意外と多い女性の水虫!治療のポイントを押さえて菌を撃退しよう!

足の裏や指の間等がむず痒くなる水虫といえば男性がなるものと思っている方が多いようですが、女性でも悩んでいる方が結構います!なかにはかゆいけれど水虫かどうかわからないという方もいるようなので、原因や症状、治療法をここでチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

女性の水虫…恥ずかしい!

小さなプツプツとしたできものが足の裏や足の指の間等にできていたり、かゆみがあるので掻くと、水のようなものがそこからにじみ出てきたりしたことはありませんか?頻繁に足がかゆくなったり、できものができていたり皮がむけたりしている方は、もしかしたら水虫になっているかもしれません!

水虫というと、中年くらいの男性がなるもの、というイメージがあるかもしれませんが、実は、老若男女誰にでもできるものなのです。近年は、女性でも発症する人がだんだん増えてきており、恥ずかしくて病院に行きにくい、人にも言えないと人知れず悩んでいる方もいるようです。そもそも、水虫だという自覚がない方も多いとか。

ここでは、女性に意外と多い水虫の原因や症状、治療法、水虫対策グッズなどをご紹介しますので、心当たりのある方はぜひチェックしてみてくださいね!


【水虫対策の最終兵器!】『クリアフットヴェール』


カルナ博士
水虫はかゆくてイライラするんじゃ!わしも何度か発症したことがあるんじゃが、結構不快なもんじゃよ。女性にも増えとるようじゃが、なにが原因なのかのう……
ひばり
そうねぇ。昔より女性が社会進出してるから、男性っぽくなってきたのかな?でも、まさか自分が水虫なんて、と思って気がついていない人もいるみたい。放っておくと広がってしまうから、早めに対処したほうが良いんだよね。

意外と多い?女性の水虫の実態

なぜかよく足の裏の皮がむける、かかとがガサガサになりやすい、足の指や裏がやたらとかゆい……これって何だろう?と思っている方!それは水虫の可能性が高いです。水虫薬のCMのイメージがあるのか、水虫になるのはいわゆるおじさま世代の方くらいだろうと考えやすいのですが、実のところ、女性にも案外多いのです。では、その女性の水虫の実態について、ここで探ってみましょう。

女性の3人に1人は水虫の可能性

世間一般では、水虫といえば男性がよくなるもの、といったイメージが非常に強いのですが、実際は水虫を発症している方の男女比は「1:1」で、男女差はほとんどないのだそうです。しかも、女性の3人に1人はなんらかの水虫の症状を持っているといわれています!

かゆみや目立ったできものがなくても、水虫に感染していることがあります。女性に多いのは皮膚がカサカサするタイプの水虫だそうで、かかとのカサカサが原因でストッキングがすぐに伝線してしまったり、皮がポロポロとむけやすかったりといった症状が見られるようです。

女性は素足でサンダルを履くことも多いので、できればキレイな足をいつもキープしていたいもの。水虫になると皮がむけたりして目立つので、なるべく早く解決したいですよね。女性が水虫で病院に行くのは恥ずかしいと思う人もなかにはいますが、実際は皮膚科を受診している女性は結構多いのだそうです。専門の医師の診断を受けて適切な対処をしてもらうのが、早期の治癒への近道ですよね。

女性に水虫が多い原因はストッキングやブーツ

男性と変わらないくらいの数の女性が水虫に悩まされているのは、いったいなぜでしょうか?水虫は菌の繁殖によって発症するものですが、菌というものは通気性が悪くて湿気が多く、温かい場所に繁殖しやすいので、靴をはいている時間が長い足に発症しやすく、9割が足にできる水虫だそうです。

現代は働く女性が以前よりかなり増え、1日中蒸れやすいストッキングをはいてパンプスで過ごす方も多くなっています。また、ブーツのような通気性の悪い靴をはく機会も増えていますので、足が蒸れやすい状況が増えて、水虫になる女性がぐっと増えてしまったようです。

カルナ博士
男性なら、吸水速乾の蒸れにくい靴下を選んではくこともできるんじゃが、女性はストッキングをはかなくちゃならないからのう。ストッキングは化繊でできておるから汗を吸わず、相当蒸れるようじゃな。みんな、我慢してはいておるのかのう……

そもそも水虫の原因は?

