夏バテの症状と対策方法。楽しく夏を乗り切るために知っておきたい!

なんとなく体調が優れない日が続く夏バテはどんな症状が現れやすいのでしょうか?夏バテを放置すると夏風邪やうつ症状などの別の病気につながる可能性もあります。原因を知り、予防と早めの対策を取ることで楽しい夏を過ごすための情報をお届けします!

スポンサーリンク

毎日暑くて、疲れがとれないし、お腹の調子も悪いような…

夏になると食欲がなくなったり、眠りが浅く疲れが取れないと感じることはありませんか?暑いのにお腹だけ冷えてゴロゴロしたり下痢をしてしまうなど、なんとなく体調が優れない日が続く場合はもしかしたら夏バテを起こしているのかも知れません。今回は夏バテに多く見られる症状や予防対策方法を見ていきましょう。

あなたはどれかあてはまる?セルフ夏バテチェック

暑さでやる気が起きず、なんとなく体調が悪い日が続いたら夏バテを疑ってみましょう。夏にやりがちな生活習慣が体調不良を引き起こしている場合もありますので、まずは日常を振り返りながらセルフチェックをしてみましょう。当てはまる項目が多ければ既に夏バテを起こしている可能性も考えられます。

多く当てはまったら要注意!夏バテセルフチェック

  • 食欲が出ず、なんとなく気分が悪い
  • 冷たいジュースやアイスを多く摂っている
  • 冷房の効いた室内で過ごす時間が長い
  • お風呂はシャワーで済ませることが多い
  • 暑さで寝つきが悪い。夜中に何度も目が覚める
ひばり
夏バテというくらいだから夏に体調を崩すことを指すために使われがちですが、本来は夏の暑さで体が弱り、秋の初めに体調を崩すことを表すようですよ。気温差の激しい梅雨の時期に夏バテを起こすこともあります。


夏バテといっても症状はさまざま!

一言に夏バテと言っても、具体的にはどのような症状が現れるのでしょうか。

全身の倦怠感・疲労感がとれない

夏バテのときに見られる症状として代表的なものが、全身のだるさと疲労感です。暑さのせいで睡眠不足になり疲れが取れず、日中も眠気や疲労感が残ったまま暑さにさらされることになるので、だるさが続くだけでなく食欲不振などの別の夏バテ症状に繋がることもあります。

食欲がない

エアコンの効いている室内と、強烈な日差しが降り注ぐ室外の温度差により自律神経が乱れると消化器の機能が弱まり食欲がなくなってしまうことがあります。これによりエネルギーや栄養が不足し、だるさや疲労感が増す原因にもなります。

胃腸の働きが悪い

暑いときはアイスや冷たいジュースしか喉を通らなくなってしまうこともありますが、冷たいものを摂りすぎると胃腸に負担がかかり便秘や下痢を起こしやすくなります。胃腸の働きが悪くなると、食べ物をなかなか消化できず胃もたれや吐き気を催すこともあります。

自律神経が乱れる

暑さで食事がとれなかったり睡眠不足が続くと、活動時に働く交感神経とリラックス時に働く副交感神経のバランス(自律神経)が崩れてしまいます。自律神経が乱れると立ちくらみやめまいなどの身体的な症状だけでなく、イライラしたり無気力になるなど精神的な症状が現れることもあります。

子供の場合

遊ぶことが大好きな子供は、暑さも気にせずに遊び続けてしまうことも珍しくありません。遊び疲れてぐったりとしているのか、夏バテを起こしてしまったのかを見分けて対処する必要があります。

「だるい」「クラクラする」などと訴えることができない子供の場合は、以下のチェックポイントを注意してみてみましょう。

子供の夏バテを見極めるポイント

  • 機嫌は悪くないか
  • 嘔吐していないか
  • 微熱はないか
  • 食欲はあるか
  • 下痢や便秘をしていないか

ひばり
お子様の場合は特に微熱や嘔吐の症状が現れることが多いようです。その他にも普段と変わった様子がないかチェックしましょう。体重を測る習慣をつけておくのも良いですね。


ペット(犬・猫)の場合

全身が毛でおおわれている犬や猫も、人間と同じように夏バテを起こすことがあります。どちらも呼吸が荒くなったり、食欲がない、多量のよだれを出すなどの症状がでてきたら要注意です。嘔吐や痙攣を起こすようならば濡れタオルなどで体を包み体温を下げつつすぐに獣医師の判断を仰いでください。

ペットの場合、暖かくなってきた4~5月頃に夏バテを起こすことが多いようです。エアコンをドライモードでかけるなど早めに空調対策をしてあげると良さそうです。


カルナ博士
だるさから下痢まで色々な症状があるんじゃのう。別の病気でも似たような症状がでることもあるじゃろうし、この症状が出ているから夏バテだと勝手に判断してしまうのも危険そうな気もするのう

夏バテと熱中症はどう違うの?

