口コミまとめ|アロパノール は辛い緊張・イライラ・不安にどれだけ効くの?

「緊張、イライラ、不安に効く!始めようストレスケア!」というCMでお馴染みのアロパノール。アロパノールとは、ストレスからくる精神の症状に効く…

「緊張、イライラ、不安に効く!始めようストレスケア!」というCMでお馴染みのアロパノール。アロパノールとは、ストレスからくる精神の症状に効くお薬で、抑肝散(ヨクカンサン)という漢方薬が主成分です。漢方といえば馴染みのない人も多いのではないでしょうか?どのような効果があるのか、副作用はないのか、実際に使った人の口コミを元に、どんなお薬か詳しく解説したいと思います。
スポンサーリンク

アロパノール を使った人の感想は?口コミを見る

効果があったという人続出!

先月から気休めにでもなるかなとアロパノールを飲んでいるけども、少しは気持ち悪さ無くなって良い気がする。漢方主体なのも安心要素なのです。 (引用元:twitter.com
朝からずーっとイライラしてどうしようもないから、アロパノール内服液っていうの飲んでみたけどすごい!全然イライラしない!! (引用元:twitter.com

眠りが深くなった人も!

アロパノール(錠剤)を夕食の前後で飲んでみたら眠りの質が変わった。目覚めた瞬間(…やばい寝過ごしたっ!)って感覚があって飛び起きたんだけど、目覚ましが鳴る前だった (引用元:twitter.com
初めてアロパノール内服液を飲んだ時は寝る前だったので 正直むっちゃ寝付きが良かった&眠りが深かったという感想しか書けず イライラに効いたのかどうかが分からなかった笑 (引用元:fanblogs.jp
  アロパノール(抑肝散)の効能には不眠症も含まれています。質の良い睡眠はストレスの解消にもつながりますね。

効き目がわからなかった人や、合わなかった人も

今日の授業参観後の、緊張する懇談会の為にアロパノール飲んだ。何回か飲んで不味いの知ってるけど、やっぱり不味い…orz  効き目はあるような、ないような… (引用元:twitter.com
アロパノール飲んで見たけど「イライラする元気もない」という感じになっただけだったわ (引用元:twitter.com
  お薬の効き目がはっきりしない人は、もしかしたらその人にとっては有効成分の量が足りない(錠剤や顆粒タイプは半量処方なので)可能性があるので、ドリンクタイプ(満量処方)を試してみるといいかもしれません。また、元気がなくなったり眠気が出たりといった場合は逆に効きすぎている可能性があるので、少し量を減らして様子を見るのも良いですね。成人の必要量は標準的な体格の人を想定しているので、人によっては多すぎたり少なすぎたりということがあるようです。

効いた人はどんな感じで効いたの?

★服用1週間くらいでさまざまな効果が出た人
服用前の不安・イライラ・緊張・無気力をそれぞれ10とした場合以下のような変化がありました。服用前→服用後不安10→不安7、イライラ10→イライラ4、緊張10→緊張3、無気力10→無気力5。しっかり薬の効果を得るためのコツは、お腹のすいているタイミングでアロパノールを服用することです。」「アロパノールは効果がでました!かなり嬉しかったです!♪晴れイライラ・不安・無気力の3つに穏やかに効いております★とくにイライラには本当に優れた効果を発揮してくれました。服用から1週間目くらいで効果が出たので、わたくしパンダプラスの場合、即効性はない感じでした。 (引用元:plus-magazine.jugem.jp
  服用開始から1週間くらいで効き目がわかる人もいるようです。効果を数値化してくれると、わかりやすいですね。   ★ドリンクタイプなら、2時間で効果を感じる人も!
ただし、飲むと同時に緊張感がスッとひくような劇的な効果はなかったものの、飲んでからしばらくするうちに『緊張感が少しづつ減っていく感じ』というのも確かにありました。緊張感がゼロになるわけではないのですが 、2時間くらいかけてゆっくり緩和していくような、刺々しかった緊張感がちょっと丸くなったような感じ・・・とでもいえばよいでしょうか? (引用元:webdesign-ginou.com
  ★会議前に錠剤を飲んだら、会議中の(緊張による)吐き気が出なかった!
閉鎖空間で謎の吐き気が出ていた頃に、母にその事を話すと「試してみたら?」と少し分けてくれて、飲んだ事があります。確か成人は1回7錠だったと思いますが、母に3錠位で十分効いたと聞いていたので、私もそれくらいの少なめの量を飲みました。飲んでしばらくするとじわっと末梢血管が開く感じで冷え症の私の手足がポカポカして来て驚きました。そして、会議中に吐き気が全く出ないという体験をしました。 (引用元:ameblo.jp
  手足がポカポカしてくるというのは、まさに漢方の生薬の効果です。漢方薬は西洋医学の薬と違って、症状を押さえ込むのではなく血行改善など身体全体の状態を良くすることで症状が出ないようにしてくれるのです。

