腰痛に電気治療は効果ないって本当?症状が悪化する可能性あり!?

腰痛になったときに、電気治療してもらうと効果があるのでしょうか?どうして症状が悪化することがあるのか効果を検証し、おすすめの治療法を調査しました。つらい痛みをなんとかしたいあなたも、腰痛を解消して身軽な体を手に入れましょう。

スポンサーリンク

電気が走るほどの痛みを何とかしたい

腰痛があり、体にビリッと電気が走るような痛みはなんとかしたいものですよね。痛みが怖くて立つときに恐怖心を感じてしまうことも。電気の走るような痛みを電気の力で改善するという電気治療は、本当に効果があるのか知りたい人も多いと思います。しかし「症状が悪化した」「効かない」という体験談も多いのが気になるところ。知らないで続けていると、お金だけかかって損をする可能性も。今回は、電気治療とは何かをおさえたうえでその効果を検証、さらにおすすめの腰痛治療法をお伝えします。

カルナ博士
つらい腰痛、本気で悩むもんも多いじゃろ。本当に電気で治るなら、わしも試してみたいものじゃな。
ひばり
博士、治療の直後は良くなるけど、効果が長続きしないという人もいるのよ。みなさんも気になっているその辺のところに注目しながら、効果の程を検証していきますね。

腰痛の電気治療とは

そもそも腰痛の電気治療とは一体何なのでしょうか?電気治療の種類と特徴から見ていきましょう。

電気治療の種類と特徴

電気治療は身体の麻痺に対して行われている治療法で、「治療的電気刺激法」と「機能的電気刺激法」の2種類があります。

治療的電気刺激法

治療的電気刺激法は、電気で身体に刺激を与えることにより、筋力を強化したり、循環を改善したり、関節の動きを正常化したり、痛みを軽減することを目的として使われている方法です。腰痛の改善のために使われるのがこちらの方法です。

機能的電気刺激法

一方機能的電気刺激法は、電気で身体に刺激を与えることで得られた筋肉の収縮を、毎日の動作として使う方法です。上半身は日常生活で行うさまざまな動作、体幹や下半身は立ち上がったり歩いたりするのに使われます。アスリートの筋肉トレーニングや、病気やけがなどで手足が動かせなくなってしまった人のリハビリに使用されています。


これらの電気治療は、はじめのうちは手作りの電極を使って行っていましたが、アナログから徐々にコンピューターを使用した電気治療ができるようになり、長期的に安定した治療が行えるようになってきました。「経皮的埋め込み電極」という電極を使う方法は、一般的に低周波治療と言われている方法で、「経皮的電気神経刺激療法」と呼ばれます。知覚神経などに電気を流し、痛みを軽減させ、筋肉のコリをほぐします。

経皮的埋め込み電極は、表面電極に比べ、身体の奥深くにある神経まで比較的少ない電圧で到達することができると言われています。経皮的電気神経刺激療法は従来使用者を悩ませていた断線トラブルも比較的少なく、厚生省からも承認を得ている電気治療法です。

治療は慢性の腰痛に適用

治療は慢性的に腰痛がある人に適用されます。急性の腰痛は、患部を冷やすことで改善が期待されます。電気治療は患部を温めるので、ぎっくり腰などの急性の腰痛への対処として行うと悪化する可能性があります。筋肉が固まってしまっているタイプの腰痛の人は、電気治療によってコリがほぐされ、血行が良くなるので適していると考えられます。つまり電気治療は、長い間腰痛に悩まされている人に適した治療法だということです。

治療の効果ははっきりしない

しかし、電気治療の効果ははっきりしていません。治療後一時的な除痛の効果は期待できるのですが、治療に関しては無効であるという研究結果と、有効であるという研究結果の両方があり、現時点では治療が有効かどうかは確定していません。どうしても痛みががまんできなくて1日も早く痛みを止めたい人には良いのかもしれませんが、長期的な改善を求めることはできないようです。

ひばり
これが、治療直後に効果を感じられるけど、すぐに効かなくなると言われている理由ですね。でも、腰が痛いのに通院するのは大変!そこで、家でできる治療法も紹介します。

