大人ニキビは皮膚科で治せる?診察に行く前にチェックすべき項目とおすすめ皮膚科

大人ニキビは皮膚科で治すことができます!でも、日頃のケアや生活習慣を見直すだけで大人ニキビが改善することも。本当に皮膚科での治療が必要なのか?治療を受けるならどんな病院が良いのか?しっかりとチェックして最高の結果を手に入れましょう。

スポンサーリンク

治らない大人ニキビは皮膚科に行くべきか?


大人ニキビってすぐ再発するし治りにくいし厄介ですよね。
私も何度も子供を一人産んでから体質が変わったのか大人ニキビを繰り返すようになりました。
せっかく皮膚科で綺麗に治してもらってもしばらくするとまた再発して凹んでの繰り返し……。

色々調べてみると、セルフケアが間違っていると皮膚科に行っても根本的な原因のケアができないことがわかりました。
そこで2年かけて化粧品やケア方法を見直し、今ではニキビ知らずの美肌です。

  • 試したスキンケア用品⇒46種類
  • スキンケア用品に使った金額⇒12万6815円
  • 効果があったスキンケア用品⇒6種類

軽度の大人ニキビならセルフケアを見直すだけで改善することもありますし、せっかくの皮膚科での治療を無駄にしないためにもまずはセルフケアを見直すべきです。
そこで、私の経験を元に皮膚科を受診する前に見直すべき項目皮膚科探しのポイントを教えます。

信頼できるおすすめの皮膚科や大人ニキビケアに効果的なサプリも紹介しますよ。

皮膚科を受診する前に確認したい項目

大人ニキビが繰り返してしまったりなかなか治らなかったりするときは、まず普段のケア方法や使用している化粧品を疑ってみましょう。

改善しないのは化粧品やケア方法のせいかも

正しいアイテムを使用した正しいケアができていないと大人ニキビの根本的な原因を解決することができたいため、皮膚科で治療してもまたすぐに元の状態に戻ってしまう恐れがあります。
逆に、それらを見直すだけで大人ニキビが改善することもあるんですよ。

皮膚科を受診する前に、まずは洗顔料・洗顔方法・化粧品の3つを再確認してみましょう。

大人ニキビの洗顔料選び

ニキビ=オイリー肌と思って、洗浄力の強い洗顔料を使っていませんか?
皮脂は、肌を刺激から守る役割や肌の水分を閉じ込めるフタのような役割を持っていて、うるおいのある健康的な肌には必要不可欠なものです。

でも、洗浄力の強い洗顔料を使用すると肌を守るために必要な皮脂まで根こそぎ取り去ってしまうため、肌の乾燥が進みます。
肌の乾燥が進むと、それ以上の水分の蒸発を防ぐために皮脂が過剰分泌され、肌表面はオイリーなのに肌の内部は乾燥しているというインナードライ肌になってしまうのです。

肌に必要な皮脂を残すことで余分な皮脂の分泌も抑えることができるので、洗顔料を選ぶときにはできるだけ洗浄力がマイルドで低刺激なものを選ぶようにしましょう。

おすすめの洗顔料「ビーグレン-クレイウォッシュ」

\天然クレイの優しい洗い心地♪大人の肌のための洗顔料/

Source: 公式サイト

ビーグレン-クレイウォッシュ

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点96点
  • 初回価格:1,944円(トライアルセット・送料無料)
  • 単品価格:4,212円 /150g
  • 保証・特典:365日間返品・返金保証
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ

ホルモンバランスの変化などにより非常にデリケートになっている大人の肌を優しく洗い上げてくれるのが「ビーグレン-クレイウォッシュ」です。
日本産の天然クレイ「モンモリロナイト」が採用されていて、肌の汚れや余分な皮脂、古い角質を吸着して落とすので、肌への負担も少なく必要以上に皮脂を奪うこともありません。
グリチルリチン酸ジカリウム・スクワラン・カモミラエキス・ヒアルロン酸という4つの美容成分も配合されていて、肌の水分と油分のバランスを整えて柔らかく潤いと透明感のある健康的な肌へと導きます。

泡立たないタイプですがジェルのように伸びがよく、すすぎも簡単で洗顔後につっぱらないのも人気の理由です。

クレイウォッシュのみの試供品はありませんが、大人ニキビにも対応したニキビケアのほかニキビ跡ケア・毛穴ケア・保湿ケアなど肌の悩み別のトライアルセットが用意されています。

公式サイトを見てみる

正しい洗顔方法

洗顔料を見直したら、次は洗顔方法の見直しをしましょう。
あなたは、普段こんな洗顔をしていませんか?