他サプリとの比較

セントジョーンズワート合わなすぎて落ち込んでたんだけど、ネタ半分で飲んだアロパノールがゆるゆると効いてくれてプラシーボだとしてもできる子だと思った!だが高い (引用元:twitter.com
これめっちゃ気になる。今はセントジョーンズワートでかなりいい感じなんだけど、たまに即効性欲しいときあるから。 (引用元:twitter.com
  緊張、イライラに効くセントジョーンズワートを利用している人も多いようです。セントジョーンズワートはサプリメントですが、アロパノールは医薬品なのでサプリメントよりは高い効果を期待することができるでしょう。

気になるお味は?

焦がした黒糖を 渋すぎるお茶に混ぜたような味がしました。でもいつまでも口の中に残っているような味ではなかったです。普段結構飲んでいるアリナミンとかの味に慣れているからか 無意識でそういう味を想像してしまっていたのか 口に入れた時は「グヘ!」って思ったけど でも 不味くて飲むのが苦痛…というほどではなかった。いや もちろん美味しくは無いですがね (引用元:fanblogs.jp
まあ美味しいということはありませんが、不味くて飲めない・・・というほどでもありません。 (引用元:webdesign-ginou.com
お味は……残念ながら、美味しいという口コミはありませんでした。漢方薬全般に言えることですが、生薬には苦味のある成分が多くあるので(その苦味が有効成分なのです)、「良薬は口に苦し」と割りきって飲むしかないようですね。

アロパノール の成分・効果・副作用って?

アロパノールは漢方薬の「抑肝散」が主成分

アロパノールとは漢方薬の抑肝散(よくかんさん)が主成分のお薬で、サプリメントではなくて、「第二類医薬品」というれっきとしたお薬です。第二類医薬品とは薬剤師または登録販売員のいるお店でのみ販売が可能な医薬品で、第一種医薬品ほど副作用のリスクは高くないものです。それでも人によっては副作用が起きる可能性があるので、服用前には必ず添付の説明書を読むようにしてください。   抑肝散とは病院などでもよく処方されている漢方薬です。神経の高ぶりを抑える、筋肉のこわばりをとるなどの働きがあり、赤ちゃんの夜泣きや疳虫(かんむし)、大人の不安、緊張、イライラ、不眠症などに幅広く適応があります。また、子どもの発達障害や老人の認知症などへの効果も研究がされていて、その効果が高く期待されているお薬です。