毎日通院できない人に家庭用電気治療器

毎日通院できない人は自宅で治療を行う方法もあります。気軽にマッサージできる家庭用電気治療器を使うのも1つの手です。

電気治療器を使うメリット

家庭用電気治療器は、自分で電極を取り付けて、機械から電気を流すもので、さまざまなメリットがあります。

  • 通院の手間がない
  • 病院での治療より安上がり
  • 好きなタイミングで使える
  • 手軽でコンパクト
  • 好きな位置に電極をつけられる

もっとも大きなメリットは通院しなくて良いということ。毎回通院するのでは時間もかかってしまうし、心の準備も必要ですが、家庭で使えれば好きな時間に電気治療器を取り出して、ささっとマッサージできますね。

電気治療器の選び方

電気治療器は機能、値段、使いやすさ、口コミなどを参考にして選びましょう。パッドの枚数は2枚のものがほとんどですが、4枚のものを選ぶとより本格的な治療が叶えられます。値段は2,000円前後のものから2万円程するものまでさまざまな種類があります。2,000円前後のものだと、強弱がつけられなかったりモードが変更できなかったりするので、少なくとも4,000円前後のものがおすすめです。

他にも広範囲のコリをほぐせるパッドの大きなものなど、それぞれに特徴があるので、口コミや特徴を充分にチェックしてから購入すると良いでしょう。簡単に持ち運べるコンパクトなものなど、使い勝手の良さにも注目しつつ、お財布と相談しながらお気に入りの家庭用電気治療器を探してみましょう。

おすすめの電気治療器

それでは、おすすめの家庭用電気治療器を紹介します。

オムロン電気治療器 HV-F5200

痛みをおさえ、コリをほぐす機能に加え、温熱サポーターを使った温熱治療機能がついて、広範囲を包み込むことができる電気治療器です。一般的な2枚のパッドではなく、パッドが4枚ついて、病院での治療のような広範囲の治療を可能にしています。この電気治療器は、本格的な電気治療と、治療後の温熱治療まで叶えられるので、病院で行う治療に限りなく近い体験ができると言われています。

使用の目安は1日1~2回程度、1ヵ所1回15分。気持ちが良いからといって長時間使い続けることはやめましょう。価格は¥20,800(税込)、家庭用の治療器としては良い値段ですが、口コミも良いので効果に期待ができそうです。何度も治療することを考えれば元は取れる値段だと思います。本格的な治療を受けたいけれど、通院が大変な人に特におすすめの1台です。


  • 買って良かった!
    5/5
    夫が整体院にある機械が欲しいと言いだし、これに行きつきました笑 バットが4枚あり、両サイドに一度で取り付けられるのが良いです。コリモード痛みモードがあり関節の痛みにも効果的です。そして、温熱治療もできるという高性能!家で簡単にマメに治療ができるということを考えると高くないです。 オムロンのいうのも信頼度が高いです。 買って良かった!

    アマゾン商品レビュー

 「痛みの軽減に効く」という口コミが多く見られました。しまいこんでたどり着けなくならないように、手の届くところに置いておきたいですね。たたくモードやコリモードなどの機能も気になるところ。やはり、家で簡単に治療できるというのが最大の魅力ですね。これだけで腰痛が完治することはないと思いますが、マッサージ代わりに1台あると便利ですね。

オムロン電気治療器 HV-F5200はこちら

Q&A腰痛の電気治療

腰痛の電気治療について、気になる疑問を解決しておきましょう。

通院頻度の目安は?

腰痛の状態や担当医の判断によって変わります。痛みが激しい場合は毎日通院を薦められる場合もあります。気になる場合は、担当の医師に聞いてみましょう。


妊娠していても治療は受けられる?

極超短波以外は胎児には影響がほぼないと言われているので、治療は受けられます。電流は皮膚や神経には届くのですが、内臓までは到達しないということなので、妊娠していてもほぼ影響はないと考えられていますが、妊婦さん自身が不安になるようでしたら、受けない方が良いでしょう。妊娠中にストレスを感じることはおすすめできないので、他の対策を考えるのがおすすめです。

電気風呂でも腰痛に効果ある?

