【成分徹底比較】チアシード・バジルシード・ヘンプシード・フラックスシードを比べてみた!

海外のセレブやモデルたちが愛用していることからその名が日本にも広まった 、チアシード、バジルシード、ヘンプシード、フラックスシードなどのシー…

海外のセレブやモデルたちが愛用していることからその名が日本にも広まった 、チアシード、バジルシード、ヘンプシード、フラックスシードなどのシードサプリ。シードとは植物の種子のことで、その一粒一粒に豊富な栄養素を含んでいるので、美容と健康に効果があると人気が出ています。シードサプリは、栄養素だけでなく食物繊維も豊富に含むので、ダイエットに利用している人も多いのですが、どのシードサプリもダイエットだけではもったいないほどのパワーを秘めています。 4つのシードサプリの栄養素を徹底比較して、それぞれにどんな特徴があるのかを調べてみました。シードサプリ選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!
スポンサーリンク

大流行中のシードサプリ。成分を比べてみた!

4つのシードサプリの成分を比較してみました。 データは、チアシード、ヘンプシード、フラックスシードはUSDA(アメリカ農林省)の食品成分表から、 バジルシードは以下より(タイ・チュラルコーン大学のデータ)抜粋しています。https://www.shimizu-style.biz/#!%E3%83%90%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E6%A0%84%E9%A4%8A%E6%88%90%E5%88%86%E8%A1%A8/sg3x0/570fcfe90cf20b4e25a594dd ※1水溶性食物繊維、※2不溶性食物繊維の数値は他サイトからの参考値ですので、大体の比率を見るための参考にしてください。 空白欄は含まれていない、もしくは信頼できる公表データがないものです。   成分は商品によってかなりのばらつきがあるので、購入する際は商品に記載されているものを確認するかメーカーに問い合わせをしてみてくださいね。 成分比較 100gあたり
チアシード バジルシード ヘンプシード フラックスシード
カロリー 486kcal 100kcal 553kcal 534kcal
脂質 42.12g 18g 48g 42.16g
タンパク質 16.54g 17g 31g 18.29g
炭水化物 42.12g 27g 5.0g 28.88g
食物繊維(総量) 34.4g 30g 41.3g 27.3g
※1水溶性食物繊維 6.6g 9.1g
※2不溶性食物繊維 30.3g 14.8g
オメガ3 21g 9.72g 4.7g 23.0g
カルシウム 631mg 70mg 255mg
マグネシウム 335mg 422mg 700mg 392mg
7.72mg 42mg 7.95mg 5.7mg
亜鉛 4.58mg 12mg 9.9mg 4.7mg
葉酸 110μg
リン 860mg 1650mg 642mg
ビタミンE 0.5mg 0.8mg 0.31mg
ビタミンB1 0.62mg 1.27mg 1.644mg
ビタミンB2 0.17mg 0.285mg 0.16mg
ビタミンB3 8.83mg 9.20mg 3.08mg
ビタミンB6 0.6mg 0.473mg
ビタミンK 4.3μg

健康的にダイエットするなら、チアシードがおすすめ!

チアシードは「チアシードと水があれば生きていける」と言われるくらい豊富な栄養素をバランスよく含むスーパーフードで、モデルのミランダ・カーやローラが愛用していることでも有名です。チアシードはダイエットに最適な食品で、実際に多くの人がダイエットに成功しています。チアシードがダイエトに適している理由は、  
  1. 豊富な栄養素がバランスよく含まれている
  2. 水につけると膨らむので、お腹持ちが良い
  3. 食物繊維が豊富に含まれている
  という点です。 これらは、バジルシードとも共通しますが、、ビタミンやミネラル、オメガ3などの健康や美容に大切な成分はバジルシードよりもチアシードの方が多く含むので、健康や美容の向上とダイエットをを両立したい人に向いています。   ただし、カロリーはバジルシードよりもかなり高い(バジルシードは100gあたり100kcalでチアシードは427kcal)ので、体重を減らす効果はバジルシードよりは少し劣る可能性があります。

