立ち方変えて腰痛改善!正しい姿勢が腰の負担を軽くする!

腰痛が軽減される立ち方を知っていますか?普段の立ち方や姿勢がどれだけ腰に影響しているのか、ここでしっかりと紹介します!腰痛緩和のための動作方法やおすすめのグッズもたくさんあるので、これらを参考に効率よく腰痛改善に励んでください!

スポンサーリンク

今の姿勢で腰は痛くないですか?

皆さんは普段自分の姿勢を気にしたことがありますか?毎日見る鏡では服装や身だしなみをチェックするだけで、あまり姿勢を気にすることはないかもしれません。しかし、我々の姿勢というものは腰痛と大きく関わっているのです。今現在腰痛で悩んでいる方は、今の姿勢こそが「腰が痛くなる姿勢」なのかもしれません。少しでも腰痛を楽にできるように、まずは正しい姿勢について紹介します。

正しい姿勢にすることのメリット

立っている時も座っている時も、正しい姿勢というものがあります。体の中でいちばん重いとされる頭、それを支える首、そしてそれらを含む上半身の支えとなっているのが腰です。考えるだけでも大きな負担がかかっている腰ですが、正しい姿勢になることでどんなメリットがあるのか調べてみました。

腰痛の改善

 「良い姿勢」とは、簡単に言うと骨や筋肉に負担がかからない姿勢のことを言います。私たち人間はS字になっている脊髄をゆがめたり、椎間板や腰まわりに負荷がかかるような姿勢をとる機会が多くあります。猫背や前かがみの姿勢、片足重心などは楽な姿勢ですから、ついついやってしまいがちではないですか?こういった姿勢が腰に負担をかけて腰痛を引き起こす原因に結びつくのです。ですから、正しい姿勢を習慣にできれば腰痛の改善に繋がるということなのです。

首・肩・膝への負担の軽減

逆に「悪い姿勢」というのは骨や筋肉に負担がかかる姿勢のこと。猫背や前かがみの姿勢は腰だけでなく、首や肩にも大きな負担がかかることになります。また、その姿勢で歩いたり走ったりをすれば膝にも負担がかかることになりますよね。そして最終的には様々な体調不良を起こすとされています。

首のコリ・・・頭痛、めまい、吐き気、だるさなど

首には頸椎があり、この中心には副交感神経が通っています。副交感神経は内臓や血管、呼吸器をコントロールするといった働きがあり私たちにとって最も重要な神経のひとつとされているんです。首のコリによって副交感神経の異常を招き、頭痛やめまい、吐き気などを引き起こすことがあります。

肩のコリ・・・頭痛、めまい、イライラ、不眠など

肩のコリが悪化すると頭部が締め付けられるような痛みが出ることがあります。脳に十分な酸素が届かなくなり頭痛やめまいの原因になることもあるんです。また、肩のコリによって長時間筋肉が緊張することで自律神経の乱れにも繋がる可能性もあります。

膝の歪み・・・外反母趾、魚の目、骨盤の歪み、股関節の痛みなど

膝は重い体を支えながら複雑な動きをしています。この膝が歪んでしまうと歩き方が変わるので外反母趾や魚の目のトラブルに繋がります。そのほかにも股関節を痛めてしまったり骨盤の歪みにも影響してくるんです。


カルナ博士
姿勢の悪さから、本当に色々な体調不良が起こるものなんじゃ!1箇所のバランスが崩れると全てに影響するドミノ倒しに似ているのう。人間の体もバランスが大切ということじゃな。

腰に負担のかからない立ち方のコツ

腰痛で悩む人は今日から姿勢を正すことを心がけましょう。まずは今現在の自分の姿勢を確認して、これから紹介する正しい姿勢とどこが違うのかをチェックしてみると良いと思います。