水虫という名前はよく耳にしますが、その実態が何なのか、よく知らない方も多いかと思います。水虫は何が原因で起こるものなのでしょうか?水虫を解決、予防するためにも、その原因をしっかりと理解しておきましょう。

白癬菌が繁殖して発症

水虫の原因となっているのは「白癬菌」というカビの一種です。白癬菌という皮膚糸状菌が皮膚に感染することで起こります。感染から24時間ほどで皮膚の一番表面にある角質に侵入し、角質層にあるケラチンをえさにして増殖していきます。この白癬菌は気温が15℃以上、湿度が70%以上になると増殖しやすくなり、さらに高温多湿になると活発さを増します。なんと、日本人の5人に1人は白癬菌に感染しているといわれています。

白癬菌に感染した人が落とした皮膚のかけらから菌が拡散してしまうので、裸足で利用することが多い場所、温泉や浴室、プール、スポーツクラブなどで感染の危険が高くなります。また、家族の中に水虫の方がいる場合も、素足で家の中を歩いたり、同じタオル、バスマットを共有したりしているとやはり感染しやすくなりますので、菌が付きやすいスリッパやタオル、マット類は共有しないほうが良いでしょう。

足をしっかり洗えていないと菌が繁殖しやすい

万が一、白癬菌が足についてしまっても、24時間以内に洗い流せば感染を防ぐことが可能ですが、お風呂に入らなかったり足をきちんと洗えていなかったりすると、菌がどんどん繁殖して感染を広げてしまいます。外出から家に戻ったら足をまず洗うこと、入浴時には足をしっかり洗って清潔にし、水分もちゃんと拭き取っておくこと等、フットケアをきちんとしてあげるだけでも、感染の可能性を減らすことができます

足がムレている状態がもっとも繁殖しやすい

白癬菌は、高温多湿の環境だと繁殖力が増します。汗などで足がムレている状態で靴下やストッキングをはき、長時間同じ靴をはいたままのような状態では、まさに菌の温床となってしまいます。1日に8時間以上靴をはきっぱなしの方は、水虫に感染する確率がとても高いそうです。近年増えつつある女性の水虫の主な原因はこれなのです!

菌の繁殖を防ぐためには、1日に1度は足をしっかり洗い、菌が繁殖しやすい環境をなるべく避けることが重要です。通気性の良い靴をはくのが難しいのなら、休憩時間には靴を脱いで足を乾燥させたり、足を清潔なタオル等で拭いてあげて、菌が繁殖しないような環境をつくることが大切です。

ひばり
日本は海に囲まれて湿気が多いし、靴を脱ぐ習慣があるから水虫になる人が多いのかな?!なんだか、そこらじゅうに菌がありそうで裸足で歩くのが怖くなってきた……白癬菌って、死んだ細胞のなかで増殖するから、皮膚から落ちたアカのなかでも高温多湿なら1年以上も生き延びるんだって!!イヤだ〜(>_<)

<症状別>女性の水虫4タイプ

足の裏や指の間に小さなできものができている、足先がいつもむずがゆい、よく皮がむけるなど、水虫の症状にもいろいろなタイプがあります。ここでは、女性に発症しやすい水虫の症状をタイプ別に4つ見ていきたいと思います。当てはまるものがあるようなら、水虫を疑ってみましょう。

1.指の間が白くふやけるなら<趾間型水虫>

水虫のなかでもっとも多いのが、この趾間型です。足の指と指の間にできるもので、とくに薬指と小指の間が多いのだそうです。症状には2種類あり、じゅくじゅくして皮がふやけてむけてくる湿潤型と、かさかさして皮がむける乾燥型とがあります。湿潤型のほうがかゆみが強く出ることが多いのですが、掻くとヒリヒリして痛くなりやすいです。

