ストレスは胃に深刻なダメージ!すぐ確認!早期対処で通院リスクを減少!

ストレスによる胃の痛みを放っておくと、胃炎や消化性潰瘍などの辛い胃の病気を発病してしまうリスクがあります!こちらではそんな胃の痛みを改善させる対処法をご紹介します。さまざまな方法を試し、病気になる前に胃痛やストレスを和らげましょう。

スポンサーリンク

ストレスによるものだから……と痛みを我慢していませんか?

仕事や、人間関係などのストレスによるズキズキとした胃の痛み。ストレスによるものだし、病院に行く必要は無いだろう……と我慢してしまっていませんか?そのまま胃の痛みを我慢していると、病気を発病し通院しなければならないほどになることもあります。ストレスによる胃痛について詳しく知り、通院のリスクを減少できるように努力してみましょう。

ピースナイトの公式サイトはこちら

ストレスでなぜ胃痛?

ストレスで胃痛が起こる、というのは有名な話ですが、なぜ胃痛が起きるかをご存知でしょうか?まずはストレスと胃の関係についてチェックしておきましょう。

胃痛が発生する仕組み

ストレスが胃痛に繋がるのは、交感神経がストレスによって刺激され胃酸の量が増えてしまうからなのです。胃は交感神経と副交感神経といった自律神経がバランスよく活動することによって、胃酸の量を調節しています。ところが、そこにストレスによって交感神経が刺激されると交感神経が胃酸の分泌をコントロールできなくなり、胃酸の量が急激に増えて胃の粘膜を溶かし、胃にダメージを与えてしまいます。こうしたダメージが痛みへと繋がるのです。

カルナ博士
こうした胃酸の量が増える現象は、一般的に胃酸過多と呼ばれておるな。

 胃痛になりやすいストレス環境

現代の日本は長時間労働が強いられる労働者が多く、多くの方が仕事によるストレスを抱えがちです。また、仕事上での人間関係の悪さがさらにストレスに繋がり、プライベートの時間が少なくなることでストレスが発散しにくくなるということも少なくありません。こうした環境からストレスによる胃痛を患う方が急増中と言われています。

胃痛の我慢は病気のリスク

ストレスにより胃酸の量が増えると、胃痛が生じるだけではなくさまざまな病気へと悪化することも。ストレスによる胃痛から繋がりやすい病気をいくつか紹介します。

急性胃炎・慢性胃炎

急性胃炎は胃酸の量が過剰になり、胃の粘膜が炎症を起こす病気。慢性胃炎は胃の粘膜が炎症を起こした状態が続きすぎて、粘膜が完全に変化してしまう病気と言われています。急性胃炎は食物アレルギーや刺激物の飲食が原因となることが多く、悪玉菌の1種であるピロリ菌が原因となることが多いようですが、ときにはストレスが原因となることもあるのだとか。キリキリと痛む胃の痛み以外には吐き気や嘔吐、下痢といった症状が出ることも。これらは内科で処方される胃粘膜保護材や抗生剤といった内服薬を用いて治療するのが一般的のようです。

神経性胃炎

神経性胃炎は、ストレスによって胃炎と似た症状が現れる病気です。原因のほとんどがストレスであることから、ストレス性胃炎と呼ばれることもあります。胃炎と違い、胃に炎症が起きていないのに、キリキリとした胃の痛みや吐き気、胃もたれといった症状が出ることが特徴の病気だそうです。こうした症状は胃酸過多によるものとされ、胃酸分泌抑制薬などの内服薬で治療していくことがほとんどだとか。あまりにもストレスが過剰であればカウンセリングでの治療が用いられることもあるそうです。

消化性潰瘍

胃潰瘍と呼ばれることも多い、消化性潰瘍もストレスによる胃痛から発症することがあります。消化性潰瘍とは粘膜が胃酸でダメージを受け、最終的には胃に穴が開いてしまう病気のこと。ストレスのほかには、胃炎の原因となるピロリ菌が原因となることもあるようです。消化性潰瘍は胃に蓄えられた食べ物によって刺激されることで痛みを発するため、食事中や食後に痛みを感じれば消化性潰瘍である可能性が高いでしょう。消化性潰瘍の痛みは、身体の奥に響くような鈍く重い痛みと言われています。また、吐き気や吐血、血便といった症状も現れることもあるようです。