電気風呂に入る場所によって刺激の強さも変わるので、一概に効果があるとは言えません。電気風呂は、身体の中に金属が入っている人は絶対に入ってはいけません。虫歯の治療で銀歯を付けている人も要注意です。強い電力が通る電気風呂もあるので、疲れているときや、病中病後、睡眠不足や栄養不足のときにも入らない方が良いでしょう。

カルナ博士
電気風呂に入る前には必ず全身をチェックするんじゃぞ。指輪を外し忘れて入ると痛い目に合うんじゃ……。
ひばり
博士、痛い経験があるような言い方ね。ちなみに、電気治療では金属が入っている場合は問題ないと言われていますが、金属が体内に入っている場合は医師にその旨を伝えておきましょう。

腰痛の完治には努力が必要

腰痛を完治させるためには電気治療だけでなく、普段の生活でも努力が必要です。日頃から行える方法を探し、改善につなげましょう。

姿勢を直して負担を減らす

腰痛は姿勢の悪さからきていることも考えられます。姿勢を直して体への負担を減らしましょう。正しい座り方は、いすに深く腰をかけ、背もたれにわずかにもたれかかる姿勢。前傾姿勢は腰に負担がかかりやすいと言われています。太ももは床と平行に、足裏はぴったりと床につくように座りましょう。立つ姿勢は、猫背にならずに背筋を伸ばしてお尻を突き出さずにまっすぐ立ちます。

また、荷物を持つときは急に高い姿勢のまま持つのでなく、足を曲げて腰を低くしてから持つのがポイントです。腰を高くしたままだと腰を痛める可能性が高くなります。また、荷物をぴったりと体に引き寄せてから持つ方が負担がかかりません。こういった正しい姿勢を意識することで、身体への負担が減り、ぎっくり腰にもなりにくくなります。

良い姿勢のポイント

  • 猫背にならない
  • 前傾姿勢にならない
  • 深く腰かけて座る
  • お腹を突き出さないで立つ
  • 荷物は体に引き寄せてから持つ

筋力維持のため運動をする

腰回りにある筋力が足りないために腰痛を感じる場合もあります。筋肉を鍛え、腰痛予防につなげましょう。鍛えるべき筋肉は脊柱起立筋、腹斜筋、腰方形筋、梨状筋、大殿筋、ハムストリングなど、体幹や腰から太ももにかけての筋肉です。ストレッチやウォーキングなどの軽い有酸素運動で筋力アップを狙いましょう。

仕事の合間にストレッチ

では、簡単なストレッチの手順を紹介します。腰回りの筋肉を鍛えることで、血行が改善することもありますよ。

<座ったままできるストレッチ>

  1. 体育すわりをします。
  2. ひざの下に手を組み、両手で両ひじをつかみます。
  3. そのまま足を伸ばしていきます。
  4. 30秒間その姿勢をキープします。

<立ったままできるストレッチ>

  1. 足を肩幅に開いて立ちます。
  2. 前屈をして床に手をつき、四つん這いの姿勢になります。
  3. 手を交互に前に出し、腕立て伏せの姿勢になります。
  4. 足を交互に前に出し、前屈の姿勢に戻ります。
  5. 3回繰り返します。

どちらのストレッチもゆっくりと、無理はせずに行うことが大切です。筋肉の伸びを感じながら毎日少しずつ行いましょう。

暴飲暴食をやめて肥満の予防

どんなにストレッチなどで筋力をアップしても、暴飲暴食をしていては太ってしまい、身体に負担がかかる原因になってしまいます。バランスの良い食事を心がけ、肥満を予防しましょう。毎日3食、揚げ物や外食などの脂っこい食事は控え、和食中心の食事をすると良いでしょう。ビタミンやミネラル、カルシウムなどの摂取も腰痛予防には効果的だと言われています。野菜やフルーツなどを上手に食卓にプラスできると良いですね。