大人ニキビの原因になるNG洗顔

  • 洗顔料はあまり泡だてない
  • まず頬から洗っている
  • 毛穴の奥の汚れまで取れるようにこすって洗っている
  • 時間をかけて丁寧に洗っている
  • しっかり汚れが吸着されるよう洗顔料の泡でパックしている
  • すすぎは熱いお湯のシャワーでサッと終わらせる
  • 朝晩2回は洗顔料で洗顔している

こういった洗顔方法は、すべて肌の乾燥を招き大人ニキビを引き起こす原因となってしまいます。

ここで改めて正しい洗顔方法をチェックしましょう。

美しい肌に導く正しい洗顔

  • 最初に蒸しタオルなどで顔を温め毛穴を開いておく
  • 洗顔前に手を洗って手の雑菌を落としておく
  • 32〜36度のぬるま湯で丁寧に予洗いする
  • 洗顔料をしっかりと泡だて弾力のあるきめ細かい泡を作る
  • Tゾーンや顎など皮脂の多い場所から順に、泡のクッションを感じながら優しく洗う
  • 洗顔は手早く終えてぬるま湯でしっかり洗い流す
  • 清潔なタオルで押えるようにして水分を取る
  • しっかりと保湿を行う

予洗いやすすぎにはぬるま湯を使うようにしましょう。

冷水ではせっかく開いた毛穴が閉じてしまいますし、お湯を使うと皮脂を落としすぎて乾燥の原因になってしまいます。
すすぎの際には顎のラインこめかみの生え際など、すすぎ残しが出やすい部分に特に注意してください。

なお、泡が顔についている時間が長くなると肌の潤いを守っている天然保湿因子(MNF)細胞間脂質まで取り去ってしまうので、洗顔はできるだけ手早く、できれば2分以内に行うようにしましょう。
泡立たない洗顔料である「ビーグレン-クレイウォッシュ」を使用する場合は、優しく肌をマッサージするようになじませて洗ってください。

大人ニキビの化粧品選び

大人ニキビ対策には、とにかく保湿が重要です。
肌の水分が失われると肌の正常なバリア機能がはたらかなくなるだけでなく、新陳代謝が悪化して古い角質がスムーズに剥がれ落ちなくなり、毛穴をふさいでしまったり角質が厚くなってしったりします。
しっかりと保湿をして、肌の水分と脂分のバランスを整えましょう

そのためには、乾燥肌や敏感肌、脂性肌など肌のタイプに関わらず保湿効果の高い化粧品選びが重要です。
ヒアルロン酸スクワランなどの保湿成分、肌への浸透力が高いビタミンC誘導体ビタミンE、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸など、大人ニキビに効果的な成分が含まれている化粧品を選びましょう。
逆に、皮脂を抑える作用のあるものや、肌の水分まで一緒に蒸発させてしまうアルコールが配合された化粧品はおすすめできません。

有効成分が配合されていて一般的な化粧品よりも高い効果が期待できる医薬部外品や、ニキビの原因となるコメドができにくいノンコメドジェニックまたはノンコメドジェニックテスト済みのものを選ぶことも大切です。
また、大人ニキビができている肌は非常に敏感になっているので、できるだけ刺激のないものを選んでください。
同じ化粧品でも人によって肌に合う合わないがありますので、色々なメーカーのサンプルを取り寄せて試してみるのも良いですね。

正しい保湿ケア

洗顔が終わったら、できるだけ早く保湿ケアに入ります。
洗顔して皮脂を取り除いた肌は洗顔前よりも水分が蒸発しやすくなっているため、保湿ケアまでに時間が空いてしまうと肌を守ろうと皮脂が活発に分泌されてしまいます。
できれば洗顔から5分以内には保湿ケアを行うようにしましょう。