夏バテの症状として現れやすい吐き気やめまい、下痢などは実は熱中症の初期症状としても見られることがあります。夏バテと熱中症の初期症状は似ていますが、特に熱中症は対応が遅れると命の危険を伴う可能性もあります。

ここで夏バテと熱中症の初期症状の違いを表で確認してみましょう。

​夏バテ​​ 熱中症初期​
​起こりやすい環境​​高温多湿・気温差​​ 高温多湿・無風​
​主な原因​​ 自律神経の乱れ​​ 脱水​
​体温​の変化​平熱~微熱​​ 微熱~​
​有効な対策​​栄養補給・睡眠​​体を冷やす・経口補水液​


カルナ博士
うーむ。パッと見では夏バテと熱中症の区別はつきにくそうじゃのう。
ひばり
そうね…。熱中症はすぐに対応しなければみるみる悪化していく可能性がありますが、夏バテはジワジワと、長期的に体調が優れない日が続くことが一般的と言えるかもしれません。

熱中症の重症度は軽い順にⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度に分類されます。Ⅰ度ではこむら返りやめまいを起こしやすく、Ⅱ度では吐き気や頭痛、倦怠感Ⅲ度になるとけいれんや過呼吸、ショック状態を起こすなどし緊急を要します。

どちらにしても体調が優れないなと感じたら、水分を取って風通しの良い場所で休むなど早めの対応を心掛けたいですね。

長引く夏バテをほっておくと・・・

「たかが夏バテだから」「秋になれば治るはず」などと言って夏バテを放置すると症状が深刻化したり、隠れた別の病気の発見が遅れる心配も出てきます。

夏風邪&脱水症状にまでなってしまうかも

夏バテによって食欲が落ちるなどすると、免疫力が低下し夏風邪にもかかりやすくなります。冬の風邪とは特徴が異なり、咳はあまり出ず喉の痛みと下痢や微熱が長引くことが多いようです。暑さによる汗に熱や下痢が加わり脱水症状を起こしやすくなりますので、こまめな水分補給をすることが大切です。

別の疾患がでてくるかも

暑さとの因果関係は不明ですが、「夏バテが酷く痩せてしまった」「暑さでフラフラする。貧血かも」と思っていたら甲状腺の病気や直腸がんが見つかった例もあります。夏バテと思い込んでいるだけで実は別の病気だったり、食欲不振や寝不足がそのような重大な疾患を進行させている可能性もありますので、おかしいなと感じたら早めに内科を受診しましょう。夏バテの場合も点滴やビタミン剤を処方してもらうことで改善が見込めます。

また、夏バテと間違えやすいものにうつ病などの精神的疾患も挙げられます。夏バテによる疲労が溜まり身も心もグッタリとしてくるとうつ病を発症してしまうこともありますし、夏バテとうつ病の初期症状は似ている所があるため見逃しやすいとも言われています。


ひばり
楽しいイベントが待っている夏を元気に過ごすためにも、早めの対処を心掛けたいですね。


夏バテの原因

「暑いんだからバテるのは仕方がない」と思ってしまいがちですが、夏にとりがちな行動が夏バテを起こすきっかけを作っている可能性もあります。原因を知り、正しい夏バテ解消方法を考えていきましょう。

水分とミネラル不足

高い気温や強い日差しの影響で上昇した体温を適切に保つため、夏場はたくさんの汗をかきます。汗と同時に水分やミネラル分も排出してしまうため脱水症状をおこしたり、疲れやすくなり胃腸の調子が悪くなることもあります。

高温多湿の環境下では汗をかいても蒸発しにくく体温が下がらないため、次第に身体は汗をかくことを止めてしまいます。この場合は体に熱がこもった状態になるため、熱中症に発展しやすくなると考えられています。

食欲不振で偏った食事に

暑いときはどうしてもアイスクリームやジュースなどを摂りたくなりますが、冷たいものを摂取しすぎると胃腸が冷えてしまいます。暑さや胃腸の冷えによって消化機能が落ちてくると、胃がもたれたり吐き気を感じるなどして食欲もなくなってしまいます。当然身体に必要な栄養も不足していき体調不良に陥ります。

温度差による自律神経の乱れ

冷房の効いた室内と猛暑の室外とでの温度差が激しいと、体温を一定に保とうとする自律神経の対応が追い付かず身体に大きな負担がかかることになります。自律神経が乱れ体温調節が上手くできなくなると頭痛やめまい、吐き気など様々な夏バテ症状を起こしやすくなります。室内外の温度差は5度以内に調節することが好ましいとされていますので、扇風機を併用するなどして涼しく感じる工夫をすると良いでしょう。

睡眠不足で疲労を回復できない

夜間の気温が25度以上になる熱帯夜では、寝つきが悪くなったりすぐに目が覚めてしまうなど睡眠不足に陥りやすくなります。ぐっすりと深い眠りを得ることで成長ホルモンが分泌し疲れを取ったり成長を促すため、睡眠不足では疲労回復ができず夏バテを起こしてしまいます。

