心が落ち着かない…恋愛不安や病気のサインかも!?ケア方法はコレ

生活をしていると、何だか心が落ち着かない……そんな状況になることは誰でもあるものです。一体何が原因なのでしょうか?自分のことはわかっているようで意外とわからないもの。心が落ち着かない原因と対処法について考えてみましょう。

スポンサーリンク

心が落ち着かないのはなぜ?

「なんだか心がざわざわ落ち着かない……」誰でも一度はそんな経験ありますよね。今まさに心がそわそわが落ち着かなくて、思い当たる原因を模索していたり、どうしていいかわからない……という状況の人も多いのではないでしょうか。

自分の気持というのは、意外とわかっているようでわからないもの。ざわざわ、そわそわしてしまうような心の落ち着かなさというのは、特にはっきりしなくて対処法も見つかりにくいもの。実際に考えられる原因は何なのか、どうしていけば良いのかを検証していきましょう。


おすすめリラックスサプリメント!ピースナイト


【原因】落ち着かないのはなぜ?

心が落ち着かないというのは、心の問題はもちろんのこと。実はトラブルによるストレスなどの心の問題だけではないこともあるのです。意外と思いがけないことが原因となっていることもあるのです。考えられる原因というのは何があると思いますか?まずは原因から見ていきましょう。

【1】身体的ストレス

心の問題と考えがちですが、身体的ストレスも「ざわざわ」「そわそわ」の原因になります。病気やケガによるものや、音や光・臭いなど五感の刺激によるもの、気温や天候などの外的要因によるものなどは、感覚的なものとして身体的ストレスになります。

また、栄養が偏ったり、睡眠の過不足などは体調に影響を与えるだけでなく、心にも大きな影響を与えてしまうのです。睡眠不足になると、何だかテンションが高くなるという経験がある人もいるのではないでしょうか。

【2】ホルモンバランス

ホルモンバランスの乱れは、性徴期にはありがちなストレスの原因です。主に小学校高学年~中学生前後の第二次性徴期というのは、ホルモンバランスが大きく変わり男性は男性らしく、女性は女性らしくホルモンが偏り始めます。何だかわからないがイライラしたり、落ち着かなくなったりしたな……と、覚えがあるという人もいるのではないでしょうか?

また女性は定期的にホルモンバランスが変化していきます。その時期になると心が落ち着かなくなって、不安になったりイライラしたりという人は多いと思います。これもホルモンバランスの変化によって、心にも大きな影響が出ているということなのです。

【3】精神的ストレス

もちろん精神的ストレスは、心が落ち着かない原因の1つ。でも意外と知られていないのは、つらい・悲しいというマイナスのものだけがストレスではないということ。興奮するような出来事の後に何だか物足りないような、落ち着かない感覚になったことがある人もいるのではないでしょうか。

ウキウキ楽しかったり、興奮するようなことも心はストレスと感じているのです。大きく心が動くような出来事というのはプラスの感情もマイナスの感情も、精神的にはストレスとなっているのです。

【4】人間関係などへの不安

友人・家族・親戚・同僚・先輩・後輩……人は常に人間関係の中で生活をしています。だからこそ人が、人生で一番頭を悩ませるのが「人間関係」とも言われています。ストレスランキングなどを見ても、上位の殆どは人間関係に関する出来事。

特に出会いと別れというのは、心に大きな不安やストレスを感じさせる原因になりやすい出来事になります。そういった出来事が起こりやすい年度替わりや、身近な人の不調・不和などが起こると、心には大きなダメージとなって落ち着かなくなる原因になってくるでしょう。

出会い、別れ、トラブル等詳細は様々ですが、生きているということは人と人とが関わるということ。そして人と人とが関わるということは、心を落ち着かなくさせる原因の一つになるのです。

【5】心の病気

心の病気が原因で落ち着かない気持ちになるということもあります。うつ病不安障害依存症などはご存知の方も多いかと思います。不安感や焦燥感が出やすいのが特徴の病気などの場合は特に、心がそわそわと落ち着かない状態になりやすいと言えます。

また発達障害がある場合も、何だかそわそわしてしまうようなことが日常的に起こりやすいです。特に多動性衝動性などを持っていたり、過敏症などで五感の何れかが過敏に反応しやすい人なども落ち着かなくなりやすいかも知れません。

発達障害は気づかないまま大人になっているケースも多く、不安感や落ち着かなさ、人間関係の不振などで病院を訪れて初めて気づくということもよくあります。

恋愛も落ち着かない原因!?