2.小さい水疱ができるなら<小水疱型水虫>

足の裏や側面、指のつけ根などに小さな水泡がポツポツとできるのが小水泡型です。水泡が破れると水っぽい汁が出ることがありますが、その汁自体は白癬菌はではないので、汁が付いたから感染する、ということはないそうです。小水泡型は、進行するとともにかゆみが増してきます。似たような皮膚症状がでる汗疱と間違えやすいので、小水泡ができたら専門医である皮膚科での検査を受けることをオススメします。

カルナ博士
わしもこの小水泡型水虫になったことがあるんじゃが、かゆくて掻いてしまうと、水泡がつぶれて水みたいなのが出てくるんじゃ。それが付くと水虫が広がるという噂を聞いたもんじゃが、どうやら関係ないようじゃのう。こういう噂に左右されんように、ちゃんと病院で診てもらったほうがいいのう。

3.かかとがひび割れて乾燥するなら<角質増殖型水虫>

足の裏全体に白癬菌が感染し、足の裏が厚く、白っぽくなるのが角質増殖型水虫です。他の水虫と違って足がじゅくじゅくしたりかゆみが出ることがないため、気付きにくく、治療せずに放置してしまうので他の人にもうつりやすい水虫です。皮膚の表面がざらついて、かかとなどがひび割れを起こすこともあります。通常、水虫は温度と湿度が上がる春から夏にかけて多く見られるものですが、この角質増殖型は冬に症状が悪化しやすいそうです。

4.爪に変色、変形が見られたら<爪水虫>

皮膚に感染した白癬菌が爪の中にまで侵入し、爪が白っぽく濁ったり、分厚くなったりするのが爪水虫です。日本では、1000万人以上の方がこの爪水虫にかかっていると推定されています。一度発症するとなかなか治らないのですが、かゆみのような自覚症状もないため、気づかない方も多いようです。爪がどんどん分厚くなって、靴をはくときに痛みが出たり、歩きにくくなったりすることもあります。

爪水虫に感染した爪には白癬菌が棲みついており、切った爪を触ったりして、手や他の場所にも感染を広げてしまうことがあるため、注意が必要です。

女性の水虫!治療のポイント4つ

上記の症状を見て、自分が水虫かもしれない、と思ったあなた!放っておいても治りませんので、なるべく早く治療を始めてください。水虫に対処するために、以下の4つのポイントを押さえていきましょう。

1.恥ずかしがらずに皮膚科で受診

足に異常が起きていることはわかっても、素人ではそれが本当は何なのか、見た目ではわからないものです。水虫かなと思っても、他の細菌が原因だったり、湿疹だったりする場合もあります。水虫なんて、人に知られたら恥ずかしい!と思うかもしれませんが、治療をしなければ悪化するばかりです。専門医である皮膚科で必ず診断を受けて、水虫であることを顕微鏡でしっかり確認してもらいましょう

自己判断して間違った薬を使い続け、一向に症状が良くならなかった、という話もよく聞きますので、医師の診断を受けることは本当に大事です。症状によって、外用薬や内服薬が処方されますので、医師の処方に従って使用してください。また、見た目が治ってきたように見えても、勝手に治療をやめず、医師の指示に従いましょう。途中で治療をやめると、再発をする可能性が高いです。

ひばり
確かに、水虫で皮膚科を受診するのは、なんとなく恥ずかしいです……でも、なってしまったものは仕方がない!しっかり治療を受けて、なるべく短期間で完治できるように頑張りましょう〜(^-^)

2.市販薬を使用する際は薬剤師に相談

病院に通う暇がない、という方は、最寄りの薬局で水虫の薬を購入することもできます。薬局には薬剤師がいますので、症状を説明してどんな薬を使った良いか相談すると良いでしょう。白癬菌の繁殖を抑える薬や、白癬菌を殺す殺真菌作用がある市販薬等が販売されていますが、市販薬は幅広い症状に対応するため、病院の処方薬よりも効果が弱めになっています。ちなみに、爪水虫の場合は医師の処方した内服薬を飲む必要があるので、薬局の薬では治療できません。

薬を塗るときの大事なポイントは、広範囲に塗ることと、治ったと思っても途中でやめないことです。症状が出ていなくても菌には感染しているので、患部の周囲4〜5cmは薬を塗っておきましょう。角質の奥に隠れた白癬菌が新陳代謝によって剥がれ落ちるまでは治療を続けたほうが良いそうなので、薬を塗り始めたら、最低でも1〜2ヶ月は治療を続けると良いそうです。

