ヘビースモーカーに定義なし!?それでもタバコは禁煙推奨

ヘビースモーカーの定義を知っていますか?日常でなにげなく使っている言葉ですが、実は明確な定義は定められていません。今回は、巷の意見や禁煙外来で健康保険が適用される基準などを参考に、ヘビースモーカーの意味について一緒に考えていきましょう!

スポンサーリンク

1日何本吸えばヘビースモーカー?

「自分はヘビースモーカーなんだ」「誰々さんってヘビースモーカーだよね」このようにヘビースモーカーという単語はよく使われますよね。しかし、ヘビースモーカーの定義はなんなのでしょうか?一日に何本以上吸えばヘビースモーカー?何ミリ以上のタバコを吸っていればヘビースモーカー?今回は、このような疑問について解説します。また、タバコのリスク、タバコの本数を減らす工夫なども併せて解説するので、是非参考にしてみてくださいね!

おすすめサプリメント!臭ピタッ!

ヘビースモーカーの定義とは

国や医学で定義はない

まず、ヘビースモーカーの定義についてですが、実は明確な定義はありません。最近では、国や行政によって様々なタバコ対策が行われていますが、ヘビースモーカーの定義は定められていません。また、医療の範囲でも同様に、特に定義はないのです。つまり、ヘビースモーカーというのは、「たくさんタバコを吸う人」程度の意味なのですね 。

しかし、呼気中の一酸化炭素濃度によってヘビースモーカーであるかどうかを決める方法は存在します。タバコを吸うと、呼気中の一酸化炭素濃度は高くなります。この一酸化炭素濃度によって、客観的に喫煙レベルを判断するのです。そして、ヘビースモーカーだと判断されるのは、呼気中の一酸化炭素濃度が25~34ppmの人です。ちなみに、呼気一酸化炭素濃度によって判断される喫煙レベルの名称は他にもあります。

呼気一酸化炭素濃度(ppm)喫煙レベル
0~7ノンスモーカー
8~14ライトスモーカー 
15~24ミドルスモーカー
25~34ヘビースモーカー
35以上超ヘビースモーカー 

また、呼気一酸化炭素濃度は禁煙外来でも測定してもらうことができます。

普通のヘビースモーカーの認識は?

では、一般的なヘビースモーカーの認識はどうなっているのでしょうか?様々な意見をみてみましょう!

1日1箱(20本)以上でヘビースモーカー?

確かに、1日1箱は「たくさん」吸っていると言えそうですよね。

2箱以上はヘビースモーカー?

1日に2箱ということは40本。活動時間が1日18時間とすれば、1時間に2~3本吸っている計算になりますね。もうこれは「たくさん吸っている」と言えますよね。

一方こんな声も

1日に1箱であれば、ヘビースモーカーではないという意見。「たくさん」という感覚は人それぞれということが分かりますね。

禁煙外来で基準はある?

禁煙したいのにタバコがやめられないということで悩んでいるのならば、誰でも禁煙外来を受診することができます。しかし、保険適用されるには、いくつかの基準を満たす必要があります。その基準の一つがブリンクマン指数が200以上であること。ブリンクマン指数とは、喫煙が健康に及ぼす影響を数値化したようなものです。つまり、数値が高くなれば高くなるほど、肺がんや脳卒中などの病気になるリスクが高くなるということです。計算方法は、

1日の平均喫煙本数×喫煙年数

で算出することができます。例えば、1日に20本のタバコを10年間吸い続けている人であれば、ブリンクマン指数は200となりますね。

また、保険適用の基準の中には、ニコチン依存症診断テストで5点以上という項目もあります。ニコチン依存症診断テストではいくつかの項目に回答して、当てはまった項目につけられた点数を合計します。このテストはインターネット上でもよく掲載されているので、是非試してみてくださいね 。

カルナ博士
ただし、ニコチン依存症診断テストで5点以上だったからといって、必ずしもニコチン依存症だとは限らんぞ。
ひばり
ニコチン依存症であるかどうか決めるには、病院で医師の診断が必要だもんね。

ちなみにチェーンスモーカーって?