重心は体の中心

腰に負担がかからないようにするには重心を体の中心とすることです。頭のてっぺんから糸で吊るされているような感覚と言えばわかりやすいかもしれません。体の真ん中に1本の太い線があって、それが頭のてっぺんから上に伸びているようなイメージです。

正しい姿勢のイメージ

  • まっすぐ前を向く
  • 少し顎を引く
  • 肩の力を抜く
  • 下腹に力を入れる
  • お尻を引き締める

 この姿勢をやってみると分かると思いますが、これが結構辛い姿勢なのです。慣れれば自然とできるようになりますが、それまでは意識しないと普段の姿勢に戻ってしまうでしょう。

しかし、この姿勢ができるようになると腰が楽になるようです。なぜなら、この姿勢では重心が体の真ん中になるため腰に負担がかからないからです。同時に、首や肩、膝にも負担がかからないようになるのです。

重心を傾けた姿勢は下腹に力を入れなくて済むから楽なんですね。でも重心を傾けるということは最終的には腰痛になってしまうし、骨盤が歪む原因にもなります。

最初は難しくても、意識して正しい姿勢を覚えるようにしよう。

力を入れずにリラックス

正しい姿勢では下腹とお尻に少し力を入れるようになりますが、力を入れすぎると逆に腰痛が悪化してしまう場合があります。

腰痛持ちの人によく見られるのがお腹を突き出したような姿勢。この姿勢は楽かもしれませんが、腰を大きく反らしてしまうので腰への負担は大きいものとなるのです。また、胸を前に突き出して腰を反らせるような姿勢をする人も同じで、腰に負担がかかって腰痛を悪化させる可能性が高くなります。

最初はあまり意識し過ぎず、リラックスして正しい姿勢を練習ると良いでしょう。

力を入れることよりも、さっき紹介した「重心を体の中心にする」ということだけを意識すると自然と正しい姿勢になっていきます。

 カバンを持つときのポイント

普段持ち運びしているカバンの持ち方も腰痛に関係しています。いつも同じ持ち方をしている人が多いようですが、これは利き腕が関係するのでどうしても左右で持ちやすい方ができてしまうのですね。

しかし、毎日同じ方でカバンを持っているとどうしても重心はカバンの方に傾くことになります。これではいくら正しい姿勢に気をつけていても無意味となってしまいます。

ですので、カバンを手で持つ場合でも、肩にかける場合でも、意識して左右両方で持ち替えるように意識しましょう。

また、これは女性に多いのですが、肘にカバンを掛けて持つのはオススメできません。この場合は体を歪めるだけではなく腕に大きな負担がかかるので、肩や首がコリやすくなると言われています。また、手で持つタイプのカバンよりも、背負うタイプのカバンの方が重心は安定させやすいんですよ。背負うタイプにして腰痛が改善したという人もたくさんいます。

カルナ博士
腰痛のせいなのかはわからんが、最近は「スーツにリュック」というスタイルをよく見かけるようになったかもしれんな。このスタイルもカッコイイとわしは思うぞい。

 妊婦の場合の立ち方

腰痛持ちの女性が妊娠した場合は、お腹が大きくなることでどうしても体を反った姿勢になりやすいです。体重も増えるので、腰への負担は想像以上のものなのです。この場合の立ち方も、基本的には重心を体の中心にするように意識すると良いでしょう。腹に軽く力を入れてお尻を引き締めるイメージの姿勢です。

妊娠初期はまだお腹がそんなに大きくないので意識しやすいですが、だんだんとお腹が大きくなると難しくなるかもしれません。しかし、お腹が大きい時こそ負担も大きいので姿勢には気をつけてほしいところです。壁を使ったりテーブルを支えにしながら、できるだけ負担のかからない正しい姿勢を維持しましょう。

腰が痛くならない動作のコツ

腰痛は立っている時だけでなく、日常の様々な動作で影響してきます。そういった時にも痛みを軽減できるコツがあるので、こちらも紹介します。

寝た姿勢からの立ち上がり方

起きる時には、姿勢によって腰がねじれたり反れたりするので痛みが強く出やすいのです。痛みを軽減させるにはゆっくりと一手間加えることがポイントです。体の一部だけを勢いで動かそうとしないことです。