3.足がムレない環境つくり

白癬菌が増殖しやすいのは、なんといってもムレやすい環境です!なるべく足がムレないように、通気性の良い靴下やストッキング、靴を選びたいところです。

ストッキングとパンプスは年中欠かせない、という方は、抗菌加工をしてあるものや吸水性のあるもの、五本指等のムレにくいストッキングをなるべく使い、パンプスはずっと同じものをはくのではなく、何足か用意して毎日違うものをはいていくと良いでしょう。白癬菌は乾燥には弱いので、なるべく足を乾いた状態にすることが一番です。もし汗等で靴が濡れていたら、しっかり乾かしてからはくようにしましょう。

白癬菌は、皮膚からはがれ落ちたアカのなかでしぶとく生き続けています。他の人に水虫をうつさないためにも、バスマットやタオルはキレイに洗い、床掃除も丁寧にするようにしましょう。水虫が治るまでは、裸足で歩き回るのをやめ、タオルやマット類は共有しないように気をつけてください。

4.帰宅後は必ず足を洗う

きっちり靴をはいた状態で1日中でかけて、帰宅したときの足には、白癬菌がびっちり繁殖している可能性大です。菌を家中に撒き散らして家族が感染してしまったら大変なので、帰宅後は、まず必ず足を洗うようにします

足を洗うときは、皮膚に傷をつけるといけないのであまりゴシゴシこすらずに、石鹸をよく泡立てて丁寧にやさしく洗いましょう。足の裏や足の指の間はくすぐったくて洗いにくいかもしれませんが、菌を落とすためですので、入念に洗ってください。洗った後は清潔なタオルでよく水分を拭き取り、しっかり乾燥させましょう。

女性の水虫でありがちな「再発」

一度発症すると、完治させるのが難しいといわれる水虫。薬を塗って治ったように見えても、およそ半数の方が再発してしまうといいます。あのむずがゆくてやっかいな水虫をすっきり完治させたいのなら、再発を防止する措置をとらなくてはいけません!いったいどうしたら再発しないで済むのでしょうか。

水虫治療は白癬菌の根絶が必須!

水虫は白癬菌の感染によって起きるので、水虫を完治させたいのなら、その元である白癬菌を根絶しなければなりません。しかし、靴を脱いで家やお店などに上がる機会の多い日本では、白癬菌のいない場所を探す方が難しいくらいです。いつでもどこでも白癬菌は存在していると理解した上で対処していきましょう。

まずは、患部の治療をしっかり行うことです。できれば、市販の薬ではなく、皮膚科の診断を受けて処方された薬を使用し、医師の指示通りに治療を行うことが大切です。病院で処方された薬は、その方の症状に合わせたものなので、市販の薬よりは効果も強くなります。塗り方も指示通りに守り、医師に完治したと言われるまでは病院に通うようにしましょう。

実は、一番問題なのは、靴です。靴はなかなか洗えませんので、どうしても菌の温床になってしまいます。中を拭いてよく乾燥させてからはくか、靴を滅菌する処置をして、なるべく菌を減らすようにするしかありません。毎日同じ靴をはくのは絶対に避けましょう。せっかく治療をしても、靴で再発してしまうなんてもったいないですよね。面倒かもしれませんが、靴の菌を減らす処置はしっかり行い、古い靴は買い替えるようにしましょう。

治療を進めながらも、菌をばらまいたりまた新たな白癬菌に感染しないように、スリッパ、タオル、マット類は自分専用のものを使い、共有スペースでは裸足で歩かないようにしてください。そして、外出先から帰ったら、必ず足をキレイに洗って、繁殖してしまった菌を洗い流してください。

ひばり
水虫が完治するまでは、こういったコツコツとした努力がどうしても必要なんです!あの不愉快なかゆみ、皮がむけて美しいとはいえない足の皮膚をきっちり治して、見た目もキレイでいつでもサンダルがはける快適な足環境を手に入れましょう〜♪