恋愛となると、どうしても相手のことを考えてそわそわしてしまうことが多いですよね。自分では気づかないうちに誰かが気になって心がざわざわと落ち着かないということもありますし、パートナーがいても相手のことが気になってそわそわ落ち着かなくなるという経験がある人も多いのではないでしょうか。

では恋愛がなぜ、心を落ち着かなくさせているのだと思いますか?自分ではコントロールしにくい恋愛での「そわそわ」、具体的な原因を探ってみましょう。

恋愛依存症の可能性はある

恋愛依存症というのは、自分の生活の中で常に恋愛が前面にある状態。自分よりも相手、相手の何もかもを知らないと気が済まなかったり、相手には自分しかいないと思い込んでしまっていたりなども恋愛依存症からくる考え方の一つです。

恋愛依存症は、小さい頃や育った環境などから起こりやすい人やパターンが見えてくることがあります。親からあまり愛された記憶がなかったり、褒められることよりも叱られたことの印象の方が強く残っていて、自分に自信が持てない否定的な考え方をしてしまうような人は要注意。

恋は盲目とは言いますが、度が過ぎて相手の存在に自分の存在を依存してしまうような恋愛になっていると、どんなに恋愛が上手くいっていても心は落ち着くことが難しくなってしまいます。

“”見捨てられ不安””かもしれない

愛されているという実感を得られないと感じていても、心は不安で落ち着かなくなるでしょう。見捨てられ不安を持っている人の特徴として、様々なことの判断基準が「好き/嫌い」の二極化していることが挙げられます。好きなら「あばたもえくぼ」、嫌いなら「坊主難けりゃ袈裟まで難い」が比較的徹底しているということはありませんか?

また誰かに自分の存在を認めて欲しいと思う気持ちが、見捨てられ不安につながることもあります。LINEの返信が遅い、既読スルー、ちょっとした言葉の使い方や言い回しなどで「嫌われた」と決めつけたり、些細な事で自信を無くしたり不安になってそわそわしてしまうようなら、見捨てられ不安かも知れません。

脳内ホルモンも関係している

恋愛というのは、様々な脳内ホルモンの分泌に影響があります。好きな相手を思う時など、アドレナリンやドーパミンが分泌されます。アドレナリンは心に緊張感をもたらし、ドーパミンの分泌を促します。そしてドーパミンは「報酬刺激」と言われるほど、感情を高ぶらせます。

恋愛でドキドキ心拍数が上がったり、汗をかいたりするのはそのためなのです。

また恋愛と関係する脳内ホルモンにセロトニンがありますが、セロトニンは心を落ち着かせるホルモン。ドーパミンを抑える働きをしますが、恋愛中はそのセロトニンが不足しがちになります。セロトニンが不足すると、心がそわそわしやすくなり、ストレスを軽減しにくくなります。不安感に陥りやすくなるのもセロトニン不足の特徴です。

気持ちが落ち着かない…疑われる病気

病気というのは、それだけで気分を落ち込ませたり、不安で落ち着かない状態にさせる原因になります。ケガなどの目に見えるものならわかりやすいですが、目に見えない病気が原因のために気づき難かったり、大切なことを見過ごしてしまうことにもなりかねません。

次は、病気によって気持が落ち着かない状態として考えられる原因を見ていきましょう。

【1】うつ病(不安障害)

うつ病自体の原因は様々なことがありますが、それも心に過度の負担がかかりストレスが引き金になることも多くあります。真面目な人ほどなりやすいと言われるうつ病、環境の変化や人間関係など、不安の中頑張り過ぎてしまうというケースが多いようです。

うつ病の代表的な症状に、憂鬱でやる気がなくなったり、迷惑をかけているという自己嫌悪や、不安感から心が落ち着かずに集中できないということが起こります。まさにその不安感から「何をやっても落ち着かない」状態が起こり、やる気がなくなり、なにもやらない事での焦りからまた不安で落ち着かなくなるという悪循環が起こります。

