視界が波打つ…放置で失明の可能性?まずは症例×原因をチェック

視界が波打つことがありませんか?部分的や全体など波打つといっても症状には個人差があります。視界が波打つ時に考えられる症例や原因だけではなく、日常生活で出来る予防も含めてしっかりと確認しておきましょう。

スポンサーリンク

​視界が波打つのは病気のサイン?

​視界が波打つというのは感じ方が人それぞれありますよね。小刻みな人もいればグラグラするという人もいるし、歪んで見えたりしている人もいると思います。普通に生活をしていたら視界が波打つということはないですよね。もしかしたら何か病気になっているかもと考える人も少なくありません。そこで今回は視界が波打つのはなぜなのか、何かの病気のせいなのかなどについて確認していきましょう。自分が思っている以上に体の異常を教えてくれているかもしれませんよ!

視界が波打つメカニズム

目の仕組み

​目はカメラのような構造をしており、様々なものの色や形を光の情報として取り入れていきます。目の虹彩はカメラの絞りのような役割をもっており、水晶体と呼ばれる部分はレンズの役割を持っています。網膜(黄斑)はフィルムの役割を果たして、これら全ての仕組みによってものを「見る」ことができます。実際にものを見るときには瞳孔から入った光が虹彩で調節され、ピントを調節する水晶体で屈折をして、透明なゲル状の硝子体(しょうしたい)を通過することで網膜の黄斑に焦点を結びます。その光は視神経を通じて信号化して脳に伝達されることで像として認識されます。

カルナ博士
目に入った光の情報を脳が理解できる信号に変えて伝えることが目の役割じゃ。普段みている景色を色鮮やかに見ることが出来るのは目のお陰じゃな!

 黄斑の異常

視界が波打つ原因として黄斑の異常が考えられます。目の網膜の中心部にある直径2mm程度の黄斑部が老化などによって機能が低下するために引き起こされます。黄斑部の機能低下には2種類あり、萎縮型と滲出型があるとされています。

​萎縮型​萎縮型の場合は高齢者に多く発生する視力低下と言われており、黄斑部・網膜が変色してしまうものです。これは動脈硬化などによる血流の低下によって引き起こされていることが多くあります。
​滲出型​栄養を取り次いでいる網膜色素上皮細胞が老化することによって*新生血管が引き起こされます。この新生血管はとてもデリケートで、すぐに破れてしまい網膜色素細胞の機能を壊してしまい黄斑の異常を引き起こします。放置してしまうと視力を失うケースも少なくはありません。

*新生血管とは

新生血管という血管は生体反応とされており、通常の血管とは違い血管の壁がとても薄いのですぐに破れて出血してしまいます。出血した血液は網膜の中へ漏れてしまうと、網膜は浮腫(ふしゅ)と呼ばれる状態になり視力を低下させてしまいます。

カルナ博士
浮腫は簡単に説明するとむくみのような状態じゃ。目の中でむくんでしまった網膜は正しい機能を維持できずに視界が波打つ、歪むなどの症状がでるんじゃよ。

活性酸素が黄斑に影響を及ぼすケースもある 

 黄斑部は紫外線をまともに受けてしまう部分とされています。そのため活性酸素が発生しやすくなり、視神経の脂肪やタンパク質を酸化させてしまうことがあります。この時に目や体の中に抗酸化酵素や酸化物を吸収・分解する酵素の量が十分であれば問題になることはないとされていますが、不足していると黄斑部は紫外線による活性酸素でダメージを受けてしまい異常が起きることがあります。

視界の異常‹症例×原因›

​視界の一部が波打つ

視界の一部がかげろうのような空間の歪みのように波打つというケースがあります。偏頭痛の前兆として現れることの多い症状で、視界の一部が波打ったあとには頭痛に見舞われることがあります。慣れている人の場合は、症状がおきたときに頭痛薬などで備えることができますが、視界に症状がでることから気持ち悪さ(悪心)や不安に襲われる場合もあります。