自己流治療が再発の原因

やはり、医師の診断や指示に従うのが、水虫完治の近道です。めんどくさくなって途中で治療をやめてしまったり、症状がでなくなったからといって薬を塗らなかったりすると、再発の危険性が高くなります。指示通りにしない自己流の治療が、再発を促してしまうのです。

また、民間療法で水虫を治そうとする方もいますが、民間療法はあまり根拠のないものがほとんどで、かえってかぶれ等のトラブルを引き起こすことがあるので、オススメはできません。

水虫予備軍におすすめ対策グッズ3選

ではここで、水虫対策用につくられたグッズを3つご紹介します。治療がある程度済んだあとでも、こういった対策をしておくことで、再発の危険性を減らすことができるでしょう。

クリアフットヴェール

同じ環境にいても、水虫になる人とならない人がいるのは、肌を守る力に違いがあるからだ、という点から、CPL(環状重合乳酸)という肌を守る成分を配合し、菌の活動を抑え、角質層に潜伏していた菌を押し出す竹酢液や、成分を角質層の奥にまで浸透させるサリチル酸も配合されたグッズです。再発しない肌環境をつくってくれるので、水虫のない快適な足を継続したい方にオススメです。

効果に満足できなかったら25日以内なら全額返金保証もしてくれますし、専任のアドバイザーが電話で相談にも乗ってくれますので、安心して購入できるのではないでしょうか。


メーカー/北の達人コーポレーション 価格(税込)/通常価格 1本 3,564円 お試し定期1ヶ月コースなら 3,207円 3ヶ月コースなら 3本 9,088円

クリアフットヴェールはこちら!

つるりんマスターEX

患部にスプレーするだけで、なんと99.9%も除菌をしてくれるグッズですが、できる限り自然由来の素材を使用して、低刺激で使いやすくしています。また、医薬部外品成分であるイソプロピルメチルフェノールや柿タンニン、茶エキスなど、殺菌消臭作用のある成分も多く配合されており、除菌だけでなく消臭もできる優れものです。

スプレー式なのでお手入れも簡単ですし、患部に触らなくて済むのも良いですよね。お店で水虫治療薬を買うのが恥ずかしい方、なるべく低刺激の肌に優しいものを使いたい方にもオススメです。


メーカー/アルトルイズム 価格(税込)/通常価格 1本 5,184円 お試し定期コースなら初回限定 2,138円、2回目以降は 4,298円

つるりんマスターEXはこちら!

カルナ博士
白癬菌は、本当にどこにでもいるものなんじゃ。いつ感染してもおかしくないんじゃから、こういったグッズをうまく使って、いつも予防をしておくのは良いことじゃな。

エフゲン for women

女性のためにつくられた第2類医薬品の水虫薬です。年間累計販売本数が5万本以上のエフゲンシリーズで、女性用エフゲンは持ち歩いても水虫薬だとはわからないパッケージ、バッグに入れて持ち歩きやすい大きさになっています。原因となる白癬菌を退治しながら、感染した角質層もごっそりはがしとってくれます。もう40年以上も販売され続けている信頼のおける水虫薬です。

メール便でポストに投函してくれますので、誰にも知られずにこっそり購入することができますよ。


メーカー/大源製薬 価格(税込)/10ml 756円 30mlと10mlのセットで 2,770円 30mlが2本のセットで 3,694円 

エフゲンはこちら!

女性の水虫は放置しないで!

今や、年齢も関係なく男性も女性も同じように水虫に悩まされています。確かに、自分が水虫であることが周りに知られるのは恥ずかしいかもしれませんが、治療をせずに放っておけば、症状は悪くなる一方です。あのむずがゆさ、不快感に耐え続けるよりは、治療する覚悟を決めて一気に治してしまったほうが、長い目で見ても良いに決まっています!

そして、案外多いのが、水虫だと思って市販の薬を塗っていたがよくならず、皮膚科に行ってみたら実は水虫ではなかった、というパターン。無駄足を踏まないようにするためにも、足のトラブル解決のためには、専門医である皮膚科の受診をオススメします


【水虫対策の最終兵器!】『クリアフットヴェール』


参照リンク

ロート製薬ーエクシブ

スポンサーリンク