耳鳴りがひどくて眠れない…グッスリ就寝するための3つの対処法

耳鳴りで眠れない夜が続くと睡眠不足になっては翌朝眠たいまま出勤したり活動してしまうことに。一度なら気にもなりませんが毎晩続いてしまうとイライラしてはますます眠れなくなります。耳鳴りが起こる原因を突き止めて適切な対処法で改善しましょう!

スポンサーリンク

寝る時うるさい原因は?

体を休めようと寝床に入った途端、キーンと耳鳴りがしてなかなか治らないことがあります。耳栓をしても寝返りをしても鳴り続けるそのうるさい耳鳴りはどうして起こるのでしょうか。耳鳴りだけでなく、めまいや聞こえなくなってしまえば日常生活にも支障を与えてしまいます。そこでここでお伝えする耳鳴りが起こる原因を見つけて、症状を照らし合わせながら適切な方法でしっかり治療するようにしましょう。


おすすめ安眠マットレスでストレス軽減!雲のやすらぎプレミアム


カルナ博士
耳鳴りがするとつい踊りたくなっちゃうわい。わしにとって耳鳴りは睡眠薬みたいなものじゃ。耳鳴りは健康な証拠じゃわい!

ひばり
カルナ博士が羨ましいですね。私は頭がガンガンしてイライラして最悪です。耳鳴りがなかなか治らない時は病気の兆候もあるので原因を突き止めましょう!

 ひどい耳鳴りが発生する原因3個

耳鳴りがひどくブー、キーなど鳴り止まない時は頭痛も起こってますます眠れなくなります。そんな時には3つの大きな原因が隠れている場合があるのでここでチェックしましょう。

耳鳴りがするときはほとんどの場合耳が聴こえにくなることがベースにあり、そのまま耳が聴こえにくく耳鳴りが一日中鳴り響いてしまっては、仕事もプライベートも手につかず日常生活に支障を与えてしまいます。そんな時は放っておかずに改善法を行ったり病院で受診しましょう。

耳の酷使で外傷まで起きている

ヘッドホンやイヤホンで音楽を聞いている時に、ボリュームを高くして聴いていたり、突然耳の近くで大きな音が起こったりすると耳の中に有毛細胞が傷ついてしまい耳鳴りが起こるようです。一度この細胞にダメージを与えてしまうと治療が不可能と言われ、できるだけ耳鳴りを感じないように音楽などを低音で聴きながら治療をすることが望まれます。

ストレスや疲れで自律神経の乱れ

ストレスがたまって自律神経が乱れると普段聞こえないような音でもすぐに反応するようになり、キーンとした耳鳴りが起こってしまいます。耳鳴りが改善しないとそのことがまたストレスとなって重なり、耳鳴りだけが気になってはストレスがたまるなど耳鳴りにとらわれてしまい食事もままにならないでしょう。

耳鳴りが発生する病気が発病

何をしても耳鳴りが治らない、特にこれといった原因が思いつかない時は何らかの病気が発生している可能性も考えられます。耳、神経、精神それぞれ耳鳴りを引き起こす病気をチェックしましょう。


耳に原因がある病気

  • メニエール病
  • 突発性難聴
  • 急性中耳炎

神経に原因がある病気

  • 脳梗塞
  • 自律神経失調症
  • 聴神経腫瘍 

精神に原因がある病気

  • ストレス
  • 低音障害型感音難聴

対処法1:病気を治療する

病気が原因となっている耳鳴りをチェックして、症状や治療法などを確認しながら早めに病院へ行って改善するようにしましょう。耳鳴りだけでなく同時に起こる他の症状も同時にチェックして、それぞれの病気に対する適切な治療法を医師と相談しながら行うことが大切です。

めまいや頭痛でも悩むメニエール病

メニエール病は内耳のリンパ液が大量にたまり、水ぶくれになっては耳鳴りや聴こえが悪くなる病気です。さらにぐるぐるとめまいが起こるのが特徴です。この症状は主にストレスが原因となるので普段からストレスを溜めないようにリラックスしながら生活することが大切です。

キーンと高音の耳鳴りもある突発性難聴

内耳がウイルス感染することなどで突然片方の耳が聴こえにくくなると同時に耳鳴りやめまいが起こる病気です。いつ起こったのかはっきりと判断することができ、平衡感覚が悪くなるため吐き気を催すこともあります。治療法にはステロイドホルモン治療が行われますが、完治の確率は1/3とされています。また難治性の突発性難聴では高圧酸素療法などの特殊な方法が用いられます。

女性に多い低音障害型感音難聴

突然低音の耳鳴りがして耳が聴こえにくくなる障害は、内耳にある渦を巻いている蝸牛(かぎゅう)に内リンパ液が大量に増えているために起こると言われています。メニエールと似ている症状ですが、低音障害型感音難聴にはめまいの症状はなく、また一度のみ発生する突発性難聴とは異なり繰り返し起こるのが特徴です。

