女性でも加齢臭対策!体の内外からアタックせよ

おじさんたちが悩むイメージのある加齢臭ですが、実は40代を超える頃から女性にも対策が必要なのをご存知でしょうか?女性にも加齢臭が起こるメカニズムと覚えておきたい対策、ニオイに悩まされない体作りについてまとめてみました。

スポンサーリンク

体調の変化が著しい40代女性、ニオイも!?

肌がたるんだり体型がゆるんだり、ウツウツとしたりイライラしたり……変化の波が激しすぎて体も心もいっぱいいっぱいという40代女性は多いはず。そんな女性たちに更なる悩みとなって襲いかかるのがニオイ問題です。男性だけのものと思われがちな加齢臭ですが、実は女性も無関係ではありません。ところで、女性の加齢臭とはどんなものでしょうか?

オンナの加齢臭問題アリ

おじさんの特権、そんなイメージもある加齢臭ですが、男女の性差は関係なく、年を取れば誰でもニオイが強くなる傾向があるようです。さっそく、女性の加齢臭について見ていきましょう。

どんな臭い?

加齢臭が起こるメカニズムは男性も女性も同じだと言われています。ですが、一般に“古本のようなカビ臭さ”や“チーズのようなすっぱいニオイ”、“ろうそくのような油っぽい感じ”と表現されることが多い加齢臭ですが、女性の加齢臭は男性よりもツンと鼻につくニオイと表現されることが多いようです。

また、本来なら加齢臭を発する年齢ではない20代や30代の中にも、自分のニオイを心配している人がいます。こうした若い世代がニオイを感じる原因には次のようなものがあります。

  • 口臭:加齢や不調によって腸内の悪玉菌が増えて、悪臭をともなう物質・スカトールが発生
  • 口臭:お酒の飲みすぎで肝臓の働きが低下
  • 疲労臭:疲労やストレスによって活性酸素が増えて、汗のニオイが変化

これらはいわゆる加齢臭には当たりません。しかし、口臭や疲労臭は加齢とともに強まっている可能性があるため、加齢臭としてまとめて対策を取っておくと安心です。

女性ホルモンの減少で皮脂分泌が増加

加齢臭のイヤなニオイの原因はノネナールと呼ばれる物質です。ノネナールは皮脂線にあるパルミトレイン酸と呼ばれる脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで発生します。女性ホルモンには皮脂分泌を抑制する働きがあるため、女性は男性に比べてノネナールの発生が少ないと言われています。しかし、35歳を超えた頃から女性ホルモンの分泌が少しずつ減るにしたがって皮脂の分泌が増え、ノネナールが増えてしまうのです。

また、男性は60歳を過ぎると、皮脂を分泌する働きがある男性ホルモンが減ることで加齢臭が弱まるのに対し、女性は減り続ける女性ホルモンの影響で加齢臭がどんどん強くなる傾向にあるのです。

加齢で抗酸化力が低下・脂肪酸が増加

女性ホルモンの影響の他にも、女性の加齢臭を強める要因が抗酸化力の低下です。呼吸によって体内に取り込まれた酸素は、そのほとんどがエネルギーとして使われますが、残りは酸化してサビついてしまいます(=活性酸素)。体内をサビつかせないように働きかける抗酸化作用は、加齢によって40歳くらいから弱り始め、細胞内での活性酸素が少しずつ増えていきます。すると、活性酸素によって皮脂の酸化が促されて脂肪酸が増加。その結果、ノネナールの量が増えるため、加齢臭を強めることになるのです。

加齢臭の発生場所と対策方法

加齢臭の元となるノネナールは皮脂線で作られるため、加齢臭のあのニオイは皮脂線が多く集まる場所から発生しやすいようです。ですので、加齢臭対策には皮脂線が集まる場所を重点的にケアすることが大切になるのです。さっそく皮脂線の集まる場所と対策法をチェックしてみましょう。

胸・背中・デリケートゾーン・脇・耳裏

胸と背中のゴシゴシ洗いは逆効果!

皮脂腺が集まる部位の中でも、とりわけニオイが気になりやすいのが胸と背中です。どちらも上半身にあることから鼻にニオイがつきやすく、加齢臭を自覚するのも胸と背中のニオイであることが多いと言われています。

石鹸でゴシゴシ洗えば、ニオイもニオイの元も洗い流せそうな気がするかもしれませんが、これは大きな間違いです。ゴシゴシ洗いをすると肌の角質が傷つけられ、肌をバリアするために皮脂の分泌が活発になります。つまり、ゴシゴシ洗うことでかえって皮脂が増え、ニオイが強くなることがあるのです。加齢臭を抑えるには、ぬるま湯やキメ細やかな泡で肌表面の汚れだけを浮かせて洗い流すようにしましょう。

デリケートゾーンと脇のニオイには汗対策が必要

顔から流れる汗は水のように透明でサラッとしていますよね。これはエクリン腺と呼ばれる汗腺からの汗で、成分の99%が水のためです。一方、デリケートゾーンや脇にはアポクリン腺と呼ばれる汗腺が多く、ここからの汗にはたんぱく質・脂質・アンモニアなどの成分がいろいろ含まれるため、皮膚の常在菌と結びついてイヤなニオイを生み出しやすいのです。つまり、脇とデリケートゾーンのニオイでは菌の増殖を抑えることもポイントになります。

脇のニオイにおすすめの商品:デオナチュレ ソフトストーンW

有名コスメサイトで人気第1位に輝く商品がこちら。抗菌作用で知られるミョウバンの結晶、天然のアルム石を原料にしたロールオンタイプのデオドラント剤で、直塗りすることで成分が直接働き、長時間効果を持続します。

内容量価格主な成分メモ
20g880円焼ミョウバン白浮きやベタつきがないのも人気の理由。

デオ・ナチュレ 公式サイトはコチラ!

耳裏は細部までしっかりもみ洗い

耳の後ろにも皮脂腺が多く集まっていますが、複雑な形をしているせいか洗い残しが起こりやすく、加齢臭のニオイが強くなりがちなスポットです。お風呂に入ったときに細部までしっかり洗うことが、何よりのニオイ対策になります。また、残った石鹸カスもニオイの元になるので、よく洗い流すこともお忘れなく。耳にはリンパ管やツボも多く集まります。軽くもみほぐすように洗えば、老廃物が流れて皮脂や汚れがたまりにくくなるかもしれませんよ。

顔のTゾーン

おでこから鼻にかけてのTゾーンと言えば、メイク後のテカリが気になる場所ですよね。そのテカリこそ皮脂腺が活発な証拠です。40代からはメイク崩れだけではなく、加齢臭にも注意しておくといいでしょう。

Tゾーンの加齢臭対策は正しい洗顔が基本です。体の他の部位と違って、顔は皮膚が薄くデリケートです。ちょっとした刺激でも肌が傷つき、皮脂の分泌が促されてしまいます。

  • ぬるま湯を使う
  • 手でこするのではなく泡でもみ洗いする
  • できるだけ短時間で洗う
  • 洗顔料を残さないように流す
  • 清潔なタオルで水を吸い取るように拭く

上記のポイントに気をつけてやさしく丁寧に洗うようにしましょう。また、洗顔後は乾燥を防ぐためにすぐに保湿するようにしてください。

頭皮・生え際

頭のニオイは自分ではなかなか気づきにくいものですが、枕のニオイにドキッとした経験がある人も少なくないでしょう。実は頭皮からは加齢臭の元であるノネナールの他にも、常在菌と皮脂とが結びついて発する脂臭が出やすいため、汗をかく季節を中心に強いニオイを発することが多いのです。頭皮や生え際のニオイ対策にも、清潔に保つことと菌の増殖を抑えることが欠かせません。しっかり泡立てたシャンプーで指の腹を使ってやさしく洗い、シャンプーが残らないようにしっかり洗い流すようにして下さい。