まず最初に、化粧水をケチらずたっぷりとつけましょう。
手でつけてもコットンを使用しても構いませんが、肌の負担になるのでパッティングやコットンで擦るのはやめましょう。
大切なのは、決して化粧水をケチらないということです。
一般的には1回約5mlが推奨されていますが、例えば2017年ミス・ユニバース東京代表に選ばれた小柴綾香さんは1回に20mlも使用しているのだそうです。

たっぷりと化粧水をつけたら、美容液、乳液、クリームの順で進め、せっかく化粧水で足した潤いが逃げてしまわないよう蓋をしていきましょう。
ただし、肌質や期待する効果、スキンケアにかけられる時間や費用によって使用するものも異なってくるので、必ずしも美容液からクリームまでのすべてを使用する必要はありません。
ですが、化粧水だけで終わらずに必ず何かしらの化粧品で肌に蓋をするというケアは行なってください。

もともと脂性肌という人の中にはベタベタするので保湿には抵抗があるという人もいるかもしれませんが、正しい洗顔で毛穴に詰まった余計な皮脂をきちんと落とした上で保湿を行えば、分泌される皮脂量も落ち着いてきます。
混合肌の人は、乾燥している部分を集中的に保湿ケアしていきましょう。

おすすめの基礎化粧品「ルナメアAC」

\有効成分とうるおい成分を直接届ける独自ナノ技術でニキビを撃退!/

Source: 公式サイト

ルナメアAC

  • 編集部評価:★★★★★95.4点
  • 初回価格:1,080円(税込・送料無料)
  • セット内容:メイク落とし7回分・洗顔料14回分・薬用化粧水(ノーマル)14回分・薬用化粧水(しっとり)2回分・薬用ジェルクリーム14回分
  • 保証・特典:泡立てネットプレゼント
  • メーカー:富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー

クレンジングオイルで毛穴に詰まったメイク汚れをするんと落とし、モッチモチの泡になる優しい食物繊維スクラブ配合の洗顔フォームで毛穴のつまりを洗い、独自技術アクネシューターで毛穴の奥にまで有効成分とうるおい成分を届ける化粧水で肌をうるおし、しっとりしているのにサラサラのジェルクリームで肌を包み込むという4ステップで大人ニキビをケアするのが「ルナメアAC」です。

植物由来の4つのうるおい成分ハーバルモイストエキスが全アイテムに配合されていて肌への刺激が少なく、トコフェロール(ビタミンE)グリチルリチン酸(ジカカリウム・ステアリル)スクワランなど大人ニキビケアに欠かせない成分もしっかり配合されています。

公式サイトを見てみる

皮膚科の治療で大人ニキビは治る!


「皮膚科なんて大袈裟」と思う人もいるかもしれませんが、皮膚科は肌の専門医でありニキビは「尋常性ざ瘡」という皮膚疾患の一つです。
専門医の治療を受けることは何もおかしくありません。

皮膚科で治療をするメリット

一人一人にあった様々な治療が提案されますし、処方される薬も市販のものより効果が高いため早期改善が望めます。

その場限りではない根本的治療が行われることで、大人ニキビの再発やニキビ跡の防止にも効果的です。
堂々と受診して、しっかりと治療してもらいましょう。

皮膚科の主な治療内容

皮膚科での治療内容としては、まず薬の処方が選択されることが多いです。
症状や肌質、体質にもよりますが、触れると激しい痛みを感じるほどニキビが進行している場合は、以下のような飲み薬(内服薬)で体の内側からの症状の緩和を目指します。

  • ミノマイシン(特にブドウ球菌に効果のある抗生物質)
  • ルリッド(特に赤ニキビに効果のある抗生物質)
  • ビタミン剤(肌の状態を整える。市販薬より効果が高い)

症状が比較的軽度な場合塗り薬(外用薬)が選択され、中でも代表的なものが以下の薬です。

  • ディフェリンゲル(弱いピーリング作用があり、毛穴の詰まりや角栓を取る)
  • ダラシンTゲル(殺菌・抗炎症作用がある抗生物質)
  • ベピオゲル(ピーリング作用と高い抗菌作用がある海外では非常に一般的なニキビ薬)

皮膚科によっては、以下のような漢方薬が処方されることもあります。
漢方薬はより体への負担は少ないものの、効果が現れるのに時間がかかるという特徴があります。

  • 桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン) 血行を良くして老廃物の排出を促す
  • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ) 炎症を抑えて炎症を起こしやすい体質を改善する
  • 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ) 炎症を抑える
  • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン) ホルモンバランスを整える