高めの温度設定でエアコンを使用したり、冷感敷きパッドを取り入れるなど朝までぐっすり眠れるような工夫をしましょう。

こんな状態が続くと要注意!夏バテの主な原因

  • 汗の量に対して水分が足りていない
  • 冷たいものしか喉を通らない
  • 温度差の激しい屋内外を行き来している
  • 暑さで眠れないことが多い


ひばり
冷たいものの摂りすぎやエアコンの効きすぎで身体の芯から冷えてしまうことも夏の不調の原因になりそうですね。特に冷え性の女性は夏でも首元や足首、腰回りを温めるようにすると胃腸への負担軽減が期待できますよ。

日ごろからできる予防・対策方法

調理法で食欲UP&栄養バランスに気を付けて

暑い日はコンロの前に立つのもつらいものですが、電子レンジを活用するなどの工夫をして冷たいものばかりを摂取しないようにしましょう。生姜や柚子胡椒など食欲を増進させるスパイスを取り入れるのもおすすめですが、明らかに胃腸が荒れていると感じる場合は刺激になりますので控えた方が良さそうです。

食欲が落ちているときは、量よりも質を重視した食事を心がけましょう。疲労回復に効果的な豚肉やウナギ、ビタミンやミネラルを多く含む野菜や果物などもバランスよく取り入れたいところです。

夏バテ気味の時にも比較的取り入れやすいオススメのレシピは「マンゴーバナナスムージー」です。胃の働きを助け吐き気や食欲不振に効果的なマンゴーと、胃もたれしにくく素早いエネルギー補給が可能なバナナは夏バテ対策にピッタリなのです。

材料(2人分)
バナナ1本
マンゴー約100g
牛乳150~200cc

作り方
(1)バナナとマンゴーを角切りにする。
(2)材料をすべてミキサーにかける。
(3)角切りにしたフルーツを冷凍して作ると、フローズンドリンクにもなります

Source: ヘルスケア大学

マンゴー、バナナともにカリウムが豊富に含まれていますので、沢山汗をかくことで不足しがちな水分やカリウムを効率的に摂取することができます。特に牛乳とバナナは相性がよく、心身を安定させたり「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンの分泌を促します。この幸せホルモンが夏バテからくるうつ状態の緩和や心地よい睡眠をサポートする役割を果たしてくれそうです。

水分補給も忘れずに行う

水分補給は喉が渇いたと感じる前にこまめに摂るのがポイントです。水分や塩分が不足すると発汗が止まりますので、「汗をかいていないから大丈夫」という考えは危険です。特に外出前や入浴前、就寝前など汗をかきやすくなるタイミングでは忘れずに水分を補給しておきましょう。

多量に汗をかく場合は塩分が不足しやすいので、スポーツドリンクや水1リットルに小さじ4分の1程度の塩を溶かした食塩水を摂ると良いでしょう。

エアコンは26~28度ぐらいに

暑いところから冷房の効いている室内に入った時の爽快感はなかなかのものですが、室内外の温度差が5度以上になると自律神経が乱れやすくなります。冷房は高めの温度設定にし、湿度を下げる工夫をしたり扇風機を併用しましょう。

オフィスや店内のように自分で温度調節ができない場合は上着やストールをかけ、直接エアコンの風に当たらない様にしましょう。

睡眠時間は充分にとる

体力を消耗しやすい夏場の睡眠はとても大切で、深い眠りにつくことで成長ホルモンが分泌され、一日の疲れを取ることができます。一晩中冷房を効かせてしまうと翌朝身体がだるくなることもあるため、タイマーを利用したり設定温度を高めにするなどして快適に眠れるように工夫しましょう。

心地よい睡眠を得るための対策としては他にも湿度を50~60%に保つ、冷却マットなど涼しく感じる寝具を使う、氷枕を利用するなどの方法もあります。エアコンや扇風機を使う場合は風が直接体に当たらない様に調節しましょう。

もし昼間に仮眠を取れるならば、15分程度横になるようにすると疲労回復につながります。

市販薬でしのぐ or 病院で診察してもらう

これまでに挙げた対策方法にプラスして、市販薬を利用するのもひとつの手段です。疲労回復に効果のあるビタミンB類を多く含むものを選びましょう。

それでも一向に改善しない場合や夏バテの症状が長引くときは早めに内科を受診するようにしましょう。

こわ~い夏バテ、しっかり対策しよう

夏バテは熱中症やうつ病などとの見分けがつきにくく、夏バテを放置することでそれらの病気に進行してしまうこともあります。毎年夏バテに悩まされている人も、そうでない人も、本格的な暑さがやってくる前に生活習慣を整えて元気いっぱいで夏のレジャーやイベントを楽しみたいですね。

スポンサーリンク