アロパノールに含まれる成分とその効果

アロパノールに含まれる成分は抑肝散という漢方薬と同じです。漢方薬は東洋医学の考えに基づき、複数の生薬(植物や動物由来の原料、鉱物などの天然物)を組み合わせて作られています。漢方は症状を薬で抑える対症療法ではなく、症状が出ている原因となる身体の不具合(血行不良や冷えなど)を改善して、結果として症状が出ないようにするというアプローチです。アロパノールに含まれる生薬は単独でも以下のような効果がありますが、組み合わせて飲むことで不安やイライラなどの症状を改善することができるのです。   【血行促進、貧血改善などの効果がある当帰(トウキ)、川芎(センキュウ)】 アロパノールに含まれる当帰(トウキ)、川芎(センキュウ)は血行促進、貧血改善などの効果があり、頭痛、筋肉痛、冷え性、月経痛などの効果があると言われています。   【脳の血流を良くする釣藤鈎(チョウトウコウ)】 釣藤鈎(チョウトウコウ)は、脳の血流・循環の促進する作用があり、不眠・めまい・高血圧・けいれんなどに効果があるそうです。 【緊張を解く柴胡(サイコ)】 柴胡は筋肉の緊張を緩和し、解熱や炎症を抑える作用があります。頭痛や熱、のぼせ、イライラなどに効果があります。   【胃腸を整える茯苓(ブクリョウ)白朮(ビャクジュツ)】 茯苓(ブクリョウ)とは、胃腸を整えて消化機能を高める作用や精神を安定させる働きを持っています。食欲不振や下痢、胃腸虚弱、動悸や不眠などの症状に用いられます。 白朮(ビャクジュツ)は身体の水分を整え、むくみ、下痢などを改善します。   【緊張を抑え、痛みをとる甘草(カンゾウ)】 甘草は心身の緊張を緩和する作用があり、筋肉の痛み、けいれんなどを抑える効果があります。 漢方薬にはその効果を最大限に生かすために、生薬の組み合わせとその量が決まっています。アロパノール(抑肝散)の生薬の配合量はドリンクタイプで当帰3.0g、川芎3.0g、釣藤鈎3.0g、柴胡2.0g、茯苓4.0g、白朮4.0g、甘草1.5gとなっていて、これはお薬として処方できる量の最大量(満量処方)です。病院などで処方されている抑肝散と同じ量の生薬が入っていることになります。ちなみに、アロパノールの錠剤と顆粒タイプにはこの半分の量の生薬が入っていて(半量処方)、小さなお子さんや長期の服用などに対応しています。

アロパノールの副作用は?

アロパノールは医薬品なので、通常のお薬と同じように副作用が起こる場合があります。軽いものだと、「皮膚の発疹、発赤、痒み」で、この場合は服用を中止して医師か薬剤師に相談をしてください。 また、頻度は少ないですが重篤なものだと息切れや咳などが続く「間質性肺炎」、手足のしびれ、脱力感などが起こる「偽アルドステロン症、ミオパチー」、息切れ、疲れやすい、足がむくむなどの「心不全」、発熱痒み、発疹、黄疸、だるさなどの「肝機能障害」があります。これらの症状が疑われる場合はただちに服用を止め、医療機関を受診するようにしてくださいね。

漢方薬は他のサプリとどう違うの?

漢方薬はその効果効能が認められている医薬品になります。イライラや緊張などを抑えるサプリや食品には「セントジョーンズワート」や「イチョウ葉エキス」「ビタミンB1」「GABA」などがありますが、効き目としては「食品<サプリ<漢方薬」という順番に強くなると考えて良いでしょう。特に、ストレスによる症状が精神だけでなく肉体にも現れている場合は、サプリメントよりも漢方のほうが適していると言われています。

アロパノールが合いやすいのはこういう人!飲み方は?

アロパノールはこういう症状に効く!

アロパノールが適しているのは、ストレスからくる様々な症状です。「仕事の不安や緊張からくるイライラで気分が悪くなる」「職場や学校の対人関係で緊張や不安が続いている」「育児や介護で疲れて些細なことでもイライラしてしまう」「大きな仕事、試験などを控えて、不安で押しつぶされてしまいそう」「心配事が重なって、夜がぐっすり眠れない」……皆さんが日常生活の中でよく悩まされるこのような症状は、ストレスが原因ですが、なかなかその原因を根本解決することは難しい場合も多いですよね。   周りに相談したり、甘えたり、ストレス発散をしたりして解決出来る場合は良いですが、ストレスを抱えたまま日々の生活を続けて行かなくてはならないときもあります。そんな時に症状を軽くして、あなたを応援してれるのがアロパノールなのです。

ドリンクタイプ、錠剤、顆粒はどれを選べば良い?