おすすめのチアシード

★進化したチアシード(ホワイトチアシード)200g 1,490円 一日(10g)あたり約74円 https://item.rakuten.co.jp/kyunan/superfood-chiaseeds/ 原産国:ボリビア・アルゼンチン チアシードには黒と白の二種類があるのですが、栄養の面からは断然白のチアシードがおすすめです。こちらの商品は無農薬、高品質が人気で楽天ランキング1位になっています。  
摂り始めて半月ほど経ちますが、確かに腹持ちもよく、子供も便通が改善されてきたのでリピしました。少し水に浸けておくだけで、画像のようにプルプルになるので毎朝ヨーグルトに混ぜて、食感も楽しんでいます。味はほんとにまったくなほどないので、何に入れてもジャマになりません。今夏、マラソンを走るDAIGOさんも摂っているとか。手軽なので続けてみようと思います。 (引用元:review.rakuten.co.jp)

とにかく効率よくダイエットしたい人はバジルシード!

チアシードと比較されることが多いバジルシードですが、効率の良いダイエットを目指すのなら、どちらかと言うとバジルシードがおすすめです。バジルシードがチアシードより優っている点は、以下の点です。  
  1. カロリーが低いこと(バジルシードは100gあたり100kcalで、チアシードは427kcal)
  2. 水につけた時、大きく膨らむ(バジルシードは約30倍に膨れ、チアシードは約10倍)ので、腹持ちが良い
  3. 食物繊維が4つの中で最も多く、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく含むので便秘解消に効く
  バジルシードは水につけると、びっくりするくらい膨らみます。種の周りに現れるゼリー状の部分はグルコマンナンという水溶性食物繊維で、食べたときに満腹感を持たせたり、コレステロールや脂質の吸収を妨げたりという効果があります。 バジルシードは不溶性食物繊維も多く含むので、便秘への効果は4つの中でピカ一です。食前にチアシードを食べると満腹感が得られるので、その後に摂る食事の量を無理なく減らすことができます。   ダイエットをしたい人で、便秘がちな人、ついつい食べすぎてしまいがちの人などにバジルシードが適しています。

おすすめのバジルシード

★バジルシード 1kg 2,160円 1日推奨量(9g)あたり 19円 https://item.rakuten.co.jp/fbac/f001/ 原産国:インド 無農薬のバジルシードでアメリカ農務省USDAと原産国インドのINDIA ORGANICのオーガニック認証を受けています。シード類は皮を剥かずまるごと食べるので、できればオーガニックのものを選びたいですよね。  
安い値段でこの量とは驚きました。チアシードと比べてバジルシードの方がカロリーが1/5まで抑えられるし食物繊維は多いしで、体にいいことだらけです。ミネラルウォーターに混ぜて飲むと口の中で咀嚼した時にかすかにバジルの香りが広がるのでバジルウォーターを飲んでいるような感覚に近いです。ただそれだけだと飽きてしまうので次回からグリーンスムージーに混ぜて飲むことにしました。なくなったらリピします。 (引用元:review.rakuten.co.jp)

身体を引き締めながら痩せたい人はヘンプシードをチェック!

ヘンプシードの大きな特徴は、タンパク質(アミノ酸)の含有量が4つの中で最も多いことです。ヘンプシードには9つのアミノ酸がすべて含まれています。アミノ酸は私たちの筋肉や組織を作るための材料となる重要な栄養素です。   筋トレなどを併用する、肉体改造型のダイエットの人は、トレーニングの後に良質なタンパク質を摂ることが大切です。タンパク質には肉や牛乳から作る動物性のものと植物性のものがありますが、動物性のものはカロリーや脂質が高いことからダイエットには不向きです。タンパク質を多く含む植物性の食品では大豆が有名ですが、ヘンプシードは大豆の4倍以上のタンパク質を含んでいます。

