怖い水虫の感染力!感染経路・対策方法を知って水虫は治せます!

水虫の感染力はどれくらいなのか知っていますか?現在身近に水虫になってしまっている方がいる場合は注意が必要かもしれません。水虫の感染経路やその対策方法など、水虫の知識を深めておきましょう。対処法を知ることで、水虫もへっちゃらになるはずです。

スポンサーリンク

知らないと怖い!水虫の感染力

気温や湿度が高くなってくると、水虫になってしまう危険性が増えてしまいます。皆さんの中にも、水虫で苦しんでいるという方はいるのではないでしょうか。この水虫という病気は、かゆみが出たり皮がむけてしまったりといった症状については知っているかと思いますが、どういった原因で感染してしまうのか、感染経路はどうなっているかなどについては理解していないという方もいるかと思います。そこで、今回はこの水虫について、感染経路や治療方法などを紹介していきます。

ピロエースZ公式サイトはこちら

カルナ博士
湿度が高くなる時期になると、水虫の対策が必要になってくるのう。
ひばり
対策も重要だけど、まずは何故水虫になってしまうのか、その原因を知ることで感染するのを防ぐことができるから、水虫についての理解を深めておくことが大切なのよ。じゃあ最初は水虫の症状について知っておきましょう。

 水虫の初期症状とは

水虫の初期症状には、どのようなものがあるのでしょうか。

足にかゆみがでる

水虫といったら、最初に思い浮かべるのがこの症状ではないでしょうか。足のかかと部分や指の間部分などにかゆみが出てきたら、まずは水虫を疑ってみてください。

白癬菌(はくせんきん)という水虫を引き起こすカビが、角質に入ってケラチンというタンパク質を溶かしてしまい、その溶かされた代謝物が体の中へと入っていきます。その侵入を防ぐために化学伝達物質が送り込まれると、神経や血管が刺激されてかゆみが引き起こされてしまうといわれています。

足が臭う

足のにおいも、水虫の症状の一つです。これまで特に臭わなかったのに、急に足が臭ってきたら水虫を疑ってもいいかもしれません。足のにおいは、基本的にはひび割れを起こしてしまう角質増殖型の水虫以外に起こる症状です。足のにおいも水虫の判断材料となります。

足の皮がめくれ痛みがでる

足の皮がめくれてしまい、痛みも伴う場合は角質増殖型の水虫や趾間型(しかんがた)の水虫である可能性が疑われます。炎症が進行することでかゆみが増し、それに耐えられずにかいてしまい、足の皮がボロボロとめくれてしまうのです。それに加えて痛みも出てきます。

水泡が出来る

これも水虫の症状の一つです。神経や血管の刺激が続くことによって、2~3mmほどの細かい水疱が現れます。この症状が出てきたら、小水疱型の水虫である可能性が疑われます。

小水疱型水虫は、土踏まずや指の付け根部分などに赤い水疱が出来てしまう水虫です。激しいかゆみを伴うことがありますが、人によっては皮がめくれるだけで水疱はさほど目立たないという場合もあります。

乾燥しヒビ割れる

水虫の症状には、足が乾燥してカサカサになり、ひび割れてしまうものもあります。この症状が出てきた場合は、角質増殖型水虫である可能性が考えられます。

角質増殖型水虫は、感染しやすく発見しにくいという特徴があります。そのため角質増殖型水虫になっていても気づかないまま放置していることが多く、気が付いたら水虫が進行していたということもあります。症状としては、皮膚が厚くなり、ザラザラとした感触があります。

指の間などが膿んだようになる

指の間などに膿のようなものが出来てしまうのも、水虫の症状です。この症状が出てきたら趾間型水虫である可能性が考えられます。

趾間型水虫は、指の間に出来る水虫です。特に薬指と小指の間にできやすいと言われています。初期症状ではかゆみや痛みを伴い、皮をむくと液体が出てきてしまいます。次第に皮膚が白くふやけた状態になることが特徴です。

爪が白く濁っている

水虫の症状の中には、爪が白く濁ってしまうこともあります。この症状が出てきたら、爪水虫である可能性が考えられます。

爪水虫は、爪に菌が増殖してしまう水虫です。爪の表面に光沢がなくなってしまうのが特徴です。爪の質がもろくなってしまったり、他の爪に感染してしまったりなど、厄介な症状があります。