ストレスを受けやすい女性に特に多く発生し、とりわけ仕事や家事、育児に追われがちな30代女性に起こる傾向がありますがはっきりとした原因はまだわかっていないようです。眠れないほどの耳鳴りではなく耳のつまりがある気がする程度の症状で改善も早いものですが、頻繁に起こらないように良い睡眠、ストレスを溜めないなどのリラックスした日常生活を送ることが大切です。

視覚や運動にも障害がでる脳梗塞

脳梗塞の兆候として起こる耳鳴りの特徴は、血管がドクドクと動悸のように響く拍動性耳鳴りです。このような耳鳴りは血行不良による血管腫などの血管の疾患によって起こるので、悪化することで脳の血管が詰まってしまって栄養や酸素不足で起こる脳梗塞にも繋がると考えられるのでしょう。このような状態が長期間続くときはすぐに病院で診断してもらうことが大切です。

また禁煙、適度に運動をする、栄養バランスのとれた食事をするなど、普段から血行を良くする生活習慣を見つけるようにしましょう。

現代病の自律神経失調症

ストレスなどによって起こる自律神経失調症ではめまいや鬱の状態が起こります。さらに耳鳴りや頭痛なども伴い夜寝つきが悪くなることもあるでしょう。

自律神経失調症になると耳鳴りが起こってしまう理由は、免疫力が低下して耳の中に細菌やウイルスが侵入して炎症が起こってしまうのが原因です。

また耳が聴こえにくくなることも頻繁に起こります。

治療には自律神経を整える自律神経調節薬を使用して視床下部に働かせる方法によって改善が期待できます。また日常生活においてもストレスを解消する、疲労を溜めないことにより治療効果を高めることができるでしょう。


対処法2:睡眠の質を上げる

耳鳴りで眠れない時にはぐっすり眠って耳鳴りを気にしないようにすることがポイントです。

眠りが浅いと余計に耳鳴りを感じてイライラしては耳鳴りがさらに気になってしまいます。そこでぐっすりと深い良い睡眠ができる方法を実行して一晩中耳鳴りが聞こえなくなるようにしましょう。

寝る直前の食事は避ける

寝る前に食べ物を食べるとしっかり消化することができず、代謝を低下させてしまいます。そうなると朝起きた時、肩こりや腰痛が起こったり疲労を引きずってしまうのです。さらに胃潰瘍や慢性胃炎も起こっては腸内環境が悪くなって便秘や肌荒れも起こるでしょう。また食べてすぐ寝るとインスリンが分泌されず血糖値をコントロールできないため糖尿病などの病気ももたらすことがあるので注意が必要です。

もちろん栄養を内臓が休むことができず、消化を続けることで交感神経が活発になっては寝つきが悪くなってしまうでしょう。そのため最低でも就寝前3時間前までに食事を済ませてしっかり消化してから寝床に入ることをオススメします。

入浴をして心も身体もリラックス

40前後のぬるま湯で入浴をするのも良い睡眠を促します。入浴して体を温め、入浴後体温が下がってくると同時に人間の体は眠くなってくるのでそのタイミングで寝床に入りましょう。入浴時にはアロマキャンドルなども使用することでさらにリラックスでき、脳も体も休息できるノンレム睡眠を促しながらぐっすりと眠ることができます。

ストレッチをして体をほぐす

寝る前の軽いストレッチ運動で肩こりをほぐして耳鳴りを緩和しましょう。硬直した筋肉をほぐすと血行も良くなり疲労も取れやすくなります。下記のストレッチ法では肩の緊張感やコリを穏やかにしてしリラックスさせてくれるので、副交感神経が優位となり寝つきをよくしてくれるでしょう。

  1. 仰向けになって両手を万歳するように床に沿ってあげる
  2. 肩甲骨と首をグッと引き寄せて持ち上げ1〜2秒保ち、その後バタッと体を床に落として緩める
  3. 3回繰り返す

体に負担のかかりにくい寝具を選択

一晩中ぐっすりと眠るには、寝具にも気を使うことがポイントです。 起きている時と同様、横から見て肩甲骨がカーブになるように脊髄がS字ラインで寝ることができると体に負担をかけません。それには体重をバランスよく分散できる「雲のやすらぎプレミアム」のような体圧分散マットレスがオススメです。

柔らかいタイプのマットレスですと体重がかかる胸や腰が沈んでしまい腰痛などが起こりやすくなります。また体が体圧分散をしようと寝返りも多くなるのでぐっすり眠ることができないでしょう。

また硬いマットレスでは寝返りしにくく、同じ姿勢で寝てしまっては毛細血管を押しつぶしてしまいジンジンとしびれを起こさせてしまうのでオススメではありません。

また枕は直立時のように自然な首のカーブで重心をまっすぐに維持してくれる「YOKONE2」などの枕がオススメです。枕はふかふかすぎると寝返りが打ちにくく首や肩がコリやすくなります。また硬すぎる枕は頭の位置が不安定になり枕から落ちないように無駄な筋肉を使ってしまうために肩こりが起こりやすくなるので気をつけましょう。