布団から起きるとき

  1. まず仰向けになってゆっくりと両膝を立てる。
  2. その状態から、背中から腰までを一直線にしながら横向きになる。
  3. 床に片手をつき、腰に負担がかからないようお腹の力で体を支えながらもう片方の手を肘立て状態にする。
  4. 上半身が起き上がった状態から、両手のひらを床につけて肘を伸ばし腰を持ち上げて四つん這いになる。
  5. そこから片膝をつき立ち上がる。

ベッドから起きるとき

  1. まず仰向けになってゆっくりと両膝を立てる。
  2. ベッドから出やすいように、仰向けのままベッドの端まで体をずらす。
  3. 布団のパターンと同じで、一度横向きになり肘立てで上半身を起こす。
  4. 上半身を持ち上げる動作と一緒に、足はベッドの外に出すようにする。
  5. 床に足がついたら、一旦両手をベッドに置きベッドに座ってから立ち上がる。
ひばり
なるほど!いきなり立ち上がるんじゃなくて、「上半身を起こす」といったワンクッションを置くと腰への負担も軽減されるのね♪

 椅子からの立ち上がり方

 椅子から立ち上がる時のポイントは、目線です。腰痛持ちの人に限ったことではないのですが、椅子から立ち上がる時というのは目線が足元や下向きになりがちになりませんか?そうすると前かがみの姿勢になるので腰への負担も大きく痛みを生じることになるのです。

  1. 椅子から立ち上がる
  2. 目線は斜め45度上を向くようにする。
  3. 体重の重心を少し前へ動かす。
  4. それと同時に股を閉じるように膝に力を入れる。
  5. そのまま膝を閉じながら立ち上がる。

 正しい歩き方

日本人には「膝歩き」が多いと言われています。これは上体を揺らしながら歩く方法で、常に膝が軽く曲がった状態で歩いているのです。歩くたびに頭が上下に動いて、足を踏み出すたびに体が左右に揺れる…というふうに腰にも悪く、見た目も良くない歩き方なのです。

  1. 視線はまっすぐ前へ。
  2. お腹は引っ込めるように下腹に力を入れる。
  3. お尻の筋肉を引き締める。
  4. この状態で背筋を伸ばし、膝をしっかり伸ばした状態でかかとから地面に着地する。
  5. 着地と反対側の足は、しっかりとつま先で地面を蹴る。
  6. 歩くのに合わせて自然に手を振って大股で歩く。
カルナ博士
正しい歩き方ができていると、体や頭の高さを一定に保つことができるんじゃよ。上下左右にぶれる感覚がある場合はまだまだじゃ!

 重い荷物の持ち方

これはできるだけ避けたい動作ですが、そうも言ってられません。 腰痛持ちの人の中には、重い荷物を持ったことが腰痛のきっかけになった人もいるでしょう。それくらい負担が大きい動作なので特に注意して欲しいところです。

  1. 一度膝を曲げて腰を下ろす。
  2. 荷物をできるだけ体に引き寄せて密着させる。
  3. 体全体の力を使って、荷物を真上に持ち上げる。
カルナ博士
足を伸ばしたまま上半身の力だけで持ち上げようとするのは超危険じゃ!また、荷物が体から離れているほど腰への負担が大きくなるんじゃよ。

 家事をするときの動き

日常生活で避けて通れない家事の動作も、うまくコツを掴んで快適にできるようになると嬉しいですよね。また、腰痛じゃない人も普段から気をつけることで腰痛予防をすることもできるので、ぜひ試してみてください。

掃除機をかけるとき

  • 掃除機の柄は長めに持つ。
  • 腰を曲げないように、直立姿勢で掃除機をかける。
  • 遠くまで柄を移動させたいときは、足を動かして上半身は曲げない。
  • 低い位置の掃除機がけは膝を曲げてかがむようにし、腰はできるだけ伸ばしたままにする。

