コレステロールはLDL・HDLよりLH比。健康はバランスが大事

コレステロールを計る指標でLH比って聞いたことありますか?メタボや生活習慣病を気にする際、コレステロールの量の数値を見がちですが、最近ではLH比のバランスが大切だと言われてきています。では、LH比とは一体何なのでしょう?

スポンサーリンク

コレステロールはLH比が大事

生活習慣病や脂質異常症の診断の基準として、コレステロールの総量だけではなく、LDLとHDLのバランスを重視しよう、というのがLH比の診断の柱です。体内のコレステロールの状態を、より詳しく見ることで、今まで見落としていたかもしれない、病気や症状も拾えるようにしよう、というものです。

おすすめサプリメント!極上クリル

コレステロールのLH比とは?

コレステロールのLH比の定義 

コレステロールのLH比とは、LDLコレステロールとHDLコレステロールの比率のことです。血液検査を受けると、総コレステロールなどとともに表記されていますね。体内のコレステロールの状態を知るうえで、重要な指針になるものです。

そもそもコレステロールは、食事として摂取する他に、肝臓をはじめとする体内でも作られていて、各臓器や骨、筋肉や血管など、人間を形成する基礎となる、あらゆる細胞の膜を作る原料となっています。その他にもホルモンや、消化吸収を司る胆汁酸の材料にもなっており、人間として生きていくために必要不可欠な物質です。コレステロールはその働きによって、LDLコレステロールとHDLコレステロールに分けることができます。

LDLコレステロール

LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを、体全体の細胞に運ぶ役割を持っています。通常ならばコレステロールを運ぶだけで何も問題ないのですが、血中のコレステロールの量が供給過剰になると、身体の各所に運ばれたLDLは行き場を失って沈着化し、酸化してしまいます。これを悪玉コレステロールと呼ぶのです。LDLは普段は悪さをしません。多くななりすぎると悪玉化する、ということです。 

HDLコレステロール

HDLコレステロールは、身体全体の余ったコレステロールを回収し、血管の壁に沈着したコレステロールも剥がして回収して肝臓に持って帰ります。善玉コレステロールとも呼ばれています。

LDLが身体全体にコレステロールを運んで、HDLがその内使われなくて余ったコレステロールを回収する、という事です。 

LH比

LDLとHDLの働きによって、体内ではコレステロールが循環しながら使われてることになります。ただ供給と回収のバランスが崩れると、血管内にコレステロールが残って、酸化して、動脈硬化などの問題を引き起こすのです。 そこで血中のLDLとHDLの量のバランスを、比率で見る必要があるわけです。その比率をLH比と言います。LH比は、LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値、で求められます。

LH比が注目されている理由 

LH比が注目されてきたのは、比較的最近になってからです。2006年までは、総コレステロールの量の過多が診断基準になってました。そのため善玉と言われるHDLが多い場合でも、総コレステロールとしては数値が高くなるので、脂質異常症と診断される場合もあったのです。逆に総コレステロールは多くないのに、LH比のバランスが悪いために動脈硬化が進んでるケースを見過ごしてしまう場合もあった事になります。

そこで新基準では、「LDLが多い」「HDLが少ない」「中性脂肪が多い」という3つの症状を、脂質異常症として診断するようにしました。そして、それぞれの症状への対応を明確にできるようにしたのです。 しかし一方で、LH比を使っての診断に懐疑的な声もあります。LH比が下がったために、心疾患の発症や死亡率も下がったという証拠がない、というもの。コレステロール低下薬(スタチン)を処方するための宣伝なのではないか、とまで言及してる人もいるようです。

コレステロールのLH比と血管の状態

LH比が1.5以下の場合

LH比が1.5以下の場合は、血管の中は理想的な状態と言えるでしょう。LD比が1.5以下となると、例えばLDLが100でHDLが70といった感じでしょうか。LDLとHDLの数が大差ないので、運ばれたコレステロールが十分回収され、血管の中は沈着物もなくきれいな状態です。 LH比の基準値は2.0とされていますが、それは何も疾患のない人の場合。持病として糖尿病や高血圧がある場合や、以前に心臓疾患を患った事がある場合は、1.5以下に留めておく事が望ましいという医療機関も増えてきています。

LH比が2.0以上の場合

他に持病や疾患のない人の場合、LH比の基準値は2.0です。ですから2.0位上となると、要注意ではなく、動脈硬化が疑われる数値と言えるでしょう。LDLがHDLの2倍以上あるわけですから、LDL値や総コレステロール値も危険な域に達してる可能性も考えられますね。性別や年齢にもよりますが、LDL値が150を超えていたり、総コレステロール値が240を超えているようでしたら、脂質異常症が疑われる場合もあります。