消化性潰瘍の治療はまず胃カメラで胃の状態を確認し、胃の状態に合わせた治療を施します。出血がなければ内服薬で治療したり、出血があれば止血剤を注射したりレーザーで血管を焼いて止血したりと、その方法はさまざまです。

過敏性腸症候群

詳しい原因は未だ謎ですが、過敏性腸症候群もストレスが原因ではないかと考えられています。過敏性腸症候群は胃や腸に鋭い痛みや持続的な鈍い痛みが出て、下痢の便秘の症状も出やすい病気と言われます。男性と女性で症状が異なり、男性は下痢、女性は便秘を伴うことが多いようです。

過敏性腸症候群の治療は食事療法と運動療法がベースだそうです。バランスのいい食事を1日3食食べたり、適度な運動をしたりすることによってストレスを解消させ、回復を試みるようです。症状が重ければ、整腸剤などの内服薬を用いることもあるでしょう。

自律神経失調症

ストレスや生活習慣の乱れから自律神経が乱れ、さまざまな症状を起こすと言われる自律神経失調症。慢性疲労や偏頭痛、動悸や不眠などの数多くの症状の1つに、キリキリとした長引く胃痛があるそうです。自律神経失調症による胃痛の治療は胃酸分泌抑制薬などの内服薬でケアしながら、精神療法や自律訓練法にて自律神経のバランスを整え、根本の治療を目指すようです。

ひばり
これだけストレスからくる胃の病気が多いと、自分がどの病気か判断しにくそうだね、博士。
カルナ博士
そうじゃな。しかし、胃の痛みだけじゃなく、それぞれに特徴的な症状もあるから、そこから判断してみるのがいいかもしれんぞい。
それぞれの病気が持つ特徴的な症状もまとめたから、チェックしてみてくれい。
特徴的な症状
急性胃炎・慢性胃炎急性胃炎:みぞおちの痛み、胃の膨満感 慢性胃炎:慢性的な胃の不快感
神経性胃炎週に1、2度感じるみぞおちの痛み
消化性潰瘍黒褐色の吐血
過敏性腸症候群頻繁な便意
自律神経失調症手のしびれ

食事による対処法

胃の主な役割は、食べ物を消化することです。そのため、食べるものに気を使わないと胃に余計な負担をかけることもあります。ストレスの緩和も大切ですが、食生活にも気を配り、胃の負担を軽減してあげましょう。

胃に優しい食べ物

まずは胃に優しい食べ物をいくつか覚えておき、食生活に積極的に取り入れるようにしましょう。胃に優しい食べ物とはズバリ、消化がしやすい食べ物のこと。胃に留まる時間が短く、すぐに次の十二指腸へと送られるものや、食物繊維が少ないものなどが消化がしやすい食べ物に当たります。穀類や野菜類などから、この消化がしやすい食べ物に分類されることの多い食材や料理をいくつかピックアップしていくので、参考にしてみてください。

穀類やわらかく炊いた白米、蒸しパン、にゅうめん、煮込みうどん
野菜類かぶ、カリフラワー、大根、ニンジン
豆類豆腐、みそ
乳製品牛乳、ヨーグルト
肉類ささみ
いも類じゃがいも、里芋
魚介類タイやタラなどの白身魚
カルナ博士
乳製品は消化しやすいのじゃが、ラクターゼという酵素の力によってお腹がゆるくなることがあるから要注意じゃ。症状に下痢も見られる場合は避けた方がいいぞい。

 避けるべき刺激のある食べ物

次に、胃に刺激を与える、避けるべき食べ物を押さえておきましょう。先ほど紹介した消化がしやすい食べ物とは反対に、食物繊維が多くて消化がしにくいものや、刺激が強いものなどがこちらに当たります。こちらもピックアップしていくので、参考にしてみてください。

穀類そば、コーンフレーク、中華麺
野菜類たけのこ、レンコン、オクラ、ゴボウ、ネギ
豆類納豆、油揚げ、おから
乳製品生クリーム
肉類脂が多い肉(バラ肉や鶏肉の皮など)、ハム、ウインナー
いも類サツマイモ、こんにゃく
魚介類脂が多い魚(サバやサンマなど)、イカ、タコ
その他香辛料、カフェイン