ヘビースモーカーと似た言葉でチェーンスモーカーというものがあります。こちらは、切れ目なくタバコを吸い続ける人のことを指します。つまり、タバコを吸い終わると、すぐに次のタバコに火をつけてしまい、タバコを手放さない人のことですね。 

ヘビースモーカーのデメリット

ヘビースモーカーには、たくさんのデメリットもあります。主なデメリットをいくつか紹介しますね。

時間とお金の浪費

タバコを吸うには、時間もお金もかかります。タバコ1本吸うには5分程度しかかかりませんし、タバコ1箱も450円程度ですよね。しかし、1日に何十本も吸う人にとっては、微々たるものとは言えません。例えば、1日に20本吸う人であれば、なんと1か月に50時間と13,500円を費やしているのです。1日に40本吸う人であれば、1か月に100時間と27,000円を費やしていることになりますね。これを年間で計算してみると、1日に20本の人は600時間(25日間)と162,000円、1日に40本の人は1200時間(50日間)と324,000円を費やしていることになるのです。数字で見ると、少しゾッとしますね。

死亡率が跳ね上がる

タバコによるもっとも大きな影響とは死亡率がぐんと上がってしまうこと。タバコの煙のなかには200種類以上もの有害物質が含まれており、その中には数十種類の発がん物質が含まれていることが分かっています。実際は、喫煙者と非喫煙者の健康を比べたデータもでています。例えば、一日に25~49本吸っている人の心筋梗塞で死亡する危険度は2.1倍、50本以上吸っている人であれば、なんと3倍にも跳ね上がるのです。

また、タバコを吸うことによって、タバコの煙が体内を通ったり、ヤニの含まれた唾液を飲みこみますよね。そうすると、タバコの煙やヤニの含まれた唾液の通り道がガンになりやすくなってしまいます。つまり、喫煙者がガンによって死亡する危険性は、非喫煙者に比べて高くなるのです。例えば、食道ガンであれば2.2倍、肺ガンであれば4.5倍、喉頭ガンであれば32.5倍というデータがでています。

心筋梗塞やガン以外にも、慢性気管支炎や気管支喘息、低出生体重児などのリスクもあります。

周囲の病気のリスクも上げる

タバコによって病気になるのは、喫煙者本人だけではありません。副流煙によって、周りの人まで巻き込んでしまうのです。これは受動喫煙(二次喫煙)と呼ばれるもの。喫煙者の夫を持つ非喫煙者の妻は、非喫煙者の夫を持つ非喫煙者の妻に比べて、肺ガンを発症するリスクが1.9倍になるとのデータもでています。また、家族の中に喫煙者がいると、その他の家族の呼気中のニコチン濃度や一酸化炭素濃度が高くなることも分かっています。つまり、家族の中に喫煙者がいた場合、非喫煙者の家族も副流煙によってタバコを吸っているような状態になってしまうのです。

また、副流煙以外にも、注意したいのがサードハンドスモーク(三次喫煙)。サードハンドスモークとは、タバコを吸い終わった後に、喫煙者の呼気、服、カーテンや壁紙に残った有害物質が周りの人に影響を及ぼすことを指します。特にサードハンドスモークの影響を受けやすいのは乳幼児だと言われています。つまり、喫煙後に赤ちゃんを抱っこしただけで、その赤ちゃんにタバコの悪影響がでてしまう可能性があるということです。小さいお子さんがいる家庭では、室外でタバコを吸うのはもちろん、吸い終わったあとも外で深呼吸する、30分以内は子どもに近づかないなどの工夫が必要かもしれませんね。

歯がヤニによって茶色くなってしまう

タバコに含まれるヤニは茶色くベタっとしています。そのため、歯についてしまうと歯が黄ばんだり茶色く変色してしまいます。しかも、一度歯に付着してしまうと普通の歯ブラシでは取れにくくなってしまいます。また、タバコを吸うと血行も悪くなります。そうすると、歯茎の血のめぐりも悪くなり、本来であればピンク色であるはずの歯茎が赤黒く変色してしまいます。茶色い歯と赤黒い歯茎、決して清潔なイメージは持てませんよね。

歯以外にも、肌の透明感がなくなったり、シワやシミが増える、髪の毛がパサつく、白髪が増えるなど、美容にとってもいいことはありません。

本数を減らすおすすめの方法

タバコを今日からスッパリやめたいけれど……しかし、長年の習慣であったタバコ、そんな簡単にやめられませんよね。まずは、少しずつ本数を減らす努力から始めてみましょう!

