、心の健康からも胃痛への影響は大きく関わってくるので、まずはストレスを解消することを優先的に考えていくことが大切です。

強いストレスを溜めてしまうことで、交感神経が働き、胃の血管が収縮してしまいます。そして、血液の流れも悪くなっていき、自律神経のバランスがおかしくなっていくのです。
なるべくストレス発散を心がけていき、自分の好きなことをやってみたり、リラックスできる香りを嗅いだりしてみるなど、些細なことから始めていきましょう。身近な人に話を聞いてもらうだけでも、心の荷物がおりることもあります。
身体を動かしたり、温泉に行ってみたり、好きなカフェでのんびりしてもいいでしょう。とにかく、身体と一緒に心を休めることが大切です。

2.アルコールやたばこを控える

過剰なアルコール摂取は、胃の壁を刺激し、大きな負担をかけてしまいます。特に空腹時や疲れている時に多量のアルコールを摂取してしまうと、逆に胃にストレスを与えてしまい、胃痛の原因や胃もたれ、吐き気などに襲われることもあります。

アルコールを摂取する際には、度数の高いものはできるだけ避けるようにし、量には気を付けて、摂取する前には、チーズやヨーグルトなどのタンパク質を含む食べ物を事前に摂るようにしましょう。
胃の粘膜を整えてくれる働きを持っているので胃への負担も軽減してくれます。
また、喫煙も胃痛への大きな影響をもたらします。特に胃腸の病気である、胃炎や胃潰瘍などの大きな症状に繋がるので、なるべく控えるようにしましょう。

3.体を冷やさない

身体が冷えることで、血液の流れが悪くなったり、免疫力が下がったりなどの影響をもたらします。

それによって、寒気や胃痛といった症状を発症する原因にも繋がります。日頃から、入浴時には湯船につかったり、身体を温める効果のあるショウガや食事を摂ってみるなどして、自ら身体を冷やさない工夫をすることが大切です。特に寒い季節である冬場には、カイロや湯たんぽを最大限活用してみるのもいいと思います。まずは、日ごろから身体を冷やさない努力も意識して行っていきましょう。

4.適度な運動、良質な睡眠

毎日、平日の隙間時間や休日を使い、適度な運動をすることも胃痛への対策に繋がります。運動をすることで、全身の血液の循環を促し、胃液の分泌も増やしてくれるため、消化機能を良くしてくれる効果もあります。

また、良質な睡眠を取ることも大切です。ただ長時間睡眠を取るのではなく、就寝の3時間前には食事を終わらせ、1時間前には入浴し、布団に入って、部屋を暗くしておくことも重要です。
それに加え、就寝の前には、パソコンやスマートフォンのブルーライトはシャットダウンし、なるべく熟睡できる環境を作ることで、良質な睡眠がとれます。
もちろん、カフェインの多いコーヒーや緑茶、辛い物や刺激物のある食べ物も控えるようにし、胃腸にも負担をかけないことが、良い眠りを誘ってくれます。
就寝前に、自分の好きな香りを嗅いだり、アロマを焚くことで、リラックス効果もあるので、おすすめです。

5.ピロリ菌の除去

病院を受診すると、「ピロリ菌」の検査を受けることができます。その際、ピロリ菌があることが判明した場合、除去をするようにしましょう。簡単な検査方法がいくつかあります。

実際に病院で処方してもらう薬を飲むだけで、ピロリ菌を除去できるので、おすすめです。ピロリ菌を除去するだけでも、慢性的な胃炎や胃潰瘍、胃がんなどの大きな病気の再発を防ぐことにも繋がるので、ぜひとも試してみてください。

胃痛に効果的なサプリ2選

生薬製剤イツラック

辛い胃痛に飲んで効果を発揮する指定医薬部外品の漢方生薬研究所「生薬製剤イツラック」

3種の生薬、「ケイヒ」「ウイキョウ」「チョウジ」のパワーで、食べ過ぎや飲み過ぎによる胃の不快感や、キリキリするような胃の痛み、毎日のストレスからくる胃痛など、様々な胃の痛みにアプローチして、爽快にしてくれるのです。
漢方から学んだ独自の処方を生かし、自然素材を豊富に使い、胃の痛みにじっくりと効いてくれるのです。GMP基準にも準拠し、品質や衛生、環境にも徹底的に配慮しており、安心してお使いいただけます。
さらに、1日たったの約99円で続けることができる点も魅力的です。(販売元:漢方生薬研究所)

\毎日続ける事で予防・改善!/

イツラック
  • 自分に合うものに出会えた!
    4/5
    32歳女性
    劇的な改善は見られないですが、以前よりも調子がいいのはわかります。まだ飲み始めて1ヶ月なので、飲み続けて徐々に治して行きたいです。

    公式サイト

毎日のように胃の調子が悪く、吐き気や胃もたれに襲われていたという人でも、薬よりもこのイツラックの効果が発揮されたようです。自然の素材である漢方の力によるものなので、身体に害はないので、安心して使える点が嬉しいですね。

  • とても嬉しいです
    5/5
    35歳女性
    たまたまだったんですけど、主人の胃のキリキリもちなんです。それで持ち歩いていたので渡しました。体に合うみたいで、お母さんと相談して定期購入するようになりました。父が元気な姿はとても嬉しいです。

    公式サイト

自分の身の周りの人が胃痛で苦しんでいるだけでも、何かサポートをしてあげたいものです。特に家族みんなで愛用できる生薬はありがたいですね。

毎日続けて飲んでいくうちに、元気になっていったという人も多いようですね。

胃痛に効果的な3つの自然生薬とは?