食べ方で負担を減らす

食べるものだけではなく、食べ方を工夫することでも負担を減らすことができます。まず心がけたいのは咀嚼回数を増やすこと。咀嚼回数を増やすことで食べ物がより細かくなり、胃が消化しやすくなるとされ、理想は1口当たり30回ほど、1食当たりでは1,500回と言われています。次に、暴飲暴食もしないように心がけるようにしたいところです。胃のキャパシティを超えた飲食は胃酸の大量分泌を招き、胃の粘膜がダメージを受けやすくなってしまいます。腹八分目を心がけるようにしてください。

飲み物で胃を守る

食前や食事中に、胃を守る効果を持つ飲み物を飲み、食べ物の刺激から胃を守るのもおすすめです。特にオススメしたいのが、先ほど消化のいい食べ物でも紹介した牛乳。消化がいいだけでなく、アルカリ性のため胃酸を中和して刺激を少なくしたり、胃壁を胃液から保護したりする効果があるとされています。食前に牛乳を一杯飲むようにしてみましょう。

生活習慣改善で元気になる

食生活だけでなく、不規則な睡眠時間などの悪い生活習慣もストレスを招く原因になります。生活習慣も改善して、よりストレスを緩和していきましょう。

質の高い睡眠を取る

毎日の睡眠時間が短かったり、不規則だったりするとストレスが溜まりやすくなるとされています。これは、就寝中に優位になるはずだった副交感神経が優位になれず、ストレスが溜まっていく一方になるから。ストレスを受ける交感神経は身体が活動しているときに優位になっているのに対し、優位になるとストレスを解消するとされる副交感神経は就寝中などのリラックスしているときに優位になるよう。睡眠の質が悪いと副交感神経の働きが悪くなり、いつまでもストレスを解消できなくなってしまうと考えられています。1日に6~8時間は睡眠時間を確保するようにしましょう。

適度な運動でストレス発散

適度な運動もストレスを発散するうえで効果的。これは、普段では得られない刺激を脳が受けて活性化し、さらに代謝が上がって健康的になるからと考えられています。1日30分ほどのランニングやストレッチなどを生活に取り入れて、ストレスを発散するようにしましょう。

禁煙で胃を刺激しない

喫煙は肺だけではなく、胃も刺激することをご存知でしょうか。喫煙をすると血管が収縮し、血流が悪くなると知られていますが、胃の血管も同様に血流が悪くなるのです。血流が悪くなると胃粘膜は機能が低下し、抵抗力が落ちてしまいます。その結果、胃酸によるダメージを受けやすくなるようです。本数を減らしたり、禁煙することで胃のダメージを減らしましょう。

メンタルトレーニング

環境の変化や受ける言動で気が沈みやすい、という方はメンタルトレーニングでメンタルを強化し、受けるストレスを軽減するのもおすすめです。メンタルトレーニングについて書かれた本を読み、実践してみてはいかがでしょうか。

特におすすめしたいのはベースボールマガジン社から出版された「基礎から学ぶ!メンタルトレーニング」です。こちらは、メンタルトレーニングの第一人者とも呼ばれる高妻容一氏が、メンタルトレーニングの基礎知識と実践方法について、イラストを交えながら分かりやすく紹介する一冊です。この本からメンタルトレーニングの基礎を学び、実践してみましょう。

基礎から学ぶ!メンタルトレーニングの購入はこちら

休日はしっかり休む

副交感神経がリラックスしているときに優位になることを考えると、休日はしっかり休むことが理想と言えるでしょう。昨今では休日でも自宅で仕事をしたり、外出先でも仕事のことを考えたりする方も多いようです。休日は仕事のことを考えるのは極力避け、しっかりと休んで仕事に備えるようにしてください。

ツボで胃痛に対処

人間の身体には胃痛に効くとされるツボがいくつかあることをご存知でしょうか。仕事中などに胃痛が酷くなり、我慢できなくなったときはこういったツボを刺激してその効果を期待してみるのもおすすめです。

