ハーブインタケダの効果で便秘解消!副作用で腹痛はある?

女性特有の便秘に大きな効果を発揮すると言われるハーブイン「タケダ」。「試してみたいけど、どうして便秘に効くの?副作用は?」と不安を抱いて1歩を踏み出せないあなたのために、成分・効能・副作用の有無を徹底リサーチしてお届けします。

スポンサーリンク

何日も便秘が続いて調子が悪い…

便秘に悩む女性の救世主ハーブイン「タケダ」は、植物由来の大黄エキスと甘草エキス末を豊富に配合した自然派便秘薬。鈍化した腸の働きを活性化させて、服用者の便秘を解消してくれると言われます。しかし、ある条件の人が服用したり、用法用量を誤ると副作用が発症することも……。今回はこの便秘薬の効果・成分のご紹介の他、副作用を回避するために守るべきこと、服用量に注意すべき人なども併せてご紹介していきます

ハーブイン「タケダ」

ハーブインタケダとは

ハーブイン「タケダ」とは、1781年に創業した老舗の医薬品会社武田薬品工業が製造・販売している自然派の便秘薬。自然派と銘打つだけあり、植物から摘出したエキスを主な成分としています。そしてこの便秘薬は、女性特有の辛い便秘に着目し、研究・開発が行われたもの。ターゲットを絞っているので、当てはまる人はより高い効果が期待できるでしょう。では、いったいこのハーブイン「タケダ」がどんな症状の便秘に着目して開発されたのかを確認してみましょう。

薬の特徴

研究されたのはこんな症状

  • 生理前の便秘
  • 便が固くなるタイプの便秘

ハーブイン「タケダ」が着目したのは、この2つの症状。生理前の便秘はまさに女性特有のものですね。普段は問題なくとも、この時期になると便秘に悩まされるという方は少なくありません。また、女性は便が固くなるタイプの便秘になりやすいとも言われていますので、ハーブイン「タケダ」は、便秘に悩む女性の救世主だと言っても過言ではないでしょう。

そして生理前の便秘・便が固くなるタイプの便秘には、とある共通点が存在します。それは腸の運動機能が低下することによって引き起こされると言われている点です。これはハーブイン「タケダ」の効果を語る上でも、便秘の予防・改善のためにも欠かせない情報ですので、後ほどじっくりと解説していきます。ここでは、ハーブイン「タケダ」は、生理前の便秘、そして便が固くなるタイプの便秘に効果が期待できることを確認して、次へと進みましょう。

製品の基本情報

生理前の便秘・便が硬化してしまうタイプの便秘。この2つの症状を徹底的に研究して開発されたハーブイン「タケダ」ですが、ではこの商品はいったいどこで、どれくらいの価格で販売されていて、どんな成分が配合されていているのでしょうか。今度はこの3点をご紹介します。

ハーブイン「タケダ」の基本情報


  • 商品名……ハーブイン「タケダ」
  • 製造元……武田薬品工業株式会社
  • タイプ……錠剤
  • 内容量……24錠/72錠
  • 価格(24錠)……840円(税抜き)
  • 価格(72錠)……2,000円(税抜き)
  • 区分……第2類医薬品

ハーブイン「タケダ」公式サイト

販売について

ハーブイン「タケダ」は第2類医薬品。一般医薬品ですので、各薬局で購入することができます。また、これまで第一類・第二類医薬品はオンライン販売が禁止されていました。しかし薬事法の改正により、平成26年6月から条件を満たした通販サイトでのみ販売が解禁されています。このため、ハーブイン「タケダ」もネット購入が可能になっていますので、ライフスタイルに合わせて薬局か通信販売かを選択することが可能です。

成分について

ハーブイン「タケダ」の主成分はハーブより摘出した「大黄(ダイオウ)エキス」「甘草エキス末」と、便に水分を与えるとされる湿潤性下剤の「DSS(ジオクチルソジウムスルホサクシネート)」です。主成分の内、2つが体に優しい自然由来の成分であるのは、大きなポイントですね。では次は、これらの成分がどのような効果をもたらすのかを便秘のメカニズムと共に明らかにしていきます。