ニコチンガムを噛む

タバコがやめられない原因の一つとして、身体がニコチンに依存しているという可能性があります。身体がニコチンに依存した状態であると、禁煙中などで体内のニコチンが消失した際にイライラする、眠たい、身体が重たいという状態になります。そうなると、多くの人が、その症状を解消しようと再び喫煙をしてしまうのです。そこで活躍してくれるのが、ニコチンガム。ニコチンガムにはニコチンが含まれているので、タバコを吸うことなく、ニコチンを体内に取り込むことができます。結果として、タバコを吸いたいイライラを抑えてくれるのです。ニコチンガムの最大のメリットとしては、自分のペースで禁煙ができることです。タバコを吸いたいと思ったときにガムを噛むだけで、吸いたいという気持ちが抑えられるので、無理な我慢のない禁煙が可能になるかもしれませんね。

電子タバコの利用

電子タバコの多くは、専用のリキッドを電子タバコの本体のカートリッジに入れて使います。電源を入れるとリキッドが霧状の微粒子となって出されるので、それを吸入します。そうすることで、口寂しい、タバコを吸いたいという気持ちをごまかすことができるのです。まずは、今吸っているタバコの5分の1を電子タバコに置き換えて、それで我慢できるようになったら4分の1、3分の1、2分の1……と電子タバコの割合を多くしていきましょう。日本で販売されている電子タバコにはニコチンが含まれていないため、緩やかにニコチンの摂取量を減らしていくことができるのです。禁煙などで急激にニコチンの摂取量を減らした場合、身体が追い付けず、イライラなどの禁断症状がでてしまい禁煙に失敗する人が多くいます。しかし、この方法であれば、自分を「騙し騙し」ニコチンを減らしていくので、最終的には楽に禁煙することができるかもしれません。また、電子タバコには数えきれないほど様々なフレーバーが用意されています。フルーツ味、スイーツ味、リキュール味、タバコ味……お気に入りのフレーバーを探すのも楽しいですね 。

iQOS(アイコス)も電子タバコなの?

大流行中のiQOSなどの加熱式タバコは電子タバコと似ているようですが、本質的には異なります。日本で購入できる電子タバコにはニコチンが含まれていないリキッドを微粒子化して吸入します。一方、加熱式タバコは、タバコの葉そのものを加熱して水蒸気を発生させて、それを吸入します。つまり、紙タバコほどでないものの、加熱式タバコにはニコチンが含まれているのです。禁煙のために、紙タバコからの変更を考えているのであれば、電子タバコの方が適しているかもしれません。 

禁煙外来を受ける

禁煙外来とは、治療として病院で禁煙のサポートを受けることができることを言います。内科、外科、心療内科、循環器科など様々な科で受けることができます。

治療のスケジュールの基本は、5回診察を受けて、12週間で完了です。そして、治療の内容は禁煙補助薬による治療や、医師によるアドバイスなどが主となります。禁煙をしたことによる禁断症状、体重の増加などに関しても医師から専門的なアドバイスがもらえます。一人で禁煙する場合は、ただひたすら吸いたいという気持ちとの戦いですし、禁煙初期に生じる身体の変化などにも対応しなければなりません。しかし、禁煙外来で専門の知識を持った医師がバックアップしてくれるならば、それはとても心強いですよね。

また、一定の条件はありますが、保険も適用されるので費用も多くはかかりません。使用される薬によっても費用は変わりますが、3割負担の人が12週間の治療を完了するまでに、だいたい13,000~20,000円と言われています。タバコを1日20本吸う人であれば12週間でタバコ代は40,000円程度です。これに比べると、治療費は2~3分の1程度ですし、治療がうまくいけば、以後は治療費はもちろんタバコ代も一切かからないので、お財布にも優しいですね。

カルナ博士
タバコの本数は少ない方が当然いいんじゃが、タバコを吸っている以上、健康や美容に悪い影響があることは覚えておきたいのう。 

タバコがやめられない人向け対策

タバコはやめられないけど、「匂いは消したい」「周りに喫煙者であることを知られたくない」などのお悩みを抱えた人向けに対策をご紹介します。

喫煙ルールを守る

タバコをやめられなくても、周りの人に迷惑をかけるのは絶対にNG。タバコを吸う場合は、必ず喫煙スペースに行くようにしましょう。喫煙者の人が喫煙スペースでタバコを吸うことによって、非喫煙者にとっても喫煙者にとっても過ごしやすい環境になれば嬉しいですね。また、外で吸う場合に備えて、普段から携帯用灰皿を持ち歩いておくと便利です。吸い殻を捨てる場所に困ったり、ポイ捨てをしてしまうことがなくなりますね。

服に染みついた臭い対策

一度服に染みついた臭い、なかなか取れないですよね。特にスーツやジャケットなどの気軽に洗濯できないものに臭いがついて困っているという人は多いのではないでしょうか?洗濯することなく、臭いを軽減する方法をいくつかご紹介します。