  • 1.免疫力を回復させ、胃腸の機能を整え、血液循環を改善する「桂皮(ケイヒ)」
  • 2.消化不良や嘔吐、下痢、腹部の冷痛に効く芳香性健胃薬の「丁字(チョウジ)」
  • 3.爽やかで香りの高い浄化の実「ウイキョウ」
価格内容量有効成分効果
特別モニター毎月お運びコース
【初回63%OFF】
2,980円(税込)
2回目以降 5,180円(税込)

300mg×90カプセル
(約1ヶ月分)
チョウジ、ケイヒ、ウイキョウ

Source: 公式サイト

・消化管運動抑制作用
・ストレス性胃びらん予防
・胆汁分泌抑制効果
・鎮静・抗炎症作用
・胃腸の保護効果

生薬製剤イツラックは、約63%OFFで購入できる初回の限定コースがおすすめです。2箱特別モニターコースはさらにお得な初回約75%OFFで購入する事もできます。

万が一、自分の体に合わなければ、「10日間返金保証」も付いていますので、安心して利用できます。


薬院オーガニックの粒マヌカ

多くの人から愛されている「薬院オーガニック粒マヌカ」。その人気の秘密は4つのこだわりにあるのです。まず、85%以上が身体に優しい自然由来素材を使用しています。身体に負担をかけずに、飲むたびに活き活きとした健康的な身体を手に入れることができるのです。

そして、ニュージーランドの提携養蜂家から仕入れた、抗菌力の高い「マヌカハニー」を配合。除菌・抗菌目的などで、医療機関でも使われるほど抗菌力の高いMGO400+のマヌカアニーを採用しているのです。
さらに、素材1つ1つが活きるように、商品設計にもこだわっており、たった1日約99円でサプリメントからこれらの有効成分を摂取できてしまうのです。
胃痛の根本的な原因を整えるために、作られました。(販売元:薬院オーガニック)

  • 毎日の食事が楽しみ!
    4/5
    42歳女性
    飲み始めてからは、毎日の食事が楽しみです!私の悩みに直接届いたみたいで、とっても助かりました。「薬院オーガニックの粒マヌカ」には感謝です♪

    公式サイト

毎日、食事と一緒に併用して摂取していく中で、徐々に効果を感じられるという人が多いようです。サプリメントを1日に摂取していくだけで、悩んでいた胃痛のムカムカやキリキリが改善されたという喜びの声もありました。

  • 抗菌力も高く
    5/5
    51歳男性
    仕事中によくキリキリとした痛みに襲われることがあったんです。始めは仕事のストレスや疲れからきていると思ってましたが、一向に治まる気配はありませんでした。 ~中略~ どうにかしないとと思い始めたのが「薬院オーガニックの粒マヌカ」でした。始めは普通のマヌカハニーを試そうとしましたが、抗菌力が高いと味が独特で続けにくいと聞き、抗菌力も高く味のしないサプリメントを選択しましたが正解でした!

    公式サイト

仕事のストレスや毎日の疲れからくるものだと、放置していても、実は根本的な原因があり、なかなか治らずに不快な思いをしているという人も多いみたいです。そんな時こそ、我慢せずに、まずは試してみることをおすすめします。

もちろん、個人差や体質によっても様々ですが、悩んでいるのであれば、一度試してみて、実際に自分の体で感じてみることが一番だと思います。

価格内容量有効成分効果
毎月定期お届けプラン:【約67%OFF】特別価格 2,980円(税抜)+送料無料
※2回目以降は40%OFFの5,400円(税抜)にて毎月お届け
・1袋90粒入り
マヌカハニー、ラクトフェリン、エキナセア、乳酸菌

Source: 公式サイト

・人体の消化作用に役立つ良好な抗菌パワーを発揮
・すっきりとした胃腸を実感
・キリキリとした胃痛を改善
・ 胃もたれやムカムカを改善

しかもいまなら、定期コースで6ヶ月間利用いただいた方、全員に「ピロリ菌検査キット」もプレゼントでついてくるのです。
また、万が一、自分の体に合わない!となった場合には、「10日間返金保証」制度も付いているので、安心して利用することができます。長く愛用していこうと思っている人は、断然定期コースがお買い得なので、ぜひとも試してみてはいかがでしょうか。

胃痛が治れば寒気も吹っ飛ぶ!

毎日、キリキリしたり、ムカムカする胃痛に悩まされている人こそ、原因を突き止めて、しっかりと改善していくことが大切です。まずは、普段の食生活の見直しや、過度なストレスの蓄積などを改善していくことで、胃腸に負担を少しでもかけないように意識していきましょう。そして、できるだけ、消化の良い食べ物や飲みものを摂取し、自ら冷えへの対策を練っていくことも重要なポイントです。

胃痛が治ることで、異常な寒気も改善していくので、根本的な原因から、予防できるように心がけて、毎日すっきりとした気持ちで過ごせるようにしましょう。

参照リンク

武田コンシューマーヘルスケア株式会社ー健康サイト

スポンサーリンク