更にうつ病では睡眠障害も起こしやすくなりますので、更にストレスを蓄積しやすくなるのです。

【2】統合失調症

統合失調症は脳の伝達物質が上手く働かなくなることで起こる病気のため、妄想や幻覚などを起こすこともあります。思考障害を起こすこともあるため、考えがまとまりにくくなったり、現実にはあり得ない現象などを知覚してしまうこともあります。

そのため頭の中が混乱してしまい、妄想や幻覚なども含めて不安感焦燥感に駆られてしまうことがあるのです。

初期段階では眠れない・集中力の低下から、何だかわからずイライラもやもやする……という程度で見逃しがちになります。しかしやはり、早期発見・早期治療をしていくことで改善することは出来ます。

【3】パニック障害

心配なことがある時や人前に立つとき等、誰でも不安や緊張に襲われてドキドキするような、落ち着かなくなるような経験はあるものです。しかしパニック障害というのはそのドキドキの原因がはっきりしない、漠然とした病的な不安や恐怖に襲われる場合に考えられます。

病的な不安や恐怖感でパニック発作を起こすと、急に心拍が上がったり、呼吸が苦しくなったり、目眩がして倒れる、涙が止まらなくなるなんてこともあります。暫くすると治まりますが、またそんな発作が起こるのではないかという不安で、更にパニック発作を起こしやすくなる悪循環が起こります。

【4】適応障害

災害などの大きな出来事や、人によってはそこまで大きな出来事でなくても強いストレスを受けたために、日常生活に支障をきたしてしまう程の抑うつ気分や、不安や心配が強く出てしまうもの。人によってストレスに耐えられる度合いが異なるために原因も様々ですが、普段の生活に著しく問題が出てしまうのは適応障害とされます。

適応障害では、強い不安感緊張感抑うつ気分焦りなどが起こります。そのため中には行き過ぎた暴飲暴食や無断欠席、暴力行為などが出ることがあります。強い不安感や緊張感・焦りはイライラしたり、そわそわするような情緒面での不安定さを引き起こします。

【5】睡眠障害

睡眠障害は不眠症だけではありません。夜眠れないという以外にも、日中や行動中に強い眠気が起こったり、寝ている間に病的な行動を取ってしまうようなものなども睡眠障害に含まれます。

睡眠が正しく取れないということは、集中力を低下させたり、生活習慣病やうつ症状を引き起こすきっかけにもなります。心を落ち着かせるセロトニンの分泌にも大きな影響を与えますので、心当たりがある場合は注意が必要です。

【6】強迫性障害

強迫性障害にも様々なタイプがありますが、みなさんが良く知っているのは病的な潔癖症でしょうか。ちょっとしたことでも手を洗わずにいられない、汚れを見つけるたびに消毒をするなどの極端なケースで、「無意味だとわかっていても、やらずにはいられない」「やり過ぎだとはわかっているけど、やらないと落ち着かない」というもの。

何度も必要以上に確認したり、誰かに迷惑をかけたのではないかと必要以上に不安になって調べまわったり、日常生活に支障をきたしてしまう程に無意味・やり過ぎな行為を繰り返す場合に強迫性障害と言われます。

この場合も強い不安感から、ちょっとしたことでそわそわ落ち着かなくなるような状況になりやすくなります。

【7】心身症

心身症というのは、病気などが強いストレスなど心理的なことを原因として起きる場合。喘息を始めとするアレルギー症状から胃潰瘍や偏頭痛、下痢などもストレスが原因であれば心身症になります。うつ病や適応障害などは心の中で起こる問題なのに対して、実際に病気を発症してしまう場合が心身症なのです。

心身症の場合は実際に目に見える不調が出てきますが、ストレスが原因のために症状だけを改善しようとしてもなかなか治療が進まないことがあります。身体の不調と心の不調が密接に関わりあっている状態のため、更なるストレスがかかってくるなど心は落ち着かない状態になりやすくなります。

【副作用】薬でも落ち着かなくなる?