LH比が2.0を超えてくると、回収されきれずに余ったコレステロールの塊が、血管の壁にこびり付き始め、血流が悪くなっていきます。血圧の上昇も考えられ、動脈硬化も疑われる数値になるので、早急に善後策を講じる必要がありますね。

LH比が2.5以上の場合 

LH比が2.5以上となると、事態はかなり深刻だと言わざるを得ません。血管の中でコレステロール沈着が進み、塊になって血流を阻害しています。血栓ができてる可能性もあり、その場合、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす恐れもあります。

脂質異常症+動脈硬化+高血圧に加えて、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などを併発する危険度が高まっているとなると、症状としてはほぼ役満の状態です。早急に専門の医師による治療が必要です。

LH比の数値をまとめると以下のようになります。

LH比 状態
1.5以下 健康で血管内もきれいな状態。
1.5~2.0 ほぼ正常。2.0付近は正常値の境界なので、そろそろ要注意。
2.0~2.5 コレステロールの蓄積が増加。動脈硬化の疑いも。
2.5以上 血栓の疑い濃厚。脳梗塞、心筋梗塞の危険も増加。

LH比が高すぎ低すぎの場合は?

LH比が高すぎる場合

LD比が高いという事は、血中に余ったまま回収されてないコレステロールが溜まってきているという事なので、血管が硬くなったり、狭くなったりして、血流が悪くなってる事が予想されます。動脈硬化や高血圧になっている可能性が高いです。

血栓ができてる場合は、動脈瘤や、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞に至る事も想定されます。コレステロールが増えても、LD比が高くなっても、自覚症状はほとんど無いもの。知らず知らずのうちに、生命の危険に晒されているという事ですね。

LH比が低すぎる場合 

LH比が低いという事は、コレステロールの供給と回収うまくいって良いように思えますが、HDLが多すぎる可能性が考えられます。HDLが多すぎるという事は、即ち総コレステロールも多すぎるという事にも繋がります。

また1980年代に日本で発見された、CEPT欠損症の恐れも考えられます。世界的にも珍しい、今のところ日本特有の病気です。CEPTとは、コレステリルエステル転送蛋白の事で、肝臓や小腸にある蛋白です。HDLやLDLの転送や量の調整をしてるのですが、CEPTが欠損してしまうと、HDLが増殖したり、LDLの質が変化してしまうのです。遺伝的な原因が考えられますが、症例がそんなに多くないので、詳細はまだ判明しておらず、治療法も確率はしていません。

コレステロールのLH比4つの改善策

食事でLDLのコントロール 

コレステロールは6割~7割は体内で作られますが、3割~4割は食事で摂取します。つまり食事の摂り方で、ある程度コレステロールはコントロールできるということですね。 

LDLコレステロールを増やす食材 

LDLコレステロールの多い食事は、LDLが多くて悩んでる人は避けたいもの。ただしLDLが少なくて困ってる人は、積極的に摂取してほしいものになりますね。 肉や乳製品などの動物性脂肪、飽和脂肪酸を多く含むものは中性脂肪を増やすので、LDLも増やします。牛肉や鶏皮、鶏卵、うなぎ、チーズ、生クリーム、マーガリン、菓子パンなどですね。イクラやたらこ、子持ちししゃもなどの魚卵、牛や鶏などのレバーもLDLコレステロールを増加させる働きがあります。

LDLコレステロールを減らす食材 

LDLを減らす食材としては、青魚に含まれるDHA・EPAが有名ですね。DHA・EPAはHDLを増やし、LDLと中性脂肪を減らす効果があるので、高すぎるLH比の改善には最適な働きをしてくれます。サバやイワシ、サンマ、マグロなどの身近な食材に多く含まれています。

食物繊維はコレステロールを体外に排出する働きがあります。ごぼうやブロッコリー、大根などの野菜類はもちろん、椎茸やエリンギなどのキノコ類、インゲンやエンドウなどの豆類、ワカメやひじきなどの海藻類にも多くの食物繊維を含んでます。LDLを下げるのであれば、食物繊維の摂取は不可欠です。

イソフラボンを多く含む豆腐や納豆などの大豆製品、オレイン酸を多く含むアーモンドやピーナッツなどのナッツ類、オリーブオイルやごま油なども、LDLを下げる働きがあります。 毎日の食事も、食材や量をよく考えることでLH比の改善が期待できます。もちろん予防効果も期待できるので、毎日の食生活には気をつけましょう。