カルナ博士
こんなにも水虫の症状に種類はあるんじゃな。

 水虫になる原因

そもそも、水虫になってしまう原因とは何なのでしょうか。

白癬菌が足に感染

先ほども少し触れましたが、水虫は白癬菌が足に感染することで発症してしまいます。白癬菌がケラチンを溶かすことで体に侵入し、神経や血管を刺激することで様々な症状を引き起こします。

白癬菌とはカビの種類の一つです。白癬菌は手や体などにも感染することがありますが、9割近くは足に感染するといわれています。そのため、足に感染しないように気を付ける必要があります。

白癬菌は通気性が悪く、かつ高温多湿な状況で繁殖すると言われています。男性の方が感染率は高いようですが、女性でも感染することはあるので油断は禁物です。特に近年の女性はブーツやパンプスを履く人が増えており、白癬菌が繁殖しやすい条件が整った環境になりやすいです。その状態で長時間履くと足が蒸れてしまうため、注意が必要です。

免疫力の低下

免疫力が低下してしまうと、水虫に感染してしまう可能性が高くなります。アメリカの統計では、水虫の感染率が高い人に共通しているのが、皮膚の粘膜の免疫力が弱いという点であるということが挙げられました。皮膚の免疫力が弱いと白癬菌が簡単に内部に侵入できてしまうため、水虫になってしまう確率が上がってしまうのです。

また、腸内環境が悪く炎症体質の方は皮膚の免疫力が低下しやすい傾向にあるといわれています。これはアメリカの研究によって高確率で水虫の方は腸内環境が悪いという結果が出ているからです。

その他にも、免疫力が低下してしまう原因として薬の服用が挙げられます。抗がん剤や免疫抑制剤などを服用している方は免疫力が低下してしまうので、担当の医者と相談してみてください。

ひばり
感染と免疫力の低下が水虫の原因となっているんですね。

 水虫の感染経路って一体?

水虫は一体どこから感染するのでしょうか。その感染経路を辿ってみましょう。

足ふきマット

お風呂場にある足ふきマット。ここは水虫の感染経路として最有力候補の一つとして挙げられます。白癬菌は湿気の多い場所で活発に繁殖するため、足ふきマットはかっこうの繁殖場となっているのです。それに加えて家族に水虫の方がいると、その感染率はさらに上がります。水虫は足が湿っていると感染率が上がります。お風呂から出た後は足ふきマットが湿っているので、感染する可能性も上がるのです。なのでお風呂から出た後はしっかりと足の水気をとるようにしましょう。

スリッパ

スリッパも足ふきマットと並んで水虫の感染経路の最有力候補です。通気性が悪く、湿度が高くなりがちな環境なので白癬菌が繁殖しやすいのです。

スリッパを家族で兼用している方は注意が必要です。家族に水虫の方がいるとスリッパを通して感染することもあります。なのでスリッパは個人用を用意するか、必要時以外は使用しないようにしましょう。

日本は家ではスリッパをはかずに素足で過ごすのが文化となっており、水虫に感染するリスクは他の国と比べると高めです。家の中で靴を履けとまではいいませんが、足が湿ったらすぐに乾燥させたり、なるべくスリッパを履かないようにしたりすることで感染する可能性を少しでも減らすことが出来ます。

畳・カーペット

畳やカーペットは、白癬菌の皮膚やアカなどが落ちている可能性が高い場所です。それらを踏んでしまうと、これまた水虫に感染してしまいます。感染するリスクを少しでも減らすためにも、畳やカーペットなどは清潔に保つようにしましょう。そのためには、毎日の清掃が大事になります。

掃除機で吸うだけでは細かいゴミが充分にとれないこともあります。なのでコロコロを使用して徹底的に畳やカーペットを掃除することも大切です。毎日これらの掃除をするのは大変かもしれませんが、よく使う場所だけでも実践するようにしましょう。

布団

布団も畳やカーペットと同じく、白癬菌の皮膚やアカなどが落ちている可能性が高い場所です。なのでこの布団も清潔に保つ必要があります。

布団の場合は外に天日干しをすることで菌を死滅させることができるといわれています。毎日は厳しいかもしれませんが、最低1週間に1回は外に干して白癬菌を死滅させるようにしましょう。布団をはたくことも忘れないようにしてください。