閃輝暗点症

視界の一部が波打つことで考えられるのが閃輝暗点症です。閃輝暗点症によって見えるもののパターンやバリエーションは人によって微妙に異なります。症状は視覚障害として現れますが、眼球に異常があるのではなく、偏頭痛に起因する脳の血管の収縮と拡張に原因があるとされています。予防をするためには偏頭痛に対しての対処が必要となります。ストレス、緊張がほぐれた時、喫煙、避妊用ピルを飲んだ時には注意が必要です。

視界の隅・端・周りが波打つ

視界の隅や端、周りが波打つというケースも存在します。光を目の中に集める役割をしている角膜の異常や光を感じる役割をしている黄斑部の異常によって引き起こされることが多くあります。稀なケースですが、脳の疾患でもこのような視界の異常が認められることもあります。視界が波打つ状態は疾患の種類や進行の程度によってことなることが多いのも特徴のひとつです。

変視症

視界の隅や端、周りが波打つという症状で考えられるのが変視症です。変視症は網膜静脈閉塞症、中心性漿液(しょうえき)性網膜脈脈絡膜症、加齢黄斑変性症によって引き起こされるとされています。変視症は網膜が腫れたり、出血して表面が凹凸になるので視界の隅や端、周りが波打つという症状が出てきてしまいます。動脈硬化も原因疾患としてあるので、中高年に起こりやすい症状としても知られています。

片目だけ視界が波打つ

片目だけ視界が波打つことがあります。これは黄斑部が年齢などの原因によって変化することで視力の低下を引き起こしている可能性があります。黄斑は変化してしまうと視界が歪んで見える、視界の中心が暗くなる、欠けてしまう、視力の低下を引き起こすといった症状が片目に出てきてしまうことがあります。場合によっては両目に出てくるケースもあるので注意が必要です。

加齢黄斑変性症

​片目だけ視界が波打つ場合には加齢黄斑変性症が考えられます。黄斑が加齢によってダメージを受けてしまうことで視界が波打つ、欠ける、暗くなるといった症状を引き起こします。加齢黄斑変性症は糖尿病網膜症や緑内障と同じように失明を引き起こしてしまう病気として知られており、早めの対処が必要となってきます。片目、あるいは両目で症状が出た場合には眼科に受診して原因と特定しておきましょう。

ひばり
どのような症状で合っても違和感を感じたら眼科の受診がおすすめよ。これは重要ポイントですね。

 視界が波打つのを放置すると?

​頭痛が慢性化

たかが視界が波打つ程度と放置してしまうと頭痛が慢性化してしまうことがあります。偏頭痛の場合だと脳が痛みの刺激に敏感になってしまい、過剰反応を起こしてしまうことがあります。視界が波打つ=頭痛の図式が出来上がってしまうことで、痛みを感じない刺激すら痛みとして認識してしまいます。光や音、臭いなどの刺激にも敏感に反応してしまう状態が考えられるので注意が必要です。

脳に異常

​視界が波打つ原因には脳の異常も含まれています。放置してしまうと脳の異常に気づくのが遅くなってしまい最悪の場合命の危険があるケースも少なくありません。視界が波打つ症状が出てくる可能性のある脳の疾患としては、脳梗塞、脳腫瘍などがあります。脳梗塞の場合は血流の流れが悪くなった部分によっては視界の半分が欠けたり、波打つ、目が見えなくなるという症状が考えられます。脳腫瘍の場合には発生した腫瘍の部分によって視野が狭くなる、波打つなどの症状が考えられます。

カルナ博士
視界が波打つ程度と甘く考えていると場合によっては脳の重大なサインを見逃してしまうことがあるのじゃ!他にも加齢黄斑変性症や網膜動脈閉塞症、視神経炎など様々な病気のサインとして視界が波打つものがあるので注意が必要じゃな!