風呂掃除をするとき

  • 床ぞうじは必ず片膝、もしくは両膝をついて背中をまっすぐに保つ。
  • 力を入れてこするときは、必ずお腹に力を入れる。
  • 浴槽の掃除は膝を曲げて、極力腰を曲げったりひねったりしないようにする。
  • 上下左右の移動は下半身を動かして行う。

料理をするとき

  • 椅子や足台を使って、キッチンの高さを腰を曲げなくて済むように調節する。
  • キッチンが低い場合は膝を曲げたり、椅子に座るなどして調節。
  • 上半身だけで屈んだり、ものを取ったりせず足をうまく動かす。
  • 立っている時は常に重心を中心に意識する。

洗面所を使うとき

  • 前かがみになるときは、腰より先に膝を曲げる。
  • 洗面台の高さによって足台や椅子を使い、背中をまっすぐに保てるよう調整する。
ひばり
おうちゃくしないで足を動かすということね。良く考えると、家事をする時って膝を曲げることが少ないような気がするわ…

筋トレ・ストレッチで立つのを楽にする

姿勢や動作を気をつける以外にも、筋トレやストレッチで腰痛を改善する方法もあります。

鍛える・ほぐすべき場所

腰回りについている筋肉というのは、腰椎(腰部分の背骨)を前後左右から支えて負担を軽減する役目があります。この筋肉が弱まると腰椎を構成する骨や軟骨、靭帯、関節などに負担がかかるようになり、やがて腰痛を発生させることとなるのです。特に重要な筋肉は「腹斜筋」「脊柱起立筋」「大殿筋」だと言われています。

腹斜筋

肋骨の外側から斜め下に向かって付いている「外腹斜筋」と、骨盤から肋骨に向かって付いている「内腹斜筋」で構成されていて、体を正しい位置にセットするコルセットのような働きがある。

脊柱起立筋

背中から腰へ向かう太い筋肉で、体を前に倒す時や上半身を支える時に使われる。

大殿筋

骨盤を覆うお尻の筋肉。大きな筋肉で、股関節の曲げ伸ばしや回転を助ける働きをする。

ひばり
これらの筋肉を鍛えたりほぐしたりすることで、腰をしっかりとえられるようになって腰痛も軽減できるというわけね!

 立ったまま出来る腰のストレッチ

腰回りの筋肉をほぐすことで血行が良くなり、痛みを緩和することもできます。そこで、立ったままでも簡単にできるストレッチを紹介します。これならいつでもどこでもできるので、腰がツライと感じた時に行うと良いです。

腰のストレッチ1

  1. 立った姿勢で右足を左足の前に移動させ、足を交差させる。
  2. 腰をゆっくり前に曲げていく。
  3. できる範囲まで曲げて、そのまま5秒ほどキープする。
  4. ゆっくりと体を起こす。
  5. これを左右交互に繰り返す。

腰のストレッチ2

  1. 壁を正面にして少し離れた位置に立つ。
  2. かかとが床から離れないように片足を後ろに引いて、両手で壁を押す。
  3. 背筋を伸ばしたまま、ふくらはぎとアキレス腱が伸を伸ばす。
  4. これを左右交互に繰り返す。
ひばり
これなら簡単だから、気が向いた時にいつでもできるわね。やってみると意外に気持ちがいいわ♪

 腰に負担をかけない腹筋・プランク

腰痛を改善するための筋トレ方法を紹介します!。腰に負担をかけない方法だから、腰痛持ちでも安心してトレーニングができます。

アームレッグクロスレイズ

これは主に腹筋と背筋を鍛えるトレーニングです。体が不安定になる分、体幹周りの筋肉やインナーマッスルを鍛えることもできます。

  1. 両手と両膝を床について四つん這いになる。
  2. 背筋をまっすぐに伸ばしたまま、右手を前に伸ばす。
  3. そのまま左足を後ろに伸ばす。
  4. 体を水平に保ちながら30秒ほどキープする。
  5. これを左右交互に行う。

サイドプランク

サイドプランクは鍛えることが難しい腹斜筋を鍛えることができます。腰が逃げると負担がかかるので、キツくても姿勢は真っ直ぐにすることがポイント!