頭にある「百会」

まずは、頭にある「百会(ひゃくえ)」。こちらは頭頂部分にあるとされるツボです。百会はストレスを緩和するツボのなかでも特に代表的なもので、自律神経を整える効果があり、胃痛だけでなく自律神経の乱れからくる頭痛などのあらゆる体の不調を改善させると言われています。1日に数回2、3分ほど指で刺激するといいでしょう。

手にある「合谷・内関」

手にある「合谷(ごうこく)」・「内関(ないかん)」を刺激するのも試してみましょう。合谷は手の甲を上から見て、人差し指と親指の付け根の間にあるツボのことで、内関は手の内側の手首から、肘の方へと指3本分ほど向かったところにあるツボです。もう片方の手の親指で3秒ほど押してから離す、を5回ほど繰り返して刺激します。

ストレスによる胃痛や吐き気などに効果があるそうです。手のツボなので仕事中などでも押しやすいことがポイント。ぜひ覚えておいてもらいたいツボです。

背中にある「胃兪・脾兪」

胃兪(いゆ)と脾兪(ひゆ)は背中にあるツボのこと。胃兪は背中と腰の間にある、一番下の肋骨の背骨辺りにあります。押すとじんわりと痛むので、押しながら探してみてください。脾兪は胃兪から指2本分ほど上にあります。どちらも消化を促進させる効果があるようなので、食後に2、3分ほど親指で刺激してあげましょう。指で押しにくいときは、テニスボールなどの柔らかいボールを当てて仰向けに寝転ぶのもおすすめです。

お腹にある「中脘」

お腹には「中脘(ちゅうかん)」というツボがあります。こちらは乳首とおへその中間あたりにあるみぞおちと、おへそを1本の線で結んでその中間辺りにあるツボのこと。胃兪や脾兪と同じように消化を促進させる効果があるようなので、食後に2、3分親指で刺激してあげるといいでしょう。

カルナ博士
胃兪と脾兪、そして中脘を食後に刺激する際は、気持ち優しく押すのがコツじゃ。胃に近い部分じゃからあまり強く押しすぎると、胃液の逆流に繋がってしまうぞい。

脚にある「足三里・梁丘」 

最後に紹介するのは、脚にある「足三里(あしさんり)」と「梁丘(りょうきゅう)」です。足三里は膝の外側から、足に向かって指4本分ほど進んだ場所にあるツボで、梁丘は膝の外側から太ももに向かって指3本分進んだところにあるツボ。足三里を刺激すると胃痛や胃痙攣を改善させ、梁丘には胃の消化を助ける効果があるようです。足三里は中指か親指で骨を外側から押していくように2、3分刺激してあげましょう。梁丘は親指を重ねて10秒ほど押して離す、を5回ほど繰り返して刺激してください。

薬で胃痛に対処

なかなか胃痛が鎮まらないときは、薬を用いて痛みを和らげるのもいいでしょう。おすすめの薬を3つ、ご紹介します。

市販薬:ガスター10

市販薬では、第一三共ヘルスケアより販売されているガスター10がおすすめ。主成分であるファモチジンには胃酸の分泌を抑える効果があるとされ、服用することで胃酸の過剰分泌に歯止めをかけ、胃が受けるダメージを減らす効果を期待できます。ガスター10は通販で購入できるほか、全国のドラッグストアに置いていることが多いため、手に入りやすいことがポイント。買う手間を少しでも省きたい方におすすめです。

製品名ガスター10
メーカー第一三共ヘルスケア
価格(12錠)1,706円(税込)
副作用便秘、口の渇きなど
有効成分ファモチジン

ガスター10の公式サイトはこちら

漢方薬:柴胡桂枝湯エキス顆粒A

クラシエより販売されている柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)エキス顆粒Aという漢方薬もおすすめです。柴胡桂枝湯には、ストレス性の胃痛に効果的と言われる芍薬や甘草といった生薬を配合している漢方薬。それだけでなく「大正漢方胃腸薬」にも含まれる安中散も配合されていて、胃の膨満感や停滞感といった症状の改善も期待できます。さまざまな症状が胃に出ている方におすすめしたいのはもちろん、漢方薬ならではの副作用の出にくさもおすすめポイントの1つです。