ハーブインタケダの成分と効果

自然由来の成分を2つも採用しているハーブイン「タケダ」。その成分の配合バランスは以下の通りです。

主な成分含有量(4錠あたり)
大黄エキス405.8mg
甘草エキス末67mg
DSS24mg

また、この主成分の他に、以下の添加物も配合されています。

ケイ酸Ca、クロスカルメロースNa、ステアリン酸Mg、セルロース、ヒプロメロース、酸化チタン、三二酸化鉄

Source: ハーブイン「タケダ」


大黄エキスが大量に配合されていますね。これは、生理前の便秘、そして固くなるタイプの便秘に、大黄エキスが大変効果的だと判断されたからでしょう。では何故大黄エキスが効果的だと判断されたのでしょうか。それを知るためには、排便の仕組みと、便秘発症の詳しいメカニズムを知る必要があります。

排便の仕組み

私たちが口にした食品は、エネルギーに変換され、消化・吸収された後、大腸へと運ばれていきます。固形物がゆっくりと搾りかすになって運ばれていくさまを想像してしまいますが、胃で溶かされているので、大腸へはドロドロに溶けた液体状で到達します。そしてここ大腸から直腸に運ばれる過程で、腸壁によって水分を吸収され、徐々に固形化していくのです。そうやって固形化した便に圧迫され、腸が便を外へ押し出そうと蠕(ぜん)動運動を行うのだと言われています。

生理前の便秘、そして便が固くなるタイプの便秘は、この過程にある問題が発生することによって腸の蠕動運動が鈍くなり引き起こされるのだと考えられています。では、それぞれの発症原因が何にあるのか。次はこれを確認してみましょう。まずは生理前の便秘からご紹介していきます。

生理前の便秘はこうして起こる

女性の体は生理前になると女性ホルモンの1つ、黄体ホルモンを活発に分泌するそうです。これは妊娠に備えるための働きだと言われています。とても大切な働きですね。しかしこの黄体ホルモンが増えると、便秘が発症してしまうことも確認されているのです。

専門家曰く、これは黄体ホルモンがもつ「体に水分を溜め込むように働きかける性質」が原因とのこと。黄体ホルモンにより水分を溜め込むよう指示された体は、水分の排出を極力防ごうと働くのだとか。これは腸も例外ではないそうなのです。なんでも、いつも以上に腸壁が便の元となる液体から水分を吸収してしまうらしく、こうして水分を過剰に吸収されながら固形化された便は、小さく、そしてカチカチに固くなってしまうとの言われています。

生理前の便秘がどうして起こるのか。このメカニズムが見えましたね。小さな便では充分に腸を圧迫刺激することができない。そのことによって腸の蠕動運動が鈍化し、便の排出が困難になるこれこそが、生理前に便秘が発症してしまうメカニズムの1つだったのです。また、便がカチカチに固まってしまっていることにも注目しなければなりません。鈍化した蠕動運動では、固い便を押し出すのは困難だと専門家は指摘しています。生理前の便秘が頑固なのは、この負の連鎖によるとのこと。かなり厄介なメカニズムです。しかし、便が固くなってしまうのはこれだけが原因なのでしょうか?次は、便が固くなるタイプの便秘のそのメカニズムに迫ってみましょう。

便が固くなるタイプの便秘はこうして起こる

黄体ホルモンの働き以外にも、便を固くしてしまう原因はあります。それは体の水分不足。水分が不足しだすと、体は黄体ホルモンの呼びかけに関係なく、水分の排出を防ごうと動き出します。その結果、腸壁が水分を過剰に吸収してしまい、腸の蠕動運動の鈍化へと繋がるとのこと。生理前以外に便が固くなり、排出がスムーズに行われない原因は、水分不足にあるようです。