特に症状が重い場合は、上記のような薬の処方の他にホルモン治療レーザー治療局所注射イオン導入、フォトフェイシャルといったより専門的な施術が選択されます。

治療にかかる料金と保険について

紹介した処方薬はすべて保険適用のものですので、自己負担は3割です。
1週間分で百数十円〜千円弱と薬によって価格に幅がありますが、中にはジェネリック薬があるものもあるのでさらに費用を抑えることができます。
ただし、皮膚科での治療には薬代以外にも初診料や再診料、診察料が必要になります。
初診料は病院によって異なりますが、概ね2,000〜5,000円程度です。
さらに、大人ニキビの治療は時間がかかるため、少なくとも3ヶ月程度は通院しなければなりません。
保険診療のみの治療でも最終的には10,000〜15,000円ほど必要となることもあります。

ホルモン治療やレーザー治療などは、自由診療(保険外診療)となりますので保険が適用されません。
病院によって価格設定も異なるため、事前に料金を確認しておくことを忘れないようにしてください。

大人ニキビを皮膚科で治した人の口コミ

では、実際に皮膚科でニキビを治療した人はどのように感じたのか?どのような治療を受けたのか?本当に効果はあったのか?口コミをチェックしてみましょう。

  • 半信半疑だったけど感激!
    ニキビは治らないものだという先入観があったからだ、何度か通い、頂いた飲み薬と塗り薬を続けていたら、2週間くらいで肌の調子が良くなり(中略)治るんだーと驚きだった。肌がきれいになってとっても嬉しかった

    yelp

初めはやっぱり不安ですよね。

それでも、案ずるより産むが易しで受診してみましょう。
自分に一番あった治療法を提案してもらえますよ。

  • 処方してくれる塗り薬がとても効き目がありました
    30歳代・女性
    ニキビはれっきとした「皮膚病です」と強く言われたのを 記憶しています。 何か特別な治療をしてもらった覚えはありませんが、 処方してくれる塗り薬が自分の肌とよくあっていたのか、 とても効き目がありました。

    Caloo(カルー)

お医者さんも「ニキビは病気」という認識です。
「ニキビくらいで……」なんて思われることはありませんので、安心してください。

  • 最初の1回目からとても効果を実感
    24歳
    最初の1回目からとても効果を実感することができて、すごくびっくりしました。 つい睡眠不足になりがちなのですが、以前の様なニキビができることもなく、今はきれいなほっぺで過ごすことができてとても嬉しい

    梅田フェミークリニック

頬はニキビができやすい部位の一つです。

何度も繰り返すニキビに悩まされ、自分でできるケアはしつくしてしまったという人ほど皮膚科での治療をおすすめします。
根本的な治療でニキビを根こそぎ撃退してもらったときの感動は計り知れません。

  • 1クールで見違えるほど良くなりました
    35歳
    私の場合は、ひどいニキビだったので、1、2回で完治はできませんが、1クールで見違えるほど良くなりました。 これからは生活スタイルにも気をつけて、綺麗な肌をキープしていきたいと思います。

    ニキビNavi

やはり症状が重ければ重いほど通院期間は長くなります。

でも、しっかりと完治させることができれば、あとは毎日のセルフケアで肌の状態をキープしていくことができますよ。

皮膚科と美容皮膚科どちらに行くべき?

ニキビを治療してくれる病院としては、普通の皮膚科(一般皮膚科)以外に美容皮膚科が挙げられます。
名前は似ていますがそれぞれ治療内容などが大きく異なるので、それぞれの特徴を知って自分に合った方を選びましょう。

普通の皮膚科と美容皮膚科の違い

普通の皮膚科は、皮膚疾患の治療を行う場所です。
そのため外用薬や内服薬の処方による治療がメインで、基本的に保険適用内での治療が受けられます。
3割負担で治療を受けられるので非常に経済的ですが、保険適用内で行える治療は薬の処方と面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)のみと非常に限られているため、ニキビ跡の治療などはできません。
ニキビの症状が軽い人や、特に目立つニキビを減らすだけでもいいからできるだけ費用を抑えたい人には皮膚科がおすすめです。