アロパノールには錠剤、顆粒、ドリンクタイプがあります。ドリンクタイプは満量処方といって、漢方薬の成分が薬としての最大量含まれています。これは、医療機関で処方されるものと同じ量ということです。そのため効き目も実感しやすいですが、副作用などが現れる可能性も高くなるので、服用できるのは15歳以上になっています。すぐに何とかしたい症状がある人が利用するのに適していて、慢性的な症状に長期間使用するときは錠剤か顆粒タイプが良いそうです。   錠剤と顆粒の方は、半量処方といって、漢方薬の成分の半分の量が入っています。   錠剤は粉薬が苦手な方や、錠剤が飲める5歳以上のお子さんも飲むことができます。   顆粒は年齢に合わせて分包(分けて飲むこと)ができるので、生後3カ月の赤ちゃんから服用可能で、夜泣きや疳虫(カンムシ)などの症状に効果があります。また、嚥下がしにくい高齢の方もゼリーに混ぜるなどして飲むことができます。   ドリンク、錠剤、顆粒それぞれの特徴に合わせて選ぶようにしましょう。

アロパノールの入手方法

アロパノールは全薬工業という製薬会社が製造しています。全薬工業は1950年に設立された製薬会社で、「ジキニン」(生薬を含む風邪薬)や「コザック」(水虫の薬)など、ロングセラーの大衆薬で知られています。アロパノールも1980年に発売された歴史のある薬で、2014年に満量処方のドリンクタイプが販売されたのを期にテレビのCMなどでも有名になり、「心を応援する薬」として知られるようになりました。   アロパノールは第二類医薬品に分類されるので、薬剤師や登録販売員がいる薬局やドラッグストアで購入することができます。初めて買う場合や、他の薬との飲み合わせが気になる場合などは薬剤師さんに相談をしてから購入することをおすすめします。   また、第二類医薬品はインターネットでの購入も可能です。

アロパノール内服液 30mL × 3 (ドリンクタイプ)

Amazon 1,604円 送料無料 1本あたり約534円 https://www.amazon.co.jp/%E5%85%A8%E8%96%AC%E5%B7%A5%E6%A5%AD-%E3%80%90%E7%AC%AC2%E9%A1%9E%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%80%91%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%86%85%E6%9C%8D%E6%B6%B2-30mL%C3%973/dp/B00I7F5R3A/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1464694855&sr=8-3&keywords=%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB   楽天価格 910円(税込) 送料別 https://item.rakuten.co.jp/mprice-shop/m2d140117029/?l2-id=pdt_overview_spage#10062715

アロパノール 147錠(錠剤)

Amazon 3,184円 (24%off) 送料無料 1日あたり約454円 https://www.amazon.co.jp/%E5%85%A8%E8%96%AC%E5%B7%A5%E6%A5%AD-%E3%80%90%E7%AC%AC2%E9%A1%9E%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%80%91%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB-147%E9%8C%A0/dp/B00I7F5LFE/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1464694855&sr=8-1&keywords=%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB   楽天 2,377円 送料別 1日あたり約339円 https://item.rakuten.co.jp/soukaikenbi/hon-4987305510150/?l2-id=pdt_overview_spage#10063814   アロパノール顆粒24包 Amazon 3,039円(36%off) 送料無料 1日あたり約379円 https://www.amazon.co.jp/%E5%85%A8%E8%96%AC%E5%B7%A5%E6%A5%AD-%E3%80%90%E7%AC%AC2%E9%A1%9E%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%80%91%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%A1%86%E7%B2%92-24%E5%8C%85/dp/B00I7F5PD2/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1464694855&sr=8-2&keywords=%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB   楽天 2,052円送料別 1日あたり約256円 https://item.rakuten.co.jp/e-katorea/aropanoru9/?l2-id=pdt_overview_spage#10002393

まとめ

「ココロ応援ドリンク」というキャッチャーのアロパノール。ストレスに悩む人は9割を越えると言われていますが、心や身体がダウンしてしまうその前に、少しだけ薬の力を借りることが必要な場合もあるかと思います。アロパノールはサプリメントでは少し物足りない人、病院を受診するのは少し躊躇してしまう人などには、身近に買える漢方薬として頼りがいのあるお薬です。自分でできるストレスケアの一つとして、利用してみるのも良いかもしれませんね。
スポンサーリンク