では、2つのメカニズムが分かったところで、いよいよ「どうして大黄エキスがこの2つの便秘に有効的なのか」という疑問に移りましょう。

大黄エキスで大腸活性化

どうして大黄エキスが2つの便秘に有効的なのか。この答えは非常にシンプル。大黄エキスが、腸の蠕動運動を活発化させる成分だと考えられているからです。そのため、腸の蠕動運動低下によって引き起こされる「生理前の便秘」と「便が固くなるタイプの便秘」には、ピンポイントで効果を発揮することが期待できるでしょう。また、大黄エキスとは、ダテ科ダイオウ属にカテゴライズされる薬用植物から摘出した有効成分のこと。天然植物から摘出したエキスですので、決して怪しいものではありません。

甘草エキスで大黄エキスをサポート

そして、大黄エキスの次に多く配合されている甘草エキス末ですが、こちらも薬用植物から摘出した有効成分の1つとのこと。甘草と呼ばれる、マメ科の多年草から摘出しているそうです。そしてこの甘草エキス末には、大黄エキスの働きをサポートする特性が発見されているのです。そのため、大黄エキスと甘草エキス末が配合されているハーブイン「タケダ」は、より腸の蠕動運動を活性化し、排便を促してくれる便秘薬だと考えることができます。

DSSで便に水分

最後の主成分DSSとは、ジオクチルソジウムスルホサクシネートと呼ばれる湿潤性の下剤です。公益社団法人日本薬学会によると、このDSSは便に水分を吸わせやすくする性質があるとのこと。そして水分を吸って膨張した便が、腸を刺激し蠕動運動を促す効果があるとしています。

これら3つの主成分だけで、見事に「生理前の便秘」、そして「便が固くなるタイプの便秘」を改善してくれる要素が揃いました。これは高い効果を期待できそうです。しかし、逆に成分が利きすぎて、下痢を起こしてしまうなどといった副作用も心配になります。そこで、次はこのハーブイン「タケダ」を服用することで起こり得る副作用と、副作用を防止するための方法をご案内していきます。

飲み方と副作用

ハーブイン「タケダ」に限らず、便秘薬には下痢・腹痛などの副作用が現れる可能性が指摘されています。この副作用は主に体質とコンディションの低下中、そして用法用量を守らなかった場合に現れるようです。

飲むタイミングと用量下痢・腹痛の副作用あり

薬を服用するときは、必ず用法用量を守らなければいけません。より強力な効果を得たいからといって、用法を破ったり、定められた用量以上に服用しないようにご注意ください。ハーブイン「タケダ」の場合は、次のように用法用量が定められています。

ハーブイン「タケダ」の用法

  • 飲む回数……1日1度
  • タイミング……就寝前
  • 飲み方……水、またはぬるま湯で嚙まずに服用
  • 効果が表れる時間……服用後約8時間~10時間後

ハーブイン「タケダ」の用量

年齢服用量(2~3日排便が止まっている場合)服用量(4日以上排便がない場合)
11歳未満服用禁止服用禁止
11歳~14歳1~2錠2~3錠
15歳以上2~3錠3~4錠

妊娠中、授乳中、月経中、体調不良、持病をお持ちの方はこの限りではありません。以下に記載した禁止事項、注意事項を参考にしてください

必読!ハーブイン「タケダ」の禁止事項

  • 用法用量から逸脱した服用……必ず用法用量を厳守しましょう
  • 他の下剤と一緒に服用すること……副作用を呼び起こす危険性があります。
  • 11歳未満の服用……禁止されています。服用させないように注意しましょう。
  • 授乳中の方の服用……警告されています。誤って服用した場合は、授乳しないように
  • 妊娠中の方が主治医に無断で服用する行為……医師に無断での服用は危険です。
  • 治療中の方が主治医に無断で服用する行為……医師に無断での服用は危険です。
  • アレルギーをお持ちの方が主治医に無断で服用する行為……医師に無断での服用は危険です。
  • 継続して毎日服用する行為……体が薬に慣れ、効果が薄れます。
  • 使用期限の軽視……使用期限の過ぎた薬を服用してはいけません。