一方、美容皮膚科は「美容」という名称が示す通り、皮膚疾患の治療というより美容を目的とした施術が受けられる場所です。
症状によっては保険診療が選択される場合もありますが、基本的にはレーザー治療やケミカルピーリング、イオン導入、局所注射といった様々な最先端治療の中から、患者一人一人にあったもの組み合わせて施術されます。
自由診療なので費用は高額になりますがより幅広い症状に対応できますし、高い美容効果を実感することができます
ニキビだけでなくニキビ跡も治療したい人など美肌ケアも行いたい人最先端の治療を受けたい人には美容皮膚科がおすすめです。

  • 皮膚科
    • 皮膚疾患の治療を行う
    • 保険診療中心なので経済的
    • 治療法は薬の処方か面皰圧出と限られている
    • 一人一人の診察時間が短い
    • 比較的軽度のニキビの治療向け
  • 美容皮膚科
    • 美容を目的とした背術を行う
    • 自由診療中心なので高額になりがち
    • レーザー治療やケミカルピーリングなど様々な知慮を組み合わせる
    • 一人一人の診察時間が長い
    • 比較的重度のニキビの治療向け

皮膚科の美容効果のどちらの方が良いとか優れているというものではありません。

それぞれの特徴を知って、目的に応じて上手に使い分けることが大切です。

選ぶポイント

皮膚科や美容皮膚科を選ぶポイントは、次の3つです。

まず最初は、ニキビ治療に対する専門性が高いことです。
同じ皮膚科でも病院によって特に力を入れている疾患は異なります。
ニキビ治療に力を入れていて多くの治療実績を持っているところを選びましょう。
ニキビ治療への専門性の高い皮膚科は公式ホームページにニキビ治療に関する専用のページを用意していることが多いので、ホームページをチェックしてみてください。

次に、治療の種類の豊富さです。
特定の治療方法に特化した皮膚科はその分野において非常に高い技術力を持っていることが推測できます。
でも、その治療方法があなたのニキビの治療に合っているとは限りません。
はじめて皮膚科を受診しニキビの治療を進めていくのであれば、できるだけ多くの選択肢があった方が本当に自分にあった治療法にたどり着きやすくなるでしょう。

最後に忘れてはいけないのが通いやすさです。
大人ニキビの治療には3ヶ月〜1年程度、長ければそれ以上かかることもあります。
そのため、自宅や勤務先からアクセスしやすい立地であったり仕事帰りなど都合の良い時間に通院できる診療時間であることは非常に重要です。
いくら専門性が高く実力のある皮膚科であっても、通いにくい立地や診療時間では思うように通院できず続かなくなってしまいます。

大人ニキビの治療ができるおすすめ皮膚科4選

東京・大阪・神奈川・横浜からオススメの皮膚科を4つ紹介します。

東京:中島皮フ科

\開院当初からニキビ治療に力を入れている/

Source: 公式サイト

中島皮フ科

皮膚科と美容皮膚科を併設していて、保険診療を行いながら希望者には自由診療も提供しています。
自由診療の治療内容としてはケミカルピーリングウォーターピーリングレーザー治療ビタミンA導入など様々なものが用意されていて、赤ちゃんニキビからニキビ跡までニキビの状態に合った最適な治療が可能です。
中でも、初期のニキビである白ニキビに効果のあるウォーターピーリングは保険で受けることができます。
スキンケアの指導にも力が入れられているので、より効果的なセルフケアと専門的な背術でより早い症状の改善と再発の防止が期待できます。

完全予約制ですが、初診からweb予約できるので「電話は苦手」という人や昼間はなかなか電話をする時間が取れないという人でも予約しやすいイチオシの皮膚科です。
公式サイトを見てみる

大阪:フェミークリニック

\大阪の2つの中心地にある美容皮膚科/

Source: 公式サイト

フェミークリニック

しっかりとしたカウンセリングを行なった上で患者一人一人の希望に沿ったオーダーメイドの美容医療を提供しています。
ニキビ治療は光線治療ケミカルピーリングなどの自由診療が中心ですが、診察料や薬代を含めて治療にかかる料金を事前に確認できるようになっていて、クレジットカードやメディカルローンでの支払いもできるので費用面でも安心です。
初めてフェミークリニックでの治療を受ける人には、1回9,800円で受けられるトライアルも用意されているので、まずはトライアルを受けてみて結果に納得できれば継続して治療を受けることができます。
公式サイトを見てみる