規則正しい生活で疲労を溜めない

また、規則正しい生活習慣を身につけることも腰痛予防に有効だと言われています。毎朝同じ時間に目覚め、同じ時間に寝る、同じ時間に食事をとるなど、規則正しい生活をしていると、身体がストレスを感じにくくなります。身体のリズムが整うので、前日の疲労をため込まずに一日が過ごせるようになるのです。たっぷり睡眠をとり、ストレスを溜めない生活も大切です。できるだけ規則正しいリズムを守り、健康的な生活を送ることで腰痛予防をしていきましょう。

検査を受けて病気なら治療

腰痛には骨や筋の異常以外にも、内臓疾患や心療内科要因の病気、女性特有の生理などの場合もあります。日頃のケアで治るものもあれば、治りにくいものもあるのです。症状が気になるなら、一度病院で検査を受けることをおすすめします。医師による適切な治療を始めることで、症状が改善していくことも多いものです。

痛みが我慢できない時の対処法

慢性的な痛みもあれば、急な強い痛みに我慢ができないときにもありますね。そんなときの対処法を確認しておきましょう。

無理しないで安静にする

急な痛みを感じたら、まずは横になることが一番です。家事の途中でも一旦家事は中止して、安静にすることを最優先にしましょう。ここで無理をしてしまうと、痛みが長引いてしまう可能性もあります。痛みがひくまでは安静にしていましょう。ただ、あまり安静にしすぎるのはよくありません。痛みが楽になったら動ける範囲は動かすようにすると、治りが早くなるとも言われているので、ひどい痛みがおさまったら寝込むことはせずにゆっくりと体を動かしましょう。

腰痛に効くツボを刺激

腰痛に効くと言われているツボを刺激するのも良い方法です。腰や手足にあるツボを紹介します。

腰にあるツボ

おへその反対側にある腰の中央にあるツボです。親指でグリグリともみほぐすように押します。腰をゆっくりと回しながら押すとより効果的だと言われています。

手にあるツボ

手の甲の人差し指と中指、薬指と小指の骨の間にあるツボです。反対側の人差し指と親指で2つのツボをつまむようにしてもみほぐします。

ひばり
1日に2~3回、1~2分ずつ刺激すると良いみたいですよ。

市販薬の服用

なかなか治らない腰痛には、市販薬の服用で内側からケアするのもおすすめです。市販薬には次のようなメリットがあります。

  • 手軽に使える
  • すぐに効果が期待できる
  • 簡単に手に入る

腰痛をどうにかしたい人は市販薬を使ってみるのも良いでしょう。中でもおすすめの市販薬が「ビタトレールEXP363錠」です。目の疲れや肩こり、腰の痛みに効くとされている商品で、ビタミンB群が豊富に含まれています。腰痛の痛みを緩和するというビタミンEやしびれを緩和すると言われる成分も配合されています。価格は3,980円(税込)、ちょっぴり甘いトーワ錠なので、飲みやすいと思いますよ。

内容量飲み方価格
363錠成人(15才以上)1日1回2〜3錠
11才以上15才未満 1日1回1錠
3,980円(税込)

ビタトレールEXP363錠はこちら

腰痛は電気治療だけでの完治は難しい

腰痛の電気治療は効果がはっきりしていないというのが正直なところです。電気を身体に流すことで、治療直後の効果は期待できるのですが、長時間持続する効果はないと考えられています。そのため、腰痛は電気治療だけでは完治は難しいと考えて良いでしょう。腰痛は電気治療に頼るのではなく、腰回りの筋力をアップさせたり、規則正しい生活習慣を身につけるなど、予防的な治療法がおすすめです。日々の努力の積み重ねで腰痛をじっくりと治していきましょう。

参照リンク

Mindsガイドラインセンター|腰痛診療ガイドライン 2012
きし整形外科内科|理学療法(電気治療)の紹介
独立行政法人 国民生活センター|家庭用電気治療器具類に関する消費者相談にみる問題点

スポンサーリンク