40代の女の体はどうなってる?いつまでも若くある秘訣とは

40代の女の体には様々な変化が起こります。特に女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量の低下は、肌や髪の毛などの変化に大きく影響します。この記事を読めば体の変化のメカニズムが良くわかりますので、理解を深めて変化も楽しんでしまいましょう!

スポンサーリンク

いつまでも体は若くない!40代の女の体の変化を分析

40代に差し掛かると、女性の体の中では女性ホルモンの分泌量の低下など様々な変化が起こります。更年期障害はその代表的な例と言えます。女性であれば誰でも通る道とはいえ、実際にその変化をご自身が感じるようになれば戸惑ったり、不安な気持ちが大きくなることでしょう。

しかし、予めどのようなメカニズムでどのような変化が起こるのかを理解していれば、気持ちにも余裕ができますし、対処の仕方は大きく変わってくると思います。そこで今日は40代からの女性の体の変化のメカニズムと対処法について詳しく解説していきます。

女の体の変化の特徴

一生での体の変化

女性の身体は年代によって様々な変化を受けます。まずはそれぞれの年代での身体の変化の特徴について説明していきます。

幼少期

身体や脳が急激に成長する時期です。成長の個人差も大きいですが、成長痛を感じる人も。

思春期

性ホルモンの分泌が始まり、体つきがふっくらと女性らしくなる時期です。また月経が始まる時期でもあります。性ホルモンの分泌がまだ不安定ですので、ホルモンバランスの乱れによって精神的に不安定になったり、ニキビが出来てしまうことも

青年期

心身の成長は緩やかになり、ほぼ完成します。女性ホルモンの分泌も安定しており、妊娠・出産にも適した時期になります。妊娠・出産の時期には女性ホルモンの分泌量が大きく変化し、肌質や体質が変わるということもあるようです。

更年期

40歳を過ぎると女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量が急激に低下しはじめ、50歳前後に多くの女性が閉経を迎えます。閉経の前後5年をはさんだ45~55歳頃を更年期と言います。更年期は女性ホルモンの急激な低下に身体がついていかず、様々な不調を訴える時期でもあるでしょう。

また、身体機能についても徐々に低下していき、無理がきかなくなってくるのもこの時期の特徴です。

高齢期

55歳を過ぎた頃からを高齢期となり、卵巣はその役割を終えます。この時期の身体の調子は若い頃の生活習慣にも影響を受けると言います。普段からの規則正しい生活習慣が大切ということです。

 衰えは意外と早い

女性ホルモンの分泌のピークは20代で、30歳を過ぎると徐々に減少していきます。身体は健康そのもので働き盛り、まだまだ若い人には負けないわ!と感じていても、体の中では老化が少しずつ始まっているのです。

ひばり
30歳から老化が始まっているなんてびっくりです!老化ってもっと年齢が言ってからのことだと思っていました。 
カルナ博士
そうなんじゃ。女性の体というのは良くも悪くも女性ホルモンの影響を受けやすいのじゃが、30歳を過ぎたあたりから徐々に分泌量が減少していくから、見た目では分からなくても確実に老化が始まっているんじゃよ。 

40代の女の体の外側変化

肌にシミやたるみができやすくなる

肌は女性ホルモンの一種であるエストロゲンによって守られています。30歳頃から徐々に分泌量が低下していき、40代になるとその分泌量はピーク時と比べると大きく減少しますので、シミやしわ、たるみが急激に目立つようになります。

紫外線のダメージも受けやすくなる

紫外線はシミの原因であるメラニン色素の生成を促すだけでなく、活性酸素を発生させて肌細胞にダメージを与え、ターンオーバーを乱して肌の老化を促進させます。エストロゲンの分泌量が低下すると、紫外線に対しても弱くなりますので肌へのダメージがより深刻化する原因となってしまいます。

肌細胞の活性自体が低下していく

加齢が進むと肌の活性自体も弱まり、バリア機能や水分量を維持するのに欠かせない細胞間脂質や天然保湿因子の生成量が減少してバリア機能や水分を保持する力が低下します。さらに、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどを作る能力も衰え、肌のハリが低下してシワやたるみを引き起こします。

肌が敏感になることも

また、更年期には肌質が変わったり、敏感になってしまい、それまで愛用していた化粧品が急に合わなくなってしまうということも良くあるようです。更年期には精神的にも不安定になりますので、ちょっとした肌の変化を必要以上に気にしてしまう方もいて、近年ではそのような症状を「更年期皮膚不定愁訴」と呼んでいるそうです。