神奈川:林間皮フ科クリニック

\皮膚疾患の治療から美容診療まで/

Source: 公式サイト

林間皮フ科クリニック

小田急江ノ島線・東急田園都市線中央林間駅から徒歩5分、 LAPLA中央林間メディカルビルの3階にある皮膚科です。
外用薬や内服薬、漢方薬などを処方する保険診療が中心ですが、自由診療のケミカルピーリングトレチノイン(レチノイン酸)、高濃度ビタミンC誘導体のイオン導入も提供されているので、希望すればより効果の高い治療を受けることができます。
土曜日にも午後診療を行っていて初診は受付順で予約は必要ないので、思い立ったらすぐに受診することができるのも嬉しいです。

また、ホームケアで使用できる低刺激のピーリング剤や高濃度ビタミンC誘導体ローションなども用意されているので、自宅でもこれらのケアを行いたいという人は相談してみてください。
公式サイトを見てみる

横浜:赤井クリニックスキンケア

\保険内診療と自由診療が選べる/

Source: 公式サイト

赤井クリニックスキンケア

同じ保険内診療で処方される薬でも使い方や内容を工夫することで最大限の効果を発揮できると考え最適なものを処方してくれるので、ほかの皮膚科で処方してもらった薬で改善しなかった人や自由診療はハードルが高いという人におすすめです。
自由診療では、外用薬・内服薬の処方のほかコメドの吸引ピーリングイオン導入超音波導入光線治療などが用意されています。
また、ホームケア中心で治療ができる基礎化粧品「ZO SKIN HEALTH」も提供されているので、仕事の都合などでなかなか通院が難しいという人は相談してみてください。
公式サイトを見てみる

大人ニキビの主な原因と対処法

年齢的に皮脂の分泌が過剰になることが原因で起こる思春期ニキビと違い、大人ニキビの原因は複雑です。
具体的に、どのような原因で大人ニキビが引き起こされてしまい、どのように対処することで予防・改善できるのかを見ておきましょう。

ストレス

心身に疲れが溜まってニキビができたという経験はありませんか?
これは、副腎皮質から分泌されるアンドロゲンという男性ホルモンの仕業です。
アンドロゲンは男性だけでなく女性でも分泌されているもので、筋肉を作ったり代謝を促したり額や顎の皮脂の分泌を促したりするはたらきをもっています。
このアンドロゲンはストレスを受けると分泌が増えるため、ストレスを溜め込んで慢性的にアンドロゲンが過剰分泌されている状態に陥ると毛穴の詰まりやニキビを引き起こすのです。

ホルモンバランスの乱れ

ここでいうホルモンとは、男性ホルモン・女性ホルモンの性ホルモンのことです。
通常、男性ホルモンのアンドロゲンテストステロン、女性ホルモンのエストロゲン黄体ホルモンがバランスよく分泌されることで心身や肌の状態は保たれています。
しかし、何らかの原因でホルモンバランスが乱れると皮脂の過剰分泌が引き起こされたり、逆に肌が乾燥したりしてしまいます。
特に女性の場合、生理の周期や妊娠・出産・閉経など大きくホルモンバランスが崩れるタイミングが何度も訪れるため、こういった時期にニキビができやすい人が多いです。
生理前に精神が不安定になったり腹痛が起こったりする人や月経不順の人、更年期の人はホルモンバランスの乱れを疑ってみましょう。
ホルモンバランスが整うと、大人ニキビだけでなくこういった女性の辛い症状も緩和されます。

乱れた生活習慣

乱れた生活習慣は健康な肌の大敵です。

例えば、いつも夜更かししているなどして慢性的に睡眠不足に陥っていると、自律神経が乱れます。
自律神経は交感神経副交感神経がバランス良くはたらくことで正常に保たれますが、寝不足やそれによるストレスで交感神経が優位な状態が続くと男性ホルモンの分泌量が増え、皮脂の過剰分泌が引き起こされるのです。
また、日中に肌が受けたストレスは睡眠中に分泌される成長ホルモンによって修復されます。
成長ホルモンが十分に分泌されるためには、質の高い睡眠が必要です。
睡眠不足では成長ホルモンが十分に分泌されず肌の再生が遅れて角質が厚くなるため、皮脂の過剰分泌と相まって大人ニキビが引き起こされてしまいます。