公共のお風呂やプール

公共のお風呂やプールは、様々な人が使う施設です。こういった施設を利用する方の中には、水虫に感染している方もいると考えた方がよいです。それを知らずに公共のお風呂やプールに入っていると、そこから水虫に感染することもあります。なのでこういった施設は水虫対策といった面でいえば、特別な用事があるとき以外は使用しない方がよいでしょう。

また、お風呂やプール以外にも公共施設などの不特定多数の方が素足で利用する場所は水虫の感染リスクが高まります。そういった場所を利用した後はしっかりと足を拭いて清潔に保つように努めましょう。

ペット

ペットを飼っている方は、ペットから水虫に感染する可能性も考えなくてはいけません。実は犬も水虫になることがあるのです。

犬の水虫は土の中を掘ったことによって菌が付着してしまい、そこから繁殖するといわれています。その状態で知らないで犬に触っていると、そこから水虫に感染してしまうこともあるのです。もちろん犬だけではなく、猫やウサギ、ハムスターなども水虫になります。

ペットから水虫が感染しないように、普段からペットもきれいに洗ってあげましょう。これまでペットを洗うのを怠っていた方は、きちんときれいに洗って水虫感染のリスクを減らしましょう。

カルナ博士
日常の至るところに水虫の感染経路があるんじゃな。

 水虫の感染から発症・完治まではどれくらい?

もし水虫に感染してしまったら、発症から完治まではどれくらいかかるのでしょうか。

感染から24時間ー48時間で発症

水虫は、感染してから24時間~48時間以内で発症するといわれています。これは基本的な感染時間となっており、患部に傷がついていると12時間くらいで発症することもあるようです。

この時間の間に白癬菌を洗い流すことができれば、発症はしないといわれています。特別な事情や何かしらの理由がない限り、人は普通は毎日お風呂に入るはずです。ということは、感染してから1日~2日で発症し、その時間の間に洗い流せば感染しないのならば、そう簡単には水虫に感染することはないということがわかりますね。

ただし、先ほども説明した通り傷がついているとその半分の時間で発症することがあります。さらに温度や湿度、通気性や個人差などによって感染までの時間は変動します。

完治までは2か月から6か月

発症してから治療を行った場合、完治までには2か月~6か月ほどかかります。完治までにはこれだけの長期間必要となるので、発見次第すぐに治療に入るようにしましょう。

通常の水虫はおよそ2か月で完治しますが、爪水虫は6か月ほどかかる場合があります。

これは爪の伸びるスピードが関係していて、爪水虫になった爪の根元が伸びきるまでには最低6か月くらいかかるといわれているからです。

この完治までの期間というのは、白癬菌による影響が体内から完全になくなる期間のことです。水虫の症状に関しては、これよりも早く治まることがあります。しかし症状が治まったからといって、完治したというわけではないので注意しましょう。症状が治まっても白癬菌は潜伏している場合があり、そこで治療を止めてしまうとまた再発する可能性があります。なのでしっかりと白癬菌による影響がなくなるまで、根気よく治療を続けるようにしましょう。

ひばり
水虫は完治できる病気ですが、完治までにはこんなにも長い時間がかかるんですね。白癬菌に触れても24時間以内に洗い流せば感染を防げるとのことなので、なるべく発症しないように足を清潔に保ちましょう。

 水虫の感染予防に効果的な方法【5選】

水虫の感染を防ぐためにおすすめな方法を5つ紹介します。これらを実践して、水虫にならないように心がけましょう。

足を清潔に保つ

水虫が最も発症しやすい足は、清潔に保つようにしましょう。白癬菌に触れてしまっても24時間~48時間以内に洗い流せば感染しないので、少しでも汚れてしまったら、その度に足を綺麗に拭くか洗うかするほど徹底的に行った方がよいです。これでもかというほど足を労われば、その分水虫に感染するリスクも下がってきます。外出をする際にもタオルやウェットティッシュなどを持ち歩いていつでも足を清潔にできるように心がけましょう。替えの靴下を持ち歩くと尚よいです。

スリッパは個人で分ける

自宅でスリッパを着用するときは、家族と兼用するのではなく、個人個人のものを用意するようにしましょう。兼用でスリッパを使用していると、家族に水虫の感染者がいた場合、そこから感染してしまう恐れがあるからです。たとえ水虫の感染者が家族にいなくても、足を清潔に保つためにはスリッパは個人で一つ使用するようにしましょう。