薬の副作用で落ち着かなくなるということもあります。代表的なものに「アカシジア」という症状がありますが、これは手足などにむずむずするような違和感を感じて、じっとしていられなくなるというもの。別名「鎮座不能症」とも呼ばれています。

手足がむずむずするので、集中することが出来ずに常に貧乏ゆすりや、歩き回るなど落ち着かない行動が出やすくなります。そのため不安感や焦燥感が出ることもありますし、違和感からイライラしやすくなるなどの症状もでやすくなります。

アカシジアが副作用として出やすくなる薬は、ドーパミンの分泌をコントロールする向精神薬で、比較的新しいものでは発生頻度の高い順に「エビリファイ」「ジプレキサ」「リスパダール」などが挙げられます。副作用はドーパミン量の変化で起こると思われていましたが、現在は他にも原因があると考えられており詳細は定かではありません。

他にも可能性がある薬はありますが、挙げた薬を飲んでいるからと言って必ずしも副作用だとは限りません。副作用だと決めつけず必ず医師に相談するようにしましょう。

【セルフケア】心が落ち着く方法

原因を探ったところで、改善する方法がわからなければ心を落ち着かせることには繋がりませんね。心を落ち着かせるために自分で出来ることには、どんなことがあるのでしょうか。中にはそわそわ落ち着かなくなるような時だけでなく、普段から実践したいものもあります。自分に合った方法はあるでしょうか?

どれでも良いので、一つずつ実践してみてください。また、状況によって合う方法が変わることもあるかも知れません。合わないなと思う方法でも、ちょっと頭の隅に置いておくと良いのではないでしょうか。

【1】幸せホルモンを分泌する

心を落ち着かせるには、ストレス軽減物質とも言われるセロトニンの分泌を促すと良いでしょう。セロトニンの分泌を促進するには、早寝早起きをして太陽光を30分以上浴びるのが効果的です。更に階段の上り下りや、よく噛んで食事をするなどのリズミカルな動きを生活に取り入れると良いでしょう。

また、愛情ホルモンや幸せホルモンとも言われるオキシトシン。出産前後には必要不可欠なホルモンでもありますが、これは性別関係なく男性にも分泌されています。オキシトシンは、攻撃性や恐怖感を抑える働きがあり、心を落ち着かせる作用があると言われています。

オキシトシンは愛情や信頼関係に大きな影響があるホルモンで、赤ちゃんを抱く・恋人同士のスキンシップで分泌されると言われています。しかし恋愛が原因の場合では逆にそれが心に負担をかける可能性もあります。リフレクソロジーペットを抱く親しい人との楽しい会話などでも分泌されますので、状況に合わせた方法を見つけましょう。

【2】メタ認知で自分を見つめる

「メタ認知」というと何だか難しいことの様に聞こえますが、簡単に行ってしまえば「自分を客観的に見つめる」こと。自分がなぜ落ち着かなくなっているのか、その原因や背景などを「もう一人の自分」が落ち着かなくなっている自分を客観的に見つめ直して原因や対応策について考えるのです。

客観的に自分を見つめ直すことで、自分自身の心や行動をある程度コントロール出来るようになります。慣れないうちは紙に箇条書きで書き出してみたり、図を書いてみるなどしてみましょう。客観視が難しい場合は、本を読んだり、ドラマを見るなどして自分の置かれている状況と比べるなどでも見つめ直すきっかけになることがあります。

置かれている状況や、自分の心、過去の体験や偏った知識などを書き出していくと、思いもかけない原因に気づいたり、どうすれば良いのかが見えてくるものです。整理出来れば心のざわざわも落ち着いて、冷静に判断出来るようになってくる可能性があります。

【3】ヨガで心身を整える

「ヨガ」というのはサンスクリット語で「つながり」という意味。体質改善などにもつながるため、身体の健康を促進することで心の健康にもつながっていくというもの。腹式呼吸や瞑想を取り入れ、血液の循環を良くして緊張をほぐし、意識的に心と身体のバランスを取ります。

瞑想そのものが「余計なことを考えず無になる」ことだと言われています。しかし、なかなか「無になる」というのを意識的にするのは難しいもの。そこにヨガという動きを加えることで自分の身体に意識を向け、自然と無に近づけながら心を落ち着かせていくことが出来るようになるのです。