おすすめのヘンプシード

★ヘンプキッチン 有機麻の実ナッツ(非加熱)180g 1日推奨量(10g)あたり約76円 原産国:カナダ Amazon   1,380円(送料無料) 23%off https://www.amazon.co.jp/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3-%E6%9C%89%E6%A9%9F%E9%BA%BB%E3%81%AE%E5%AE%9F%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%84-%E9%9D%9E%E5%8A%A0%E7%86%B1-180g/dp/B00YIK9O9Q/ref=sr_1_1?s=food-beverage&ie=UTF8&qid=1464584467&sr=1-1   楽天 1,782円(送料別) https://item.rakuten.co.jp/tekutekushop/os2207/   有機JAS認定の安心ペンプシードです。こちらは非加熱なので、栄養素がそのまま残っていると言われています。口コミでは味もとても美味しいと好評です。  
オーガニックと非加熱に惹かれてこちらを購入。食べ比べはしていないので、他製品との違いはわかりません。非加熱なので、生の風味そのままで柔らかいです。ナッツのような、カリッと食感はありません。でも、クセもなくて食べやすい。小さいパックに小分けして、オフィスでのおやつ代わりにしています。体調不良による栄養補給のために購入。他の効果が得られれば、いうことなしなので、暫く続けます。 (引用元:amazon.co.jp)

脳を活性化しながら綺麗になりたい人はフラックスシード

フラックスシードの特徴は、オメガ3の含有量が高いことです。オメガ3とは必須脂肪酸(身体の中で作ることができないため食品で摂取することが望ましい脂肪酸)で、体の中ではDHAやEPAに変わることができます。オメガ3の効果としては、アトピー性皮膚、喘息、心筋梗塞、脳卒中、老化予防などの効果があることが学会でも発表されています。   また、オメガ3は脳に効くオイルとして有名です。脳の老化を防いで記憶力を改善したり、赤ちゃんが摂取すると運動能力や精神の発達を向上するという研究結果があるほどです。「最近物忘れが気になる」「脳を若々しく保ちたい」と思っている人には、フラックスシードがオススメです。   さらに、フラックスシードにはリグナンというポリフェノールが含まれているので、アンチエイジング効果も期待できます。また、リグナンは女性ホルモンと同じような働きをするので、更年期障害などに悩む女性にもおすすめのサプリです。

オススメのフラックスシード

★オーガニック・ゴールデンフラックスシードミール(フラックスシード粉) 12オンス (海外直送品) 750円(送料別) 1日推奨量(20g)あたり44円 Amazon https://www.amazon.co.jp/NOW-Foods-733739062741-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%88%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%89%E7%B2%89%EF%BC%89-%EF%BC%88%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%9B%B4%E9%80%81%E5%93%81%EF%BC%89/dp/B0009RELKO/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1464585092&sr=8-1&keywords=%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%89   フラックスシードは皮が硬いために、食べる前に水に長時間浸すかミルサーなどで粉砕するほうが消化も良く食べやすいと言われています。こちらの商品はすでにパウダーになっているので、そのままふりかけたりパンやお菓子の材料にしたりと、使い勝手が良いと口コミで評判です。オーガニックなのも安心ですね。  
粉になってるほうが使いやすいです。私は朝グリーンスムージーの中に混ぜて飲んでいます。緑黄色野菜に合わせると効果アップと聞いたので。加熱もしないほうがいいらしいです。 (引用元:amazon.co.jp)

まとめ

大人気のシードサプリ。成分表を見ればわかりますが、カロリーはそんなに高くないのにビタミンやミネラルなどを豊富に含む、まさにスーパーフードです。毎日少しずつの量で十分なので、無理なく継続することができそうですね。 4つのシードサプリは、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なところなど共通点も多いのですが、それぞれ得意分野が違うことが分かってもらえたでしょうか?あなたにピッタリのシードサプリが見つかるといいですね。
スポンサーリンク