ファストフードやカップラーメン、スナック菓子やスイーツなど、油分や糖分、食品添加物が多く高カロリーな食べ物は皮脂の過剰分泌やホルモンバランスのの乱れを引き起こす原因です。
栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

サプリメントを上手に活用するのもおすすめ

仕事の都合でどうしても外食に頼りがちなど、栄養バランスの良い食事を摂ることが難しい場合は、サプリメントを活用しましょう。

女性ホルモンと似たはたらきをするイソフラボンや、ホルモンの分泌・代謝の促進、抗酸化作用など様々な嬉しい効果のあるビタミンB2、B6、Eなどのビタミン群、不足しやすくホルモンの生成や分泌を助ける亜鉛などが含まれているものがおすすめです。

サプリは薬ではないので飲む時間は決まっていませんが、たくさん飲んだからといって効果が高まるというものでもありません。
逆に過剰摂取で体調を崩してしまう恐れもありますので、用法用量を守り正しく摂取してください

おすすめのサプリメント(1)きらりのおめぐ実

\内側からのキレイと本当にいいものだけを与える2ステップで美肌をサポート/

きらりのおめぐ実

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点98点
  • 初回価格:1,980円(送料無料)
  • 1回あたりの値段:66円/約1ヶ月分/90粒
  • 保証・特典:何回目でも解約可能・きらりの育て方BOOKプレゼント
  • メーカー:株式会社ファンファレ

腸内環境を改善して栄養の吸収と老廃物の排出を促し美の土台を作り、その上でビタミン類をはじめとする豊富な栄養素を与えるという2ステップで内側からのキレイをサポートするサプリメントです。

  • 美の土台を作る素材
    • 1粒あたり2億個のビフィズス菌
    • ビフィズス菌の餌になる天然オリゴ糖
    • とうもろこし由来の食物繊維
    • 栄養豊富なクロレラ
  • 美をサポートする素材
    • 非常に還元力が高いクロセチン
    • ポリフェノールの一種レスベラトロール
    • ポリフェノールが非常に豊富なマキベリー
    • ビタミンB2、B6、C、E

腸内環境が乱れていると、せっかくサプリメントを摂ってもその栄養素をうまく消化・吸収できません。
だから、ただ美肌に効果のある栄養素を詰め込むだけでなく、その栄養素がきちんと吸収される環境づくりまでしてくれるこの2ステップ作用はとても合理的です。

公式サイトを見てみる

おすすめのサプリメント(2)緑の知恵

\製薬会社の研究から生まれた自然由来のサプリメント/

Source: Amazon


緑の知恵

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点96.3点
  • 初回価格:1,800円(税抜・送料無料)
  • 1回あたりの値段:約66円//約1ヶ月分/90粒
  • 保証・特典:いつでも休止OK・医薬部外品「緑の知恵化粧水(20ml)」プレゼント
  • メーカー:株式会社サン・クラルテ製薬

創業23年のサン・クラルテ製薬が研究を重ねて本当に体に必要な成分だけに絞って作られたのが、この「緑の知恵」です。
しそ葉やキウイ種子、アスパラガス、国産のコメから抽出した米セラミドなど、私たちの体に馴染みのある自然由来の成分から作られているので安心して飲むことができます。

腸内環境を改善する乳酸菌食物繊維もたっぷり配合されているほか、4種類ビタミン厚生労働省が定める1日摂取推奨量が配合されているので、なかなか栄養バランスの良い食事を続けるのは難しいという人にぴったりです。

公式サイトを見てみる

原因に合った対処法でも改善しないなら皮膚科で相談を

大人ニキビは、いろいろな原因が複合的に絡み合って引き起こされる皮膚の病気です。
洗顔料や洗顔方法、化粧品を見直して正しいケアを行い、規則正しい生活を心がけ、時にはサプリの力も借りて肌の調子を整えましょう。
それでも改善しない場合は皮膚科に相談してみるのがおすすめです。
多少時間とお金はかかりますが、きっとあなたに最適な治療法を提案してくれますよ。

スポンサーリンク