失明の可能性 

視界が波打つ症状があるものには失明の可能性があるものも含まれています。緑内障の場合は早期の治療を行わないと48時間以内には失明の可能性が高くなります。網膜剥離や加齢黄斑変性症の場合には重篤になると失明してしまうケースが報告されています。放置の時間がながければながいほど失明の確率は上がると考えてしっかりと治療を受けるのも大切なポイントになります。

視界不良の改善策

​まずは病院で受診

​まずは病院で受診することが大切になってきます。眼科では、多くの検査を受けることができます。検査の項目は症状によって変わってくるので医師の指示に従うようにしましょう。代表的な検査を表にまとめてみました。

​検査名検査内容​
​自動屈折計・角膜曲率半径測定器オートレフと呼ばれるもので視力検査に役立てつものです。屈折、角膜曲率半径、角膜形状を測定します。円錐角膜や特殊な乱視をチェックできます。​
​非接触眼圧測定装置ノンコンと呼ばれる目の表面に軽く風邪を当てて眼圧を測ります​
​視力検査装置学校などでも行われている視力検査の装置です。見えたままを報告するようにしましょう。​
​細隙灯顕微鏡(さいげきとうけんびきょう)帯状の光を目に当てることで、細やかな傷や濁り、炎症を発見出来る装置です。​
​眼底検査​網膜や視神経乳頭といった部分を観察するものです。眩しい検査になりますが、指示に従って受けておきましょう。
​角膜形状解析​膜膜のわずかな歪みやへこみを発見するものです。円錐角膜などの早期診断に役立ちます
​視野検査上下左右どのくらいまで見えているのかの検査です。緑内障、脳血管障害、心因性障害、網膜疾患などの診断や病気の進行の判断に必要となります。​
​OCT網膜の断層を撮影する検査です。緑内障でのダメージを受けた神経のひろがりや、網膜症の網膜浮腫の程度、加齢黄斑変性症の進行の程度がわかります。​
​角膜内皮撮影解析​触れることができない角膜内皮を調べることができます。コンタクトレンズのために行われることが多いので病気の検査で使われることは少ないものです。

これらの検査は必ず行われるものもありますが、単体または複数で行われて調べてもらうことができます。眼科を受診する時には必要な情報をまとめておくとスムーズな診断につながります。

受診する場合の準備

  • 症状をメモして持参する
  • 現在使用している薬があれば伝える
  • 車・バイク・自転車は出来るかぎり運転していかない
  • 使用している場合はメガネ、コンタクトは持参する
  • アイメイクはしない

いつからどのような症状があるのか、気になる他の部分の症状はあるかなどをメモしておくと便利です。目薬だけではなく内科などで処方された薬の情報も重要となってくるケースもあるので伝えられるようにおくすり手帳などを準備しておきましょう。眼科は場合によっては眼帯などを使うこともあり危険なので出来るかぎり運転はやめておきましょう。メガネやコンタクトを持参し、アイメイクをしないようにしておけばなお良いですね。

カルナ博士
これらの検査によって原因を特定して、点眼薬や手術、内服薬などの適切な治療を受けることができるのじゃ。場合によっては原因疾患の治療が必要として内科やそれぞれの専門機関への紹介をされることもあるので覚えておくのじゃ!

定期検診

​眼科では定期検診を行っているところが多くあります。定期検診の内容は眼科によって違いますが、代表的なものを確認しておきましょう。

代表的な検診名内容​
​視力検査裸眼視力・メガネやコンタクトで矯正した視力を測り、状態の確認をします。​
​眼圧検査​正常値は約10〜21mmHgと言われています。個人差があるので細かい内容は医師に従ってください。
​視野検査視野が欠けていないかを確認します。​
​眼底検査視神経や網膜の状態を見る検査です。場合によっては瞳を広げることで網膜の隅々まで検査するケースがあります。​
​細隙灯顕微鏡検査眼球の表面、水晶体、硝子体の検査です。内容によっては精密な検査や専門医への紹介となる場合があります。​

これらの検診を定期的に受けることによって原因の早期発見や迅速な治療を受けることができます。原因疾患によっては早期治療が必要となるものも多くあるので定期検診を受けておくことは失明などの重篤な症状を未然に防ぐことにもつながります。

ひばり
眼科に限らず定期検診は早期発見、早期治療のために必要です。どのような病気でも早く見つけて治療をすることが一番重要なポイントなので覚えておきましょう!