以上の9点は厳守してください。また、この他にも細かな注意事項がありますので、薬についてくる添付文書を熟読の上、指示に従って服用するようにしてください。また、添付文書は以下のリンク先でも確認できます。

ハーブイン「タケダ」の添付文書(pdf)

必読!ハーブイン「タケダ」の注意事項

  • 服用時間は就寝前……他の時間では効果が発揮される時間、効力に変化が起こり得ます。
  • 未成年の服用は保護者の下で……保護者の目の届かないところでの服用は危険です。
  • 初回は最小量を服用……経過を確認後、量を調整することが推奨されています。
  • 月経中の方は服用量を控えめに……副作用を呼び起こす危険性があります。
  • 体調不良の場合は服用量を控えめに……副作用を呼び起こす危険性があります。
  • 一ヶ月以上の連続した服用は専門家の指導の下で……医師や薬剤師に相談してください。

保管方法

  • 誤飲を避けるため、子どもの手の届くところにおかない。
  • 誤飲、品質の変化、使用期限の見逃しを避けるため、容器の移し替えをしない。
  • 開封日より6ヶ月以内に使い切るように。
  • 直射日光や湿気を避けて保管するように。

直射日光と湿気は、ハーブイン「タケダ」の品質を変化させてしまいますので、注意が必要です。

下痢・腹痛の副作用あり

ハーブイン「タケダ」では、以下の副作用が引き起こる可能性があります。

  • 皮膚に発疹、発赤、かゆみなどの症状
  • 激しい腹痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢

以上の反応が出た場合は、すぐに服用を中止し、医師の診断を受けてください。また、診断を受ける際は商品名、成分などが分かるパッケージや添付文書を持参すると診察がよりスムーズになっていいでしょう。詳しくは製品の添付文書をご確認ください。

それから、ハーブイン「タケダ」を服用後に尿の色が濃くなる、赤色に近くなることがあるようです。これは大黄エキスの影響ですので、人体に影響はないとのこと。ただし、その他の症状が共に出た場合は例外です。医師の診断を受けるようにしてください。

ハーブインタケダの服用時のポイント

次は服用時のポイントについてみていきましょう。

服用時のポイント

ハーブイン「タケダ」は、「便が水分を吸い上げられて固く小さくなってしまい、その結果腸の蠕動運動に影響が出ている便秘」に焦点を絞っている製品です。このタイプの便秘に悩まされている人は、より効果を得られるはずです。しかし、気をつけなければいけないのが、効果が出るまでにおよそ8時間から10時間かかること。服用日に気を配らなければ、通勤中、通勤後に便意が訪れてしまうこともあるので、この点にお気をつけください。

カルナ博士
強烈な波がきてもいいように、自宅待機できる休日にあわせての服用がおすすめじゃぞ!

ひばり
まずは、自然治療。それでもダメならハーブイン「タケダ」。頼りになる便秘薬が控えていると思うと、焦りが減ってイライラの解消に繋がるかもしれませんね!


カルナ博士
効果がない場合は、上限を守りつつ服用量を増やすのじゃ。それでもダメなら、ひょっとすると体に別の問題があるのかもしれん…。
5日服用を続けても効果を得られなかった人は病院に行くのじゃ!「便秘薬を5日飲んでいるが、効果がない」旨を伝えるんじゃぞ。成分が分かる添付文書を持っていくと診察の役に立つぞい!

効果を得られなくても病院へ!?