  1. 横向きに寝て、肩の真下に肘をつき上半身を起こす。
  2. 両足は揃えて真っ直ぐ伸ばす。
  3. この状態から腰を浮かせて、頭の先から足の先までを一直線にキープする。
  4. これを左右交互に行う。
カルナ博士
このトレーニングは一見地味に感じるが、やってみるとキツいんじゃよ。そしてしっかり効果があるトレーニングなんじゃ!

長時間の立ち仕事の対策グッズ3選

腰痛の対策グッズは色々ありますが、どれが効果的なんでしょうか。ここではおすすめの3つを紹介します。

お医者さんのコルセット プレミアム

 Doctors Collectionシリーズの腰痛コルセットです。これは、色々な患者さんやスポーツ選手の意見を取り入れながら開発されたコルセットで人気があります。二重構造のダブルベルトクロスを取り入れているから、腰をしっかりと支えられて腰痛の緩和効果が非常に高いのです。

コルセットの締め付けが3箇所で調節できるから、オーダーメイドのように様々な体型にフィットさせることができます。また、脚の付け根に当たりにくいカーブ形状で快適に使うことができます。

サイズも多く、自分の体型に合わせて選べるのも嬉しいです。サイズによって値段が変わるので購入する前に確認しましょう。


サイズウエスト・ヒップ価格
S〜M
W58〜70cm H82〜95cm¥9,334(税抜)
M〜LW64〜77cm H87〜100cm¥9,334(税抜)
L〜LLW69〜85cm H92〜105cm¥9,334(税抜)
LL〜3LW77〜93cm H97〜110cm¥9,334(税抜)
3L〜4LW85〜101cm H102〜115cm¥11,239(税抜)
4L〜5LW93〜109cm H107〜120cm¥11,239(税抜)

購入はDoctors Collectionのサイト、または楽天やAmazonでも購入ができます。

お医者さんのコルセット プレミアム

実際に使っっている人の口コミも見てみましょう。どのくらい腰痛に効果があるのか重要ですよね。

  • 腰痛対策
    腰痛対策付け心地も良く、快適に過ごしています。 腰への負担も軽減されていると感じます。とても良い商品と思います。

    楽天 みんなのレビュー

  • 腰痛が楽になった
    装着した感じは、締め付け具合も調整出来て、腰を固定した感じもいいです。 腰の具合も着けた時と着けない時とでは全然違いとても楽です。難点と言えば、本体前部合わせ目の下部が腰の動きによって捲れ上がってしまう事。しかし、手放せないものとなりそうです。

    楽天 みんなのレビュー

カルナ博士
3段階で調節できるから、他のコルセットよりもしっかりと腰を支えられている感覚があるようじゃのう。その分腰もだいぶ楽になっとるようじゃ。

 MIZUNO 腰部骨盤ベルト

これは補助ベルト付きの骨盤補助帯ベルトです。重さは125gと非常に軽く、生地も薄いから服の下に着けていても目立ちません。体の土台と言われる骨盤をしっかりと固定することで、全体のバランスが安定して腰痛を軽減することができるんです。ダブルギア構造で背中の部分を集中的に締め込むこともできて、二重ベルトを軽く引くだけの調節ですが驚くほど固定力があります。

使用方法は、装着前にベルトを左右にしっかりと引っ張り体の前で留め、その後に補助ベルトで好みの強さに締め込みます。補助ベルがあるから女性でも簡単に装着することが可能です。