 禁煙

喫煙で引き起こされる代表的なもので一番問題視されているのが加齢黄斑変性症です。​欧米では失明原因の第一位となっていることもあるもので、黄斑を中心に構える網膜部分は加齢によって機能が低下することはお伝えしました。しかし、紫外線やパソコンから出ているブルーライトなどの光からのダメージを受けることも示唆されています。このダメージを守ってくれるのがルテインという成分です。

ルテインはβカロテンを原料としており、本来であれば緑黄色野菜などから摂取することができる栄養素として知られています。しかし、ここで喫煙をしているとタバコに含まれている成分によってβカロテンからルテインの変換を阻害してしまい加齢黄斑変性症の確率を上げてしまうのです。

また、喫煙からの発症率が高くなる目の病気として白内障も危惧されています。喫煙を行っている場合には活性酸素が多く分泌されます。活性酸素は老化が加速する原因としても知られているもので、喫煙によって老化が加速すると発症や進行のリスクが高まります。中心性漿液性網脈絡膜症​も現在では喫煙による影響が考えられています

カルナ博士
喫煙は老化に繋がるものなのじゃ。目だけではなく体全体に悪影響があることから考えても禁煙をすることのメリットの大きさがわかるんじゃよ。目のためにも体のためにも禁煙はおすすめじゃ!

 食生活の改善

目のためにも食生活の改善をしてみましょう。視力の回復に良いものを考えると目の調節機能を引き上げてくれるものを選ぶ必要があります。

​栄養素栄養素を含む食品​効果​
​アントシアニンブルーベリー、カシス​眼精疲労を抑制・回復効果。近視の進行を防ぐ働き。​
​ルテインブロッコリー、ほうれん草、ケール​水晶体や網膜の酸化防止。白内障・飛蚊症・黄斑変性症予防。​
​アスタキサンチン鮭、いくら、かに、えび​眼精疲労の回復​。
​ビタミンAうなぎ、あん肝、しそ、人参​抗酸化作用。目の細胞・網膜の新陳代謝促進。涙の生成。​
​ビタミンB1うなぎ、ごま、かき、大豆、玄米​神経の伝達をスムーズにする。目の周辺の筋肉を和らげる。​
​ビタミンB2うなぎ、いわし、さば、しじみ、納豆​網膜や粘膜保護。目の細胞再生。充血や疲れ目の解消。​
​ビタミンB12​ます、鮭、まぐろ、あさり、かき視神経の働き活性化・正常化​
​ビタミンCブロッコリー、小松菜、キャベツ、いちご​水晶体の酸化防止。白内障予防。​
​ビタミンEえび、いか、うなぎ、かぼちゃ、ほうれん草​血流促進・目の老化予防。眼精疲労・ドライアイ防止。​

​他にもβカロテン、カルシウム、マグネシウム、セレン、タウリン、DHAなども目の機能回復に効果的と言われています。これらの食品を多く含むメニューの代表としては和食とされています。視力回復には洋食よりも和食のほうが効果的なので、これらの栄養素をバランス良く摂取することが好ましいとされています。目に良い栄養素が含まれているものばかり食べるのではなく、バランス良く食べるという意識を持ちましょう。

視界が波打ったら病院へ行きましょう!

​視界が波打ったら病院に行くのが重要なポイントです。視界が波打つという症状は自分で回復させるのが非常に難しいものとなってきます。隠されている疾患が体に重篤な症状を引き起こしてしまうものも少なくありません。目というものは非常にデリケートで回復も時間がかかるものです。普段から定期検診を受けておき、原因の早期発見、早期治療を心がけて過ごすようにすると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク