受験前日に寝れない!その【原因×解決】方法を伝授!

受験の前日に寝れないことはよくあるものです。どんな問題が出されるのか、もし落ちたら…。など心配があれこれ頭を過ってはしっかり熟睡すべき前夜でもパッチリ目が覚めてしまいます。そんな時の原因を突き止めて効果的な対策法でぐっすり眠りましょう!

スポンサーリンク

受験前日…寝れない!どうしよう!

大切な受験日の前日に限って眠れないことがよくあります。眠らなければいけないと思うほど脳が冴えてしまっては昼間のように目もパッチリと開いてしまうでしょう。音楽を聴いたり、ちょっと動き回ってもなかなかスムーズに眠れないのは何が原因となっているのでしょうか。

大事な受験日に眠くなっては集中力も低下してミスをしやすくなってしまいます。そんなことにならないように、今から受験日前にリラックスして熟睡できる方法を実行し受験合格を目指しましょう!


おすすめサプリメント!北の大地の夢しずく



カルナ博士
眠れないのは若い証拠である。体が元気だから眠れなくても問題なさそうじゃ。そのまま受験をしたらきっと100点満点じゃのう!
ひばり
年齢に関わらず睡眠は大事ですよ。しっかり眠れないと若い人でも翌日体調が崩れて受験に影響を与えます。睡眠不足にならないようしっかり対策を取りましょう!



受験前日に寝れない原因

受験前日にどうして眠れなくなってしまうのか、何をしても落ち着かないそんな時には脳の神経が高ぶっていることは確か。それではさらにどうしてこのような症状になるのかここで説明します。睡眠を妨げている原因がわかった後には、次の項目にある快眠を促す対策法で改善をしましょう。

極度の緊張や不安

受験には様々な種類がありますが、いずれも受ける人にとっては大切なものです。そしてその難易度や重要度、そして競争率が高くなるにつれてますます神経質になったりしては不安が押し寄せるでしょう。そんな状態が日中続くと夜まで影響を及ぼして眠れなくなってしまいます。

それは強い緊張によって自律神経が乱れてしまい、活動時に優位となる交感神経が就寝時にも活発になってしまうからです。逆に心配事や不安がない時は、副交感神経が優位となって体がリラックスして熟睡することができます。しかし興奮や緊張を極端に強く感じてしまうと常に交感神経が優位になり、睡眠時でも体が活動状態のままになってしまい眠れなくなってしまうのです。

ストレス

自分では自覚していなくても受験前にはストレスが溜まってしまうものです。そんな状態が続くとコルチゾールと呼ばれる副腎皮質ホルモンの分泌が増加させてしまいます。

このホルモンは本来代謝をサポートしたり、ストレスを軽減してくれるのですが、大量に分泌されてしまうと副腎にダメージを与えて、免疫を低下させたりリラックスホルモンであるセロトニンの分泌を抑えては睡眠を妨害してしまいます。さらに眠れないと体の修復をサポートするメラトニンが作用せず疲労回復ができないので翌日に疲れを引きずるなどの症状が起こってしまうのです。

遅寝の習慣

日常生活を規則正しく過ごすことは良い睡眠に繋がり、このサイクルに沿って機能している体内時計のリズムが壊れてしまうと寝つきが悪くなる睡眠障害が起こります。

夜勤をしていたり、残業や交代制の仕事を続けていると、夜中の一定した時間にならないと眠れなくなるリズムが習慣づいてしまいます。そうなると睡眠時間がズレて午前中に眠くなるという症状が起こります。学生のうちは夜遊びや夜更かしなどで体内時計のリズムが乱れることが多いでしょう。


受験前日に寝る方法

眠りを妨げる原因をチェックした後には、受験前にぐっすり眠れるようにいくつかここにピックアップした対策法を試してみましょう。もちろんストレスを溜めない、リラックスした毎日を送ることをベースにすればさらに効果アップできます。

全て簡単にできる方法ですので、まとめて実行するのも良いですし、もちろんできることから初めて習慣づけるのも良いでしょう。ぐっすり眠ることができれば受験日に心身リラックスして挑むことができ集中力も高まるでしょう。また普段の日常生活においても眠れない時の快眠法として役に立てることができます。

一週間前から寝る時間を固定

体内時計が乱れている場合、受験日の前日にいきなり正常にリズムを整えようと思っても体はそうはいきません。体内時計が少しずつ乱れていくように、元に戻すにも時間がかかります。そのため受験日の1週間くらい前から朝7時に起床して、夜は11時までに就寝するなど、自分のやりやすい一定したリズムで過ごすようにして体内時計を整えるようにしましょう。

寝具を自分に合ったものにする

眠りにくい時は寝具にも気を使って心地よい眠りを誘うこともポイントです。肌触りの良い素材やマットレスの硬さ、枕の高さなどにも気を配ってリラックスして眠れる寝床に整えましょう。

通気性の良いものなら布団の中が蒸れずに夜中に目が覚めたり、寝冷えをしてしまうことがありません。また寝てしまうとそれほど気にはならないものですが、自分の好きなデザインやカラーにこだわれば心理的に快適な寝入りができるでしょう。

よく噛んで食事

とりわけ夕食はよく噛んで食べると消化がよくなり、就寝する頃には消化も終わって寝つきをよくすることができます。

寝る時間直前に食事をすると胃が消化活動をして眠りを阻害してしまうので、夕食後にお腹が空いてしまった時は蜂蜜入りのハーブティーなど、体を冷やさない糖分を加えた飲み物を飲むようにしましょう。甘い食品で満腹感を得ることができる他、さらにカモミールのリラックス効果でスムーズな眠りにつけるでしょう。

ゆっくり入浴

睡眠を促すにはシャワーよりも入浴をすることをオススメします。入浴は就寝30分前に済ましておくと入浴で温まった体温が下がりはじめ体が寝に入りやすくなります。また入浴をするとリラックスできるので緊張感がほぐれ、副交感神経が優位となって快眠を促してくれるでしょう。

温かい飲み物を飲む

なかなか眠れない時にはホットミルクやハーブティーなど暖かい飲み物を飲みましょう。一度下がり始めた体温を上昇させることで体にちょっとした刺激を与えて眠りを誘う方法です。上昇した体温が再び下降して体が眠気を感じたタイミングで就寝するのがコツです。また暖かい飲み物でも脳を覚醒させるコーヒーや紅茶などカフェイン入りの飲み物はNGですので気をつけましょう。

室温や部屋の明るさ調整

受験前はいつもより神経が高ぶり敏感になりやすいものです。そのため同じ環境で寝ていても明るさをより感じてしまったり、暑さや寒さなどが気になることもよくあるでしょう。自分が眠りやすい明るさや室温に整えてリラックスできるように工夫しましょう。

就寝時は部屋を暗くすると目から刺激を受けないため、脳も穏やかに休むことができます。また室温は寝入り時と夜中の気温の変化により室温も影響を受けますので、必ずしも寝入り時の快適温度で一晩中快眠できるとは言えないでしょう。とりわけエアコンを使用する時期ではさっと温度調節ができるように寝具を利用すると良いです。

アイマスク着用

家の構造によってしっかり雨戸を閉めても明るさが気になる、またガラス張りのマンションなどでは夜でも明るさが気になってしまうでしょう。布団の下に潜ってもなんとなく光を感じてしまう時は、アイマスクを使用するのも一つのアイデアです。アイマスクならしっかり周囲の光を遮断してくれるので快眠を促すことができるでしょう。


どうしても寝れないときは?

快眠をサポートする手段を色々試しても、どうしても改善しない時にはこちらの方法も利用してみましょう。いずれもシンプルにできる快眠方法ですので、ぜひ普段に眠れない時にも利用してください。

目を閉じるだけでOK

どうしても寝れない時にはつい布団の中で目をパチパチとしてしまったり、眠りたいとイライラしてしまっては起きてパソコンやスマホをいじりがち。でもそんなことをすれば余計に目が覚めてしまって逆効果です。夜眠れないと自分だけがこの世で起きている感じがするなど変な孤独感に襲われますが、できるだけ休息するためにも目を閉じて横たわるようにしましょう。

脳が覚めていても体を休めるだけで80%体の回復ができるので、少なくとも翌日はだるさの軽減ができるのです。受験前は多くの方がストレスや緊張感を持ってしまうので、せめて体を休ませるだけでも実行して能率をあげるようにしましょう。 

また目を閉じるとたとえ眠れなくても脳をリラックスさせることができます。目を開いていると様々な情報が脳に伝わり脳は休むことができません。それは何もしていないときでも何かを見つめるという行動だけで脳は活動を続けるからです。そこで目を閉じると脳波がα波になり、リラックス効果を与えてくれるので心身ともに有効なわけです。

さらにこのα波は集中力も促すので受験当日待機中に目を閉じてリラックスするのもオススメです。周囲に気を使わずにできますし、道具も何も必要ない簡単リラックス法としてぜひ実行しましょう。

睡眠サプリの摂取

初めての受験では特に緊張して、前日は睡眠どころか食事も手につかないでしょう。でもそんなことでは脳を活性させる栄養も摂れずに集中力が落ちてしまいます。合格しなければならないなど自分にプレッシャーをかけてしまってはどんどん眠れなくなるばかり。どうしても自力で睡眠できないときは、睡眠を促すサプリを利用することも一つのアイデアです。

サプリなら体に負担をかけず、ここにお伝えするサプリのように中には学生でも安心して摂取できるサプリもあります。しっかり熟睡できれば受験日にバイタリティを得ることができ、スムーズに立ち向かうことができるでしょう。もちろんサプリの摂取量をはじめ用法をしっかり守り、受験に向けて万全な体調を整えてください!


「キリツテイン」

心配事やストレスで気分が高ぶっている時に穏やかな気持ちを促しながら、ぐっすりと良い睡眠をサポートしてくれる高純度のL-テアニンを配合しています。朝起きるのが辛い、やる気がないなど無気力な体に元気を与えてくれるので、スッキリと起床しながらメリハリのある日常生活を送ることができるでしょう。さらにリラックス効果を与えてくれるので、不眠でイライラしているときでも心地よい眠りを誘います。

また心身を健やかにサポートするのに欠かせない、鉄や高麗人参、亜鉛も配合しておりホルモンバランスをしっかり整えながらハツラツとした体づくりを目指します。一日4粒で学生から大人までメンタル的にも肉体的にも改善ができ、生活のリズムを掴みながら朝スッキリ夜はぐっすりの生活が実感できるでしょう。GMP認定工場で生産されているサプリは安心した摂取ができるのもメリットです!

内容量:120粒 価格:7,000円

公式サイトはコチラ

北の大地の夢しずく

心身ともに毎日スッキリと過ごしたい方を応援するスティックタイプのサプリは、モンドセレクション銀賞受賞のクオリティを誇り毎日ハツラツとした体調をサポートしてくれます。受験をはじめ仕事や人間関係、育児などでストレスのない生活は今や不可能であります。さらに重なる心配事や不安で心身ともに参ってしまっては健康に支障を与えてしまうでしょう。

このような状態では体に負担がかかってしまいますます睡眠不足になりがち。そんな体を効果的に休息させてくれるアスパラガスエキスやギャバなどのリラックス成分を配合したサプリなら、ストレスのない体を維持しながら睡眠をサポートしスッキリとした毎日を過ごすことができるでしょう。飲みやすいグレープフルーツ味なので学生でも大人でも美味しく摂取できることも好評です!

内容量:30本 価格:3,790円

公式サイトはコチラ

マインドガードDX粒タイプ

寝つきが悪い、朝型など睡眠のリズムが悪くなってしまった時のサポートとなるサプリは、1日3粒で心地よい休息をサポートしてくれます。安らぎ感を与えてくれるグリシンやクワンソウ、ノニなどの8種類のハーブや栄養素が働きかけ、ソワソワ・イライラ感を抑えながら快眠に導いてくれるでしょう。

従来のサプリより2.5倍のエキスを凝縮、そして様々な休息成分をバランスよく配合しているのでリラックスがさらに実感しやすくなるでしょう。また細胞を老化させる活性酸素を除去してくれるポリフェノール、レスベラトロールによってだるさのないみずみずしい体が維持できます。

内容量:90粒x2本 価格:18,150円

公式サイトはコチラ


受験当日はすっきり起きて実力発揮!

受験日を目前にして眠れない夜が続くときは、簡単な対策法やサプリなどを利用しながらリラックスするようにしましょう。何事にも休息なしでは集中力も低下して本来の能力を発揮することができません。夜寝付けないときでも横になるだけで脳や体をしっかり休めることができます。

眠れないからとイライラせずに快眠を促す工夫をしながら規則正しい生活リズムを習慣づけることが大切です。そのうち体も睡眠タイムを覚えるようになり、心身ともにリラックスしながらスッキリと受験に臨むことができるでしょう!


おすすめサプリメント!北の大地の夢しずく


参照サイト

本郷赤門前クリニック

田辺三菱製薬


スポンサーリンク