【4】寝る・話す・泣く

色々難しい方法は、自分には難しい!という場合でも、この3つなら何とかなる……と思う人もいるのではないでしょうか。ママに怒って、泣き疲れて寝てしまう子供を思い出してみるとわかりやすいかも知れません。寝て起きた子どもは、まるで何事もなかったように元通り元気になりますよね。

寝る」ことで考えすぎて混乱した思考をリセットする効果があります。早寝早起き出来れば、ストレスの緩和にもつながります。また「泣く」というのは副交感神経を優位にすることが出来る為に、ストレスで高ぶった交感神経とのバランスを整える効果があるのです。

話す」には2種類あるでしょう。ストレスになっていることを吐き出すことで、自分を客観的に見るきっかけになることもあります。またストレスと関係ない人と楽しく会話をすることで、幸せホルモンオキシトシンの分泌を促すことにつながるという効果も期待できます。

【5】アロマによるセラピー

クレオパトラも使っていたと言われるアロマによるセラピー。本当に効果があるの?と思われる方もいるかも知れませんが、香りというのは人間にとってとても敏感な刺激。五感の中で、最も感情・記憶・思考に大きな影響があるのが嗅覚だと言われているのです。

脳の感情や記憶を司る部分に直接届く香りは、それぞれ内分泌系(ホルモン分泌)や免疫機能をコントロールする部分などに伝わることで、感情や記憶だけでなく身体の機能にも影響を与えるのです。

ラベンダー副交感神経を優位にしてリラックス効果
怒りや興奮・緊張などで張り詰めた神経を鎮める
睡眠の改善、中枢神経のバランスを整える
リナロール、酢酸リナリル等
ベルガモット心を静めて感情のバランスを整える効果
抑うつ・緊張感・恐怖感などに効果的
リモネン、酢酸リナリル、リナロール等
オレンジ
・グレープフルーツなどの柑橘類
リフレッシュやリラックス効果
不安や緊張を緩和し、気分を明るく前向きに
リモネン、シトラール等

※ リラックス効果やストレス軽減効果があるアロマの例

【6】エステやマッサージを受ける

エステやマッサージというのは、血流を良くしたり肌を綺麗にする効果の他にも、心理的な効果が期待できるということが最近の研究でわかってきています。表面だけでなく内面を整えることでエステやマッサージの効果を高めるために、併せてカウンセラーの勉強をしている人も増えてきているようです。

また、ゆっくりと音楽を聞いたり、ゆったりと会話をしたりしながら自分のために時間を使うことで本当の意味で「休む」ことに繋がり、不安や緊張を和らげリラックス出来るのです。自分に合うお店を見つけて、自分だけの時間でゆったりとリラックスしてみるのも良いでしょう。

【7】有効な栄養素を食事で摂る

アロマやエステなどには、なかなか時間が取れない!という人も、食事は必ずしますよね。心を落ち着かせる効果を持つ幸せホルモン「セロトニン」は、食べ物で増やすことが出来ます。必須アミノ酸のトリプトファンは、セロトニンを生成するのに必要不可欠。トリプトファンを多く含む食材を摂ることで、セロトニンを増やす手助けをするのです。

トリプトファンを多く含む食材は、乳製品豆製品カツオ・マグロなどの魚ナッツバナナなどに多く含まれています。更にビタミンB6マグネシウムナイアシンなどもセロトニンの生成には大切な栄養素。豆製品は、そのすべての栄養素を含んでいるのでおススメです。また主食を玄米や五分づき米などにしてみても良いでしょう。

【8】サプリメントを飲む

セロトニン自体は身体の中で作られる成分なので、直接摂取することは出来ません。しかしセロトニンの生成を促進するために、バランスの良い食生活や生活サイクルなどは必要不可欠になります。しかし毎日毎食バランスの良い食事をするというのは、忙しい生活の中ではなかなか難しいもの。

そういった栄養バランスを整え、セロトニンの生成を促進するための補助としてサプリを飲むというのも方法の一つです。そう、セロトニンサプリというのは、トリプトファンやビタミンなどを摂取するためのサプリなのです。