服用を続けても効果が得られない場合は、以下の3つの原因が考えられます。

  1. 痙攣性(けいれんせい)の便秘を患っている可能性
  2. 体質に合わなかった可能性
  3. 体になんらかの問題がある可能性

この内のどれが原因であれ、病院へ行って診察を受けることが大切です。今からその理由をご紹介しますので、ぜひ一読ください。

ストレスの多い人は痙攣性便秘かも

1つめの痙攣性便秘についてですが、この便秘は腸の蠕動運動が活発になりすぎたことが原因で発症する便秘と言われます。そのため、腸の蠕動運動を活性化させるハーブイン「タケダ」を服用しても、効果は期待できないでしょう。逆に悪化させてしまう可能性も捨てきれませんので、服用は避けることをおすすめします。

そしてこの痙攣性便秘の特徴は、ストレスの多い人が患いやすいこと、多くの場合腹痛を伴うこと、便秘と下痢を交互に繰り返してしまうなどが挙げられます。この症状のいずれかに思い当たる節がある方は、医師の診断を受け、適切な治療に努めてください。

こんな体質の人には効果が薄い

5~6日服用し続けているのに効果がない。この場合は、体質が原因かもしれません。ハーブイン「タケダ」の主成分は「大黄エキス」「甘草エキス末」「DSS」です。これらの成分は、便秘薬以外に用いられているものもあります。そのため、これまでに他の薬や漢方から成分を摂取し続け、に耐性がついてしまっている可能性が考えられます

この場合は、残念ですが効果は思うように得られないでしょう。飲み続けてさらに耐性をつけてしまう前に服用を止め、医師に相談してみましょう。

なんらかの疾患が影響しているかも

5~6日間服用を続けても便通がこない場合、体質の問題とは別に体になんらかの疾患がある可能性も考えられます。たかが便秘と甘くみずに、医師の診断を受けてください。

病院へ行くときは

病院に行く際は、可能なら商品名と成分が確認できるものを持参するといいでしょう。そして「こういった効果のある成分を含んだ便秘薬を何日間服用しているが、効果を得られない」と伝えてみると尚いいでしょう。今回の場合は、「腸の蠕動運動を活性化させる効果と、便に水分を吸収させやすくする効果を持つ便秘薬を5日間服用しているが、まったく便通がない」旨を伝える感じです。

ただ、これらは伝えれば診察の役に立つ程度ですので、提示できなくとも問題はありません。ですので、尻込みせずに必ず診断を受けるようにしてください。恥ずかしいかもしれませんが、医師は慣れています。体を壊す前に適切な治療を受けましょう。

薬に頼らない便秘解消法

便秘薬は大変効率的な便秘解消法ですが、薬ばかりに頼るのも考えもの。頻繁に服用していれば、いつかは体に耐性ができてしまうかもしれません。そこで今度は薬に頼らない便秘の解消方法を3つご紹介します。

1)適度な運動で腹筋強化

便が小さく固まり、腸の蠕動運動が低下してしまっているタイプの便秘には腹筋の強化が効果的でしょう。腹筋は腸の蠕動運動を刺激する大切な筋肉だと言われています。この腹筋が落ちていると、いきんだとしても力が充分に伝わらず、蠕動運動が活発に行われないとのこと。便の小型化で内側からの刺激が低いうえに外側からの刺激まで低ければ、蠕動運動を促進することはできないでしょう。もし腹筋の衰えを感じているのであれば、以下のトレーニング法をお試しください。

おすすめの腹筋法

  1. 仰向けに寝て、膝を立てます
  2. 足を腰幅程度に開きます
  3. 両腕を頭の後ろに回します
  4. 顎を軽く引きます
  5. 腹筋をキュッと引っ込めながら、上半身を肩甲骨が浮くところまで起こします
  6. 息を吸いながら姿勢を戻します

ポイントは呼吸です。身体を起すときに息を吐き、戻すときに息を吸うようにしてください。これを1日30回。きつければ、15回を2セット行ってみてください。

水分補給も大切!