スリッパ以外にも、足ふきマットなどもできれば個人のものを用意したいです。家族分揃えて毎日洗うのは大変かもしれませんが、水虫を予防するためにも、できることは最大限にやっていきましょう。水虫に感染して症状に苦しんだり治療に時間やお金をかけるよりは、こういった手間をかけた方が結果的に安上がりすることもあります。

靴下をはきっぱなしにしない

靴下に関しても気を遣う必要があります。靴下ははきっぱなしにしないようにしましょう。例えば蒸れた状態で自宅でそのまま靴下を履くのではなく、脱いで裸足になるか新しい靴下を着用するようにしましょう。

蒸れた靴下には白癬菌が繁殖しやすいです。その理由は白癬菌が繁殖する条件である高温多湿で通気性が悪いという項目が当てはまるからです。そのため自宅にいるならばなるべく裸足で過ごすようにするのがベストです。靴下を履くときは外出時のみにすると効果的です。

また、履く靴下にもこだわりたいところです。水虫を予防するためには、靴下は5本指のものを使用するようにしましょう。指同士を分離させることが出来るので、水虫に感染するリスクが減るのです。それ以外にも水虫には綿の靴下が良いといわれています。綿の靴下は吸湿性が高いため、たとえ汗をかいてもすぐに吸収してくれます。それに加えて通気性も高いため、高温多湿で通気性が悪いという白癬菌が繁殖する条件を回避することが出来るのです。

ちなみに、水虫に感染している人の靴下と一緒に洗濯をしても問題はないといわれています。これは洗濯によって水虫が洗い流せるからだといわれています。

部屋はこまめに掃除をする

感染するリスクを少しでも減らすために、部屋はこまめに掃除をするようにしましょう。毎日すべての部屋を掃除するのは難しいかと思いますので、少なくとも頻繁に使用する部屋は毎日掃除しましょう。特に水虫に感染している方が家族にいる場合は、その方が使う部屋は徹底的に掃除をした方が良いです。掃除機だけではこころもとないので、コロコロローラーを使用してきれいに掃除しましょう。

毎日同じ靴を履かない

靴下だけではなく、靴についてもこだわらなければなりません。水虫を予防するためには、できれば毎日同じ靴を履かないようにしたいです。それが難しくても、少なくとも靴は2~3足は用意するようにしましょう。そして一度履いた靴はしっかりと洗うことも大切です。

靴下だけではなく、靴も感染経路になります。そのため靴を清潔に保つことも大切なのです。乾燥材を入れるだけでも違いますので、毎日替える靴がない場合は乾燥材を使って靴の状態を綺麗に保つようにしましょう。

カルナ博士
すること自体は大したことはないが、これを継続的にやるのは結構手間がかかるのう。じゃがそれほど徹底的にやることで、水虫を予防できるのじゃ。

 水虫になってしまったら?効果的な治し方

しっかり予防をしていても水虫になってしまうことはあります。では水虫になってしまった場合、どうやって治せばよいのでしょう。効果的な治し方を紹介します。

病院に行く

一番のおすすめなのは、水虫になってしまった場合は病院に行くことです。病院に行って適切な治療を受けることで、早期に治すことが出来ます。水虫が何かを把握することができ、他の治療法に比べても最短で治すことが出来るので、基本的には病院に行くことをおすすめします。「水虫かな?」と思っても、病院で検査したらただの乾燥肌だった、ということもあるので、これは水虫かなと思ったら、とりあえず検査を受けに行ってみましょう。それで水虫だったら治療をすればいいですし、違ったら何もないでよかった、ということになりますので。

市販薬で対処する

水虫の治療薬は、市販でも購入することができます。病院に行く手間を省きたい、どの薬を使えばいいのかは既に知っているという場合は、市販薬を使って治療をするのも一つの手です。

ただし、市販薬を購入する場合は薬のタイプに気を付ける必要があります。市販薬の薬には軟膏やクリーム、液体、スプレーなど様々なタイプのものがあります。タイプによって水虫に効果のある症状も違ってきます。間違ったものを使ってしまうと危険ですので、しっかりと調べてから購入するようにしましょう。病院で処方してもらうのと違い、自己判断で購入しなければならないため、くれぐれも間違えないようにしましょう。