【デイリーケア】サプリで心を癒そう

最近ざわざわ、そわそわして何をやっても落ち着かない!集中できない!そんな心を落ち着かせたい時、色々な方法はあるけれど時間がない。そんな時にはセロトニンを増やすためのものから、ストレスを緩和して不眠を解消するサプリをいくつかご紹介します。

またざわざわ・もやもや解消のために色々試してはいるけれど、まだ不安感や緊張感が残るという時などにも利用してみると良いかも知れませんね。

「マインドガードDX」でセロトニンを増やして、ぐっすり休眠

眠れない夜が続いた時というのは、心も身体も疲れてしまいうつ症状が出てしまったり、そわそわ落ち着かない、集中力の低下などツラい状態になりやすくなります。マインドガードDXは、セロトニンを生成するために必要なトリプトファンを摂取できるサプリです。

トリプトファンの他にも、休息成分を含むと言われるノニ成分や、ポリフェノールグリシン、ギャバなど休息やリフレッシュに必要な成分が沢山含まれているのです。また必須アミノ酸がバランスよく含まれているので、効率的に摂取できるように配合されています。

錠剤タイプ/ドリンクタイプとあるのがありがたいですね。ドリンクタイプは、水やジュースなど好きな飲み物で割って飲むこともできます。自分に合ったものを選んで利用してみると良いでしょう。

10,000箱突破キャンペーン実施中!通常価格18,150円(税込)→約60%OFFの7,340円(販売元:サンテミナ)

マインドガードDX

「リラクミンSe」でイライラや緊張、ストレス等の悩みをケア

「リラクミンSe」は、セロトニンを増やす効果があると言われているラフマ葉エキス(フラボノイド化合物)リラックス成分ギャバクワン草を利用した錠剤タイプのサプリメント。不安やイライラを緩和すると言われているギャバは勿論のこと、クワン草は古くから沖縄で眠れない時やリラックスしたい時に利用されてきたそうです。

また、ビタミンB1・B2・B6や、ナイアシンパントテン酸カルシウムなど、セロトニンを生成するために必要な成分や抗ストレス作用があると言われる成分もバランスよく配合されているのもありがたいですね。

日本で古くから利用されているハーブなど、天然成分を利用しているというのが嬉しいポイント。直接リラックス効果を持つ成分と、セロトニンの生成を促進する成分が同時に摂れるので、ざわざわ・イライラなどのストレスを感じたら試してみてはいかがでしょうか。

通常価格3,400円(税込)→便利でお得な定期購入なら初回20%OFFの2,720円(販売元:リラクル)

リラクミンSe

「ピースナイト」で睡眠の質を高めて、ストレスでの気力低下を防ぐ!

キッコーマンから販売されている「リラクミンSe」は、疲労感を軽減するテアニンと、気力低下を緩和するギャバを配合した錠剤タイプのサプリメント。年齢と共に低下する疲労回復効果に対しても効果があるとのこと。

  • 眠りが浅い
  • 朝起きるのがツラくなってきた
  • 寝ても疲労感が残っている

睡眠時間だけでなく、睡眠の質も疲労回復やストレスの軽減にはとても大切な要素です。ピースナイトで睡眠の質を高めて、やる気スイッチをオンに出来るとイライラも減って毎日が楽しく過ごせるようになるかもしれませんね。

通常価格5,460円(税込)→定期購入なら最大30%OFFの3,822円(販売元:キッコーマンニュートリケア・ジャパン)

ピースナイト

心が落ち着かない時ほど心にやさしく

心が落ち着かないという時は、心や身体が癒して欲しいと感じているシグナルなのかも知れません。そんな時は、ゆっくりと自分の心と身体を休めて癒してあげましょう。もし病気かも知れないと感じた時は、迷わず心療内科などのお世話になるのも一つの方法です。

心が落ち着かない時に大切なのは、自分自信が助けを求めていることに気づくこと。まずは自分に優しくしてあげてから、ゆっくりと原因を探してみたり対応を考えていくと良いのではないでしょうか。


おすすめサプリメント!ピースナイト


参照リンク

神楽坂こころのクリニックー不安障害

おひるーなクリニックー幸せホルモン・セロトニンについて

スポンサーリンク