きちんと洗っているのにニオイが気になるなら、ドライヤー不足が原因でニオイが強くなっている可能性があります。髪に覆われた頭皮は菌が好むジメジメとした環境になりやすいので、シャンプー後は頭皮をしっかり乾燥させて菌を住みにくくさせることが肝心です。また、年をとるとともに皮膚が弱り、シャンプーによる刺激で乾燥が進んで、逆に皮脂が増えてしまうこともあります。そんなときには頭皮の保湿にも力を入れてみましょう。

頭皮・生え際の保湿におすすめの商品:h&s 頭皮ケアマッサージクリーム

h&s独自のジンクピリチオンは頭皮の常在菌の働きを抑制するとされる成分。そのジンクピリチオンをトリートメントの1.5倍も配合し、頭皮の乾燥やかゆみといったトラブルを和らげてくれます。フケが気になる人にもおすすめです。

内容量価格主な成分メモ
185gオープン価格ジンクピリチオン液頭皮に直接つけて1分間マッサージして洗い流すだけでOK。

h&s 地肌ケアマッサージクリーム 公式サイトはコチラ
消臭スプレー

朝晩どれだけケアしていたとしても、日中にじわじわと強くなる加齢臭のニオイは本当にツラいものです。そこで消臭スプレーを持ち歩いて、ニオイレベルを押さえるのも効果的です。ドラッグストアに並ぶ制汗デオドラントスプレーを使ってもいいですが、白浮きや刺激が気になる人は天然由来のミョウバンを使った手作りスプレーがおすすめです。食品にも使われるミョウバンは消臭・制汗・抗菌作用があると言われ、ヨーロッパなどでは古くからデオドラント剤として使われてきました。

ミョウバン水の作り方

  1. 水300mlにミョウバン10gを混ぜ合わせる
  2. 一晩置いて、ミョウバンを完全に溶かす
  3. ペットボトルなどの保存容器に移す

ミョウバン水は10倍に薄めたものを携帯型のスプレーに入れて使いましょう。そのままスプレーしてもいいですが、特にニオイが気になるときにはハンカチなどにスプレーして拭き取るといいでしょう。

また、ニオイを和らげるのに香水を使うのもアリです。女性の加齢臭はツンとした香りが特徴なので、酸味のある柑橘系の香水を選べば、加齢臭のニオイに反発することなく自然とイヤなニオイを和らげてくれます。加齢臭が気になるからと香水をかけすぎてもニオイトラブルになってしまいますので、適量を心がけてくださいね。

体の中からニオイ&サビ対策

加齢臭の原因や気をつけたい体の部位などを見てきましたが、生活習慣にほんの少し気配りするだけでも、ニオイの原因となる皮脂や活性酸素(体内のサビ)を減らすことはできると言われています。

ひばり
皮脂だけじゃなく、体内のサビつきを減らせたら、アンチエイジングにもよさそうね♪
カルナ博士
加齢臭対策をすれば、より若々しく健康な体を手に入れることもできそうじゃな、ひばりくん。

ホルモンバランスを整える食生活

体内の活性酸素(サビ)が加齢臭の元になります。実は体内にはこの活性酸素を抑制する働きがあるのですが、加齢や紫外線、ストレスなどで弱まってしまうため、日ごろから抗酸化パワーのある食べ物を摂っておくことが大切です。

抗酸化作用が期待される栄養素と食べ物

  • ビタミンC:じゃがいも、いちご
  • ビタミンE:ナッツ類、アボカド
  • リコピン:トマト、すいか
  • ポリフェノール:カカオ、赤ワイン
  • イソフラボン:豆腐、納豆、豆乳
  • ペクチン:りんご、みかん
  • 亜鉛:牡蠣、、レバー

また、梅干しやわかめなどのアルカリ食品を摂ると乳酸の働きが抑えられ、ノネナールが発生しにくくなると言われています。便秘など腸内トラブルからのニオイには、善玉菌を増やすとされる食物繊維やオリゴ糖がおすすめです。肉などの動物性脂肪の摂りすぎもニオイを強くする原因とされるので、洋食よりもヘルシーな和食を選ぶようにしましょう。