ここで、1度便が硬化してしまう原因をおさらいしてみます。この原因は、2つありました。1つは黄体ホルモンの働きにより水分を溜め込むように体が支持を受けたため。そしてもう1つは、水分不足のため体が自動的に水分を溜め込むように働いたからだと考えられていました。どちらも水分を溜め込もうとした結果です。このことから分かるように、便の硬化を防ぐには体が水分を溜め込まずに済むよう、小まめな水分の補給が欠かせません。特に腹筋をして汗をかいた後はしっかりと水分を補給しましょう。

また、水分はぬるま湯でゆっくりと補給することをおすすめします。冷たい水をゴクゴクと飲んでしまうと、腸が驚いて働きが鈍ってしまう恐れがあるのです。

食事で繊維繊維を多くとる

腹筋運動はちょっと……と言う方は、食事を見直してみましょう。便通をよくする食物繊維を豊富に摂ることが便秘改善の鍵という考えは広く知られています。そこで、効率的な食物繊維の摂取方法をご紹介します。あまり知られていませんが、食物繊維には種類が存在し、以下のように分類されているそうです。

種類特性含有量の多い食材
不溶性食物繊維
  • 水に溶けない
  • 消化酵素で分解されないので腸まで届く
  • 水分を吸収して膨らむ
  • きくらげ
  • 干しシイタケ
  • 切り干し大根
  • いんげん豆
水溶性食物繊維
  • 水に溶けやすい
  • 糖質の吸収を抑える
  • 整腸効果がある


  • ドライプルーン
  • アボガド
  • 切り干し大根
  • ゴボウ

不溶性食物繊維とは

不溶性植物繊維には、水分を吸収して膨らむ性質があるのだと言います。そのため腸内で水分を吸収し、便を膨らませてくれるのです。膨らんだ便は腸壁を圧迫刺激しますので、蠕動運動が活発になり排便を促してくれるとのことです。そのため、便が小さく固まってしまうタイプの便秘に効果的と言われます。

水溶性食物繊維とは

水溶性食物繊維には、腸内の善玉菌を増やす整腸効果と、腸内の毒素を吸収し便にしてくれる整腸効果があると考えられています。そのため、善玉菌不足で弱っていた腸の機能が回復し、便秘の改善に繋がるのではと期待されています。善玉菌不足の方におすすめの栄養素です。ヨーグルトや善玉菌を配合してあるサプリメントと一緒に摂取してみましょう。

W食物繊維で便秘改善効果がアップ!

以上の結果を見ていると、便が小さく固まってしまうタイプの便秘には、不溶性食物繊維さえ摂取しておけばいいと思えますね。しかし、不溶性食物繊維だけを摂取していても、便が膨らむばかりで便秘が改善されない事例も多くあるそうです。そのため、整腸効果のある水溶性食物繊維も同時に摂取して、腸の働きをさらに促進させてあげるのが便秘改善に効果的とのこと。

また、善玉菌不足の方もヨーグルトと一緒に水溶性食物繊維を積極的に摂取しながら、不溶性食物繊維も補佐として摂取していくことで便を膨らまし、蠕動運動を促進させると、より便秘改善の効果が見込めるようです。食物繊維はWで。これが便秘改善の近道になるようです。

サプリを飲む

腹筋運動も食事改善も無理そうだという方は、サプリに注目です。善玉菌のサプリで簡単に腸内環境を整えてしまいましょう。

おすすめ【乳酸菌革命】

  • 商品名……乳酸菌革命
  • 内容量……62粒(1ヶ月分)
  • 価格(単品)……2,880円(税込)

乳酸菌革命のおすすめポイント

  • 16種類の乳酸菌を含む。
  • 16種類の乳酸菌の中には、「ビフィズス菌」「ラブレ菌」「ガセリ菌」の3大乳酸菌も。
  • 乳酸菌が腸まで生きたまま届く。

乳酸菌革命

体質改善で便秘知らず

以上、ハーブイン「タケダ」の特集でした。この便秘薬は幅広い症状向けの薬ではなく、ターゲットをギュッと絞り込んだものでした。条件に一致するタイプの便秘には、大きな効果が期待できそうです。生理前の辛い便秘に悩まされている方、カチカチに固まった便に悩まされている方は、ぜひこのハーブイン「タケダ」にご注目ください。

ハーブイン「タケダ」




スポンサーリンク