運動でHDLコレステロールを増やす 

運動不足が祟ると、LDLコレステロールは蓄積されてしまいます。逆に言えば、適度な運動をすれば、コレステロールを減らすことができるという事です。

運動には有酸素運動と無酸素運動がありますが、LH比改善に効果があるのは有酸素運動です。 有酸素運動では、運動開始直後は筋肉のグリコーゲンをエネルギー源とするのですが、その次に中性脂肪をエネルギーとして燃焼するのです。その結果、中性脂肪が減ってHDLが増加します。そんなに激しい運動をする必要はないでしょう。毎日もしくは1日おきくらいに、継続して行うことが大切です。

ウォーキング

散歩より少し早いくらいのスピードで歩いてみましょう。通勤や買い物の時にするのもいいですし、お気に入りのコースで、周囲の景色を楽しみながら行うのもいいでしょう。1日30分位、週に3回以上するするのがおすすめです。

サイクリング

自転車も気楽にできる有酸素運動のひとつ。サドルに座りながら行うので、関節への負担が少ないもの魅力です。趣味として没頭して楽しめるという点でも、継続して行えそうですね。室内でエアロバイクを漕ぐのも同じ効果が期待できますよ。

ヨガ 

ヨガは心拍数を上げずにできる有酸素運動です。ゆっくりと長時間に渡って身体を動かすことで、持久力を高め、代謝を良くし、LDL値を下げてくれます。足腰への負担も少なく室内で行えるのも魅力ですね。ただ最初は我流で行うのはNG。ヨガ教室に通うか、DVDなどを使って専門家の指導のもと行うようにしましょう。

サプリで不足しているものを補う

毎日の食事でLH比をコントロールしたいところですが、忙しかったり、外食が多くなったりで、毎日食事を用意する事は難しい場合もあります。そいう場合、サプリメントで不足してる栄養素を補助するのもいいでしょう。 

極上クリル

特徴:青魚由来のDHA・EPAよりも高品質な、南極オキアミから抽出された「クリアオイル」を100%含有したサプリメント。体内への吸収が違います。

内容量:120粒(60日分)

価格:6,480円(税込み) 

販売元:健美ライフ

  • これからも飲み続けたい
    モニプラを通して試させていただきました。 クリルオイルというものを今まで知らなかったのですが、プランクトンの一種である南極オキアミから得られるオイルのことなのだそうです。 期待される効果としては、20代~40代の方は、PMSや抗酸化、ダイエットへの効果、50代以上の方はLDLコレステロールなどの数値悪化に対する効果があげられ、私はPMSがひどく悩んでいるため期待していました。 正直においがきつめだなと感じたのですが、口に入れてしまえば気になりません。 気になる体調に関しては、夏の疲れか出かけていた時の疲れかでどうも体調が思わしくなく、また、仕事の負担が増えたこともありイライラしてしまうことが多くありました。ですので、精神面は普段とあまり変わらないかなと思ったのですが、これはサプリメントがどうこうということではないと思います。 ただ、肉体面は普段よりは頭痛は少ないかな、おなかの調子がいいかなと思いました。 しかし、すごい!!と思ったのが月経中でして、普段悩まされがちな生理痛がほとんど無かったのです!普段は痛み止めを毎回飲んでいたのですが、今回は痛み止めを飲まなくて大丈夫だったのが嬉しかったです。 また、経血の量も普段より少なく、普段トイレに行くのが憂鬱になりがちだったのですが、快適に過ごすことができました。 更に良いことがありまして、本当にお恥ずかしい話なのですが、最近かなり過食気味になってしまい、朝食は置き換えドリンクを飲んでいたものの、かなり暴飲暴食気味だったのです。そんな状態なので体重計には怖くて乗れず、ダイエットは放置していたのですが、おそるおそる体重計に乗ってみたら本当に少しですが減っていて驚きました!きちんとダイエット生活をしながらこちらをいただいていたらもっと効果があったのかな…と少し後悔しています。 効果が感じられたのでこれからも飲み続けたいと思っているのですが、私にとっては少し価格がお高めかな…と感じています。

    @cosme

  • 飲み始めて1ヶ月以上
    飲み始めて1ヶ月以上になります。先週は飲むのを忘れるほど忙しくて、飲み忘れて3日間くらいずっと日中になると目の奥や眉間が痛くなったり、肩こりもひどくて辛い思いをしていました。もしかして『極上クリル』を飲んでいないから?と思って飲み始めたら、断然症状がマシになって楽に!眼精疲労への効果を実感しました。疲れも感じにくくなるし、調子が悪いところが気にならなくなるイメージです。中性脂肪やコレステロールなど具体的な悩みがあったわけではなかったけど、PMSもよくなったし、とにかく身体に足りていない栄養を補えているということに納得です。肌の調子もいいし、オススメです!