スプレーを使う

一番手軽な方法は、消臭スプレーを使うことです。最近ではタバコの臭いを消臭することに特化したものも販売されています。スプレーを選ぶ際は、無香料のものを選ぶようにしましょう。ついつい良い香りのものを選びたくなってしまいますが、香り付きのスプレーの中には、その香りで臭いをごまかしているだけで根本的な消臭ができないものもあります。その場合、タバコの臭いと混じり合って、さらに嫌な臭いになってしまう可能性も……。また、スプレーはこまめにすることがポイントです。一日の終わりだけにスプレーをするのではなく、タバコを吸うたびにスプレーするようにしましょう。持ち運び用の小さいボトルに入ったものを購入したり、いつも使っているスプレーを100円ショップなどで売っている小さいスプレー容器に移して持ち運ぶと便利ですね。

スチームアイロンをかける

スチームアイロンの蒸気を服にあてた後、服を数回振ります。蒸気が臭いを吸着したあと、服の外の放出されるので臭いが軽減されるのです。ただし、服を湿気たまま放置してしまうと、カビや雑菌が繁殖する原因になってしまいます。風通しのよい場所で干してから再び着用するようにしてくださいね。

お風呂場に吊る

「スチームアイロンをかける暇もない」という人にオススメなのが、この方法です。入浴後、湿度の高いお風呂場に服をハンガーにかけてお風呂場に一晩吊っておいてください。原理はスチームアイロンと同じですが、こちらの方が時間のない人にはとってはお手軽かもしれませんね。こちらの方法も必ず、最後に風通しのよいところで乾かすのを忘れないでくださいね。

脱臭剤を使う

こちらは冷蔵庫や冷凍庫用の脱臭剤を利用した方法です。やり方は、ゴミ袋に服と脱臭剤を入れて口を縛り、一晩放置するだけです。そうすることで、脱臭剤が服についた嫌な臭いを吸収してくれるのです。蒸気を利用する場合は、最後に乾かす手間と時間がかかりますが、こちらは夜のうちに消臭しておけば、翌朝そのまま着用できるのが嬉しいですね。

ドライヤーを使う

もっと時間がない人にオススメしたい方法がこちらです。服をハンガーにかけて、ドライヤーの風をあてましょう。嫌な臭いを風で吹き飛ばすだけの簡単な方法ではありますが、とても手軽で時間もかかりませんよね。しかし、あくまで服の表面についた臭いを吹き飛ばすだけですので、繊維の内部の臭いは取れませんし、完璧に消臭するとなると難しいです。外出直前に臭いに気が付いたときなどの応急処置として利用したいですね。

サプリを使って口臭対策

タバコの臭いで気になると言えば、一番は息です。「自分の息が臭いかもしれない」と思うと、自信もなくなりますし、人と近くで話すのもはばかれますよね。気にして歯磨きをこまめに行っている人は多いかもしれませんが、歯磨きで口内の臭いは消せても、体内から出てくる息の臭いまでは消せません。体内から出される息の臭いにはサプリで対応してみましょう。今回オススメするサプリは、「臭ピタッ!」です。臭ピタッ!は、森の樹木が悪臭を匂わせない作用である「フィトンチッド効果」を利用したサプリです。確かに、「森」は空気が爽やかなイメージがありますよね。その爽やかさを体内で再現するために、柿の葉、熊笹、山椒、しその葉、ヨモギ葉、レモンなど様々な自然のエキスが配合されています。また、独自の技術でエキスを3倍に凝縮しているため、1粒から始められます。口臭だけでなく、体臭、加齢臭などにも効果があるのも嬉しいポイントです。

◆初回購入価格:1,620円

◆内容量:31粒(一日摂取目安:1~2粒)

◆口コミ

  • 気持も楽に!
    こちらの商品をネットで見つけて試してみたら、すぐに効果を感じました。 体臭だけでなく、口臭にも効くところが優れてると思います。 人と接するのも嫌でもなくなり、自信がもてるようになり、気持ちも楽になりました。 オススメです!

    @コスメ

  • 1日で効果を実感
    気になる加齢臭・口臭・体臭が改善されるとは半信半疑でしたが、 愛用をスタートして1日目からいつもことなるすっきり感というのかしら、清々しさを実感しはじめてビックリしました。

    @コスメ

 口コミを見ていると、1日で効果を実感したというものが多くありました。口臭は一度気になり始めたら気にし過ぎてしまうお悩みなので、この即効性は嬉しいですね。

息ピタッ!はこちら

ヘビースモーカーはリスクが高い

ヘビースモーカーに定義はありませんが、たくさんタバコを吸えば吸うほど、自身が病気になるリスク、家族や周りの人が病気になるリスクは高まることは間違いありません。だからといって、今日から禁煙ということは難しいかもしれません。様々な工夫をしてみたり、禁煙外来に足を運んでみたりして、少しずつタバコがやめられるようにしていきましょう。

愛煙家の方におすすめサプリ!

スポンサーリンク