薬のタイプと使用するべき症状については、下記の表にまとめてみましたので参考にしてください。

薬のタイプ使用する症状
軟膏どのタイプもOK。
クリーム角質増殖型水虫向き。
液体小水疱型水虫向き。趾間型水虫には向いていない。
スプレー趾間型水虫や小水疱型水虫向き。

足を乾燥させる

水虫は高温多湿になると発症します。なので足を乾燥させることで発症をある程度抑えることが出来ます。足が少しでもぬれたり湿ってしまったら、乾いたタオルなどで足を拭くようにしましょう。外出時に足が蒸れたときのために、外出用のタオルや替えの靴下を用意しておくのがベストです。

その他にも、足ふきマットは乾燥しているものを使用するようにしましょう。濡れている状態の足ふきマットを使用すると、そこで繁殖している白癬菌に触れて水虫になってしまう可能性があります。それを防ぐためにも、乾燥した足ふきマットを使用するようにしましょう。

ひばり
やはり、確実性と安全性を考えるなら病院に行って治療を受けるのが一番です。

 水虫の治療におすすめの市販薬

水虫の治療に市販薬を使用する場合のおすすめ商品を紹介します。お近くの薬局やドラッグストアで購入してみてください。近くに薬局やドラッグストアがない場合は、ネットで購入してみましょう。市販薬は、病院に行く時間がない方や病院に行くことが難しい方などにおすすめです。

ピロエースZ

第一三共から販売されている水虫の治療薬です。殺菌力に優れた成分であるラノコナゾールが配合されており、この成分が白癬菌を撃退してくれます。

しかし、どんなに殺菌力が優れていても肝心の菌にその力が届かなければ意味がありません。その点に関しても、ピロエースZは抜かりないのです。ラノコナゾールには高い浸透力もあり、かつとどまる力もあるため、1日の使用は1回で済んでしまうのです。この優れた総合力を持つピロエースZは角質増殖型水虫や趾間型水虫など幅広く対応できるように3タイプの商品が用意されています。自分の症状に合わせて、目的のタイプを使用してみてください。

ピロエースZの購入はこちら

ブテナロックVa

ブテナロックVaは、久光製薬から販売されている水虫の治療薬です。クリームタイプや液タイプ、スプレータイプなど幅広い種類があり、症状によって選ぶことができます。1日1回でも効く優れた殺菌力を配合していることはもちろん、かゆみ止め成分や抗菌成分も配合されているのです。

主成分であるブテナフィン塩酸塩が、白癬菌が増殖する初期段階の時点で作用し、殺菌してくれます。かゆみについては、クロルフェニラミンマレイン酸塩がかゆみや炎症を抑えて、ジブカイン塩酸塩がかゆみの伝達を遮断し、クロタミトンℓ-メントールがかゆみを抑えてくれます。水虫を繰り返さないためにも、ブテナロックVaを使用して水虫を改善していきましょう。

ブテナロックVaの購入はこちら

ラミシール

最後に紹介するのはラミシールです。ラミシールは白癬菌の増殖を抑えて殺菌する効果があります。タイプも塗り薬であるクリームタイプや飲み薬タイプが存在します。クリームタイプは一般的な水虫に対して効果的ですので、足にまんべんなく塗って発症を抑えていきましょう。飲み薬タイプは塗り薬では治りにくい爪水虫や角質増殖型水虫に対して効果的です。体の中から殺菌作用が働き、水虫を改善してくれます。

ラミシールは優れた治療薬ですが、副作用があります。ラミシールを使用したことによって、かゆみや食欲不振、めまいといった症状が出てくることがあります。もしラミシールを使用していてこれらの症状が出てきたら、服用を止めて医者に相談するようにしましょう。

ラミシールの購入はこちら

 早期発見!早期治療が水虫には重要

水虫は、きちんとした対処を行えば完治する病気です。そのため発症初期の対処が最重要となってきます。足に水虫らしき症状が出てきた場合は、まずは病院に行って診察を受け、水虫になっているのかどうかをチェックしましょう。それで水虫になっていたら、医師の判断に従い、適切な処置を受けるようにしましょう。

また、そもそも水虫に感染しないように工夫することも大切です。足は普段から清潔に保ち、白癬菌が繁殖しないような環境を作る必要があります。そのためには足だけではなく、普段使用する部屋も綺麗にする必要があるのです。足も部屋も綺麗にして、水虫に感染するリスクを少しでも多く減らしていきましょう。

ピロエースZ公式サイトはこちら

スポンサーリンク