    @cosme

けっこうニオイが魚っぽい、という意見が多いようです。LDLの数値だけではなく、PMSの症状の緩和を求める女性も多いようです。 


極上クリル

EPA DHA α-リノレン酸

特徴:血液をサラサラにするDHA・EPAと、シソ由来のα-リノレン酸、与那国島の長命草の、4つの成分をいっぺんに摂取できます。

内容量:180粒(30日分)

価格:2,700円(税込み) 

販売元:小林製薬

  • 気になる中性脂肪に
    健康診断で引っかかった中性脂肪の値。なんとか減らそうとネットで検索したらDHA,EPAの摂取が良いと。お魚は好きだけれど毎日たくさんは食べられないので、サプリメントにしました。気軽に摂取できるので助かっています。

    lohaco

  • 3ヶ月で悪玉コレステロールが20%減りました!
    コストパフォーマンスが最高の商品です。 DHA&EPA関連の商品は他にもたくさんあります。 ただ、悪玉コレステロールを減らす、増やさない、善玉コレステロールを増やす、含有量とコストパフォーマンスの観点から総合的に見て最も良かったのがこの商品です。 よく1粒あたりとか、1日摂取あたりとかで、含有量が多いことをうたっている商品もあります。でも、商品によって、1粒の大きさも違えば、1日摂取量も違います。 この商品は、1グラムあたりDHA、EPA、リノレン酸で一番です。 つまり悪玉を減らす、増やさない、善玉を増やす、の3つの観点で1グラムあたり1番です。 アマゾンで定期利用すれば、最安商品でコストパフォーマンス最高です。 DHA関連の商品の売れ筋ランキングなどもよく見ますが、 アフィリエイトによってポイント還元を得られたり、宣伝のために1位にしている ステマ的なものが多いので、1グラムあたりの最大効果でみて下さい。 3ヶ月の継続利用で、悪玉コレステロールが20%減りました!! 超オススメです!!

    amazon

オメガ3系脂肪酸をまとめて摂取できる、という点がポイント高いみたいですね。コストパフォーマンスが優秀で助かるとの声がとても多いようです。コレステロールが減った、という口コミは心強いですね。

EPA DHA α-リノレン酸

効果でないなら医師に相談

 食事を改め、生活習慣も改善し、運動もしてる。だけど効果が出ない、というなら医師に相談しましょう。分からない事を聞くには専門家に相談するのが一番です。場合によっては食事や生活習慣に関係なく、別の病気でLDLが増えてる場合もあります。その場合は必ず専門家の医師による治療が必要になります。

家族性高コレステロール血症

遺伝によって、LDLコレステロールが異常に増えてしまう病気です。LDL受容体の遺伝子に異常があるために、血中のLDLが細胞に取り込まれて使われずに、血液の中でそのまま溜まってしまうのです。食事や運動の治療に加えて、スタチン剤などの投与が必要になります。

家族性高コレステロール血症の患者の場合、冠動脈の疾患が起きる可能性が、通常よりも高いと想定されるので、専門医による厳格なLDLの管理が必要です。

甲状腺機能低下症(橋本病)

のど仏の傍にある甲状腺の機能が低下し、甲状腺ホルモンがうまく分泌できずにLDL値が上昇してしまいます。この場合、LDLを下げる薬を投与しても無意味です。甲状腺ホルモンの分泌を補う必要があります。

甲状腺の病気はなかなか検診などでは見つけられません。冷え性がひどい、手足がむくむ、乾燥肌がひどい、などの症状が続くようなら、甲状腺の異常を疑って専門医の診断を仰いでみましょう。

甲状腺機能亢進症(バセドー病)

橋本病とは逆に、甲状腺の機能が異常に活発になり、甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、代謝のスピードが異常に早くなってしまう病気です。この場合はLDL値が異常に低くなってしまいます。治療法は、投薬、ラジオアイソトープ療法、手術の3種類。 バセドー病もなかなか見つけにくい病気です。食べても食べても痩せる、LDLが低い、という場合は甲状腺の専門医の診断を受けてみましょう。

バランス意識してコレステロールのLH比を管理

とかく悪いものと思われがちなコレステロールは、生きていくために絶対必要な成分で、肝臓から身体の各所に運ばれ、使われ、余った分は回収されて、また肝臓で再合成されています。大切なのは、運ぶ分と回収する分のバランスが保たれていることです。食事や生活習慣に気をつけながら、適切なLH比を保てるような生活リズムを、習慣づけていきましょう。

おすすめサプリメント!極上クリル

スポンサーリンク