規則正しい生活を

一見関係がなさそうに見えますが、規則正しい生活と加齢臭のニオイには密接な関係があります。たとえば、寝不足が続くと、疲れから活性酸素がたまりやすくなり、ニオイが強くなります。また、運動不足になれば血行が悪くなり、老廃物や乳酸がたまってニオイの元となります。夜はしっかり眠り、日中は適度に体を動かし、疲れと汚れをお風呂で落とし、できるだけストレスをためない。そんな当たり前の生活を送れるように心がけましょう。

活性酸素を増やさない習慣

活性酸素を増やしてしまう習慣を避けることで、体内の活性酸素の量を抑えることもできます。抗酸化作用のある食品を積極的に摂ることも大切ですが、活性酸素を作りすぎない生活を送ることも重要です。

  • 紫外線や喫煙:体に悪影響とされる物質などから体を守るために活性酸素が発生する
  • ストレス:ストレスを緩和させるために分泌されるホルモンとともに活性酸素が作られる
  • 激しい運動:呼吸が増すことで体内の酸素量が増え、活性酸素も増える
  • 過度の飲酒:アルコールを分解するときに活性酸素が発生する

ニオイケアサプリもチェック

ニオイを効率よく抑えるのにサプリメントを取り入れるのもおすすめです。抗酸化作用が期待される栄養素や消臭効果が期待される成分などをサプリで選ぶといいでしょう。また、ノネナールを発見した資生堂の研究所から“毎日100mg摂取することで加齢臭が抑制された”と発表されたコエンザイムQ10も、加齢臭対策として知っておきたい栄養素です。

おすすめサプリ1:森永製菓「天使のポリフェノール パセノール」

抗酸化作用のあるポリフェノールの1種、ピセアタンノールが豊富なパッションフルーツ。その種子から抽出した独自成分パセノールに、ビタミンCや葉酸、プラセンタなどを配合し、女性の美と健康をサポートしてくれるサプリです。

内容量価格主な成分(4粒あたり)メモ
60粒(約15日分)ナイアシン10mg、ビタミンC60mg、葉酸155μg、パッションフルーツ種子エキス(パセノール)300mg、 プラセンタ1,100mg初めてならお試しモニターとして1,000円で購入可能。

天使のポリフェノール 購入はコチラ!

おすすめサプリ2:フルコーポレーション「Feクロロフィル」

体臭だけではなく、口臭や汗など気になるニオイ全般にアプローチしてくれるサプリです。桑の葉を原料とした天然成分クロロフィルによるデトックス効果、水溶性の食物繊維イヌリンによる整腸効果で、腸内からニオイの元を断つことが期待されます。

内容量価格主な成分(2粒あたり)メモ
30カプセル(15~30日分)2,036円(税込)鉄クロロフィリンNa150mg気になる便臭も抑えてくれます。

Feクロロフィル 購入はコチラ!

おすすめサプリ3:小林製薬「コエンザイムQ10」

小さな2粒で60mgものコエンザイムQ10を摂ることができるサプリです。抗酸化作用のあるビタミンEや胃腸の働きを正常化するとされるビール酵母も配合されるなど、加齢臭対策にうれしい成分がギュッと詰まっています。

内容量価格主な成分(2粒あたり)メモ
60粒(約30日分)1,944円(税込)コエンザイムQ10 60mg、ビタミンE60mg、ビール酵母234.2mg定期お届けコースを選べば1,749円(税込)で購入可能。

コエンザイムQ10 購入はコチラ!

アンチエイジングのケアはお早めに

女性ホルモンの減少など、体の老化とともに増える加齢臭なので、年を取れば多かれ少なかれ誰の身にも訪れる悩みでしょう。けれど、活性酸素を抑えたり、健康的な生活を送ったりすることで、症状を軽くすることはできるようです。そのためには、早いうちからのアンチエイジングがおすすめです。見た目ばかりではなく、体の内側から若々しさをキープすることが大切でしょう。

参考リンク

こうレディースクリニック
資生堂プレスリリース

スポンサーリンク