また枕の高さは男女、また体型によっても異なり、男性4cm女性では3cmが目安となっています。枕は使っていくうちに低くなってしまうので、タオルなどをプラスしてしっかりカーブを維持しましょう

雲のやすらぎプレミアムの購入サイトはコチラ


YOKONE2の購入サイトはコチラ

対処法3:市販薬・サプリの服用

耳鳴りでなかなか眠れない時には市販で手軽に購入できる睡眠改善薬やサプリなどで緩和することができます。薬は副作用が起こることもあるので、しっかり使用上の注意を守り体に負担をかけない服用をしましょう。また薬は長期間飲み続けると耳鳴りが悪化してしまう場合もあるので、症状が改善しない場合は医師に相談することをオススメします。

睡眠を促すおすすめ市販薬「ドリエル」

ドラッグストアで購入できる睡眠を改善する薬には様々な種類がありますが、ここではエスエス製薬「ドリエル」をピックアップしました。有効成分ジフェンヒドラミン塩酸塩がストレスや不規則な生活習慣などで起こる、一時的な不眠を緩和して寝つきをよくして耳鳴りが気にならないようにしてくれます。

稀に眠気や倦怠感、下痢、発疹、めまい、胃痛などの副作用が起こることがあります。1日2錠の摂取トライアルタイプは1日2錠、ラベンダーのリラックスアロマを配合したカプセルタイプは1日1カプセルを水やぬるま湯で摂取するだけで快眠を促してくれます。

内容量:・トライアルタイプ(6、12錠)・カプセルタイプ(6カプセル)価格:1,482円〜

  • 眠気がくる
    4/5
    風邪薬を飲んだときのようにじっくりじっとり眠気がきます。 睡眠薬とはちがって眠気誘発剤ですね。気持ちの問題なのかもしれませんが少しは深い眠りにつけました。

    @コスメ

  • うとうと
    ドリエルを飲んで1時間くらいたつと、うとうとしてきます。 眠ってしまうと朝までぐっすり寝れます。私はとくに副作用はないみたいで朝は快適です。

    @コスメ

リラックス気分になると副交感神経が優位になり、スムーズに眠くなるのでしっかり休息することができるでしょう。副作用が起こらなければさらに快適な使用ができます。  


購入サイトはコチラ


耳鳴りに効くおすすめ市販薬「耳鳴り・めまいに効く漢方薬」

公式サイトで購入できる耳鳴りを緩和してくれる漢方薬は、茯苓(ブクリョウ)や白朮(ビャクジュツ)、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)などの有効生薬を配合しており、耳鳴りやめまいで睡眠不足に悩んでいる方をサポート。

神経の高ぶりを緩和して異常な耳鳴りを抑えてくれます。同時にリラックス効果を促しながら副交感神経を優位にさせて深い眠りに導いてくれるでしょう。1日4粒食前または食間に摂取しますが、稀にかゆみ、尿が減少する、むくみ、血圧上昇、頭痛などの副作用が起こることがあります。

内容量:30日分 価格:12,800円

耳鳴りの改善のほかめまいも起こらなくなったというコメントが多くありました。仕事もプライベートも無理なく行うことができ集中力も高まるでしょう。 


公式サイトはコチラ

体調を整えるおすすめサプリ「花菜の厳選蜂の子」

公式サイトで購入できる蜂の子エキスを主成分としたサプリは、1日3粒で必須アミノ酸を含むアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をさっと摂取でき、エネルギーを与えながらストレスや疲労などから起こる耳鳴りやまめいを改善してくれます。さらにケアンソウやイチョウ葉エキス、ナギイカダエキスなどの血行促進やリラックス効果成分で、快眠を促しながら耳鳴りを抑えてくれるでしょう。好きな時間に摂取できるのもメリットです!

内容量:93粒 価格:6,980円

  • めまい改善
    クラクラしていたのがうそみたいになくなりました。気もちも不安定だったのですが、楽しめる様になりあたり前の事のありがたさを実感しています。

    花菜公式サイト

  • 蝉が鳴かなくなった
    時々、蝉が鳴くことはありますが、体調もよく健康が実感できるようになりました。

    花菜公式サイト

ジージーと耳鳴りが1日中鳴っていては鬱陶しくて寝付けません。そんな時にサプリで改善できればめまいもなくすっきりと翌朝を迎えることができるでしょう。 


公式サイトはコチラ

耳鳴りのない夜のため対処を開始

耳鳴りは一時的なものなら我慢もでき、特に気にもならずに睡眠の障害にもならないでしょう。しかし慢性的に続く耳鳴りは病気のサインであることもあるので、早めに診断してもらうことが大切です。

寝やすい対処法を実行しても改善しない、めまいや通常の耳鳴りとは違う、耳が聞こえにくいなどの症状が長期的に続くときは病院で原因を見つけてもらいましょう。


おすすめ安眠マットレスでストレス軽減!雲のやすらぎプレミアム


参照リスト

板谷耳鼻咽喉科|耳鳴りの原因・増悪因子
名古屋第一赤十字病院|耳鳴り治療について)
厚生労働省|健康づくりのための睡眠指針 2014


スポンサーリンク