種類は3タイプあって、メッシュ生地や幅の広いワイドタイプもあります。

タイプ(全て補助ベルト付)サイズ価格
腰部骨盤ベルト ワイドタイプM-L(骨盤周囲 75~95cm)、LL(骨盤周囲 95~115cm)¥ 8,800(税抜)
腰部骨盤ベルト メッシュタイプM-L(骨盤周囲 75~95cm)、LL(骨盤周囲 95~115cm)¥ 5,900(税抜)
腰部骨盤ベルト ノーマルタイプM-L(骨盤周囲 75~95cm)、LL(骨盤周囲 95~115cm)¥ 5,900(税抜)

購入方法は、こちらも公式サイトか楽天、Amazonで購入が可能です。

MIZUNO 腰部骨盤ベルト


この商品を使っている人たちの口コミを見てみましょう。

  • とても良かったです
    飲料のケースを一日中持つような忙しい仕事で腰をいためまして。こちらのベルトは締め方の強弱が調整出来、骨盤がバラけるような腰痛が、安定固定されているけど、特有の擦れなどの痛みも無く、私はとてもつかいやすかったです。初めてこういったコルセット的なものを利用させて頂きましたが、腰痛初心者にはとても使いやすいベルトでした。ずっと治らなかった腰痛がみるみる軽減されました。個人差はあるかもしれないですがら試してみる価値はあると思います。

    Amazon カスタマーレビュー

  • 立ち仕事に強い味方
    GW中に、腰痛に見舞われ、我慢しながら、仕事に行っていました。重い荷物を運んだり、レジに立ったり、かなり辛い思いをしていた時に、パート仲間から、ベルトを貸してもらい、着用したら腰痛が軽くなり、即決購入しました。いいですよ。サイズは、普通体型の女性ならMで良いと思います。

    Amazon カスタマーレビュー

ひばり
コルセットよりも締め付けが弱そうなイメージがあったけど、骨盤はしっかりと固定されて立ち仕事も楽になったようね♪服に響かないのも嬉しいわ!

 コランコラン「Hara-maki」

これは腹巻と言ってもオシャレ腹巻なのです。隠さずに見せるタイプの腹巻で、もちろん機能性も考えられています。内側に天然鉱石が特殊プリントされており長期間ずっと暖かい状態を維持することができます。これによって腰も温められるから、腰痛の緩和やぎっくり腰の予防にもなるのです。また、女性に多い冷え性や生理痛の緩和にも効果があるから非常に人気がある商品なんですね。

コランコランの腹巻は肌に密着させるために適度な締め付け感があります。生地が薄いから着膨れもせず、肌触りもしっとりしていて気持ちがいいです。


サイズカラー価格

フリー
パープル×グレー、エンジ×オフホワイト、ブラック×ホワイト、ブラック×グレー
単色パープル、単色ブラック

¥3,790(税抜)

購入方法は公式サイトか楽天、Amazonで購入ができます。

コランコラン「Hara-maki」


では、これも口コミをいくつか紹介します。

  • 発熱素材♪
    三菱レイヨンの発熱素材の生地を使っているのでコノ価格には納得です。薄手でなのにホント暖っかい!パープルを購入しましたがダークグレイ&ダークグレイのボーダーでデザインも大変気に入りました。素晴らしいクオリティーだったので即、2枚目を注文しましたよ~。マイナスイオン効果はネックレスと違って直ぐには実感できませんが、この薄さと滑らかな肌触り&温かさで十分気に入りました♪

    楽天 みんなのレビュー

  • おしゃれで、暖かくてカッコいい。
    サイズピッタリ、見た目もかっこいいです。チラ見せ出来る腹巻なんて、今まで考えたこと無かった斬新な発想。実際チラ見せしてもおしゃれな感じで良かったです。因みに自分は、白黒です。もちろん暖かくてお気に入りの商品です。是非お勧めですね。