体型が変わりやすくなる

40歳を過ぎると基礎代謝量が徐々に低下していくため、食事の量や運動量がこれまでと変わっていなくても、太りやすくなる傾向があります。

アラフォー世代の方は、痩せにくくなっていることを実感されているようですね。痩せるためにはこれまでの生活習慣を見直していく必要がありそうです。

髪が傷みやすくなる

髪がパサつく・抜け毛が増える

髪の毛も加齢に伴って様々な影響を受けます。髪の毛は頭皮にある毛母(もうぼ)細胞という細胞が分裂して作られていくのですが、健康な毛髪が作られるためには頭皮の血液からたくさんの栄養分を補給されることが必要不可欠です。しかし長年浴び続けてきた紫外線などの外的ストレスから頭皮の乾燥が進むと、髪の毛を作るための栄養が不足してしまいます。また、エストロゲンは髪の発育にも関わっており、40歳を過ぎて分泌量が低下すると髪質の低下や薄毛が目立つようになる傾向があるようです。

白髪が増える

白髪が出来る詳しいメカニズムは明らかになっていませんが、加齢現象の一つであるとされています。髪の毛の黒い色はメラニン色素が元になっています。毛母細胞にあるメラニンを作り出すメラノサイトと言う細胞の働きによって髪の毛は黒くなるのですが、加齢によってメラノサイトの活性が低下していき、白髪になるとされています

白髪が増えてきたという口コミも見られました。これまで白髪なんて無かったという方でも、ふっと鏡を見たら白髪が!ということが増えてくる時期なのかもしれません。

加齢臭の発生

加齢臭というと、おじさんを想像される方が多いかと思いますが、実は加齢臭は男性特有のものではなく、男性女性関係無く起こりえるものです。40代になると、加齢臭の原因であるノネナールという物質が体内で増加するとされています。ノネナールの臭いは青臭くて脂臭いと言われています。

加齢臭は皮脂の分泌量が多い、頭皮やわきの下、背中、そして首や耳の後ろで発生しやすいとされていますので、特にこれらの場所を清潔にすることを心がけると良いでしょう。

ひばり
加齢臭って女性でも出てしまうんですね…。やだなぁ
カルナ博士
そうじゃの。まあ生理現象の一つだからあまり気にしすぎないことが大切じゃよ。年齢だけでなく普段の生活習慣も影響するから、規則正しい食生活とストレスを溜め込まないことをまずは心がけてみるとよいじゃろう。

ひばり
そうなんですね!それなら今からでも取り組めそうです!

カルナ博士
そうそう、その調子じゃよ。それからもう1つアドバイスをあげよう。
加齢臭が寝具や服にしみついてしまった場合は、ドラックストアで売っているセスキ炭酸ソーダで洗濯すると皮脂や垢をしっかりと落としてくれるからお勧めじゃよ。水30Lに対して小さじ2杯から大さじ1杯を目安にしてみるといいぞ。

40代の女の体の内側変化

ホルモンバランス崩れて様々な変化がおこる

40代の女性の身体は女性ホルモンのエストロゲンの分泌に大きく左右されると言っても過言ではありません。エストロゲンは主に卵巣から分泌されるホルモンです。若い頃は常に一定量が分泌されていますが、40歳頃を境に卵巣の機能の低下に伴いエストロゲンの分泌量が大きく乱れ、急激に低下していきます。

エストロゲンは様々な作用を持つ

エストロゲンは女性の排卵において重要な役割を果たすホルモンですが、それ以外にも皮膚や骨などからだの様々な部分の健康を保つほか、脳の神経伝達物質の分泌を高める作用もあるとされています。つまり、エストロゲンの分泌量の低下によって気分の落ち込みやほてり、動悸、頭痛、不眠など様々な更年期症状がおこると言われています。

性欲の増加が現れる人も

性欲には男性ホルモンやドーパミンが関わっているとされています。40歳を過ぎて女性ホルモンの分泌が低下する一方で、男性ホルモンとドーパミンの分泌が増加して性欲が増大すると言う人もいるようです。

体の疲れを感じやすくなる

習慣的に運動をしていない場合は、筋肉量が低下してしまいますし、疲労回復にかかる時間も長くなっていきます。疲れが中々取れないと感じるのはこのためでしょう。

月経周期の短縮

若い頃は卵巣が常に活動していますが、更年期になると活動したり休んだりを繰り返すようになります。そのため、40歳頃を境にエストロゲンの分泌量が大きく低下し始め、月経周期も短縮していくようです。