製品名柴胡桂枝湯エキス顆粒A
メーカークラシエ
価格(8包)1,800円(税抜)
副作用軽い食欲低下(現れることは少ない)
成分柴胡、甘草、芍薬など

柴胡桂枝湯エキス顆粒Aの公式サイトはこちら

処方薬:シメチジン

内科で処方してもらえる処方薬では、シメチジンがあります。交感神経による胃酸の分泌命令をブロックし、胃酸の分泌を抑えて胃の粘膜を刺激から守る効果が期待できます。ガスター10と似たメカニズムで胃酸から胃を守りますが、処方薬ということもありこちらの方が効果が強いと評判です。そのためガスター10などの市販薬が効かない、という方におすすめします。内科を受診した際には、聞いてみてはいかがでしょうか。

製品名シメチジン(タガメットと呼ばれることも)
価格
薬局による
副作用便秘、下痢、発疹

サプリで胃痛とストレスに対処

サプリで胃痛やストレスを改善させるのもいいでしょう。おすすめしたいサプリも3つ、ご紹介します。

ストレス不眠に:ピースナイト

ストレスは胃痛だけではなく、不眠の症状をもたらすことがあることをご存知でしょうか。ストレスは、体内にある身体をリラックスさせるギャバを低下させてしまうこともあるのだとか。そのため、ストレスによる胃痛を抱えている方のなかには、なかなか快眠できないという方も珍しくありません。そこでおすすめしたいのが、キッコーマンが販売しているピースナイト。豊富なギャバを含んでいるため、不眠を和らげる効果があると評判です。また、快眠は副交感神経を優位に立たせるため、ストレスによる胃痛の改善も見込めるかもしれません。そんなピースナイトは公式サイトからのみ購入できます。

製品名ピースナイト
メーカーキッコーマン
価格5,460円(税込)
有効成分ギャバ、テアニンなど

ピースナイトの公式サイトはこちら

胃の痛みに:生薬製剤イツラック

とにかく胃の痛みをなんとかしたい!という方には、生薬製剤イツラックがおすすめです。桂皮、丁字、茴香といった胃痛に効果的な漢方薬に配合されている生薬の力が胃の健康を整え、ストレスによる胃の痛みを和らげてくれると好評です。10日間の返品保証があるため、身体に合わなければ返金を受けられるのも魅力。公式サイトでは毎月先着300人限定で、定価7,980円(税込)のところ、初回限定で2,980円(税込)で購入できるキャンペーンも実施中です。月初めにお得に購入してみましょう。

製品名生薬製剤イツラック
メーカー漢方生薬研究所
価格7,980円(税込)
キャンペーン価格初回2,980円(税込)
有効成分桂皮、丁字、茴香など

生薬製剤イツラックの公式サイトはこちら

緊張和らげる:リラクミンSe

最後は、リラクルのリラクミンSe。こちらはリラックス成分に特化した、緊張とストレスを和らげてくれると言われるサプリです。まず、セロトニンという脳内物質をご存知でしょうか。セロトニンは精神状態を整える作用がある脳内物質なのですが、ストレスが蓄積されることによって減少していくと考えられています。リラクミンSeはそんなストレスによるセロトニンの減少に注目し、リラックス成分を配合したサプリだそうです。

ギャバ、ラフマ葉エキス、クワンソウの3つのリラックス成分が心身をリラックスさせ、セロトニンを分泌させる効果を期待できるでしょう。飲むタイミングを個人の好みで選べるので、会議の前などの緊張する場面に飲むといいでしょう。

製品名リラクミンSe
メーカーリラクル
価格3,400円(税込)
有効成分ギャバ、ラフマ葉エキス、クワンソウなど

リラクミンSeの公式サイトはこちら

病気も視野に入れて対処しよう

ストレス性の胃痛がもたらす病気と、その胃痛の対処法をご紹介しました。ストレス性の胃痛の対処で大切なのは、常に自分が病気なのではないかと注意しておくこと。病気であることを視野に入れずに生活していると、いつの間にか発病していたということに繋がりかねません。これらの胃痛の対処を試しながら、病気の症状も出ていないかをこまめにチェックしてみましょう。

ピースナイトの公式サイトはこちら

スポンサーリンク