    Yahooショッピング レビュー

ひばり
腰痛の原因の一つに冷えがあるのよ!しかもこれは、腰痛だけじゃなく冷え防止にもなるから便利な商品かもしれないわね♪

 姿勢は立ち方以外にも気を配ろう

腰痛で気をつけたいのは姿勢だけではありません。立ち仕事ではなく、座って仕事をする人だって大勢いますので、姿勢以外での気をつけ方も調べてみました。

腰の負担を軽減する寝方

寝るときに横向きになって、背中と腰を丸める体制をとると腰への負担がなく緊張を和らげることができます。ただし、この場合は体の片側だに体重がかかるので、長時間同じ向きで寝ているとだんだんと腰に負担がかかるようにります。なので適度に寝返りを打つことがポイントです。

また、仰向けで寝る場合は足をまっすぐ伸ばすのではなく、少し曲げた状態にすると腰が楽になります。膝の下に枕やクッションを入れると自然とこの体制になることができます。 

 椅子への座り方

 椅子に座るときは、両膝をつけて膝の角度を90度にすることを意識しましょう。お尻は後ろに引き、椅子に深く座って背中を立てます。浅く座るのは楽ですが、腰には相当の負担がかかることになるのです。

またパソコンを使うデスクワークの場合は、モニターの位置も注意した方が良いでしょう。モニターの上部が目線と同じ高さになるように調整して30cm〜50cmほどの距離にすると正しい姿勢を作りやすくなります。キーボードが体から離れすぎているのも背中が丸まる原因になるので、軽く肘を曲げて操作ができるくらいの距離が理想です。

座敷での座り方

座敷に座る姿勢、つまり床に座る姿勢は全てが腰に悪いと言われています。特に「長座」「あぐら」「体育座り」は、腰の椎間板と筋肉にかかる負担が大きい座り方なので最もおすすめできない座り方です。腰のことを考えると、いちばん負担がかからないのが正座!ただ、これも膝や足首には負担がかかってしびれてしまうので完全におすすめできる座り方ではありません。しかし、他の座り方よりは断然腰に負担がかからないので、座敷に座らなければならないシーンでは正座を選ぶようにしましょう。

しびれにくい方法としては、正座をしたときにかかとをお尻がはまるように広げるという方法があります。膝も指が3本くらい入るように軽く開くと良いです。座敷に座る際にはぜひ試してみてください。

車の運転の仕方

腰痛持ちの人にとっては運転も憂鬱なものです。この場合のポイントは、シートに深く座って腰の部分にクッションやバスタオルをかませると負担はかなり減らすことがでます。他にもハンドル位置やシートポジションのポイントもあるのでまとめてみました。

シートの角度:深く座って状態でヘッドレストに頭をつけ、この状態で楽に前方を見れる角度に合わせる。

シートポジション:膝を軽く曲げてペダルに足が乗る位置にシートを調整する。

ハンドルポジション:軽く肘を曲げて、ハンドルの10時10分の所に手が置ける高さに合わせる。

これで調整すると腰への負担が少なく正しい姿勢が保てるので、運転も億劫にならないかもしれません。

腰痛予防は立ち方から変えよう

腰痛には色々な原因が考えらますが、そもそもは姿勢が原因になることがほとんどです。普段から正しい姿勢を癖づけておけば、ぎっくり腰や腰痛の予防ができることにもなるし、ちょっと負担をかけても痛めてしまう確率は低くて済みます。腰痛グッズに頼るのも良いですが100%頼ってしまうのではなく、今回紹介した方法で、自分の力で改善をしていくことも大切だと思います。

1つしかない自分の体なので、きちんとケアをしながら毎日を快適に過ごしましょう!

参照リスト

(タケダ健康サイト|腰痛の原因)
(厚生労働省|運送業務で働く人のための腰痛予防のポイントとエクササイズ)
(サワイ健康推進課|姿勢でリセット! 腰痛対策)

スポンサーリンク