妊娠しにくくなる

40代の女性にとって、加齢によって大きな影響を受ける身体の変化のとして妊娠率の低下があげられます。卵子の数は生まれた時にすでに決まっています。女性は、卵子の基となる細胞である原母細胞を体内に持った状態で生まれてくるのです。生まれた時には約200万個の卵母細胞があるのですが、思春期には約20~30万個になり、40歳を迎える頃には2~3万個にまで減少してしまうそうです。

妊娠率の低下と流産率の上昇が顕著に現れる時期

平成25年版厚生労働白書によると、妊娠率は30歳を越えた頃から低下し始め、40歳を過ぎる頃には30歳の時点と比較しても約50%に低下してしまいます。さらに流産率も35歳を過ぎると上昇していき、40歳には流産率が40%近くにまでなってしまうのです。

最近では高齢出産の方が増え、いくつになっても妊娠できると考えている女性が増えてきているようですが、加齢によって妊娠率が低下することは医学的にも明らかにされています。

40代でも健康で美しくなる方法

毎日栄養をバランスよく摂取しよう

規則正しい食生活は体と心の健康にとって欠かすことができないものです。特に40歳になって女性ホルモンの急激な低下が始まるため、女性ホルモンと似たような働きをするイソフラボンを積極的に摂ることをお勧めします。

イソフラボンは豆腐や大豆に豊富に含まれているのですが、そうはいっても中々食事に気をつけられない!という方はサプリメントを取り入れてみてはいかがでしょう?

40歳からの女性の体を考えて作られたお勧めのサプリメント

そこでお勧めしたいのが、キッコーマンより発売されている基本のサプリです。

基本のサプリのここがすごい!

  • 腸内で吸収されやすい形の独自成分大豆イソフラボンアグリコン
  • ポリフェノールの中でも特に強いプロアントシアニン配合
  • 日常生活で不足しがちな葉酸とビタミンDも豊富に配合
  • 続けたいです
    4/5
    飲み始めて半年くらいでしょうか。 疲れた時に感じるフラフラ感がなくなりました。 これからもお守り代わりに飲み続けたいと思います。

    基本のサプリ公式サイト

 基本のサプリは女性ホルモンの分泌が低下した40代からの女性の体に必要な成分が豊富に配合されていると言われます。しょうゆメーカーとして原料大豆の特性を知り尽くしているキッコーマンが作り出したサプリメントです。


基本のサプリの詳細はこちら

 適度な運動で体を引き締める

運動は体の血流を良くして更年期症状を緩和してくれます。また心地よい疲労感を得ることで、質の良い睡眠をとることが出来るでしょう。あまり激しい運動ではなく、ストレッチやウォーキングなどを毎日の生活に取り入れていくと良いでしょう。

筋力と柔軟性を同時にアップできる!ふりふりストレッチ

ふりふりストレッチとは、柔軟性と筋力を同時にアップさせることが出来る体操で、ブラジルサッカーでは以前から取り入れられているそうです。ふりふりストレッチを行うことで血流量が増加して肩こりや腰痛の解消にも効果があったそうです。

そこで、ためしてガッテンで紹介された肩こりと腰痛解消効果のあるふりふりストレッチの方法をご紹介します。

肩こり解消ふりふりストレッチ

1. 手先を肩の上につけ、ひじを大きく回すようにして動かします。この時身体を動かさないようにするのがポイントです。この動きを左右各10回ずつ 行います。

2. 体の真横に腕を持ってきてひじを曲げ、そのまま真上に向かって腕を伸ばす動作を10回繰り返します。この時手が体の前に行かないようにひじを体の真横に下ろすようにしましょう。

腰痛解消ふりふりストレッチ

ひざを軽く曲げた常態化あら頭をすとんと下に下ろし、そのまま上半身を左右にゆっくり頭語各動作を10秒間続けます。 

変化に怯えず対策をする

いかがでしたか?やはり40代からは体の中でかなり大きな変化が起こるようです。しかし、それまでの生活習慣によって急激な変化を軽減することができる可能性もありますから、今日から生活習慣を少しずつ見直していくことが大切なのではないでしょうか。

また、体の衰えは仕方のないことですが、これまで培ってきた経験や精神的な余裕は、今あなたの生活をより彩りあるものにしてくれているのではないでしょうか?そう考えれば年を重ねるのも悪くないと思いませんか?変化を恐れるのではなく、楽しむくらいの気持ちで過ごせていければ、充実した生活がこれからも待っているはずです。


参照リンク

出典;平成25年版厚生労働白書 (図表2-3-23、2-3-24)

参考;ためしてガッテン公式サイト

スポンサーリンク